現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ランボルギーニ ウラカン ステラートを初テスト。背の低いスーパーカーが驚くほどオフロードに似合う理由がわかった【海外試乗】

ここから本文です

ランボルギーニ ウラカン ステラートを初テスト。背の低いスーパーカーが驚くほどオフロードに似合う理由がわかった【海外試乗】

掲載 6
ランボルギーニ ウラカン ステラートを初テスト。背の低いスーパーカーが驚くほどオフロードに似合う理由がわかった【海外試乗】

イタリア語でグラベルという意味の「ステラート」。その名を冠した世界限定1499台は、スーパーカーのスタイリングを継承しつつ、オフロードもこなせるマシンに仕立てられた。ウラカンシリーズに新たに加わったウラカン ステラートを米国チャクワラバレーレースウェイで試乗した。(Motor Magazine2023年8月号より)

共同開発の「ブリヂストン デューラーAT002」が頼もしい
ステラートとはイタリア語でグラベルを意味する。世界でたった1499台の限定車として登場したランボルギーニ ウラカン ステラートは、まさにその名のとおりオンロードに加えてオフロードまで守備範囲を広げて、全天候型スーパースポーツを謳う。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

ウラカンの楔形のボディは車高44mmが上げられ、フロント、サイドの下まわり、リアのディフューザー周辺には樹脂製のプロテクターが装着される。フェンダーには、樹脂製のクラッディングを追加することで前30mm、後35mmワイド化。そして、そこには前235/40R19、後285/40R19という外径の大きなブリヂストン デューラーAT002が収められている。

いかにも走破性の高そうなゴツいブロックを持つこのタイヤは、ランボルギーニとの共同開発で、オフロードでの走破性だけでなくオンロードでのパフォーマンスも追求したもの。しかもランフラット構造とされたものである。

エクステリアはノーズの先端には補助灯が追加され、ルーフレールも装着。エンジンカバーからはシュノーケル状のエアインテークが顔を覗かせている。本来のサイドインテークでは、ダート走行時に埃や砂が入り込んでしまうため、お馴染み5.2L V10自然吸気エンジンは吸気系が丸ごと新設計されているのだ。

全天候型スーパースポーツを標榜するだけに、試乗に供されたクローズドコースは半分が舗装、半分がグラベルという特殊なレイアウトとされていた。まず舗装路で印象的だったのは、そのコントロール性の高さ。サスペンションは車高が上がったこともありストローク感があって姿勢変化がわかりやすく、タイヤもヨレなくスライドコントロールがしやすい。

性能のピーク値を追わず、コントロール性を重視
絶対的なグリップはやや控えめだが、それも御しやすさに効いていて、3速全開でのドリフトも余裕で楽しめる。これは痛快だ。

グラベルでは、走行モード選択機能のANIMAに追加されたRALLYモードで。トラクションを最大化するこのモードに入れておけば、むしろアクセルペダルを踏むほどに安定してくるから、右に左に自在にスライドさせながら走らせることができた。それも不安感など皆無に、である。

最近のスーパースポーツカーは性能レベルがきわめて高く、一般道ではおろかサーキットでだって容易に全開にできない感は否めない。しかしながらこのウラカンステラートは、性能のピーク値を追うのではなく、コントロール性に重きを置いた調律とすることで、オンロードでもオフロードでも、V10エンジンを思い切り踏み抜き、歌わせる歓びに存分に浸らせてくれた。

案外、スーパースポーツカーの未来にはこんな手もあるのかも。そう思わせた、実に興味深い1台だったのである。ランボルギーニ自身も手応えを得ているようだから、今回は台数限定だったが、あるいは次の展開も期待してもいいかもしれない。(文:島下泰久/写真:アウトモビリ ランボルギーニ S.p.A.)

ランボルギーニ ウラカン ステラート主要諸元
●全長×全幅×全高:4525×1956×1248mm
●ホイールベース:2620mm
●乾燥車両重量:1470kg
●エンジン:V10DOHC
●総排気量:5204cc
●最高出力:449kW(610ps)/8000rpm
●最大トルク:560Nm/6500rpm
●トランスミッション:7速DCT
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:プレミアム・80L
●WLTPモード燃費:6.7km/L
●タイヤサイズ:前235/40R19、後285/40R19

[ アルバム : ランボルギーニ ウラカン ステラート海外試乗 はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

