現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 車の「コラムシフト」なぜ消滅?「ミニバン」で多く採用も最新車は「レバー」すらない! インパネ設置へと変化したワケ

ここから本文です

車の「コラムシフト」なぜ消滅?「ミニバン」で多く採用も最新車は「レバー」すらない! インパネ設置へと変化したワケ

掲載 39
車の「コラムシフト」なぜ消滅?「ミニバン」で多く採用も最新車は「レバー」すらない! インパネ設置へと変化したワケ

■コラムシフトの国産車は「キューブ」が最後!?

 クルマを運転するときにギアを選択しますが、そのとき「シフトレバー」に必ず触れることになります。
 
 MT車の場合は、運転中も当然シフトレバーを操作してギアを変えており、AT車の場合も車庫入れなどで前進と後退を繰り返す場合などは頻繁に操作をする部分でもあります。

【画像】最新車はシフトレバーすらない! もはや懐かしい「コラムシフト」写真を見る

 シフトノブの位置は大きく分けて3種類。フロントシートの間からレバーが伸びている「フロアシフト」(一部車種ではセンターコンソール部分からの場合もあり)、最近増加傾向にある、インストルメントパネルにシフトレバーが備わる「インパネシフト」、ステアリングコラム部分からシフトレバーが伸びている「コラムシフト」といったものがあります。

 フロアシフトはハンドルから手を下ろしたところにシフトノブが配備されるため、スポーツカーなどに多く採用されるもの。MT車の多くに採用されているのも同様の理由と言えます。

 インパネシフトは、シフトをインパネに組み込むことで、足元の空間を自由に使うことができます。さらに、インパネに位置することで操作性やギアポジションの視認性なども高くなるため、AT車だけでなく、ホンダ「シビックタイプR(EP3型)」や「N-VAN」、スズキ「エブリイ(現行型)」などのMT車でも採用例があります。

 そしてコラムシフトはシフトレバーがステアリングコラムから伸びていることで、フロントをベンチシートにしたり、ウォークスルーを可能にしたりと室内空間を有効に使うことができるようになるのがメリットです。

 このようにさまざまな種類があるシフトレバーの位置ですが、現在絶滅寸前となっているのがコラムシフトです。

 コラムシフトは、前述したように、ステアリングコラムからシフトレバーが伸びていることから足元を広く使うことができ、古くはキャブオーバータイプのトラックやワンボックス、そしてタクシーなどではコラムMTが存在するほど広く使われてきました。

 AT全盛になってからもミニバンなどではウォークスルーが可能となるため、重宝されてきたシフトレバーの位置で、ホンダ「オデッセイ」や「ステップワゴン」、トヨタ「センチュリー」「パッソ」、日産「エルグランド」、三菱「eKワゴン」などといった幅広いモデルに採用されました。

 しかし、2019年12月の日産「キューブ」の生産終了にともない、国産車でコラムシフトを採用するモデルは消滅。コラムシフトは、なぜ衰退してしまったのでしょうか。

 その理由として挙げられるのが、インパネシフトの台頭です。コラムシフトと同じく足元の空間を広く使うことができる上に、操作性や視認性の高いインパネシフトはコラムシフトの上位互換とも言えます。

 また以前のシフトレバーは機械的にトランスミッションとつながっていて、物理的に操作が必要となっていたため、インパネシフトを採用するにはスペースなどの制約がありましたが、近年ではシフトレバーをスイッチとすることで、電気信号によってシフトチェンジの情報をやり取りする方式(シフトバイワイヤ)も増えてきたことから、少ないスペースでもシフトレバーを設置できるようになりました。

 2022年11月にフルモデルチェンジした日産「セレナ」などはこの最たるもので、シフトレバーは存在せず、インパネに備わるスイッチを操作することでギアの選択をするようになっています。

