現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アルテッツァは打倒欧州車目指して徹底的に鍛え上げられた入魂のFRスポーツセダン

ここから本文です

アルテッツァは打倒欧州車目指して徹底的に鍛え上げられた入魂のFRスポーツセダン

掲載 更新 148
アルテッツァは打倒欧州車目指して徹底的に鍛え上げられた入魂のFRスポーツセダン

運営元:旧車王
著者 :増田 真吾

プジョー 205GTI/CTIがホットハッチの名車に上り詰めた理由とは? 開発背景と独特の魅力を徹底考察

高い運動性能と、欧州でも通用する高級感を兼ね備えたアルテッツァ。トヨタ入魂のFRスポーツセダンであり、エンジンをフロントミッドシップに配置する本格的なFRレイアウトを採用しています。一方で、発売当時の評価はあまり高くなく、不遇なモデルでもありました。

打倒欧州車を掲げて開発したトヨタの意地を感じるアルテッツァは、近年評価が見直されつつあります。開発背景と魅力を改めて振り返ってみましょう。

1代限りながら7年間も販売されたアルテッツァアルテッツァは結果的にモデルチェンジすることなく、1代限りで姿を消しました。しかし、7年間にも及ぶ販売期間からは、その完成度の高さがうかがえます。

実際にアルテッツァとはどのようなクルマだったのでしょうか。まずは開発背景やグレードについて詳しく紹介します。

欧州に通用するFRスポーツセダン1998年に登場したアルテッツァは、欧州で通用するFRスポーツセダンを目指して開発されました。BMWの3シリーズやメルセデス・ベンツのCクラスといった、競合各社が力を入れるDセグメント市場を強く意識したモデルです。海外では、レクサスブランドのエントリーモデルである「IS」の初代として投入されます。

ベースは、当時のトヨタ プログレに採用されていた「FRマルチプラットフォーム」を徹底的に改良。ショートオーバーハングでホイールベースも短縮し取り回しやすいスタイリングにする一方、トレッド幅を広げて安定性を高め、FRスポーツセダンにふさわしいハンドリング性能を備えていました。

開発では、ニュルブルクリンクでの走り込みや公道での走行テストを繰り返し、2年間以上の年月をかけて走行性能が徹底的に煮詰められます。欧州のFRスポーツセダンと肩を並べるため、アルテッツァは限界まで鍛え抜かれました。

グレードは大きく2種類を用意アルテッツァに用意されたグレードは、大きく2種類。ラグジュアリー志向のAS200と、高い走行性能を誇るRS200です。

AS200のエンジンは、2L直列6気筒の1G-FE型で最高出力が160ps。一方のRS200には、MR-2にも搭載されたトヨタのスポーツエンジンとして十分な実績をもつ2L直列4気筒3S-GE型エンジンを搭載し、最高出力は実に210psを発揮しました。

おすすめのグレードはやはりRS200です。トヨタがこだわり抜いたアルテッツァの高い走行性能を最大限発揮します。

スポーツセダンを突き詰めたアルテッツァアルテッツァの魅力を紐解いていくと、細部に渡ってとことんこだわって開発されているのがよくわかります。ライバルが強力で、要求の高い欧州のスポーツセダンファンを納得させる性能を兼ね備えたモデルだといえるでしょう。

アルテッツァのこだわり、そして高性能を突き詰めたトヨタが限定で投入した280Tについて紹介します。

とことんこだわった運動性能エンジンに名機3S-GEを採用するだけでなく、アルテッツァは運動性能にとことんこだわりました。軽快なハンドリングを実現するために、エンジンをフロントミッドシップに搭載。切り詰めたオーバーハングと相まって、FRスポーツセダンにふさわしい前後重量バランスに仕上げられています。

足回りも前後ダブルウィッシュボーンに加え、車輌重量がはるかに重いアリストと同クラスのブレーキを採用しました。さらに、徹底的な走り込みによって、減衰力からブッシュ特性に至るまで細かく調整。パワフルなエンジンで単に速いだけではなく、曲がる、止まるといったスポーツモデルに欠かせない要素をとことん取り入れています。