バッテリー駆動より使い勝手ヨシ! 大型“燃料電池トラック”普及のカギは? 出力でも値段でもない
バッテリー駆動より使い勝手ヨシ! 大型“燃料電池トラック”普及のカギは? 出力でも値段でもない
乗りものニュース
【正式結果】2024スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス 決勝
【正式結果】2024スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス 決勝
AUTOSPORT web
角田、今季最高グリッド獲得でチームへ感謝「クルマにペースがなければ今日のようなアタックはできなかった」/F1第7戦
角田、今季最高グリッド獲得でチームへ感謝「クルマにペースがなければ今日のようなアタックはできなかった」/F1第7戦
AUTOSPORT web
大型トラックは基本雪道に強い……が弱点は急勾配にあった!
大型トラックは基本雪道に強い……が弱点は急勾配にあった!
WEB CARTOP
「高齢者の孤独死」年間6.8万人の衝撃! そうなりたくなければ、「公共交通」にもっと関心を持つべきだ
「高齢者の孤独死」年間6.8万人の衝撃! そうなりたくなければ、「公共交通」にもっと関心を持つべきだ
Merkmal
愛車の履歴書──Vol37. 君島十和子さん(前編)
愛車の履歴書──Vol37. 君島十和子さん(前編)
GQ JAPAN
ジャガー「Fペイス」 ブランド90年祝う特別グレード追加 多彩な人気オプションを標準装備
ジャガー「Fペイス」 ブランド90年祝う特別グレード追加 多彩な人気オプションを標準装備
グーネット
ノート「AUTECH CROSSOVER」のマイチェンを事前告知。5月29日に発表へ!
ノート「AUTECH CROSSOVER」のマイチェンを事前告知。5月29日に発表へ!
月刊自家用車WEB
911カレラに乗って運転スキルを磨く!ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京が新プログラム
911カレラに乗って運転スキルを磨く!ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京が新プログラム
グーネット
スバル 「レヴォーグ レイバック」でアイサイトX紹介 人とくるまのテクノロジー展2024
スバル 「レヴォーグ レイバック」でアイサイトX紹介 人とくるまのテクノロジー展2024
グーネット
MINI『コンバーチブル』新型、2024年後半に発売…EV設定の可能性も
MINI『コンバーチブル』新型、2024年後半に発売…EV設定の可能性も
レスポンス
これ1台あればすべてが事足りる──新型メルセデス・ベンツE 220d 4MATICオールテレイン試乗記
これ1台あればすべてが事足りる──新型メルセデス・ベンツE 220d 4MATICオールテレイン試乗記
GQ JAPAN
リカルド予選9番手「裕毅より苦労していたが、徐々に改善。集中すべきエリアは分かっている」/F1第7戦
リカルド予選9番手「裕毅より苦労していたが、徐々に改善。集中すべきエリアは分かっている」/F1第7戦
AUTOSPORT web
まるで高速道路を“森林”に!? コンクリに塗れば「CO2をめっちゃ吸収する」魔法の溶剤がスゴイ!
まるで高速道路を“森林”に!? コンクリに塗れば「CO2をめっちゃ吸収する」魔法の溶剤がスゴイ!
乗りものニュース
マクラーレンF1代表、ノリスがイモラで惜敗も勝利には届かなかった?「相手はフェルスタッペンだからね」
マクラーレンF1代表、ノリスがイモラで惜敗も勝利には届かなかった?「相手はフェルスタッペンだからね」
motorsport.com 日本版
トヨタの「新型SUVミニバン」!? 全ドア「スライドドア」&タフ外装採用! 斬新3人乗り仕様もある「クロスバン」の示すものとは
トヨタの「新型SUVミニバン」!? 全ドア「スライドドア」&タフ外装採用! 斬新3人乗り仕様もある「クロスバン」の示すものとは
くるまのニュース
フェルスタッペン前代未聞! F1とシムレースで1日2勝の離れ業。ホーナー代表「彼はまさに”レーシングマシン”だ!」
フェルスタッペン前代未聞! F1とシムレースで1日2勝の離れ業。ホーナー代表「彼はまさに”レーシングマシン”だ!」
motorsport.com 日本版
スマホ音楽を高音質で再生! オーディオテクニカ「AT-HRD100」「AT-HRD300」発売
スマホ音楽を高音質で再生! オーディオテクニカ「AT-HRD100」「AT-HRD300」発売
レスポンス

みんなのコメント

6件
  • 驚くほどオフロードに似合う?
    そりゃそうだろ。
    ボディカラーが土と同じ色なんだろ?
    背景に紛れる色合いだから似合ってるんだよw
  • 雪国で腕が有って金が有ったら買おうかな
    911ダカールも良いなー
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

120.1164.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0152.0万円

中古車を検索
ステラの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

120.1164.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0152.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村