 ホンダも、ハイブリッド車「e:HEV」にスイッチ式のシフトを採用していますが、これらは電子式になったことで実現したものと言えるのです。

※ ※ ※

 技術の進化によってシフトレバー(スイッチ)の位置の自由度が上がったことでコラムシフトが消滅しつつあります。

 その一方で、メルセデス・ベンツなどは今でもコラムにレバーを備えるなど、メーカーによる違いが明確になってきた印象です。

 今後はどんなタイプのシフトレバーやスイッチが主流になるのか、興味深いところです。

こんな記事も読まれています

スキャンダル発覚にフェルスタッペン家が関与? ホーナーの不適切行為を報じた人物は近しい存在
スキャンダル発覚にフェルスタッペン家が関与? ホーナーの不適切行為を報じた人物は近しい存在
AUTOSPORT web
こんなヒトは合宿向き!? “自動車教習所のセンセイ”達に聞いた、免許取得の実態とは
こんなヒトは合宿向き!? “自動車教習所のセンセイ”達に聞いた、免許取得の実態とは
グーネット
「ホイールナットが手で緩むんですけど……」 若き「学生整備士」が地域を救った!! 八丈島から日本を変える愛車無料点検イベントってなんだ
「ホイールナットが手で緩むんですけど……」 若き「学生整備士」が地域を救った!! 八丈島から日本を変える愛車無料点検イベントってなんだ
ベストカーWeb
エスクードサイズのBEVが日本でも発売!? インド生産のコンパクトSUV「eVX」が2025年登場か
エスクードサイズのBEVが日本でも発売!? インド生産のコンパクトSUV「eVX」が2025年登場か
ベストカーWeb
Juju担当の“ジェネレーションギャップ”/コーナー名、通じず/トゲトゲしてる?etc.【SFメディアデー・ダイジェスト】
Juju担当の“ジェネレーションギャップ”/コーナー名、通じず/トゲトゲしてる?etc.【SFメディアデー・ダイジェスト】
AUTOSPORT web
R’Qs MOTOR SPORTS、2024年もメルセデスAMGでGT300参戦へ。ドライバーは4名体制
R’Qs MOTOR SPORTS、2024年もメルセデスAMGでGT300参戦へ。ドライバーは4名体制
AUTOSPORT web
DSオートモビル「DS3」華やかなインテリア 匠のワザ光る特別モデル登場
DSオートモビル「DS3」華やかなインテリア 匠のワザ光る特別モデル登場
グーネット
トヨタ「ランドクルーザー250」米国版はターボハイブリッド! レトロな“1958”モデルも
トヨタ「ランドクルーザー250」米国版はターボハイブリッド! レトロな“1958”モデルも
グーネット
残るひとつのシートの行方は。TGM Grand Prixから参加するハイマン「今回のテストにかかっている」
残るひとつのシートの行方は。TGM Grand Prixから参加するハイマン「今回のテストにかかっている」
AUTOSPORT web
フォレスターBEVが誕生!? 2025年にスバル独自開発のBEVを投入!! 航続距離700kmを目指す!
フォレスターBEVが誕生!? 2025年にスバル独自開発のBEVを投入!! 航続距離700kmを目指す!
ベストカーWeb
戦闘機感あふれる限定カラー「アームズグレー」がオススメ! レイズ「VERSUS VV21S」のロービジ塗装に注目です
戦闘機感あふれる限定カラー「アームズグレー」がオススメ! レイズ「VERSUS VV21S」のロービジ塗装に注目です
Auto Messe Web
ショウエイ「グラムスター」に HEIWA MOTORCYCLE オリジナルデザインのグラフィックモデルが登場!
ショウエイ「グラムスター」に HEIWA MOTORCYCLE オリジナルデザインのグラフィックモデルが登場!
バイクブロス
ショウエイのツーリングフルフェイス GT-Air3 にグラフィックモデル「REALM/レルム」が登場!
ショウエイのツーリングフルフェイス GT-Air3 にグラフィックモデル「REALM/レルム」が登場!
バイクブロス
【24’ 2/19最新】レギュラーガソリン平均価格174.3円 6週連続の値下がり
【24’ 2/19最新】レギュラーガソリン平均価格174.3円 6週連続の値下がり
グーネット
「高速PAがゴルフ練習場」見納めへ 阪神高速のオアシス「路外PA」施設閉鎖に惜しむ声
「高速PAがゴルフ練習場」見納めへ 阪神高速のオアシス「路外PA」施設閉鎖に惜しむ声
乗りものニュース
見た目は旧式 中身は最新! EVなら悪路が簡単になる MWモーターズ・スパルタンへ試乗 
見た目は旧式 中身は最新! EVなら悪路が簡単になる MWモーターズ・スパルタンへ試乗 
AUTOCAR JAPAN
1日に短縮で転倒相次ぐSBKテスト。BMWのラズガットリオグルが首位、鍵となるタイヤライフに各メーカーが苦戦
1日に短縮で転倒相次ぐSBKテスト。BMWのラズガットリオグルが首位、鍵となるタイヤライフに各メーカーが苦戦
AUTOSPORT web
シートベルトしめて!!「後部座席の半数以上が未着用」義務化から15年以上経過 改善みられず?
シートベルトしめて!!「後部座席の半数以上が未着用」義務化から15年以上経過 改善みられず?
乗りものニュース

みんなのコメント

39件
  • 40年前に日産バネットのコラムシフトMTを運転していました。加速は良いし、ギアチェンジもスムーズでした。前席真ん中は広くて今の車より運転が面白かったですよ。
  • 一時期コラムシフト車だらけだったね
    慣れるまでバックギア入れるのに手間取った思い出があるよ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

174.3211.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.8215.8万円

中古車を検索
キューブの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

174.3211.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.8215.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村