サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ新型「フィット」はスポーティ路線から激変!? 大変身した新型モデルはどこが変わる?

ここから本文です

ホンダ新型「フィット」はスポーティ路線から激変!? 大変身した新型モデルはどこが変わる?

■親しみやすいデザインに一新されたホンダ新型「フィット」

 ホンダは、人気コンパクトカー「フィット」の新型モデルを東京モーターショー2019で世界初公開しました。

ホンダ新型「アコード」ちょいワルセダンにフルモデルチェンジ! 2020年初めに国内発売へ

 4代目となる新型フィットは、歴代モデルの広い室内空間や使い勝手の良さを継承ししながら、現行モデルの面影はほとんどないといっても過言ではないくらい、内外装のデザインが一新されます。

 そこで、新型フィットと現行フィットとの違いを比較してみます。

 新型フィットは、ユーザーに寄り添う心地よさを具現化したとホンダは説明します。

 外観のデザインは、現行モデルがスポーティなイメージなのに対し、新型フィットは優しい印象になりました。

 ヘッドランプの意匠変更が大きく影響しているものと思われ、これまでのシャープな形状からやや丸みを帯びた形状になるることで、まったく新しい表情に生まれ変わっています。

 リアでは、現行モデルは個性的な縦長のテールランプでしたが、新型モデルではオーソドックスなデザインに変更。さらに、荷物の出し入れがしやすいようにテールゲートの開口部が大きくなるようです。

 また、これまでは少し傾いていた「FIT」のロゴが、垂直に正立したフォントになります。

 新型フィットの内装は、シンプルなデザインになりました。インパネを水平基調とすることで、開放感のある視界を確保。シートの座り心地にもこだわり、フロントシートは体をしっかりと支えて長時間のドライブでも疲れにくい新開発のボディスタビライジングシートを採用しています。

 ドライバー視点からみた新型フィットの特徴として、Aピラーが細くなったことが挙げられます。ピラーを細くすることで、前方視界を邪魔しない広い視界を確保するとともに、斜め前方の死角を減らす効果もあるといいます。

 新型フィットでは、5つのスタイルが選べるようになりました。

 デザインと快適性を兼ね備えた「ベーシック」、ナチュラルな風合いのシートなどでリラックスできる「ホーム」、フィットネススポーツのような軽快でファッショナブルなデザインの「ネス」、本革シートなど質感や手触りの良さを追求した「リュクス」、タフなイメージで街にもアウトドアにも似合う「クロスター」といった、多彩なラインナップが展開されことも注目されます。

 搭載されるエンジンのスペックなどは未発表ですが、ハイブリッド車には2モーターハイブリッドシステムをホンダのコンパクトカーとして初めて搭載。今後「e:HEV(イーエイチイーブイ)」 という名称で展開していきます。

 安全面では、「ホンダ センシング」に、前方を広角に検知するフロントワイドビューカメラを新たに採用。車両前後に装着された8つのソナーセンサーとの組み合わせにより、従来から搭載されている機能を拡充するとともに、ホンダとして初めて近距離衝突軽減ブレーキを追加し、全モデルで標準装備としています。

 コネクテッドサービスとして、ホンダ車専用車載通信モジュール「ホンダ コネクト」を日本初搭載します。スマートフィンでのリモート操作や事故などの緊急時に自動的にサポートセンターにつながるなど、迅速で的確な対応が可能となります

※ ※ ※

 これまでのスポーティ路線から一転し、シンプルかつ心地よさを追求した新型フィットは、当初は2019年10月に発売される予定でしたが、部品供給の問題により、2020年2月に発売が延期されました。

 新型フィットのライバルとなるトヨタ新型「ヤリス(旧ヴィッツ)」も同じタイミングで発売される予定で、コンパクトカー市場に2台の新型モデルが投入されることで、競争がますます激化するものと思われます。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します