現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 歳の差21才! 平成ボーイが本気で惚れた旧車は日産「セドリックバン」でした。当時のエンケイマグホイールをセット!

ここから本文です

歳の差21才! 平成ボーイが本気で惚れた旧車は日産「セドリックバン」でした。当時のエンケイマグホイールをセット!

掲載 5
歳の差21才! 平成ボーイが本気で惚れた旧車は日産「セドリックバン」でした。当時のエンケイマグホイールをセット!

21歳も年上の相棒

1973年生まれの日産「セドリックバン」に乗っているオーナーの畠中さんは、1994年生まれだという。このクルマよりも21歳も若いオーナーに詳しくお話を伺ってみたので紹介しよう。

走行55万キロの日産「セドリック」は個人タクシーなのになぜMTに換装した? トヨタ「クラウン」を選ばなかった理由とは

生産終了から何十年後かに注目される旧車ライトバン

4ドアセダン、2ドアクーペ、そしてライトバン。ひとつの車種で、これだけの幅広いボディバリエーションが用意されるのは、昭和の時代では当たり前のことだった。しかも、ライトバンは働くクルマの代名詞。つまり、酷使された車両が多かったため、現存する個体が極端に少ないというのが実情。それでも、この日産「セドリックバン」のオーナー畠中進之介さんのように、平成男子が憧れるカッコイイクルマのひとつのジャンルとして、旧車バンは大人気なのだ。

バンならではのボディデザインが魅力的

この日産「セドリックバン」は1973年生まれ。一方のオーナー畠中さんは、1994年生まれ。セドリックバンにしてみたら、この世に誕生し元気に働きまわっていた時代を振り返ると、21歳も若いオーナーと出会ったことで、2023年でもまだ現役で愛されるクルマとして生き永らえるなんて、思いもしなかったことだろう。

「知り合いの鈑金屋さんが載っていた310型サニーバンを見たときに、かっこいい! って思ったのがきっかけでした。それから、自分も同じサニーに乗りたいと思い始めたのです」

その出会いは、現在29歳の畠中さんが、まだ専門学校の1年生の頃だったそう。そのサニー(310型)のオーナーは、福岡県鞍手郡にお店を構える「b.p.gunji(ビー・ピー・グンジ)」を営んでおり、

「見た目はちょっと車高が落ちていてホイールが変わっているだけでしたが、レース用のエンジンが積んであって、足まわりも変更してあって。すごくカッコよかった!」

というファーストインパクトが、その後の畠中さんのカーライフの道標となったのだった。

気になるサニーを差し置いて「本気で欲しい!」と思えた愛車との出会い

「もともとはサニーを探していたんです。b.p.gunjiさんのクルマがカッコよかったので。個人的にはGX5のクーペなども気になっていたのですが、その当時はすでに車両価格が高くなっていましたね。しかも、鉄板が薄いから下まわりから腐ってくるよ、なんていう噂も聞かされて。それで、若い時分にはさすがに所有するのは厳しいなと諦めていたのです」

ところが、新しい出会いは身近な所でやって来た。旧車探しで知り合った福岡県糟屋郡にあるお店「ハーフィーズ」で、このセドリックバンとご対面。そこで一気に火が点き、ローン用紙を記入。問題なく審査も通ったことで、晴れてこの車両のオーナーに。それが今から約5年前。畠中さんが24歳の頃だった。

「人生のファーストカーは、知り合いから譲ってもらったクリッパーのバンでした。その後の足グルマとして、モコを手に入れたのですが、それとほぼ同じタイミングでこのセドリックバンも買ったんです(笑)」

壊れても楽しいと思えるのが旧車生活

入手した当初の愛車は、車高は今と同じでGXグレードの純正ホイールにホワイトリボンタイヤが装着されている状態だった。その後、ハーフィーズの社長さんのご厚意で、この当時物のエンケイ製マグホイールを入手。10mmのスペーサーを使用しつつ、ロングハブボルトへと打ち変えたことで、フェンダーとの絶妙なバランス感を獲得している。

「古いクルマなのでブレーキのマスターバックの中のダイヤフラムが劣化して、ブレーキが固着しちゃったり。オルタネーターのパンクもあり、今は交流発電に変えたりとか。古いクルマなのでトラブルはいろいろと経験しました。でも、それも含めて楽しんでいます!」

畠中さんの言葉を借りると、「窓から見える景色が違う」のだそうだ。運転席に座る自分から見て流れる景色はもちろんだが、見られているという感覚。一般的なクルマではないため、いろいろな人がこのセドリックバンに興味を示してくれる。それ以外にも、この時代の車両ならではの排気ガスや様々な匂い。そういった要素ひとつひとつが、畠中さんのカーライフをより満足させてくれているのだと言う。

「クルマ好きという接点をきっかけにして、年齢も職種も関係なく、多くの人と出会えたことが、一番の違いですね。このクルマに乗らなかったら、そういう経験はできなかったと思います!」

