現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型スイフト登場秒読み!! すげえ売れそう! 「プロト」公開で見えた市販型の実力と期待

ここから本文です

新型スイフト登場秒読み!! すげえ売れそう! 「プロト」公開で見えた市販型の実力と期待

掲載 15
新型スイフト登場秒読み!! すげえ売れそう! 「プロト」公開で見えた市販型の実力と期待

 スズキのコンパクトカー「スイフト」のフルモデルチェンジが近づいている。先日開催されたジャパンモビリティショー2023では「スイフトプロト」が出展されていたが、はたして市販モデルはどうなるのか!? ジャパンモビリティショー出展の「プロト」で見えた新型スイフト市販型の実力と期待について考察しよう。

文:吉川賢一
写真:SUZUKI、ベストカーWEB編集部、日本自動車工業会

新型スイフト登場秒読み!! すげえ売れそう! 「プロト」公開で見えた市販型の実力と期待

デザインはキープコンセプトだが、待望のE-PKBを採用

 歴代スイフトと同じく、5ドアハッチックのコンパクトカースタイルを踏襲した「スイフトプロト」。現行モデルのキープコンセプトでまとめられた姿から、おそらく、ほぼこのまま市販されるのだろうと推察される。

ジャパンモビリティショー2023で出展された「スイフトプロト」

 従来型のスイフトとは一見区別しにくいものの、LEDデイライトを仕込んだヘッドライトやフロントグリル、ボンネットに走るキャラクターライン、コの字型に光るテールランプなど、細部においてブラッシュアップがされており、よりカッコよく、洗練されたデザインとなっている。これまで通り、日本仕向けは5ナンバーサイズ(全幅1700mm未満)に収まるというので、使い勝手も現行モデル並みにいいはずだ。

 エクステリアとは違い、インテリアは大きく変わったポイントがいくつかある。最大のトピックは、手引き式のサイドブレーキが無くなり、シリーズ初の電気式パーキングブレーキを採用したことだ。そのため、前席シートの間のスペースが空き、小物の荷物置きとして使えるようになった。もちろんブレーキホールドスイッチもあり、ライバル車と同等水準の先進装備をようやく手に入れることになる。

 パワートレインは、新開発の1.2リッター3気筒エンジン(Z12E)+マイルドハイブリッド+高効率の新CVTだ。現行モデルの1.2リッター3気筒エンジン(K12C)+マイルドハイブリッド+CVTと構成は同じだが、スズキによると、「(新エンジンは)低速から十分なトルクを発揮して、街乗りでの扱いやすさを実現。高効率で、燃費性能と走行性能を両立した」とのこと。また、現時点のグレード構成はマイルドハイブリッドのMZ、MX、XGの3種類とのことで、MT設定はなく全車がCVTだ。

 現行モデル(4代目)は、モデル末期でありながら、2023年10月時点でも月1000台規模で売れており(それに加えてスイフトスポーツが月900台程度)、扱いやすいサイズ感で走りもよいコンパクトカーを求める購買層に向けて、ベストマッチな内容で登場してくれそうだ。新型スイフトは、2023年12月6日に正式発表となる見込みだ。

スポーティさよりも、いつ見ても古さを感じないタイムレスなデザインが特徴

コの字に光る四角いテールランプなどは、従来型の特徴を受け継いでいる

[usedcar-search brand_cd="1055" body_cd="2" car_cd="10552013" keyword="スイフト" limit=30]

ADASを補強したことで、「売れる一台」になった

 従来型スイフトの全長は3890mmと、軽自動車の全長3400mm枠よりも、ちょっとだけ長いというディメンジョン。トヨタ「ヤリス」(全長3940mm)やホンダ「フィット」(3995mm)、日産「ノート」(4045mm)、マツダ「マツダ2」(全長4080mm)などと比べても短く、既に販売終了してしまったが、日産「マーチ」(K13、3830mm)並みの全長だ。

