現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型「ハリアー」発表! “豪華内装&斬新顔”採用! 3列仕様の「サファリ」と合わせて印で予約受付開始に反響集まる

ここから本文です

新型「ハリアー」発表! “豪華内装&斬新顔”採用! 3列仕様の「サファリ」と合わせて印で予約受付開始に反響集まる

掲載 20
新型「ハリアー」発表! “豪華内装&斬新顔”採用! 3列仕様の「サファリ」と合わせて印で予約受付開始に反響集まる

■ハリアーだけどハリアーじゃない!? 新型「ハリアー&サファリ」に反響集まる

 インドのタタモーターズは2023年10月6日、新型「ハリアー」と新型「サファリ」の予約開始を発表しました。これらのモデルについて、SNSなどでは様々な反響が集まっています。

【画像】超カッコイイ! 新型「ハリアー」を画像で見る(90枚)

 日本でハリアーといえばトヨタの高級SUVが連想されます。また、サファリもかつて日産の本格オフローダーの名称として使用されていました。ただ、インドの自動車メーカー「タタ」のハリアーやサファリは、それらとは縁もゆかりもないミドルサイズSUVです。

 ハリアーとサファリの基本設計は、メカニズムにおいてほぼ同じ。タタ傘下のジャガー&ランドローバーと共同開発した「OMEGARC」アーキテクチャーのもと、「R8」プラットフォームの進化版を採用しています。

 2列シート5人乗りのハリアーに対して、サファリは3列シート6人乗り(2-2-2)または7人乗り(2-3-2)になっているのが特徴。タタSUVシリーズのフラッグシップという位置づけで、デザインも上質な雰囲気です。

 今回予約開始となったのは、マイナーチェンジを受けての新型発表となった両車で、ポイントは内外装デザインの変更とドライブサポートシステムの進化です。

 エクステリアは、バンパー形状はもとより、左右ヘッドライトが一文字につながったことで、より鋭く、先進的な雰囲気に。テールランプも同様で、左右が一文字につながる先進的なデザインです。

 インテリアは、インパネ周りの上半分デザインがほぼ一新され、物理スイッチ数が大幅に減ったこともあり、よりスタイリッシュになりました。

 新たに採用されたフル液晶デジタルメーターは速度などの車両情報はもとより、カーナビのマップを全面表示させることが可能となっています。

 また、中央上部に設置のインフォテインメイトディスプレイは大型化が図られるとともに、ワイヤレスAndroid AutoおよびAppleCarplay接続、アレクサをはじめとする音声アシスタントなど、コネクテッド機能が強化されています。

 その他、アダプティブクルーズコントロール、360度サラウンドビューシステム、ヒルホールドコントロール、スマートEシフター、デュアルゾーン全自動温度制御、緊急通報・故障通報システムなどを新たに採用しました。

 一方、パワートレーンは従来通り。最高出力は125kW(170PS)・最大トルク350Nm 2リッターのディーゼルターボエンジンです。

※ ※ ※

 予約受付が開始された新型ハリアーとサファリ。予約金は2万5000ルピー(約4万4500円)とのことですが、これらのクルマについてSNSなどでも様々な反響が集まっています。

 一番多く見られるのは、「斬新な顔…」「なかなか高級感ある」などデザインに対する声ですが、「インドもここまで来たか」「インドのクルマも馬鹿にできない」など“インドのクルマ”の進化を感じたという意見も見られました。

 一方で「ややこしい名前」「日産もトヨタもインドでの商標は取ってないの?」「SUV出し勘違いしてしまう」など、日本のクルマと同名が用いられていることに混乱する様子も見られます。

※ ※ ※

 様々な意見が飛び出した新型ハリアーとサファリですが、同様のデザインが用いられたEV版の存在もすでに発表されています。こちらはまだ発売に至ってないようですが、今後の動向に期待です。

