現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 世界で売れまくりBYDのATTO3は日本でも売れる…のか??

ここから本文です

世界で売れまくりBYDのATTO3は日本でも売れる…のか??

掲載 59
世界で売れまくりBYDのATTO3は日本でも売れる…のか??

 BYDが日本市場に参入する最初のモデルとして2022年に登場した、コンパクトSUVタイプのBEV 「ATTO 3」。テレビCMも放映されるなど、BYDやATTO3の知名度もじわじわと上昇してきており、筆者としても気になるモデルだった。

 そんな折、都内で行われていていた某イベントで、短時間ではあったが、ATTO3に試乗することができた。内外装の質感や走りの質など、チョイ乗りで感じた範囲をお伝えしよう。

世界で売れまくりBYDのATTO3は日本でも売れる…のか??

文:吉川賢一
写真:BYD、エムスリープロダクション

2024年度補助額は減ったものの、依然としてコスパは素晴らしい

 日本国内における「ATTO 3」の2023年1年間の販売台数は、1200台ほどであったそうだ。日産「リーフ」は年間1万台程度、「アリア」は7000台程度なので、台数としては少ないものの、「そんなに売れたんだ」という印象を受けた。ATTO 3の価格は税込440万円(2023年の価格、後述するが現在は税込450万円)、2023年度は85万円もの補助金がもらえたので、税込335万円+諸経費で手に入るという、コスパのよさも影響したのだろう。

 ATTO 3のボディサイズは、全長4455mm×全幅1875mm×全高1615mm、ホイールベースが2720mm。トヨタ「カローラクロス(全長4490mm)」と近いサイズ感だ。駆動用バッテリーは、BYD独自開発のブレードバッテリーを搭載(リン酸リチウムイオンバッテリー)し、バッテリー容量は約58 kWhで、最大航続距離はWLTCモードで470kmと、60kWhのリーフe+(税込525万円~)の450kmよりも長い航続距離だ。

 ATTO 3は、2024年3月に一度目のマイナーチェンジを受けている。内外装の変更点は、ボディカラー追加(コスモスブラック)や内装色追加(ダークブルー)、テールゲートロゴ追加、センターディスプレイの大型化(12.8インチから15.6インチへ)などだが、このマイチェンでのメインの変更点はソフトウェアのバージョンアップで、デイライトOFF機能追加や近接警告音の変更、ナビ案内音量の変更、カラオケアプリ(詳しくは後述)などのアプリケーションを後から追加可能としたなど。商品力がより高められた。

 ただ、これらのアップデートと同時に、ATTO 3の車両価格は10万円ほど上がって税込450万円となった。さらに2024年度は補助金に関する新ルールが適用され、ATTO 3への補助額は35万円にまで減っている。コスパのメリットが使えなくなったことは、BYDにとって大打撃となるはずだ。

ATTO 3のサイズは、全長4455mm×全幅1875mm×全高1615mm、ホイールベースが2720mm。ちょうどカローラクロス(全長4490mm)と近いサイズ感

2024年3月のマイナーチェンジで、センターディスプレイの大型化(12.8インチから15.6インチへ)や、インテリアカラーに新色の「ブラック/ダークブルー」が追加された

特徴は「カラオケ」だけにあらず。欧州車風の足回りも光る

 今回チョイ乗りさせていただいたATTO 3は、まさにマイチェン後のモデル。エクステリアは、BMWやアウディといった欧州車の雰囲気がどこか感じ取れ、顔つきは好みで分かれそうだが、テスラの「モデル3」や「モデルY」のグリルレス顔の異様さがないことで、馴染みやすい顔だといえる。

 インテリアには、若さ溢れる遊び心が多彩に仕込まれており、たとえば、先ほど少し触れたように、中国国内で大流行しているというカラオケが、ATTO 3の車載アプリで楽しめる(マイクも有料オプションで設定)。回転できる15.6インチの巨大な液晶ディスプレイには驚いたが、慣れてしまえば何でもできる(カラオケだってできる)のは頼もしい。エアコン吹出口やドアの内張り、インナードアハンドルなど、様々な部分のデザインが個性的で、筆者は面白いと感じた。SNSでは、「(カラオケ含む)インテリアがダサい」というコメントをみかけることがあるが、むしろ現代の若者の感性に響くのはこちらかもしれない。