 コンパクトであることの最大のメリットは、狭い道でも運転がしやすいことや燃費のよさ、そして余力十分なエンジンを合わせたことによるパワーの余裕だ。またスイフトは、優れたシャシー性能による走りのよさも定評がある。日本だけでなく、グローバルで販売されるスイフトには、あらゆる路面を様々な車速で走ることが求められるが、車体やタイヤ、前席シートなどのつくりが良く、コンパクトサイズであっても走りの安心感が高いことは、ユーザーにとって嬉しいこと。速度メーターが220km/hまで刻まれているのも頷ける。

 従来型スイフトでは、ADAS(先進運転支援技術)において物足りなさがあったが、スイフトプロトでは、ヘッドアップディスプレイこそ見送られたものの(軽のスペーシアには既に装備されている)、カーブの手前で速度抑制してくれるACCや、交差点でのブレーキサポート(バージョンIIへアップデート)、ドライバモニタリングシステム、アダプティブハイビームシステムまで加わり、ほぼほぼ期待通りとなった。最大のメリットであるボディサイズを踏襲し、弱点だったADASを補強したことで、このクラスでは最高の選択肢になり、「売れる一台」になったといえる。

従来型スイフトの長所は、全長3890 mmというコンパクトなボディサイズ。余力十分なエンジンを積み、優れたシャシーを備えているため、安心感の高い走りをする

ストロングハイブリッドはないと予想

 新型スイフトに関しては、「(現行モデルには一時期存在した)ストロングハイブリッドはないのか?」という声も聞こえるが、何十キロも重たくなるストロングハイブリッドのユニットを載せることは、グローバルで売るスイフトには需要があるようには思えない。また(コスト的にも)スマートではなくなる。実際、スズキ販売店が明らかにしている情報によると、従来型通りマイルドハイブリッドの設定にとどまっているようだ。はたして次期スイフトも、ファンに愛された従来型スイフトの姿を引き継いでくれるのか!?? 登場が楽しみだ。

