現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ「プロボックス&サクシード」の室内装備がすごかった! 商用車に革命を起こしたプロユース仕様のバンでした【カタログは語る】

ここから本文です

トヨタ「プロボックス&サクシード」の室内装備がすごかった! 商用車に革命を起こしたプロユース仕様のバンでした【カタログは語る】

掲載 11
トヨタ「プロボックス&サクシード」の室内装備がすごかった! 商用車に革命を起こしたプロユース仕様のバンでした【カタログは語る】

21世紀のビジネスシーンを一新するコマーシャルバンだった

世の中にあるプロユースもいろいろだ。身近なところではホームセンターが建築や土木関連の職人向け資材を売る店、飲食店向けに業務用の食材を取り扱うスーパー、業者向けの調理器具や食器を揃える東京浅草のかっぱ橋道具街など。いずれも一般の人も利用できるが、もともとはプロの業者向けが前提だった。

ダサイはずの商用車が大変貌! トヨタの「プロボックス」をカスタマイズのベース車とした理由

かつてバンといえばベース車種の派生モデルとして登場

ところでクルマの世界でいうと、いわゆる4ナンバーのコマーシャルカーである「バン」がプロユース。で、このバンは、かつては各車ごとにベース車種から派生する形で設定があったのが一般的だった。例えば1972年の東京モーターショーで配布されたトヨタのパンフレットで紹介しておくと、「クラウン」、「マークII」、「パブリカ」、「カローラ」、「コロナ」と、ひととおりの車種でバンが用意されていたことがわかる。昭和な原風景の中で街に溶け込んでいたバンたちといったところか。

一方で世の中が世知辛くなった……とまでは言わないが、合理化が進む。するとそうしたバンは、ベースの乗用車がフルモデルチェンジしても旧型をベースに作られる手法がとられるようになる。さらに時代が経つと、今度は車名だけ付け替えて、共通ボディに集約されるようになっていく。

1982年に登場した日産「ADバン」がその代表例で、初代(現在は4代目まで継続している)は、「サニー」、「パルサー」、「バイオレット」、「オースター」と販売系列ごとに車名とわずかなグリル形状の違いで同じADバンを用意。加えて他社へのOEMとしても拡大し、マツダ「ファミリア」、三菱「ランサーカーゴ」などが誕生している。

ここでようやくトヨタ「プロボックス」&「サクシード」の話である。前段で初代日産ADバンの登場が1982年と触れたが、意外にもトヨタがバン(ワゴン)専用車のこの初代プロボックス&サクシードを登場させたのは2002年、つまり平成どころか21世紀に入ってのことだった。直前の「カローラ バン」、「カルディナ バン」に代わるモデルとして登場。当時のニュースリリースには「”ビジネスカーの革新”を開発キーワードに、商用車に求められる機能を徹底的に追求するとともに、先進の環境・安全性能を備えた、21世紀のビジネスシーンを一新する画期的なコマーシャルバン」とある。

移動オフィスのような室内が特徴的だった

もちろん最大の特徴は、バンとしての機能性へのこだわりだった。とくに積載性に関してはいかにもオフィスまわりの営業車を意識した風で、プロボックスのカタログのモジュールでは、A4コピー用紙の箱が89個、みかん箱が38個、さらにコンパネ平積み可能などと紹介がある。2名乗車時の最大積載量は400kgで、荷室内の奥行き1810mm×幅1420mm×高さ935mmという寸法にも驚かされる。

また「それは移動オフィスのような使いやすさ」と書かれたドライバー席まわりの装備も涙ぐましい配慮にあふれている。ノートパソコンを置くためのインパネテーブル、A4サイズのファイルが収納可能な助手席側フリーラックをはじめ、AC100Vアクセサリーソケット(メーカーオプション)、センターコンソールのA4バインダー立て、それにペン立て(!)も。

どの年式だったか記憶が定かではないが、筆者は試乗用に借り出した広報車で、手持ちのバッグやペットボトルやノートPCやチョコレートの包みを実際に置いてリアリティのある撮影をしたが、あまりにも生活感が出過ぎたためか、そのカットが記事上ではボツになってしまったのは返す返すも残念だった。なおドライバー席はヒップポイントが585mmで、最大31mmの高さ調整が可能になっていた。言うまでもなくこれは、複数のドライバーが交代で乗ることを想定してのことだ。

各種断面を面取りした多面体形状のエクステリア

それと外形デザインも特徴のひとつだった。当時のトヨタ車のデザインテーマだった「VIBRANT CLARITY(わくわく、さわやか)」に則ったうえで「INNOVATION+FUNCTION」をキーワードに作られたスタイルは、コーナーや各種断面を面取りされた多面体形状とし、剛性感やタフさを表現。サイドビューは水平基調の広い面構成だが、これは広告塔としての対応のしやすさも考えてのこと。バンパーコーナーは補修のしやすい脱着式のコーナープロテクションモールを採用していた。カタログの裏表紙には「社名入れ」などのアイデアスケッチ用に、プロボックスの外観の線図がある。

なおプロボックスとサクシードの基本スタイルは共通だったが、ワゴンのみの設定のサクシードはスラントノーズと大型リアコンビランプを使うなどの差別化が図られていた。

今回載せているプロボックス(とサクシード)のカタログは2008年8月のものだが、バン(プロボックス)のエンジンにはガソリンの1.3L(2NZ-FE型)と1.5L(1NZ-FE型と天然ガス仕様の1NZ-FNE型)を設定。2WDのほかに4WDも用意されていた。

