現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産が新型「リーフ」を予告! 3代目は「クーペSUV」になる? 斬新デザイン採用で数年以内に発表か

ここから本文です

日産が新型「リーフ」を予告! 3代目は「クーペSUV」になる? 斬新デザイン採用で数年以内に発表か

掲載 28
日産が新型「リーフ」を予告! 3代目は「クーペSUV」になる? 斬新デザイン採用で数年以内に発表か

■次期リーフの登場が明らかに!

 2023年11月24日、日産は英国における今後の電動化戦略を発表しました。
 
 その電動化戦略からは次期型「リーフ」がSUV化する可能性が読み取れます。
 
 いったい、どのような内容が発表されたのでしょうか。

【画像】「えっ…!」めちゃカッコイイ&爆速のリーフが凄い! 画像を見る!(38枚)

 今回の発表では、英国のサンダーランド工場で生産するモデルのすべてが将来的にBEVになること、そしてそのBEVが、英国におけるベストセラーモデルの「キャシュカイ」、コンパクトSUVの「ジューク」、そして「リーフ」であることが明らかとなりました。

 リーフは現在でもBEV専用車ですが、キャシュカイとジュークの現行モデルはガソリン車もしくはハイブリッド車(e-POWER)となっており、BEVはラインナップされていません。

 つまり、今回の発表により、キャシュカイとジュークの次期型がBEVのみとなり、ガソリン車とハイブリッド車は廃止されることが明らかとなったわけです。

 ただ、日産は、今後欧州に投入する新型車のすべてをBEVにすることを2023年9月に明らかにしており、今回の発表はその流れをうけてのものであるため、それ自体に大きな驚きはありません。

 今回の発表で最も注目すべきは、キャシュカイ、ジューク、そしてリーフの次期型がすでに日産が発表しているコンセプトモデルからインスピレーションを受けたものとなることが明言されたことです。

 そのコンセプトモデルが、ジャパンモビリティショー2023に出展された「ハイパーアーバン」と「ハイパーパンク」、そして2021年に発表された「チルアウト」の3台です。

 現時点では、キャシュカイ、ジューク、リーフのそれぞれが、どのコンセプトモデルと対応しているのかについては明らかにされていません。

 しかし、ハイパーアーバンとキャシュカイはその都会的なコンセプトが、ハイパーパンクとジュークはその前衛的なデザインというコンセプトが重なっていることから、それぞれを結びつけて考えることの妥当性は高そうです。

 そうすると、チルアウトが次期リーフを示唆するものになると考えられます。

 しかし、流麗なクロスオーバーSUV風のスタイリングを持つチルアウトと、2世代にわたってハッチバックスタイルを維持してきたリーフのイメージは重なりません。

 チルアウトはリーフの次期型を示唆するものではないと考えることもできます。

 しかし、ハイパーアーバンとハイパーパンクのどちらもハッチバックではないことから、いずれにせよこれまでのリーフのイメージからは外れています。

■次期型リーフはSUVとなることがほぼ確実か

 結論から言えば、リーフの次期型は、クロスオーバーSUV風のスタイルへと生まれ変わることがほぼ確実と考えられます。

 そして、やはりチルアウトが次期型リーフになると考えるのが妥当なようです。

 それぞれの現行モデルの発売時期を見ると、キャシュカイが2021年、ジュークが2019年、そしてリーフが2017年となっており、順当にいけばリーフが最も早くフルモデルチェンジを迎えることとなります。

 そうした視点でそれぞれのコンセプトモデルを見ると、ハイパーアーバンとハイパーパンクは市販モデルにはほど遠いデザインである一方、チルアウトはより現実的なデザインとなっていることがわかります。

