現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキ新型「スイフト」発表! 美グリル&“斬新”内装がカッコいい!「印象に残る」デザインとは

ここから本文です

スズキ新型「スイフト」発表! 美グリル&“斬新”内装がカッコいい!「印象に残る」デザインとは

掲載 41
スズキ新型「スイフト」発表! 美グリル&“斬新”内装がカッコいい!「印象に残る」デザインとは

■4代目スイフトが登場

 スズキは2023年12月6日、小型乗用車の新型「スイフト」を発表しました。4代目となる新型は、「一目見たら印象に残るデザイン」をコンセプトに外観や内装が進化しました。どのような特徴があるのでしょうか。

【画像】スポーティでカッコいい! これが新型「スイフト」です! 画像を見る(34枚)

 スイフトは、スタイリッシュなデザインやキビキビとした走りが評価されており、2004年に世界で名称を統一した初代モデルの発売以来、グローバルでの累計販売台数が約900万台に達するスズキの世界戦略車です。

 現行モデルは3代目で、2016年に発売。ハッチバックで通常仕様のスイフト、同じくハッチバックでスポーツ仕様の「スイフトスポーツ」、セダンで海外モデルの「スイフトセダン(海外名:スイフトディザイア)」といったタイプが存在します。

 今回、登場したのは通常仕様のスイフトで、フルモデルチェンジを受けるのは7年ぶりです。

 スズキによると4代目となる新型スイフトのデザインは、「一目見たら印象に残る」ものを目指して開発したといいます。

 エクステリアは、先進的で走りを想起させるスタイリングに。

 具体的には、ボディは、クルマ全体を包み込むラウンド形状が先進的なイメージを表現し、個性や走りを想起させるスタイリングを追求したといいます。

 フロントグリルは、美しい光沢を放つピアノブラック調を採用。見る角度や距離、光の当たり方によって立体感が増すといいます。

 LEDヘッドランプは、L字型のポジションランプがシャープな表情を演出。さらにLEDフォグランプ(ハイブリッドMZに装備)やリヤコンビネーションランプと組み合わせることで、ワイド感が増し、強い印象を作ります。

 ルーフは軽快な印象を与えるフローティングルーフに。リヤは台形フォルムを形付けたことにより、安定感のあるたたずまいを表現しています。

 16インチアルミホイールは、リムからセンターに向けて長い線を使うことで、強い印象を与えるデザインを採用しています。

■インテリアは光の加減で変化

 インテリアは、乗り込んだ瞬間にワクワクするようなデザインを目指したといいます。

 具体的には、インパネとドアトリムをつなげ、ドライバーとクルマの一体感を強調するとともに、インパネ中央が浮き上がるような形にすることで、軽快さと先進性を表現しています。

 また、一部に3Dテクスチャーが施されたフロントドアトリムクロスやインパネは、角度や光の加減により立体感が変化する緻密な構造です。

 インパネ中央に配置されるオーディオやエアコンパネル、スイッチ類などはドライバー側にやや傾けたコックピット風のレイアウトを採用。ドライバーの手が容易に届き、使いやすさを考えた自然な姿勢で操作できます。

 ディスプレイオーディオは、スズキ初の9インチタイプを搭載。さらに9インチの全方位モニター付メモリーナビゲーションも、メーカーオプションとして設定しました。

 フロントシートは、肩から脇にかけての表皮の割りを一新。表皮は立体的な三角形柄とし、精緻さを印象付けています。フロントヘッドレストは、高さと厚みが先代スイフトより約10mmアップしています。

 ボディカラーは、新色の「フロンティアブルーパールメタリック」「クールイエローメタリック」を含むモノトーン9種とツートーン2種が設定されます。

 このうちフロンティアブルーパールメタリックとバーニングレッドパールメタリック、ピュアホワイトパールは3層コートの塗膜構成を採用し、深みのある質感と高彩度の発色を実現しています。

※ ※ ※

 新型スイフトのボディサイズ(2WD車)は、全長3860mm×全幅1695mm×全高1500mm。

 パワートレインは、新開発の1.2リッター3気筒エンジン(Z12E型)とCVTを採用し、ガソリン仕様とマイルドハイブリッド仕様が用意されます。また、国内のスズキ車では初めて、マイルドハイブリッド搭載の5速MT車も登場します。

 新型スイフトのグレードは、ガソリン仕様の「XG」、マイルドハイブリッド仕様の「ハイブリッドMX/ハイブリッドMZ」を設定。さらにCVT車は2WDと4WDが選択できます。ハイブリッドMZに設定される5速MT車は、2WDのみです。

