現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ「ジェイド」生産終了 一方「シャトル」が前年比160%を達成したワケ

ここから本文です

ホンダ「ジェイド」生産終了 一方「シャトル」が前年比160%を達成したワケ

掲載 更新 7
ホンダ「ジェイド」生産終了 一方「シャトル」が前年比160%を達成したワケ

■ジェイド生産終了でも… シャトルが堅調なワケ

 2020年7月に生産を終了することが明らかになったホンダのミニバン&ステーションワゴン(3列モデルと2列モデルをラインナップしていた)「ジェイド」。生産終了となる大きな理由は人気が振るわなかったことと推察されます。2019年度販売台数ランキングでは登録車のトップ50にも入っていませんでした。

大変身! 全長5mのホンダ新型「オデッセイ」初公開!

 一方でホンダには、健闘しているステーションワゴンがあります。それは「シャトル」。果たして堅調に売れている背景にはどんな理由があるのでしょうか。

 シャトルのルーツは2005年にデビューした「エアウェイブ」です。フィットの車体構造をベースに全長を伸ばして荷室を拡大したコンパクトなステーションワゴンで、全長4350mmのボディサイズからは想像できないほど高い積載能力が自慢。使い勝手のいいモデルでした。

 その後、2011年にはフルモデルチェンジで「フィットシャトル」へ改名。次のモデルチェンジでさらに車名が「シャトル」へと変更されて現在に至ります。

 2019年5月にはマイナーチェンジを実施し、内外装ともにリフレッシュされて上質感がアップ。先進装備としてオートハイビームが追加され、「サポカーSワイド」にも対応しました。

 そんなシャトルの販売データを見ると、興味深い傾向が見えます。一般的にクルマはデビューから時間がたつにつれて「新車効果」が薄れて販売台数が減る傾向にあります。

 しかし、シャトルは2019年度の販売において前年度比104.1%とその前年度の実績を上回りました(2019年度販売台数は2万8698台でランキング31位)。

 さらに、2020年4月の販売は1055台(ランキング34位)と絶対的な台数こそ多いとはいえませんが、しかしながら前年度実績と比べるとなんと160.6%という大幅な伸びを示しているのです。

 もちろん、2019年5月に実施したマイナーチェンジの効果で販売台数の落ち込みを防いだという理由はあるでしょう。しかし、何かほかにもワケがありそうです。

 実は、その秘密はガソリン車(非ハイブリッド車)の存在にありました。シャトルには4つのグレードがありますが、価格が高いほうから3つのグレードはハイブリッドで、もっとも安価なグレードだけがガソリン車です(その構成はマイナーチェンジ前から変わっていません)。

 それに関して興味深いデータがあります。パワートレインごとの販売台数(構成比)を2018年度と2019年度で比べた数字で、そこからある傾向が見えてきます。

 ●2018年度:ハイブリッド2万2900台(83%)/ガソリン4673台(17%)
 ●2019年度:ハイブリッド2万2227台(77%)/ガソリン6467台(23%)

 ハイブリッドの販売台数は12か月で前年度比マイナス673台とわずかに減った一方、ガソリン車の販売台数がそれ以上に増えているのです(+1794台)。

 つまり、ガソリン車の販売台数が増えたことでトータルの販売台数を対前年度比プラスへ導いた状況。いい換えれば、「安いグレードが以前よりも売れた」ことで全体の販売台数増になったといえるでしょう。

 このことについて、ホンダの広報部は次のように話します。

「5ナンバーサイズでありつつも、荷室が広いこと。それがシャトルを選んでいただく理由になっていると考えています。

 ガソリン車はお求めやすい価格で高い実用性と安全性を兼ね備えた点が、価格を重視するお客さまにもご好評いただくポイントになっているのでしょう」

※ ※ ※

 割安感のあるクルマを求めるニーズがシャトルのベーシックグレードの人気を押し上げたと考えてよさそうです。

■似て非なる存在?シャトルとジェイドの違いとは

 実はシャトルとジェイドを比較すると、車体サイズはジェイドのほうがひとまわり大きく作られています。

 しかし、荷室の広さは、ジェイド2列モデルの440リットルに対して606リットルとシャトル(ガソリン車で床下収納も含む)のほうが上。シャトルのほうが実用的なパッケージングといっていいでしょう。

