現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > TRDが手がけたアクアは、リニアなハンドリングを手に入れたスポーツHVだった【10年ひと昔の新車】

ここから本文です

TRDが手がけたアクアは、リニアなハンドリングを手に入れたスポーツHVだった【10年ひと昔の新車】

掲載 3
TRDが手がけたアクアは、リニアなハンドリングを手に入れたスポーツHVだった【10年ひと昔の新車】

「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は、TRDが手がけたトヨタ アクアだ。

アクア TRD スポルティーボ(2012年:チューンドカー)
TRD(トヨタ レーシング ディベロップメント)は、モータースポーツなどで培った技術を活かして、トヨタ車のチューニングパーツの製作や販売を行っており、最近ではコンプリートカーの販売なども手がけている。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

※編集部註:TRDは2023年現在、トヨタカスタマイジング&ディベロップメントの1ブランドとして、トヨタ車のカスタマイズパーツなどを製造・販売しています。

また、TRDでは「スポルティーボ」というサスペンションセットを中心に多数のアイテムをラインアップしている。今回、そのデモカーに何台か試乗できた。まずはコンパクトHVのアクアから、その走り味を体感してみよう。

ノーマルより20mm車高がダウンされたデモカーの乗り心地は硬めだが、アタリのカドを丸める努力をしたとのことで、不快なレベルではない。また、ノーマルで感じられたバネ下の重そうな感覚は払拭されている。無駄な揺れはほぼ2バウンドで収まり、跳ねる動きも抑えられている。

TRDでは「街中性能」というキーワードを開発要件に加え、トヨタのテストコースだけでなく一般道も走り込み、スピードレンジの高い領域だけでなく、交差点を曲がっただけでも楽しさを感じられるような走りを追求したという。実際、このデモカーを試乗していると、その意味するところが理解できる。ステアリングレスポンスが向上し、よりリニアになっている。

また、車速を上げていくにつれて、タイヤが路面に押し付けられる感覚が増していく。これはおそらくエアロパーツによる空力性能の向上も少なからず寄与しているのだろう。

ハイブリッドでもサウンドが楽しめるマフラーも魅力的
コーナリングの印象もノーマルとはだいぶ違う。単にロールが減っているだけでなく、Rが小さい下り坂という難しいコーナーでも、ノーマルよりも4輪の接地性が安定している印象だ。グリップが唐突に抜けることはなく、アンダーステアやオーバーステアが顔を出しにくい。より安定した中でスポーティな感覚を味わえるように仕上がっている。

ただし、タイヤには注意が必要だ。デモカーには推奨銘柄のタイヤが装着されており、これとのマッチングを図ったとのこと。今回、サスなどはデモカーとまったく同じ仕様でタイヤのみ純正装着品と同じ銘柄を履いた車両にも乗ることができたのだが、印象は正直いまひとつだった。このサスペンションの購入を検討しているのなら、タイヤにも配慮することをオススメしたい。

ハイブリッド車というと「音が静か」というイメージが強いが、このデモカーではマフラーも交換されていた。それゆえ、エンジン走行中はハイブリッド車とは思えないような(?)よりビートの効いた野太いエキゾーストサウンドを聞かせてくれる。そしてエンジンが止まるといきなり静寂が訪れるので、エンジンのオン/オフでの差をより感じることができる。このギャップは、けっこう印象的だった。

TRDが手がけたアクアのデモカーは、アクアが本来持っている楽しさを倍増させており、魅力的に仕上げられていた。ハイブリッド車でも、走りを楽しむことは十分に可能だということを再認識させてくれた。

トヨタ アクア G(ベース車両) 主要諸元


●全長×全幅×全高:3995×1695×1445mm
●ホイールベース:2550mm
●車両重量:1080kg
●エンジン:直4 DOHC+モーター
●総排気量:1496cc
●エンジン最高出力:54kW(74ps)/4800rpm
●最大トルク:111Nm(11.3kgm)/3600-4400rpm
●モーター最高出力:45kW(61ps)
●モーター最大トルク:169Nm(17.2kgm)
●システム最高出力:73kW(100ps)
●トランスミッション:電気式無段変速機
●駆動方式:横置きFF
●燃料・タンク容量:レギュラー・36L
●JC08モード燃費:35.4km/L
●タイヤサイズ:175/65R15
●当時の車両価格(税込):185万