昭和の旧車は、平成男子の心を豊かにしてくれる。そこには、お値段以上の価値が間違いなく存在しているのだ。

こんな記事も読まれています

LEDヘッドライトを新採用! スズキが「GSX250R」をマイナーチェンジして4月17日に発売
LEDヘッドライトを新採用! スズキが「GSX250R」をマイナーチェンジして4月17日に発売
WEBヤングマシン
[Pro Shop インストール・レビュー]レクサス RX450h(関克敏さん)by AUDIO.VISUAL.SECURITY FIST 前編
[Pro Shop インストール・レビュー]レクサス RX450h(関克敏さん)by AUDIO.VISUAL.SECURITY FIST 前編
レスポンス
ナンガのソフトダウンシリーズ、春ダウンのススメ。【Style in motion #184】
ナンガのソフトダウンシリーズ、春ダウンのススメ。【Style in motion #184】
LE VOLANT CARSMEET WEB
BYDの日本での本気度が伝わる! いよいよ全国のディーラーで認定中古車制度をスタート!! 中古EVの価値も安定するのか?
BYDの日本での本気度が伝わる! いよいよ全国のディーラーで認定中古車制度をスタート!! 中古EVの価値も安定するのか?
ベストカーWeb
ゴールデンウイークにレンタカーを使って出かけたい観光スポットランキング
ゴールデンウイークにレンタカーを使って出かけたい観光スポットランキング
@DIME
トヨタ「新型ランドクルーザー250」発売! 15年越し「全面刷新」でめちゃ高性能化! 価格は1.5倍に… 従来の“プラド”から何が進化した?
トヨタ「新型ランドクルーザー250」発売! 15年越し「全面刷新」でめちゃ高性能化! 価格は1.5倍に… 従来の“プラド”から何が進化した?
くるまのニュース
ミドルクルーザー「スーパーメテオ650」にロイヤルエンフィールドの技術力と資金力とヤル気を感じる!!
ミドルクルーザー「スーパーメテオ650」にロイヤルエンフィールドの技術力と資金力とヤル気を感じる!!
バイクのニュース
レッドブル&HRC密着:スプリント予選で状況は一変。フェルスタッペンはセットアップに満足もタイヤの温度が上がらず4番手
レッドブル&HRC密着:スプリント予選で状況は一変。フェルスタッペンはセットアップに満足もタイヤの温度が上がらず4番手
AUTOSPORT web
EVの下取り価格が激減するって…マジ?? それとも大丈夫??
EVの下取り価格が激減するって…マジ?? それとも大丈夫??
ベストカーWeb
マツダ「ボンゴ」の一族17台が埼玉の山奥でキャンプ! 発起人は河原でDIYオールペンしたインフルエンサーでした
マツダ「ボンゴ」の一族17台が埼玉の山奥でキャンプ! 発起人は河原でDIYオールペンしたインフルエンサーでした
Auto Messe Web
偉大すぎる9人の男達! 日本のモータースポーツ史は彼らの活躍なくして語れない!!
偉大すぎる9人の男達! 日本のモータースポーツ史は彼らの活躍なくして語れない!!
WEB CARTOP
ヤマハ発動機、「MT-09」「XMAX300」がドイツの国際デザイン賞 13年連続で受賞
ヤマハ発動機、「MT-09」「XMAX300」がドイツの国際デザイン賞 13年連続で受賞
日刊自動車新聞
ハミルトン2番手「雨の到来でマシンが生き生きしてきた」2セット目のインター投入も奏功/F1中国GPスプリント予選
ハミルトン2番手「雨の到来でマシンが生き生きしてきた」2セット目のインター投入も奏功/F1中国GPスプリント予選
AUTOSPORT web
【20世紀名車ギャラリー】風とフラット6をリアルに感じる、1989年式ポルシェ911スピードスターの肖像
【20世紀名車ギャラリー】風とフラット6をリアルに感じる、1989年式ポルシェ911スピードスターの肖像
カー・アンド・ドライバー
JAOSがトヨタ『ランドクルーザー250』用各種カスタマイズパーツをリリース
JAOSがトヨタ『ランドクルーザー250』用各種カスタマイズパーツをリリース
レスポンス
[BYD]が都内有数の輸入車販売激戦区[東京・目黒]に正規ディーラーをオープン! 日本での出店ペースが加速!!
[BYD]が都内有数の輸入車販売激戦区[東京・目黒]に正規ディーラーをオープン! 日本での出店ペースが加速!!
ベストカーWeb
ザウバーF1、アウディワークス化を背景に来季ドライバー市場でも強気の姿勢?「我々は傍観者ではなくプレイヤーになった」
ザウバーF1、アウディワークス化を背景に来季ドライバー市場でも強気の姿勢?「我々は傍観者ではなくプレイヤーになった」
motorsport.com 日本版
スバルが新型「レガシィ“セダン”」発表! “精悍顔”が超カッコイイ「スポーティセダン」日本導入は? 米で発表もなぜ日本では「セダン」ないのか
スバルが新型「レガシィ“セダン”」発表! “精悍顔”が超カッコイイ「スポーティセダン」日本導入は? 米で発表もなぜ日本では「セダン」ないのか
くるまのニュース

みんなのコメント

5件
  • 津田太郎
    カッコイイ!メンテにはお金が掛かりますが、大事に乗り続けて欲しい。
    自分はサニーカルフォルニアがあこがれでした。
  • 寝る間も惜しまず
    西部警察1の10話だったかな、230の現金輸送車がバックからスピンターンして逃走、激しいカーチェイスの上ジャンプで道路を飛び越えて大門(渡)から逃れる一連のシーンを思い出す。230は本当にカッコいい。特にバン
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

122.7186.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.8458.0万円

中古車を検索
サニーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

122.7186.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.8458.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村