 そのうえ価格もジェイドのガソリン車(エンジンにターボが付く)が244万3100円からなのに対し、シャトル(ジェイドと同じ排気量ながら自然吸気エンジン)は180万8400円からと、60万円以上リーズナブルに購入でき、それが大きな差を生んだと考えるのが自然でしょう。

 もちろん、シャトルとジェイドでは車体のつくりやガソリンエンジンの出力、インテリアの仕立てなども異なるので、単純に価格だけで比べられるものではありません。

 しかし結果から考えたときに両者の違いとして見えてくるのは、価格設定が販売台数に大きく影響していると考えるのは自然なことといえるでしょう。

 いいクルマを作ろうと思えばそれに応じたコストがかかり、車両価格が高まることは理解できます。しかし、消費者のクルマ選びの意識としては「より安く。より効率的に」という傾向が強まっていると考えられます。

 また、これまでは値段が高くなってもハイブリッドのほうが強く好まれる傾向にありました。しかし昨今はガソリン車の燃費も大きく向上したことで、「ガソリン代まで含めて考えても、ガソリン車のほうがコストパフォーマンスが高い」として、価格設定の安いガソリン車を選ぶ非ハイブリッドへの回帰の動きが増えているのかもしれません。

こんな記事も読まれています

出走順の影響大。撒かれた泥を攻略するオジエと苦戦した勝田。デイ2からは雨予報も/WRCクロアチア
出走順の影響大。撒かれた泥を攻略するオジエと苦戦した勝田。デイ2からは雨予報も/WRCクロアチア
AUTOSPORT web
トヨタが「高級SUVミニバン」実車公開! 迫力フェイス&ハイブリッド採用の600万円超えマシン! スライドドアレスの「イノーバ ゼニックス」タイで登場に反響集まる
トヨタが「高級SUVミニバン」実車公開! 迫力フェイス&ハイブリッド採用の600万円超えマシン! スライドドアレスの「イノーバ ゼニックス」タイで登場に反響集まる
くるまのニュース
日本で初開催された「フォーミュラE」は大盛況で終了 なぜ成功!? 東京の公道を走ったレースの魅力と今後の課題とは
日本で初開催された「フォーミュラE」は大盛況で終了 なぜ成功!? 東京の公道を走ったレースの魅力と今後の課題とは
VAGUE
ホンダ シビックタイプR デザインのTシャツ発売---1997年モデル
ホンダ シビックタイプR デザインのTシャツ発売---1997年モデル
レスポンス
ランクル250にも負けてない……2024年秋の日本導入が待ち遠しいスバル[新型フォレスター]! ワイルドな[ウィルダネス]もぜひ日本に導入して~!
ランクル250にも負けてない……2024年秋の日本導入が待ち遠しいスバル[新型フォレスター]! ワイルドな[ウィルダネス]もぜひ日本に導入して~!
ベストカーWeb
「トライトン」がアリなら「エクスフォース」も入れてよ! インドネシアで誕生した三菱のSUVがホンダWR-Vとガチ勝負できる逸材だった
「トライトン」がアリなら「エクスフォース」も入れてよ! インドネシアで誕生した三菱のSUVがホンダWR-Vとガチ勝負できる逸材だった
WEB CARTOP
【F1メカ解説】レッドブルを追うフェラーリ……今季ここまで1勝も、アップグレードはほとんどなし! イモラでどんな変貌を遂げるのか?
【F1メカ解説】レッドブルを追うフェラーリ……今季ここまで1勝も、アップグレードはほとんどなし! イモラでどんな変貌を遂げるのか?
motorsport.com 日本版
見えた!! 新型マツダ6セダン? 北京モーターショーでの公開前にマツダez6テストカーをスクープ!!! 謎の新型SUVの姿も……!
見えた!! 新型マツダ6セダン? 北京モーターショーでの公開前にマツダez6テストカーをスクープ!!! 謎の新型SUVの姿も……!
ベストカーWeb
サージェント、F1中国GP決勝をピットレーンからスタートへ。パルクフェルメ下で前後ウイングなどを変更