こんな記事も読まれています

三菱「本格オフローダー」復活! もはや「新型パジェロ」!? 「めちゃ便利なSUV」化した新型「トライトン“スノーシュレッダー”」登場
三菱「本格オフローダー」復活! もはや「新型パジェロ」!? 「めちゃ便利なSUV」化した新型「トライトン“スノーシュレッダー”」登場
くるまのニュース
幻のマツダRX500と、プロトタイプの実験車コスモスポーツ…ノスタルジック2デイズ 2024
幻のマツダRX500と、プロトタイプの実験車コスモスポーツ…ノスタルジック2デイズ 2024
レスポンス
次期ムーヴ、次期トール/ルーミー、新型コペン…ダイハツ徐々に生産再開でもいまだ見えぬ新型車の道筋
次期ムーヴ、次期トール/ルーミー、新型コペン…ダイハツ徐々に生産再開でもいまだ見えぬ新型車の道筋
ベストカーWeb
FIAスポーティングディレクターを辞任したスティーブ・ニールセンが新会社を設立。F1側に物流などの管理を助言
FIAスポーティングディレクターを辞任したスティーブ・ニールセンが新会社を設立。F1側に物流などの管理を助言
AUTOSPORT web
メキシコの日本人学校をサポートする自動車メーカーの取り組み 駐在員が安心して働ける環境を
メキシコの日本人学校をサポートする自動車メーカーの取り組み 駐在員が安心して働ける環境を
日刊自動車新聞
ヤマハのフィッシングボートに操船支援システム「Y-FSH」搭載 トヨタと共同開発
ヤマハのフィッシングボートに操船支援システム「Y-FSH」搭載 トヨタと共同開発
レスポンス
ダッジ、2024年からSBKにセーフティカーとして『チャレンジャーSRTヘルキャット』を供給
ダッジ、2024年からSBKにセーフティカーとして『チャレンジャーSRTヘルキャット』を供給
AUTOSPORT web
高速道の“路肩渋滞”違反じゃない? 「出口渋滞」で1km近く続くことも… NEXCOが教える渋滞時に取るべき行動とは
高速道の“路肩渋滞”違反じゃない? 「出口渋滞」で1km近く続くことも… NEXCOが教える渋滞時に取るべき行動とは
くるまのニュース
バイクに乗ろうと思ったら家族が反対.....バイクってやっぱり危険なの?
バイクに乗ろうと思ったら家族が反対.....バイクってやっぱり危険なの?
バイクのニュース
Team HRCのレクオーナ、SBK第1戦オーストラリアを欠場。テストで負傷した左肩に激しい痛み
Team HRCのレクオーナ、SBK第1戦オーストラリアを欠場。テストで負傷した左肩に激しい痛み
AUTOSPORT web
トヨタ「新型ランクル250」まもなく発売 丸目ライトの「旧車デザイン」採用! “原点回帰モデル”登場へ 旧「プラド」からどんな進化を遂げた?
トヨタ「新型ランクル250」まもなく発売 丸目ライトの「旧車デザイン」採用! “原点回帰モデル”登場へ 旧「プラド」からどんな進化を遂げた?
くるまのニュース
2023年の新車販売台数はN-BOXが圧巻のナンバー1! 2024年に向けて登録車でもホンダがじわり勢いを増している
2023年の新車販売台数はN-BOXが圧巻のナンバー1! 2024年に向けて登録車でもホンダがじわり勢いを増している
WEB CARTOP
【クラシックバンの市場分析】ゴッゴモビルって知ってる? シンプルなワンボックスバンがいかに劇的に高価になったか?! 日本車2台を含む!
【クラシックバンの市場分析】ゴッゴモビルって知ってる? シンプルなワンボックスバンがいかに劇的に高価になったか?! 日本車2台を含む!
AutoBild Japan
無難以上でぶっとび未満、センスよくクルマ選びしたいっ
無難以上でぶっとび未満、センスよくクルマ選びしたいっ
レスポンス
女性の免許取得率、日本で低いのはなぜ? 人口なら女性の方が上、その背景に何があるのか
女性の免許取得率、日本で低いのはなぜ? 人口なら女性の方が上、その背景に何があるのか
Merkmal
「まるでランニングシューズ!」ドゥカティ・スクランブラーフルスロットルは気軽に出かけられて、スポーツだってOK
「まるでランニングシューズ!」ドゥカティ・スクランブラーフルスロットルは気軽に出かけられて、スポーツだってOK
モーサイ
車のメーターに「雪の結晶」どんな意味? 天気予報なの!? イキナリ点灯する「謎の雪マーク」の正体とは!
車のメーターに「雪の結晶」どんな意味? 天気予報なの!? イキナリ点灯する「謎の雪マーク」の正体とは!
くるまのニュース
マツダのメキシコ工場、操業10周年で記念式典 稼ぎ頭の米国市場を担う海外最大拠点に成長
マツダのメキシコ工場、操業10周年で記念式典 稼ぎ頭の米国市場を担う海外最大拠点に成長
日刊自動車新聞

みんなのコメント

20件
  • reg********
    くるニューの記事だから所詮その程度だけど、トヨタの同名商品と誤認させようとするタイトルには悪意を感じる。
  • yhj********
    タイトルにタタの車であることを書くべきでは?このタイトルを書いた人間は、ワザと誤解を引き起こす書き方をする程度の志なのか、日本でハリアーと言えばトヨタ車であるということを知らない人間なんだろうな。読む価値もないわ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

312.8453.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.8685.3万円

中古車を検索
ハリアーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

312.8453.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.8685.3万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村