 こうした点から、リーフの次期型がチルアウトからインスピレーションを受けたクロスオーバーSUVとなる可能性が濃厚であると言えそうです。

 近年では多くのモデルがクロスオーバーSUV化していることを考えると、リーフの次期型も大胆なスタイルチェンジが行われたとしても不思議ではありません。

 さらに、大型のバッテリーを搭載できることや高い居住性が得られることを考えると、BEVにとってクロスオーバーSUVが理想的なボディタイプであることも事実です。

 チルアウトは「アリア」と同じ「CMF-EV」と呼ばれるプラットフォームを採用しているものの、ボディサイズはアリアよりひと回り小さいことが明らかとなっています。

 また、そのフロントマスクを見ると、現行のリーフなどに見られる「Vモーショングリル」ではなく、アリアのような近未来感のあるデザインが新たに採用されています。

 一方、クロスオーバーSUV風のボディを採用しているチルアウトですが、全高は1600mm以下であると推測されます。

 もし、このサイズ感がリーフの次期型にも引き継がれるのであれば、実際の使い勝手は現行のリーフとそれほど大きく変わることはないかもしれません。

 世界初の量産型BEVとして世界に衝撃を与えてきたリーフですが、近年では強力なライバルが多く登場していることから、やや目立たない存在となってしまっています。

 ただ、現時点で明らかとなっていることはごくわずかとはいえ、今回の発表により、リーフの次期型が登場することは確実となりました。

 BEVのパイオニアであるリーフがどのように生まれ変わるのか、日本のみならず世界中のユーザーが注目しています。 

※ ※ ※

 日産は今回の発表のなかで「これらのモデルの名称、仕様、発売日などの詳細については、後日発表予定」としています。

 この言葉を文字通り受け止めるのであれば、キャシュカイやジューク、そしてリーフという既存の車名が引き継がれない可能性も考えられます。

 いずれにせよ、これらの次期型の詳細については、日産からのさらなる情報を待つ必要がありそうです。

関連タグ

こんな記事も読まれています

パニック!駐車場で「どこに停めたか忘れた」どう対策? クルマの位置がすぐ分かる「裏ワザ」とは 便利アイテムも活用できる!?
パニック!駐車場で「どこに停めたか忘れた」どう対策? クルマの位置がすぐ分かる「裏ワザ」とは 便利アイテムも活用できる!?
くるまのニュース
シャンデリアに金華山がデコトラ野郎の矜持! 「昭和な煌びやかさ」にこだわるデコトラ内装の世界
シャンデリアに金華山がデコトラ野郎の矜持! 「昭和な煌びやかさ」にこだわるデコトラ内装の世界
WEB CARTOP
最近「影薄め」だけどWRCは75勝! グレーな噂がありつつもヤバイぐらいカッコイイ珠玉のマシンを一挙紹介!!
最近「影薄め」だけどWRCは75勝! グレーな噂がありつつもヤバイぐらいカッコイイ珠玉のマシンを一挙紹介!!
WEB CARTOP
京王バス「中野‐中野新橋‐永福町」を新系統に置き換え 稲城長峰循環も廃止 3月にダイヤ改正
京王バス「中野‐中野新橋‐永福町」を新系統に置き換え 稲城長峰循環も廃止 3月にダイヤ改正
乗りものニュース
日産最大! 超巨大な「高級SUV」お披露目! 斬新すぎる“点滅ライト”採用!? 「QXモノグラフ」カナダ初公開
日産最大! 超巨大な「高級SUV」お披露目! 斬新すぎる“点滅ライト”採用!? 「QXモノグラフ」カナダ初公開
くるまのニュース
東京浅草にレーシングシミュレーターショップ『ZENKAIRACING TOKYO』がオープン
東京浅草にレーシングシミュレーターショップ『ZENKAIRACING TOKYO』がオープン
AUTOSPORT web
VERTEX PARTNERS CERUMO・INGINGが2024年SF参戦体制とマシンカラーを発表
VERTEX PARTNERS CERUMO・INGINGが2024年SF参戦体制とマシンカラーを発表
AUTOSPORT web
自動で人を避ける! 他のクルマに道を譲る! ホンダの協調人工知能搭載のモビリティとロボットが凄い
自動で人を避ける! 他のクルマに道を譲る! ホンダの協調人工知能搭載のモビリティとロボットが凄い
WEB CARTOP
今年もドゥカティは強い? バニャイヤ、バイクのフィーリングに大満足「完璧に機能している」
今年もドゥカティは強い? バニャイヤ、バイクのフィーリングに大満足「完璧に機能している」
motorsport.com 日本版
【A PITオートバックス東雲】東雲に大集合! いまさらながら欧州ビンテージカーが熱い【モーニングミーティング】
【A PITオートバックス東雲】東雲に大集合! いまさらながら欧州ビンテージカーが熱い【モーニングミーティング】
LE VOLANT CARSMEET WEB
韓国興収100億円突破! マ・ドンソクの剛腕が唸るシリーズ最新作『犯罪都市 NO WAY OUT』
韓国興収100億円突破! マ・ドンソクの剛腕が唸るシリーズ最新作『犯罪都市 NO WAY OUT』
バイクのニュース
出光・ENEOS、北海道電力 大規模グリーン水素製造プラントの建設とサプライチェーン構築の覚書締結
出光・ENEOS、北海道電力 大規模グリーン水素製造プラントの建設とサプライチェーン構築の覚書締結
Auto Prove
ホンダが真新「コンパクトSUV」発売! 八角形グリル&カクカクボディ採用!? 200万円強からのモデル、どんな声ある?
ホンダが真新「コンパクトSUV」発売! 八角形グリル&カクカクボディ採用!? 200万円強からのモデル、どんな声ある?
くるまのニュース
ウイリアムズも“F1界のトレンド”を追従。シェイクダウンで明かされた2024年マシンFW46の実車で見えたコト
ウイリアムズも“F1界のトレンド”を追従。シェイクダウンで明かされた2024年マシンFW46の実車で見えたコト
motorsport.com 日本版
ヨシムラ × weds コラボの軽自動車用ホイール「ヨシムラ WRS Seven」の受注がスタート!
ヨシムラ × weds コラボの軽自動車用ホイール「ヨシムラ WRS Seven」の受注がスタート!
バイクブロス
ステランティスジャパン、アルファロメオ・トナーレの限定車を2/23発売
ステランティスジャパン、アルファロメオ・トナーレの限定車を2/23発売
日刊自動車新聞
日産が超カッコいい新型「大型バン」初公開! キャンプや車中泊にも大活躍!? 新型「インタースター」欧州登場への反響とは
日産が超カッコいい新型「大型バン」初公開! キャンプや車中泊にも大活躍!? 新型「インタースター」欧州登場への反響とは
くるまのニュース
m-tech の「クロモリアクスルシャフトシリーズ」に初期型油冷 GSX-R 用新ラインナップが追加!
m-tech の「クロモリアクスルシャフトシリーズ」に初期型油冷 GSX-R 用新ラインナップが追加!
バイクブロス

みんなのコメント

28件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

408.1583.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

14.8360.8万円

中古車を検索
リーフの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

408.1583.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

14.8360.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村