セダンとしての風格も一級品高い走行性能を誇るアルテッツァですが、セダンのもつラグジュアリーな面にもとことんこだわって開発されました。

エクステリアには、フロント部に風格を与える大きな開口部と低くレイアウトされたグリル。さらに、ボディサイドは流麗で抑揚のあるラインを形成しています。

インテリアに目を移すと、スポーティで視認性の高いインパネメーター類には電圧計、水温計、油圧計まで配置され、スポーツ腕時計のクロノグラフを彷彿させる高級感を演出。ドライバーズカーとして機能性を重視しつつも、全体を黒でまとめてセダンならではのモダンシックな印象を与えました。

また、スポーツカーではなく、あくまでもセダンというコンセプトを表現しているのが後席です。十分に確保されたヘッドクリアランスや足元のスペースによって、スポーツモデルとは思えない快適な居住性を実現しています。独立したトランクスペースとともに、日常使いでの利便性も強く意識されました。

コンプリートカー280Tまでリリースアルテッツァには、トムスが専用チューニングを施した「アルテッツァ TOM'S 280T」という限定生産車が存在します。生産台数はわずか100台ながら、アルテッツァの本来もつ実力を極限まで引き出した魅力的なモデルです。

最大の特徴はターボ化されたコンプリートエンジンで、当時の自主規制限界である280psを発揮します。専用設計のタービンやインタークーラー、エキゾーストマニホールドを備え、インジェクターなど細部に至るまでチューニングされたエンジンをTOM'S製ECU(エンジンコンピュータ)で制御していました。

高出力エンジンのパワーをしっかりと受け止めるべく、クラッチはOS技研製のツインプレートクラッチ、足回りはAdvox製に交換され、サーキット走行にも耐えうる仕様に仕上げられています。

また、外装面でも専用のエアロパーツが装着され、標準車とは違うアルテッツァのスポーティな面が全面に押し出されました。

発売当時は不評だったものの再評価されつつある限界まで鍛え上げられた走行性能と欧州車並の高級感を兼ね備えたアルテッツァですが、発売当時の評価は高いとはいえませんでした。。実際、モデルチェンジせずに1代限りで開発を中止している点からも、当時の不人気ぶりがわかります。

スポーツカーにしては重く、大排気量でゆったり乗りたいセダンにしては非力という見識が先行し、当時の日本ではどっちつかずのイメージがついてしまったのかもしれません。

しかし、スポーツセダンというジャンルが確立し多くのユーザーから支持を集める現在、アルテッツァの評価は高まりつつあります。特に評価の高いモデルは、名機3S-GEが搭載されたRS200です。限定販売の希少車、280Tはさらに高い評価を受けています。

一方で、時代を先取りしたアルテッツァが市場へ投入されたのは1998年。販売開始からすでに25年が経過しています。セダンであるため比較的状態の良い個体が残っているものの、購入する際は専門業者でしっかり整備された車輌を選びましょう。