サージェント、F1中国GP決勝をピットレーンからスタートへ。パルクフェルメ下で前後ウイングなどを変更
motorsport.com 日本版
発電用「ロータリー」で新風! マツダMX-30 R-EV お値段以上のインテリア 長期テスト(1)
発電用「ロータリー」で新風! マツダMX-30 R-EV お値段以上のインテリア 長期テスト(1)
AUTOCAR JAPAN
フェラーリが雨で苦戦し、ルクレールがスピン。サインツはスプリント後のセットアップ変更に期待/F1中国GP金曜
フェラーリが雨で苦戦し、ルクレールがスピン。サインツはスプリント後のセットアップ変更に期待/F1中国GP金曜
AUTOSPORT web
マクラーレンは2024年に勝てる!? チーム代表の発言にノリスは「改善」とタイミングあれば可能性ありと同調
マクラーレンは2024年に勝てる!? チーム代表の発言にノリスは「改善」とタイミングあれば可能性ありと同調
motorsport.com 日本版
遂にEWC開幕戦に向けた公式テスト! 日本発の新規チーム「チーム エトワール」が本格始動 レーシングライダー大久保光のレースレポート
遂にEWC開幕戦に向けた公式テスト! 日本発の新規チーム「チーム エトワール」が本格始動 レーシングライダー大久保光のレースレポート
バイクのニュース
BMW『X3』新型、プロトタイプの写真を公開
BMW『X3』新型、プロトタイプの写真を公開
レスポンス
最終型エスティマよもう一度 でも最高価格480万円ってどうよ…… もうオラオラ顔の時代じゃない カッコいいミニバン欲しけりゃ買うっきゃない!
最終型エスティマよもう一度 でも最高価格480万円ってどうよ…… もうオラオラ顔の時代じゃない カッコいいミニバン欲しけりゃ買うっきゃない!
ベストカーWeb
ダイハツ認証不正のみそぎ済んだ……ついに[全車出荷停止解除]全面再開へ 新型ムーヴは2024年秋頃に発売か
ダイハツ認証不正のみそぎ済んだ……ついに[全車出荷停止解除]全面再開へ 新型ムーヴは2024年秋頃に発売か
ベストカーWeb
道路に穴が! 標識が破損してて! 道路のトラブルで事故が起こったら原則道路の管理者が補償してくれるハズ……が現実は?
道路に穴が! 標識が破損してて! 道路のトラブルで事故が起こったら原則道路の管理者が補償してくれるハズ……が現実は?
WEB CARTOP
スポーティだけど“eバイク”じゃない!? ヤマハの新型『PAS CRAIG』に乗ってわかったブレない"ちょうど良さ"
スポーティだけど“eバイク”じゃない!? ヤマハの新型『PAS CRAIG』に乗ってわかったブレない"ちょうど良さ"
レスポンス

みんなのコメント

7件
  • シャトルは良い車なんだけど、ホンダのディーラーが全く売る気が無い。
    シャトルを買いに行ったのにフリードやN-BOXばかり勧めてきた。
  • 現役エアウエブ乗りですが、新車購入当時、値段のわりに装備、性能が良過ぎて儲けにならない。というディーラーさんから話を聞いた事がある。乗り換るならまずシャトルが候補かな!
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

180.8200.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

38.9253.8万円

中古車を検索
シャトルの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

180.8200.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

38.9253.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村