何年式のどの仕様だったか記憶が曖昧だが、一度、律義にも4ナンバーのバンで用意のあった広報車を借り出し、なぜか伊豆方面まで試乗に出かけたことがあった。伊豆スカイラインあたりを走るには、さすがに荷重移動を体感しながらリズムを作って走る必要があり、走行中の音や振動には乗用車との味わいの違いを実感したもの。

ただし、たまたまモータージャーナリストではない家内とわが家の犬を乗せる必要があり、クッションの厚みが最小限で低く平板な後席に座ってもらったところ、半分ジョーク、半分本気で家内に「私たちは荷物なの?」と言われた覚えがある。

こんな記事も読まれています

プリウスもない! クラウンセダンにもない! 最近フォグランプのあるクルマ減ってない?
プリウスもない! クラウンセダンにもない! 最近フォグランプのあるクルマ減ってない?
ベストカーWeb
宮田莉朋が2度目のWEC出走へ。第3戦スパでレクサスRC F GT3を代役ドライブ
宮田莉朋が2度目のWEC出走へ。第3戦スパでレクサスRC F GT3を代役ドライブ
AUTOSPORT web
中央道の渋滞対策2ストライク、三振間近! なぜ愚策が繰り返されるのか?[清水草一の道路ニュース]
中央道の渋滞対策2ストライク、三振間近! なぜ愚策が繰り返されるのか?[清水草一の道路ニュース]
ベストカーWeb
大型連休でも大活躍! 6名以上乗れる手頃な価格の中古車4選
大型連休でも大活躍! 6名以上乗れる手頃な価格の中古車4選
グーネット
ハイブリッドなのにスポーツカー⁉️ C 63 Sに新世代のAMGを見た
ハイブリッドなのにスポーツカー⁉️ C 63 Sに新世代のAMGを見た
グーネット
レクサス 新型「GX550オーバートレイル+」抽選販売スタート!通常販売は2024年秋開始
レクサス 新型「GX550オーバートレイル+」抽選販売スタート!通常販売は2024年秋開始
グーネット
マツダ 新型3列シートSUV「CX-80」初公開 2024年秋に欧州で発売
マツダ 新型3列シートSUV「CX-80」初公開 2024年秋に欧州で発売
グーネット
プリウス後席ドアに13万台のリコール! 暫定的に手動開閉に! ところでプリウス後席ドアって手動でどう開けるの?
プリウス後席ドアに13万台のリコール! 暫定的に手動開閉に! ところでプリウス後席ドアって手動でどう開けるの?
ベストカーWeb
クルマの窓から愛犬が顔出してる! 可愛いんだけどこれって違反にならないの?
クルマの窓から愛犬が顔出してる! 可愛いんだけどこれって違反にならないの?
ベストカーWeb
ボルドールの経験でEWCの切符を掴んだ綿貫舞空。ル・マンで昨年2位の3ART加入に「できれば優勝をしたい」と意気込み
ボルドールの経験でEWCの切符を掴んだ綿貫舞空。ル・マンで昨年2位の3ART加入に「できれば優勝をしたい」と意気込み
AUTOSPORT web
BYDが都内屈指の自動車ディーラー激戦区に「BYD AUTO 目黒」を開店
BYDが都内屈指の自動車ディーラー激戦区に「BYD AUTO 目黒」を開店
グーネット
今やブーム真っ只中なのに……期待が大きすぎた  悲しい運命をたどった[SUV]4選
今やブーム真っ只中なのに……期待が大きすぎた  悲しい運命をたどった[SUV]4選
ベストカーWeb
マツダの新型「3列SUV」でた! ついに5m級 驚異的パワー!? 「CX-80」欧州で世界初公開 これ日本に来るのか!?
マツダの新型「3列SUV」でた! ついに5m級 驚異的パワー!? 「CX-80」欧州で世界初公開 これ日本に来るのか!?
乗りものニュース
GTワールドチャレンジ・アジアがJ SPORTSで全戦放送。ジャパンカップはほとんどを生中継へ
GTワールドチャレンジ・アジアがJ SPORTSで全戦放送。ジャパンカップはほとんどを生中継へ
AUTOSPORT web
安かろう悪かろうなクルマをつかまされないために知っておくべき……[修復歴]と[事故歴]の違いとは  どうやって見分けりゃいいの
安かろう悪かろうなクルマをつかまされないために知っておくべき……[修復歴]と[事故歴]の違いとは  どうやって見分けりゃいいの
ベストカーWeb
もっと「アバルト595」で運転を楽しもう! 車高調からペダルの「ポッティングデカール」にドラシューまで、厳選アイテムを紹介
もっと「アバルト595」で運転を楽しもう! 車高調からペダルの「ポッティングデカール」にドラシューまで、厳選アイテムを紹介
Auto Messe Web
シェイクダウンはオジエが最速発進。トヨタ1-2にヒョンデ勢が続く/WRC第4戦クロアチア
シェイクダウンはオジエが最速発進。トヨタ1-2にヒョンデ勢が続く/WRC第4戦クロアチア
AUTOSPORT web
韓国勢が大健闘 合理的な「兄弟」モデル:ヒョンデ・コナ・エレクトリック キア・ニロ EV お手頃EV 12台比較(5)
韓国勢が大健闘 合理的な「兄弟」モデル:ヒョンデ・コナ・エレクトリック キア・ニロ EV お手頃EV 12台比較(5)
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

11件
  • >ワゴンのみの設定のサクシード

    サクシードにもバンはあり、初期はプロボックスに対して荷室長や積載重量が少し違った。
  • 名車と思ってます。
    ハイルーフとか、セダンとか、フルゴネットとか、あったらなぁー………とか時々妄想してます。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

127.4172.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.0179.0万円

中古車を検索
プロボックスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

127.4172.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.0179.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村