 価格(消費税込)は、172万7000円から233万2000円です。CVT車は2023年12月13日、5速MT車は2024年1月17日に発売されます。

こんな記事も読まれています

ホンダ「PCX160」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「PCX160」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
「あおりハンドル」しちゃう人必見!! 大型車では気になる内輪差だけど普通車はどうなのよ!?
「あおりハンドル」しちゃう人必見!! 大型車では気になる内輪差だけど普通車はどうなのよ!?
ベストカーWeb
【大分日田市】何体の巨人と会える?進撃の巨人ゆかりの地巡り!〈文化に触れるドライブ旅〉
【大分日田市】何体の巨人と会える?進撃の巨人ゆかりの地巡り!〈文化に触れるドライブ旅〉
グーネット
井戸田潤、ナイトドライブでGT-Rを堪能!“街乗り最強”の一台とは?
井戸田潤、ナイトドライブでGT-Rを堪能!“街乗り最強”の一台とは?
グーネット
小は大を兼ねる!?  やっぱり日本人には「5ナンバー」が絶対いい! 
小は大を兼ねる!?  やっぱり日本人には「5ナンバー」が絶対いい! 
ベストカーWeb
クラウンエステート復活記念!ボディバリエーションで振り返るクラウンヒストリー
クラウンエステート復活記念!ボディバリエーションで振り返るクラウンヒストリー
グーネット
開幕前最後のテストでもドゥカティ優勢。ヤマハとホンダは『リヤグリップ』の課題が続く/MotoGPカタール公式テスト
開幕前最後のテストでもドゥカティ優勢。ヤマハとホンダは『リヤグリップ』の課題が続く/MotoGPカタール公式テスト
AUTOSPORT web
渋滞や災害など乗車中の“もしも”対策に!車載用防災セット新登場 東海電子
渋滞や災害など乗車中の“もしも”対策に!車載用防災セット新登場 東海電子
グーネット
新型クラウンエステートも登場!4つのクラウンを体験できるイベントが愛知/横浜/福岡で開催
新型クラウンエステートも登場!4つのクラウンを体験できるイベントが愛知/横浜/福岡で開催
グーネット
F1バーレーンテスト2日目:積極的にアタックしたサインツJr.が最速。レッドブルのペレス2番手
F1バーレーンテスト2日目:積極的にアタックしたサインツJr.が最速。レッドブルのペレス2番手
motorsport.com 日本版
雨の鈴鹿で明暗分かれたF2出身ルーキー。「すごくポジティブ」な岩佐と「簡単なことではない」プルシェール
雨の鈴鹿で明暗分かれたF2出身ルーキー。「すごくポジティブ」な岩佐と「簡単なことではない」プルシェール
AUTOSPORT web
フォーミュラE、日本初の本格公道レース『東京E-Prix』のボランティアスタッフ募集を開始
フォーミュラE、日本初の本格公道レース『東京E-Prix』のボランティアスタッフ募集を開始
AUTOSPORT web
Juju、2度のコースオフも「クラッシュしないように走ろうと思ったらタイムは出ない」「まだまだ伸びしろはある」
Juju、2度のコースオフも「クラッシュしないように走ろうと思ったらタイムは出ない」「まだまだ伸びしろはある」
AUTOSPORT web
新開発「スポーツe:HEV」がヤバすぎ!! 今春ついに販売開始の新型アコードは和製アルテオンだッ!
新開発「スポーツe:HEV」がヤバすぎ!! 今春ついに販売開始の新型アコードは和製アルテオンだッ!
ベストカーWeb
Green Braveがふたたびエントラント名を変更。埼玉を盛り上げるべく『埼玉Green Brave』に
Green Braveがふたたびエントラント名を変更。埼玉を盛り上げるべく『埼玉Green Brave』に
AUTOSPORT web
初日首位の牧野任祐が感じた新型ウエットタイヤの“キャラ変”。「すごく敏感」ながらもロングランは良好?
初日首位の牧野任祐が感じた新型ウエットタイヤの“キャラ変”。「すごく敏感」ながらもロングランは良好?
AUTOSPORT web
新型デリカD:5はPHEVで25年登場!? しかも名前はD:6になるってマジか!! デザイン超未来的だゾ
新型デリカD:5はPHEVで25年登場!? しかも名前はD:6になるってマジか!! デザイン超未来的だゾ
ベストカーWeb
かつてのアルフィスタが最新「トナーレ」に乗ってみたら…紛れもないアルファ ロメオの走りに「1台ください」と言ってみたくなりました
かつてのアルフィスタが最新「トナーレ」に乗ってみたら…紛れもないアルファ ロメオの走りに「1台ください」と言ってみたくなりました
Auto Messe Web

みんなのコメント

41件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

172.7233.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

6.8389.8万円

中古車を検索
スイフトの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

172.7233.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

6.8389.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村