現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産ノートがマイナーチェンジ。内外装の質感をバージョンアップ

ここから本文です

日産ノートがマイナーチェンジ。内外装の質感をバージョンアップ

掲載 2
日産ノートがマイナーチェンジ。内外装の質感をバージョンアップ

2023年12月11日、日産自動車株式会社はコンパクトカーの「ノート」をマイナーチェンジし、2024年1月下旬に発売すると発表しました。

フロントデザインを中心にエクステリを一新
先進コンパクトカー「ノート」は、パワートレーンに第2世代「e-POWER」を採用。電動駆動によるなめらかで力強い加速、快適な乗り心地、優れた静粛性などが高く評価されているモデルです。今回のマイナーチェンジでは、フロントマスクのデザインを一新するとともに、機能や使い勝手の向上が図られました。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

エクステリアは、フロントグリルに新しいデジタルVモーションを採用。さらにフロントとリアバンパーをボディカラーと同色とすることで車両全体の統一感を演出しています。これにより、一層フレッシュかつ先進的に感じられるデザインになりました。具体的には、有彩色のボディカラーには同色のカラードグリルを、無彩色のボディカラーにはダークメタルグレーのグリルをそれぞれ採用。フロントフェイスを豊かに表現しています。

一方、リアバンパーの下部にはアシンメトリーな模様を施されています。これは「日本の風景に溶け込む佇まい」にすることを狙った意匠です。また、16インチホイールカバーも新デザインに変更され、日本の伝統的な幾何学模様をあしらうことで、立体感と和モダンを演出しました。

ボディカラーには、太陽光では赤みを帯び、陰に入ると青みが強調される「スミレ」と、フレッシュさを感じる「ターコイズ」の2色の新色を採用した2トーンカラーをはじめ、合計が14色が用意されています。

内装と機能面もバージョンアップ
一方、内装ではインストルメントパネルに水引をモチーフにしたデザインを採用。座面と背面の中央部分のシート地にランダムストライプを施すことで、エクステリアと調和が取れた雰囲気を演出しています。

このほかに機能面もアップデートされています。LEDヘッドランプを全グレード標準装備とし、夜間走行時の視認性を向上させています。

また、ユーティリティ面では助手席側にあるグローブボックスの容量を拡大。加えて収納スペースを上下2段に仕切ることで、取扱説明書やティッシュボックスなど、かさばりやすいものを分けてすっきりと収納できるようになりました。

インテリジェントキーは、クルマに近づくと自動でロックを解除する「接近時アンロック機能」と、降車後にクルマから離れると自動でロックをする、「降車時オートロック機能」を備え、日常での使い勝手が向上しています。

回転シート装備車もラインナップ
今回のノートのマイナーチェンジに合わせて、日産モータースポーツ&カスタマイズ株式会社はノート「助手席回転シート」のマイナーチェンジを発表。こちらもノートの標準車と同じく、2024年1月下旬に発売されます。

ノート「助手席回転シート」は、簡単な手動操作で助手席を車外に向けて回転できるモデルで、体を大きくひねったり、足を大きく開くなどの動作をせずに乗り降りすることができるモデルです。足腰の弱い方のほか、スカートや和服を着ている方のスマートな乗り降りもサポートできます。

また、助手席回転時の足元スペースの広さはクラストップレベルを確保し、助手席回転シートにはフットレストを装備。これを使うことで一層スムーズな乗降りを可能にしています。ノート「助手席回転シート」の価格は、X(2WD)は240万9000円、X FOUR(4WD)は269万600円となります。

日産ノート 主要諸元
●全長×全幅×全高:4045mm×1695mm×1520mm
●ホイールベース:2580mm
●パワートレーン:1.2L直3+フロントモーター(FF)/
         1.2L直3+フロントモーター+リアモーター(4WD)
●駆動方式:FF/4WD
●車両本体価格:X(FF):229万9000円/X FOUR(4WD):258万600円

[ アルバムはオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

まもなく日本発売!? トヨタ新型「ランドクルーザー250」が待ち遠しい! 「ランクル300」や「ランクル70」の違いとは
まもなく日本発売!? トヨタ新型「ランドクルーザー250」が待ち遠しい! 「ランクル300」や「ランクル70」の違いとは
VAGUE
マツダ「2.0L ロードスター」実車展示! 1200万円超え“丸目4灯ライト”クラシック仕様!? マツダ車じゃない… 謎のクルマとは
マツダ「2.0L ロードスター」実車展示! 1200万円超え“丸目4灯ライト”クラシック仕様!? マツダ車じゃない… 謎のクルマとは
くるまのニュース
大幅改良を図ったアウディS3が本国デビュー。最高出力は333ps、最大トルクは420Nmへとアップ
大幅改良を図ったアウディS3が本国デビュー。最高出力は333ps、最大トルクは420Nmへとアップ
カー・アンド・ドライバー
アバルト「595」最新トレンド! メカ丸出しの「CAEウルトラシフター」や花粉に効く「マニアックライン」のシャンプーを紹介します
アバルト「595」最新トレンド! メカ丸出しの「CAEウルトラシフター」や花粉に効く「マニアックライン」のシャンプーを紹介します
Auto Messe Web
メルセデス・ベンツ Eクラス ステーションワゴン 富裕層の信頼を勝ち得たプレミアムモデル
メルセデス・ベンツ Eクラス ステーションワゴン 富裕層の信頼を勝ち得たプレミアムモデル
グーネット
スーパーGT2024 第1戦岡山 SUBARU BRZ GT300 多くの課題を克服して臨みつつも26位フィニッシュ
スーパーGT2024 第1戦岡山 SUBARU BRZ GT300 多くの課題を克服して臨みつつも26位フィニッシュ
Auto Prove
シボレー コルベット の頂点「ZR1」、今夏発表へ
シボレー コルベット の頂点「ZR1」、今夏発表へ
レスポンス
日産自動車は堂々90周年! 名車だらけのなかでも絶対外せない「5台」を選んでみた!!
日産自動車は堂々90周年! 名車だらけのなかでも絶対外せない「5台」を選んでみた!!
WEB CARTOP
フェラーリのアップデートに期待大? サインツJr.「1、2回でレッドブルのアドバンテージを埋められるかも」
フェラーリのアップデートに期待大? サインツJr.「1、2回でレッドブルのアドバンテージを埋められるかも」
motorsport.com 日本版
相棒のマスタング! さっきまで普通に走ってたのになんでATレバーが動かんの!? 【ドラマチックな愛車との別れ まるも亜希子編】
相棒のマスタング! さっきまで普通に走ってたのになんでATレバーが動かんの!? 【ドラマチックな愛車との別れ まるも亜希子編】
WEB CARTOP
スバルが新型「ステーションワゴン“SUV”」発表! 上品ブルー×ブラック装備が超カッコイイ! アンダー700万円の「アウトバック“ウィルダネス”」中国に登場
スバルが新型「ステーションワゴン“SUV”」発表! 上品ブルー×ブラック装備が超カッコイイ! アンダー700万円の「アウトバック“ウィルダネス”」中国に登場
くるまのニュース
総出力680馬力のカッ飛びSUVにクーペモデル追加! メルセデスAMG GLC 63 S E PERFORMANCE クーペを発表
総出力680馬力のカッ飛びSUVにクーペモデル追加! メルセデスAMG GLC 63 S E PERFORMANCE クーペを発表
WEB CARTOP
ウェーレイン、土壇場まで戦略に確信持てず「ローランドが僕よりバッテリー少ないなんて信じられなかった」
ウェーレイン、土壇場まで戦略に確信持てず「ローランドが僕よりバッテリー少ないなんて信じられなかった」
motorsport.com 日本版
驚異のルーキー、アコスタがMotoGP史上最年少の連続表彰台「こんなにレースを楽しめたのは久しぶり!」
驚異のルーキー、アコスタがMotoGP史上最年少の連続表彰台「こんなにレースを楽しめたのは久しぶり!」
motorsport.com 日本版
ホンダ久々のFRスポーツにしてオープン2シーター、「S2000」発売!【25年前の今日、こんなことが…】
ホンダ久々のFRスポーツにしてオープン2シーター、「S2000」発売!【25年前の今日、こんなことが…】
LE VOLANT CARSMEET WEB
かつての「デュアリス」…日産『キャシュカイ』新型、公開直前にデザイン大予想!
かつての「デュアリス」…日産『キャシュカイ』新型、公開直前にデザイン大予想!
レスポンス
特定小型原付「MySmart16」の保証・メンテナンスパックが充実! 現在30%OFFで販売中(動画あり)
特定小型原付「MySmart16」の保証・メンテナンスパックが充実! 現在30%OFFで販売中(動画あり)
バイクブロス
約230万円のトヨタ新型「スポーツコンパクトカー」発売! 6速MT“のみ”×「専用サス」装着!? めちゃ手軽な「硬派すぎモデル」に評価の声!
約230万円のトヨタ新型「スポーツコンパクトカー」発売! 6速MT“のみ”×「専用サス」装着!? めちゃ手軽な「硬派すぎモデル」に評価の声!
くるまのニュース

みんなのコメント

2件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

144.8268.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

5.5315.0万円

中古車を検索
ノートの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

144.8268.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

5.5315.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村