現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > この「メルセデス 240D(V123)」の走行距離ですか?すでに地球を175周しています!(笑)

ここから本文です

この「メルセデス 240D(V123)」の走行距離ですか?すでに地球を175周しています!(笑)

掲載 4
この「メルセデス 240D(V123)」の走行距離ですか?すでに地球を175周しています!(笑)

メルセデス・ベンツ リムジン 240D(V123): ロングホイールベース仕様のメルセデス 240 Dが、グラン・カナリア島でずっと長く業務に就いている。なんと、このサルーンはすでに地球を175周、月まで9回も往復の旅をしている!

もし辞書が "不朽の人気"という言葉のイメージ画像を必要としているとしたら、この「メルセデス リムジン 240D(ロングホイールベース仕様)」は完璧なイラストだろう。『テネリフェ ニュース(Teneriffa-News)』が伝えているように、このリムジンタクシーはすでに7,000,000(700万)km!を走破しているのだから・・・。クレイジーだ!

【クラシック オブ ザ デイ】世界中で人気の高いオフローダー トヨタ ランドクルーザー物語 日本の誇るランクルとは?

この数字の大きさを強調するために、いくつかの数字遊びができる。メルセデスのサルーンは世界を175周した。あるいは、月まで9回の往復・・・。

あるいは北大西洋の人気観光スポットであるグラン カナリア島を3万周。というのも、4気筒ディーゼルエンジン、71馬力のメルセデスは、1988年からこのバカンス島で使われているからだ。それ以来、何人の乗客を運んだかは不明である。

V123タクシーは週に5,000kmを走る

しかし、このタクシーは3交代制で使用されているため、走行距離は増え続けている。1日700キロ、1週間で5,000km。つまり、8人乗りのロングホイールベースのタクシーは、なんと年間52回(!)のオイル交換が必要なのだ。

メルセデスが何年経っても故障しないように、定期的なメンテナンスは欠かさず行われてきている。ちなみにエンジンは、この車では2基目だが、100万kmごとにオーバーホール点検される。

万一に備えて、タクシー会社には予備のエンジンが置いてある。結局のところ、ベンツが同社のフラッグシップになって久しい。

ディーゼルのベンツは会社のフラッグシップ

初代オーナーのドミンゴは数年前、車とタクシー会社を息子に譲った。メカニックでもあった運転手の一人の手によって、2008年にメルセデスは大々的に修復された。

多くのオリジナル部品が車体に残されたが、快適性を向上させるために一部近代化された。それ以来、ベンツはまたたく間に走行距離を倍増させた。そしてこのロングホイールベース仕様の「メルセデス リムジン 240D」の終わりはいまだに見えない。地球をあと何周するだろうか。まさに「アメージングストーリー」だ。長年愛され続けてきたベンツにふさわしい。

