現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ新型「シティ」初公開! ド迫力「エアロ」仕様に「めちゃカッコいい」の声も! タイで発売の「“モデューロ”ハッチバック」に反響集まる

ここから本文です

ホンダ新型「シティ」初公開! ド迫力「エアロ」仕様に「めちゃカッコいい」の声も! タイで発売の「“モデューロ”ハッチバック」に反響集まる

掲載 6
ホンダ新型「シティ」初公開! ド迫力「エアロ」仕様に「めちゃカッコいい」の声も! タイで発売の「“モデューロ”ハッチバック」に反響集まる

■コンパクトで精悍な小型ハッチに潜在的な需要も!?

 ホンダのタイ法人は2024年2月7日(現地時間)、コンパクトカー「シティ ハッチバック」をマイナーチェンジし、あわせて新型に対応する純正カスタマイズモデル「Modulo(モデューロ)」仕様を発表しました。
 
 精悍さを増したモデューロモデルに対し、SNSなどでは早くも様々な意見が集まっています。

【画像】めちゃカッコいい! ホンダ新型「シティModulo」を画像で見る(30枚以上)

 シティは、今から40年以上前の1981年に登場したコンパクトカーの名称として知られています。

 小さいサイズの中に広い室内空間を実現し、ユニークなスタイリングとも相まって人気を集めました。

 続く1986年登場の2代目シティは、一転してワイド&ローなフォルムを採用し話題を呼びましたが、1995年に販売を終了。国内では絶版車となりましたが、新興国などの海外向け4ドアセダン車として車名が継承されています。

 当初は「シビックセダン」がベースでしたが、のちによりコンパクトな「フィット」ベースに変更されており、そのセダンモデルが国内向けに「フィットアリア」や「グレイス」として販売されたこともあります。

 現行モデルは初代から数えて7代目で、2019年に発表されました。

 コンパクトセダンに加え、タイなど一部の市場では、ハッチバックモデルの「シティハッチバック」も存在します。

 今回このハッチバックモデルがマイナーチェンジを実施しました。

 ボディサイズは、全長4350mm×全幅1748mm×全高1488-1501mm、ホイールベース2589mmで、新たなデザインのフロント・リアバンパーや、グリルが採用され、よりスポーティな印象を強めるとともに、ホイールのデザインも改められ精悍な印象に磨きをかけています。

 インテリアでは、グレーのストライプをあしらった本革および合成皮革の室内装飾に変更され、高級感が高められています。

 パワートレインには、最高出力122馬力・最大トルク173Nmを発揮する1.0リッター直列3気筒「VTECターボ」エンジン仕様と、98馬力・127Nmを発揮する1.5リッター直列4気筒「i-VTEC」エンジンに109馬力・253Nmのモーターを組み合わせたハイブリッド「e:HEV」仕様を用意します。

 組み合わせるトランスミッションは、VTECターボ仕様がCVT、e:HEV仕様がE-CVTです。

 先進運転支援機能「Honda SENSING」を全車標準装備し、アダプティブクルーズコントロールや先導車発車通報システムの機能が改められています。

 価格は、純ガソリンエンジン車が59万9000バーツ(約249万円)から、ハイブリッド車が72万9000バーツ(約303万円)からです。

 また今回のマイナーチェンジに合わせ、純正アクセサリーも刷新。なかでも、外観をカスタマイズする「Modulo(モデューロ」ブランドのエアロパーツが注目されます。

「もっとスポーティに」をコンセプトに開発され、ブラックのアイテムで外装を引き締める「ブラックパッケージ」は、16インチアロイホイールと前後のブラックロゴがセットで1万6000バーツ(約6万6600円)です。

 また、2ピースのフロントスカートやリアスカート、さらにサイドスカートやリアスポイラーがセットになった「Modulo Aero Sport(モデューロエアロスポーツ)パッケージ」は2万3500バーツ(約9万7800円)など、このほかにも多彩にカスタムアイテムが用意されています。

※ ※ ※

 精悍さを増した新型シティのモデューロモデルに対し、SNSなどでは様々な声が寄せられています。

 なかでも「メッシュのグリルがカッコいい」「(上位モデルの)シビックみたいなスポーティさがある」など、スタイリッシュさに対し共感するコメントが多く見られます。

 一方で「往年の(シティの)イメージとは全然違う」「何の関連性もない」などという声も根強く、かつての国内向けシティとのギャップの大きさに戸惑いを覚えるユーザーも少なくないようです。

 とはいえ「なぜ日本で売っていない?」「このくらいのサイズ感がちょうど良いのに」「車名はともかく日本でも売れそう」「MTあればさらに最高」など、現在国内で販売される「フィット」よりもさらにスポーティなコンパクトカーに対する興味や関心の強さもうかがえます。