[ アルバム : アクア TRD スポルティーボ はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

三菱「本格オフローダー」復活! もはや「新型パジェロ」!? 「めちゃ便利なSUV」化した新型「トライトン“スノーシュレッダー”」登場
三菱「本格オフローダー」復活! もはや「新型パジェロ」!? 「めちゃ便利なSUV」化した新型「トライトン“スノーシュレッダー”」登場
くるまのニュース
幻のマツダRX500と、プロトタイプの実験車コスモスポーツ…ノスタルジック2デイズ 2024
幻のマツダRX500と、プロトタイプの実験車コスモスポーツ…ノスタルジック2デイズ 2024
レスポンス
次期ムーヴ、次期トール/ルーミー、新型コペン…ダイハツ徐々に生産再開でもいまだ見えぬ新型車の道筋
次期ムーヴ、次期トール/ルーミー、新型コペン…ダイハツ徐々に生産再開でもいまだ見えぬ新型車の道筋
ベストカーWeb
FIAスポーティングディレクターを辞任したスティーブ・ニールセンが新会社を設立。F1側に物流などの管理を助言
FIAスポーティングディレクターを辞任したスティーブ・ニールセンが新会社を設立。F1側に物流などの管理を助言
AUTOSPORT web
メキシコの日本人学校をサポートする自動車メーカーの取り組み 駐在員が安心して働ける環境を
メキシコの日本人学校をサポートする自動車メーカーの取り組み 駐在員が安心して働ける環境を
日刊自動車新聞
ヤマハのフィッシングボートに操船支援システム「Y-FSH」搭載 トヨタと共同開発
ヤマハのフィッシングボートに操船支援システム「Y-FSH」搭載 トヨタと共同開発
レスポンス
ダッジ、2024年からSBKにセーフティカーとして『チャレンジャーSRTヘルキャット』を供給
ダッジ、2024年からSBKにセーフティカーとして『チャレンジャーSRTヘルキャット』を供給
AUTOSPORT web
高速道の“路肩渋滞”違反じゃない? 「出口渋滞」で1km近く続くことも… NEXCOが教える渋滞時に取るべき行動とは
高速道の“路肩渋滞”違反じゃない? 「出口渋滞」で1km近く続くことも… NEXCOが教える渋滞時に取るべき行動とは
くるまのニュース
バイクに乗ろうと思ったら家族が反対.....バイクってやっぱり危険なの?
バイクに乗ろうと思ったら家族が反対.....バイクってやっぱり危険なの?
バイクのニュース
Team HRCのレクオーナ、SBK第1戦オーストラリアを欠場。テストで負傷した左肩に激しい痛み
Team HRCのレクオーナ、SBK第1戦オーストラリアを欠場。テストで負傷した左肩に激しい痛み
AUTOSPORT web
トヨタ「新型ランクル250」まもなく発売 丸目ライトの「旧車デザイン」採用! “原点回帰モデル”登場へ 旧「プラド」からどんな進化を遂げた?
トヨタ「新型ランクル250」まもなく発売 丸目ライトの「旧車デザイン」採用! “原点回帰モデル”登場へ 旧「プラド」からどんな進化を遂げた?
くるまのニュース
2023年の新車販売台数はN-BOXが圧巻のナンバー1! 2024年に向けて登録車でもホンダがじわり勢いを増している
2023年の新車販売台数はN-BOXが圧巻のナンバー1! 2024年に向けて登録車でもホンダがじわり勢いを増している
WEB CARTOP
【クラシックバンの市場分析】ゴッゴモビルって知ってる? シンプルなワンボックスバンがいかに劇的に高価になったか?! 日本車2台を含む!
【クラシックバンの市場分析】ゴッゴモビルって知ってる? シンプルなワンボックスバンがいかに劇的に高価になったか?! 日本車2台を含む!
AutoBild Japan
無難以上でぶっとび未満、センスよくクルマ選びしたいっ
無難以上でぶっとび未満、センスよくクルマ選びしたいっ
レスポンス
女性の免許取得率、日本で低いのはなぜ? 人口なら女性の方が上、その背景に何があるのか
女性の免許取得率、日本で低いのはなぜ? 人口なら女性の方が上、その背景に何があるのか
Merkmal
「まるでランニングシューズ!」ドゥカティ・スクランブラーフルスロットルは気軽に出かけられて、スポーツだってOK
「まるでランニングシューズ!」ドゥカティ・スクランブラーフルスロットルは気軽に出かけられて、スポーツだってOK
モーサイ
車のメーターに「雪の結晶」どんな意味? 天気予報なの!? イキナリ点灯する「謎の雪マーク」の正体とは!
車のメーターに「雪の結晶」どんな意味? 天気予報なの!? イキナリ点灯する「謎の雪マーク」の正体とは!
くるまのニュース
マツダのメキシコ工場、操業10周年で記念式典 稼ぎ頭の米国市場を担う海外最大拠点に成長
マツダのメキシコ工場、操業10周年で記念式典 稼ぎ頭の米国市場を担う海外最大拠点に成長
日刊自動車新聞

みんなのコメント

3件
  • 葛葉恭次
    小プリウス
  • spe********
    この仕様にすると小回りが大型ミニバン並みに悪くなるって分かったので諦めた記憶がある。懐かしい...
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

199.7259.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.5303.9万円

中古車を検索
アクアの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

199.7259.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.5303.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村