 走行性能については、今回はチョイ乗りだったのでじっくり味わうことはできなかったが、走り出しの段差にあたったタイヤのタッチはとても柔らかめで、またボディも揺すられることがなく、車体の安っぽさは微塵も感じられなかった。コンパクトSUVにしてはオーバースペックにも思える235/50R18大径タイヤや、リアマルチリンクサスなど、足周りのスペックによる恩恵なのだろうが、ビーム式リアサスの高級BEVとは比べるまでもなく、乗り心地は良かった。高速道路を走ることはできなかったが、加速フィーリングや音も含めて、まるで欧州製のBEVにのっているかのようなフィーリングだった。

ATTO 3のセンターコンソール周りのデザイン。ドリンクホルダーに見えるのは別売のマイクで、車内でカラオケもできる

太めのタイヤやリアテールランプデザイン、厚めのリアドア、内装の質感は、欧州車のつくりに非常に近い印象がある

バッヂを隠せば、日本車勢は大敗する

 ATTO 3のクルマつくりの質の高さは、筆者が中国製品に抱いてきたイメージとは別物だった。そして、バッテリーやシャシーなどのスペックや装備内容を考慮すると、税込450万円の値段はあり得ないほど安い。

 あいにく日本市場では、日本人がもつ偏見というバイアスがかかっているため、一般ユーザーへ爆発的に売れることは無いだろうが、それでも、レンタカーや法人リースなどでは拡販されていく可能性は十分にあるのではないだろうか。BYDのクルマは、このATTO 3とコンパクトカーの「ドルフィン」に加えて、より質感高いセダンタイプの「SEAL」が、2024年年央に日本に上陸する。海外市場でBYDと勝負することになる日本車勢にとって、BYDは脅威だ。

(※BYD ATTO3は国からのCEV補助金が昨年度までは85万円だったのが、今年度から35万円に減らされた(このほか自治体からの補助金やエコカー減税あり)。これがATTO3の販売にどう影響するか、注視し続けたい)