もちろん次期型でも、スイフトスポーツの企画が進んでいるはず!! 期待して待ちたい

こんな記事も読まれています

マクラーレンのノリス、レッドブルやフェラーリとの差を痛感「遠く及ばない」F1プレシーズンテストではチームの進歩を実感
マクラーレンのノリス、レッドブルやフェラーリとの差を痛感「遠く及ばない」F1プレシーズンテストではチームの進歩を実感
motorsport.com 日本版
将来は「福島‐新潟」の近道に! 国道287号「米沢長井道路」3月延伸 接続の梨郷道路と同日開通
将来は「福島‐新潟」の近道に! 国道287号「米沢長井道路」3月延伸 接続の梨郷道路と同日開通
乗りものニュース
アルファ ロメオのミドルSUV「トナーレ」に限定モデル登場 PHEVとMHEVそれぞれに用意
アルファ ロメオのミドルSUV「トナーレ」に限定モデル登場 PHEVとMHEVそれぞれに用意
VAGUE
絶対触れないとダメ? 給油前の静電気除去シート
絶対触れないとダメ? 給油前の静電気除去シート
バイクのニュース
レクサス新型「和製スーパーカー」どうなる!? “MT&4WD“の「爆速スポーツカー」に!? 美しすぎる「エレクトリファイドスポーツ」市販版の可能性とは
レクサス新型「和製スーパーカー」どうなる!? “MT&4WD“の「爆速スポーツカー」に!? 美しすぎる「エレクトリファイドスポーツ」市販版の可能性とは
くるまのニュース
高橋巧がJSB1000に復帰、チーム初最高峰。T.Proが日本郵便HondaDreamと日本郵便docomo businessの2024年体制を発表
高橋巧がJSB1000に復帰、チーム初最高峰。T.Proが日本郵便HondaDreamと日本郵便docomo businessの2024年体制を発表
AUTOSPORT web
【2024年F1新車情報:フェラーリ】“成功したアイデア”を取り入れたSF-24。新ウイングレットが特徴
【2024年F1新車情報:フェラーリ】“成功したアイデア”を取り入れたSF-24。新ウイングレットが特徴
AUTOSPORT web
いいクルマだったなぁ…帰ってきてくれんか…マークXが日本に残した爪痕
いいクルマだったなぁ…帰ってきてくれんか…マークXが日本に残した爪痕
ベストカーWeb
クルマ系MC女子が選ぶ「ジムニー」カスタム3選!「自分の出棺に使って欲しい」クルマなどインパクト重視で選んでみました
クルマ系MC女子が選ぶ「ジムニー」カスタム3選!「自分の出棺に使って欲しい」クルマなどインパクト重視で選んでみました
Auto Messe Web
いまどきの新車にMT設定はほんのわずか! それでもMT免許を取る理由とメリットを元教習所教官が解説!!
いまどきの新車にMT設定はほんのわずか! それでもMT免許を取る理由とメリットを元教習所教官が解説!!
WEB CARTOP
日産九州、活動再開した硬式野球部の体制を発表 地元部品メーカーなどの選手も参加
日産九州、活動再開した硬式野球部の体制を発表 地元部品メーカーなどの選手も参加
日刊自動車新聞
角田裕毅、F1開幕前テスト最終日に5番手「進歩に満足。正しい方向に進んでいる」チームの位置は「まだ分からない」
角田裕毅、F1開幕前テスト最終日に5番手「進歩に満足。正しい方向に進んでいる」チームの位置は「まだ分からない」
AUTOSPORT web
ハミルトンのフェラーリF1移籍劇に“かつてのボス”バスールの存在アリ「彼なしでは実現しなかった」
ハミルトンのフェラーリF1移籍劇に“かつてのボス”バスールの存在アリ「彼なしでは実現しなかった」
motorsport.com 日本版
三菱「本格オフローダー」復活! もはや「新型パジェロ」!? 「めちゃ便利なSUV」化した新型「トライトン“スノーシュレッダー”」登場
三菱「本格オフローダー」復活! もはや「新型パジェロ」!? 「めちゃ便利なSUV」化した新型「トライトン“スノーシュレッダー”」登場
くるまのニュース
幻のマツダRX500と、プロトタイプの実験車コスモスポーツ…ノスタルジック2デイズ 2024
幻のマツダRX500と、プロトタイプの実験車コスモスポーツ…ノスタルジック2デイズ 2024
レスポンス
次期ムーヴ、次期トール/ルーミー、新型コペン…ダイハツ徐々に生産再開でもいまだ見えぬ新型車の道筋
次期ムーヴ、次期トール/ルーミー、新型コペン…ダイハツ徐々に生産再開でもいまだ見えぬ新型車の道筋
ベストカーWeb
FIAスポーティングディレクターを辞任したスティーブ・ニールセンが新会社を設立。F1側に物流などの管理を助言
FIAスポーティングディレクターを辞任したスティーブ・ニールセンが新会社を設立。F1側に物流などの管理を助言
AUTOSPORT web
メキシコの日本人学校をサポートする自動車メーカーの取り組み 駐在員が安心して働ける環境を
メキシコの日本人学校をサポートする自動車メーカーの取り組み 駐在員が安心して働ける環境を
日刊自動車新聞

みんなのコメント

15件
  • tmo********
    現行型の方が格好いな。フロントリア周りがヘンテコ。テールランプは、オートバックスとかに売ってる社外品?おまけに高いとなると、やっぱ現行型でいいわ。
  • がず
    現行型の方がかっこいいと思います。いまのトレンドのデザインを取り入れているかもしれないけど、私はあまり売れるとは思わない。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

172.7233.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

6.8389.8万円

中古車を検索
スイフトの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

172.7233.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

6.8389.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村