Text: Andreas Reiners Photo: Privat

こんな記事も読まれています

開発テーマは原点回帰──トヨタ ランドクルーザー 250が発売|TOYOTA
開発テーマは原点回帰──トヨタ ランドクルーザー 250が発売|TOYOTA
OPENERS
自動車業界に相次ぐ不祥事……日産が約30億円不当減額!! 公取委が下請法違反で勧告
自動車業界に相次ぐ不祥事……日産が約30億円不当減額!! 公取委が下請法違反で勧告
ベストカーWeb
隣のレーンなら空きがあるのに周回できない! EVを充電したあと休憩できない! 「SA・PA」頼むから改善してくれませんポイント5つ
隣のレーンなら空きがあるのに周回できない! EVを充電したあと休憩できない! 「SA・PA」頼むから改善してくれませんポイント5つ
WEB CARTOP
5年ぶりF1中国GPが復活! FP1はストロール最速。角田裕毅12番手……スプリント開催もコース炎上の珍トラブルも発生
5年ぶりF1中国GPが復活! FP1はストロール最速。角田裕毅12番手……スプリント開催もコース炎上の珍トラブルも発生
motorsport.com 日本版
トヨタ新型「ランクル250」正式発売! 15年ぶりに全面刷新! 従来プラドから何が変わった? 角目・丸目設定で520万円から
トヨタ新型「ランクル250」正式発売! 15年ぶりに全面刷新! 従来プラドから何が変わった? 角目・丸目設定で520万円から
くるまのニュース
バイク未来総研によるリセールプライスランキングで「カワサキ・ELIMINATOR」が初の首位を獲得!
バイク未来総研によるリセールプライスランキングで「カワサキ・ELIMINATOR」が初の首位を獲得!
バイクブロス
レクサス、新型GXの国内導入の概要を発表。100台限定のローンチモデル「GX550 ”OVERTRAIL+”」の抽選注文受付を開始
レクサス、新型GXの国内導入の概要を発表。100台限定のローンチモデル「GX550 ”OVERTRAIL+”」の抽選注文受付を開始
月刊自家用車WEB
ランス・ストロールがトップ。ピアストリ、フェルスタッペン続く。角田裕毅は12番手|F1中国FP1速報
ランス・ストロールがトップ。ピアストリ、フェルスタッペン続く。角田裕毅は12番手|F1中国FP1速報
motorsport.com 日本版
ヘッドライトが自動で点灯! 「オートライト機能」は、夕暮れ時の事故を防ぐ“切り札”になれるでしょうか?
ヘッドライトが自動で点灯! 「オートライト機能」は、夕暮れ時の事故を防ぐ“切り札”になれるでしょうか?
Merkmal
新型レクサスGX、1000万円超で発売開始!──GQ新着カー
新型レクサスGX、1000万円超で発売開始!──GQ新着カー
GQ JAPAN
レクサス「GX550」を2024年秋より通常販売。これに先立ち、6月上旬より「GX550 オーバートレイル+」を抽選で100台限定販売
レクサス「GX550」を2024年秋より通常販売。これに先立ち、6月上旬より「GX550 オーバートレイル+」を抽選で100台限定販売
Webモーターマガジン
レクサス、ランクル250と兄弟車のGXを発表。初回は100台を販売
レクサス、ランクル250と兄弟車のGXを発表。初回は100台を販売
driver@web
ホンダ新型「SUV」世界初公開! 未来感スゴい新型「P7」登場! 24年末以降に中国で発売へ
ホンダ新型「SUV」世界初公開! 未来感スゴい新型「P7」登場! 24年末以降に中国で発売へ
くるまのニュース
初心者向け安全運転スクール! スズキが「U30スズキセイフティスクール」の開催日程を発表
初心者向け安全運転スクール! スズキが「U30スズキセイフティスクール」の開催日程を発表
バイクのニュース
カローラクロス対抗馬完成!? 欧州で新型キャシュカイ堂々発進 日本導入はマジであるのか
カローラクロス対抗馬完成!? 欧州で新型キャシュカイ堂々発進 日本導入はマジであるのか
ベストカーWeb
アルファロメオ『ジュニア』がミラノ・デザインウィーク2024に登場
アルファロメオ『ジュニア』がミラノ・デザインウィーク2024に登場
レスポンス
整備事業者に新展開!! オートバックスカーズのフランチャイズ加盟店を募集! 事業拡大で期待できることとは?
整備事業者に新展開!! オートバックスカーズのフランチャイズ加盟店を募集! 事業拡大で期待できることとは?
ベストカーWeb
ボッタス、ザウバーの”ピット作業問題”の解決はまだまだ先と示唆「できればイモラまでに」
ボッタス、ザウバーの”ピット作業問題”の解決はまだまだ先と示唆「できればイモラまでに」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

4件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

107.7178.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

99.099.0万円

中古車を検索
ドミンゴの車買取相場を調べる

スバル ドミンゴの中古車

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

107.7178.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

99.099.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村