また、売却する際は近年の評価をしっかりと査定に反映してくれる、旧車取り扱いに慣れた業者の選定をおすすめします。

こんな記事も読まれています

5シリーズ買うなら必見!人気の年式やおすすめグレードまで【人気のクルマ中古購入ガイド】
5シリーズ買うなら必見!人気の年式やおすすめグレードまで【人気のクルマ中古購入ガイド】
グーネット
女性ドライバーの増加が唯一の救い! トラックドライバー不足を生む3つの要因とは
女性ドライバーの増加が唯一の救い! トラックドライバー不足を生む3つの要因とは
WEB CARTOP
衝撃の「銀ピカ」アウディに東京モーターショーは騒然! のちのR8に繋がるアブス・クワトロの衝撃
衝撃の「銀ピカ」アウディに東京モーターショーは騒然! のちのR8に繋がるアブス・クワトロの衝撃
WEB CARTOP
ハミルトン、トラブルまみれの開幕戦もメルセデスW15のポテンシャルに期待感「ここからマシンを築いていける」
ハミルトン、トラブルまみれの開幕戦もメルセデスW15のポテンシャルに期待感「ここからマシンを築いていける」
motorsport.com 日本版
「黒いタイムズ」ってだけじゃない 実は細かい看板等の“景観ルール”とは? 逆に“かなり派手”になることも!?
「黒いタイムズ」ってだけじゃない 実は細かい看板等の“景観ルール”とは? 逆に“かなり派手”になることも!?
乗りものニュース
スズキが新型「軽バン」発売! CVT新設&ターボ復活に喜びの声続々! でもターボにMTなし!? 新型「エブリイ」の反響は?
スズキが新型「軽バン」発売! CVT新設&ターボ復活に喜びの声続々! でもターボにMTなし!? 新型「エブリイ」の反響は?
くるまのニュース
ポルシェ「911GT3」で滑走路を送迎!? 米国デルタ航空が“特別なお客さま”のための新サービスを実施 その反響とは
ポルシェ「911GT3」で滑走路を送迎!? 米国デルタ航空が“特別なお客さま”のための新サービスを実施 その反響とは
VAGUE
レッドブル&HRC密着:ハードを温存したライバルを見て有利を確信。ソフトでのロングランを完遂、1-2を達成
レッドブル&HRC密着:ハードを温存したライバルを見て有利を確信。ソフトでのロングランを完遂、1-2を達成
AUTOSPORT web
フィアット、新グローバルプラットフォームで新型車攻勢へ…2024年から毎年1車種ずつ
フィアット、新グローバルプラットフォームで新型車攻勢へ…2024年から毎年1車種ずつ
レスポンス
ボルボ・カー・ジャパン、PHV「XC60リチャージ」に黒基調の特別仕様車を設定
ボルボ・カー・ジャパン、PHV「XC60リチャージ」に黒基調の特別仕様車を設定
日刊自動車新聞
カタールで苦戦のトヨタ勢、ペースで上位に及ばずも6位&9位のダブル入賞「これが精一杯」/WEC開幕戦
カタールで苦戦のトヨタ勢、ペースで上位に及ばずも6位&9位のダブル入賞「これが精一杯」/WEC開幕戦
AUTOSPORT web
あぶなくないよ!赤一色テールがトレードマーク、最後の「レパード」発売!【28年前の今日、こんなことが…】
あぶなくないよ!赤一色テールがトレードマーク、最後の「レパード」発売!【28年前の今日、こんなことが…】
LE VOLANT CARSMEET WEB
初代『スプリンターカリブ』は『カローラクロス』の源流なのか?【懐かしのカーカタログ】
初代『スプリンターカリブ』は『カローラクロス』の源流なのか?【懐かしのカーカタログ】
レスポンス
終盤3度の接触で大勝ムードが一転、予定外のピットも。「本当に苦労した」と開幕戦優勝のエストーレ
終盤3度の接触で大勝ムードが一転、予定外のピットも。「本当に苦労した」と開幕戦優勝のエストーレ
AUTOSPORT web
ボッシュ マイクロソフトと協業を発表。生成AIの活用によって、新たな世界が切り開かれる
ボッシュ マイクロソフトと協業を発表。生成AIの活用によって、新たな世界が切り開かれる
Auto Prove
ホンダ新型「和製スーパーセダン」登場! 斬新すぎる“2ドア仕様”に称賛の声! 2026年市販化もある「サルーン」とは
ホンダ新型「和製スーパーセダン」登場! 斬新すぎる“2ドア仕様”に称賛の声! 2026年市販化もある「サルーン」とは
くるまのニュース
【特集「やっぱりドイツ車が好き!」(6)】巧妙なるシナリオ作り。楽しむ世界観の多様性【ポルシェ 911ダカール/911 GT3 RS】
【特集「やっぱりドイツ車が好き!」(6)】巧妙なるシナリオ作り。楽しむ世界観の多様性【ポルシェ 911ダカール/911 GT3 RS】
Webモーターマガジン
4/6開催のジャパンラグビー リーグワン「静岡ブルーレヴズ vs. 三重ホンダヒート戦」でバイクイベント開催決定!/ライダー無料招待キャンペーンを実施
4/6開催のジャパンラグビー リーグワン「静岡ブルーレヴズ vs. 三重ホンダヒート戦」でバイクイベント開催決定!/ライダー無料招待キャンペーンを実施
バイクブロス

みんなのコメント

148件
  • ジャーナリストがAE86の再来とか騒いだから不当な評価されたんだよ。
  • 意欲的ではあったが、当時の自動車メディアが期待をあおりすぎた
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

220.5335.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.8298.0万円

中古車を検索
アルテッツァの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

220.5335.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.8298.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村