関連タグ

こんな記事も読まれています

「愛車がゲームボーイで盗まれました。」 深夜に「トヨタ・ランクル300」姿消すも… 24時間後には発見、なぜ? 盗難後すぐやるコトは?
「愛車がゲームボーイで盗まれました。」 深夜に「トヨタ・ランクル300」姿消すも… 24時間後には発見、なぜ? 盗難後すぐやるコトは?
くるまのニュース
クルマに「味の素、入ってる」ってマジ? 半導体なくして成り立たない現代の自動車に使われる「味の素」の技術とは
クルマに「味の素、入ってる」ってマジ? 半導体なくして成り立たない現代の自動車に使われる「味の素」の技術とは
WEB CARTOP
レバー&ステップバーのお得な4点セット!「ブースターキット」がアクティブから発売
レバー&ステップバーのお得な4点セット!「ブースターキット」がアクティブから発売
バイクブロス
ヤマハ、走行性能と質感向上を図った『MT-09 SP ABS』2024年モデルを7月24日から発売
ヤマハ、走行性能と質感向上を図った『MT-09 SP ABS』2024年モデルを7月24日から発売
AUTOSPORT web
職場の人間関係が面倒! そんな人にとって、一匹狼の「タクシードライバー」は理想的な仕事なのだろうか?
職場の人間関係が面倒! そんな人にとって、一匹狼の「タクシードライバー」は理想的な仕事なのだろうか?
Merkmal
ジャガーのスポーツカー『Fタイプ』、最後の1台を「ヘリテージコレクション」に収蔵へ
ジャガーのスポーツカー『Fタイプ』、最後の1台を「ヘリテージコレクション」に収蔵へ
レスポンス
トヨタが「新たなクラウン」を発表! 斬新“幾何学グリル”採用の「ラージSUV」! 「上質内装」が超カッコイイ「新型SIGNIA」今夏に加で登場へ
トヨタが「新たなクラウン」を発表! 斬新“幾何学グリル”採用の「ラージSUV」! 「上質内装」が超カッコイイ「新型SIGNIA」今夏に加で登場へ
くるまのニュース
TVアニメ『ゆるキャン△SEASON3』に登場するバイク2台が1/12スケールのプラモデルで新登場
TVアニメ『ゆるキャン△SEASON3』に登場するバイク2台が1/12スケールのプラモデルで新登場
バイクのニュース
アウディのEVスポーツ『e-tron GT』、改良新型は表情変化…航続は609kmに拡大
アウディのEVスポーツ『e-tron GT』、改良新型は表情変化…航続は609kmに拡大
レスポンス
片岡義男の「回顧録」#2──ゴローの若さが、僕に500ccを選ばせた 『スローなブギにしてくれ』とホンダドリームCB500FOUR
片岡義男の「回顧録」#2──ゴローの若さが、僕に500ccを選ばせた 『スローなブギにしてくれ』とホンダドリームCB500FOUR
くるくら
『トヨタ・カローラ(AE110型/JTCC)』コンパクトボディで苦しんだニューカローラ【忘れがたき銘車たち】
『トヨタ・カローラ(AE110型/JTCC)』コンパクトボディで苦しんだニューカローラ【忘れがたき銘車たち】
AUTOSPORT web
電気を操る傑作誕生! より個性的になった新型「アウディe-tron GT」は一層パワフルで可変的
電気を操る傑作誕生! より個性的になった新型「アウディe-tron GT」は一層パワフルで可変的
LE VOLANT CARSMEET WEB
輸入車も顔負け!? 「豪華内装」&斬新デザイン! “最新技術モリモリ”の国産「小さな高級車」3選!
輸入車も顔負け!? 「豪華内装」&斬新デザイン! “最新技術モリモリ”の国産「小さな高級車」3選!
くるまのニュース
フェラーリ、ル・マン制覇でWECタイトルへの望みつなぐ「ここがターニングポイント」
フェラーリ、ル・マン制覇でWECタイトルへの望みつなぐ「ここがターニングポイント」
motorsport.com 日本版
生きてたよ… 絶滅危惧の「ロータリーエンジン」パトカー発見! 注目度バツグンだけどパトカーとしては致命的!?
生きてたよ… 絶滅危惧の「ロータリーエンジン」パトカー発見! 注目度バツグンだけどパトカーとしては致命的!?
乗りものニュース
人気とタマ数のバランスでまさかのお得感! 100万円以下とかありえない「コスパ最強」の中古車をピックアップした
人気とタマ数のバランスでまさかのお得感! 100万円以下とかありえない「コスパ最強」の中古車をピックアップした
WEB CARTOP
“名前のない”特別仕様車が日本発売、レッド内装が映える『グレカーレGT』は「マセラティの入り口に」
“名前のない”特別仕様車が日本発売、レッド内装が映える『グレカーレGT』は「マセラティの入り口に」
レスポンス
ホンダ「新型SUV」登場! トヨタ「ハリアー」サイズの「“クーペ”ボディ」がカッコイイ! 超静音モデル 新型「e:NS2」中国で生産開始
ホンダ「新型SUV」登場! トヨタ「ハリアー」サイズの「“クーペ”ボディ」がカッコイイ! 超静音モデル 新型「e:NS2」中国で生産開始
くるまのニュース

みんなのコメント

59件
  • zxRGT
    例えコスパ良いとしてもC国製に450万は高すぎ!売れない! それより危機感ゼロの日本政府はいい加減
    アメリカみたく、C国に情報筒抜けの車に補助金制度やめろ!
  • yun********
    海外メーカーに補助金はいらないだろう。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

450.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

291.5379.0万円

中古車を検索
ATTO3の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

450.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

291.5379.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村