こんな記事も読まれています

70年代のクルマは真っ直ぐ走らない!? 高レスポンス[セリカ リフトバック2000GT]がカッコ良すぎる!
70年代のクルマは真っ直ぐ走らない!? 高レスポンス[セリカ リフトバック2000GT]がカッコ良すぎる!
ベストカーWeb
F1エミリア・ロマーニャGP FP1:大型アップデート実施のフェラーリ、ルクレールが首位発進。角田は6番手につける
F1エミリア・ロマーニャGP FP1:大型アップデート実施のフェラーリ、ルクレールが首位発進。角田は6番手につける
AUTOSPORT web
フェルスタッペン、マクラーレン勢との激しいポール争いを制す。角田裕毅が躍動7番手|F1エミリア・ロマーニャGP予選
フェルスタッペン、マクラーレン勢との激しいポール争いを制す。角田裕毅が躍動7番手|F1エミリア・ロマーニャGP予選
motorsport.com 日本版
アジアクロスカントリーラリー、2024年大会のマレーシア区間中止が決定。タイでの一国開催に
アジアクロスカントリーラリー、2024年大会のマレーシア区間中止が決定。タイでの一国開催に
AUTOSPORT web
角田裕毅、今季5度目のQ3進出で7番手! 熾烈ポール争いはフェルスタッペン制す|F1エミリア・ロマーニャGP予選速報
角田裕毅、今季5度目のQ3進出で7番手! 熾烈ポール争いはフェルスタッペン制す|F1エミリア・ロマーニャGP予選速報
motorsport.com 日本版
トヨタ[新型FRスポーツ]爆誕!! 車重1トンちょいの超絶楽しいクルマ[S-FR]は2026年に登場か!?
トヨタ[新型FRスポーツ]爆誕!! 車重1トンちょいの超絶楽しいクルマ[S-FR]は2026年に登場か!?
ベストカーWeb
「ルート66」で一番有名なネオンが30年ぶりに点灯!「ロイズ」を再興したのはひとりの日系人でした【ルート66旅_52】
「ルート66」で一番有名なネオンが30年ぶりに点灯!「ロイズ」を再興したのはひとりの日系人でした【ルート66旅_52】
Auto Messe Web
“これまでとは違うオートポリス”の戦い方。過去の経験が邪魔になる?/SF第2戦プレビュー
“これまでとは違うオートポリス”の戦い方。過去の経験が邪魔になる?/SF第2戦プレビュー
AUTOSPORT web
アーロンが最速。FIA F2フリー走行はベアマンのクラッシュで赤旗終了に/第4戦イモラ
アーロンが最速。FIA F2フリー走行はベアマンのクラッシュで赤旗終了に/第4戦イモラ
AUTOSPORT web
レクサスの中国製コピー? 上級ワンボックスEVが英国上陸 マクサス・ミファ9へ試乗 価格なりの高水準
レクサスの中国製コピー? 上級ワンボックスEVが英国上陸 マクサス・ミファ9へ試乗 価格なりの高水準
AUTOCAR JAPAN
シボレー「アバランチ」をおりて日産「タイタン」に返り咲いた理由は?『スプラトゥーン』のデザインを取り入れたボディが遊び心満点です
シボレー「アバランチ」をおりて日産「タイタン」に返り咲いた理由は?『スプラトゥーン』のデザインを取り入れたボディが遊び心満点です
Auto Messe Web
コラピントがファイナルラップのオーバーテイクで初優勝掴む。宮田莉朋14位|F2イモラスプリント
コラピントがファイナルラップのオーバーテイクで初優勝掴む。宮田莉朋14位|F2イモラスプリント
motorsport.com 日本版
道譲らないとダメ? たまに遭遇する「民間の緊急車両」どう対応すればいいのか
道譲らないとダメ? たまに遭遇する「民間の緊急車両」どう対応すればいいのか
乗りものニュース
アンダー350万円! 新型「既視感ありまくりSUV」公開! 5速MT&4.3m級のコンパクトボディ採用! 3列7人乗りの「グルカ“5ドア”」印に登場
アンダー350万円! 新型「既視感ありまくりSUV」公開! 5速MT&4.3m級のコンパクトボディ採用! 3列7人乗りの「グルカ“5ドア”」印に登場
くるまのニュース
【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第5回】好発進から一転。“少し感情的になった”ケビンと今後のアプローチを話し合い
【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第5回】好発進から一転。“少し感情的になった”ケビンと今後のアプローチを話し合い
AUTOSPORT web
「話が来たのは先週の日曜」急きょ参戦のバーニコートがIMPULに合流。気になる第3戦以降のドライバーは?
「話が来たのは先週の日曜」急きょ参戦のバーニコートがIMPULに合流。気になる第3戦以降のドライバーは?
AUTOSPORT web
テスラより安い中国最新EV オンボ「L60」 航続距離は最長1000km
テスラより安い中国最新EV オンボ「L60」 航続距離は最長1000km
AUTOCAR JAPAN
ホンダ「N-ONEカップ」に青木拓磨選手が参戦!「HDRS」からレースへのステップアップを自らが実証します。2024年初のHDRSは袖ヶ浦から
ホンダ「N-ONEカップ」に青木拓磨選手が参戦!「HDRS」からレースへのステップアップを自らが実証します。2024年初のHDRSは袖ヶ浦から
Auto Messe Web

みんなのコメント

6件
  • *****
    「日本で販売しない車種を記事にするなおじさん」が来るぞ〜www
  • che********
    日本で販売しない車種を記事にするな!
    これでいいか?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

82.7112.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

75.9398.0万円

中古車を検索
シティの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

82.7112.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

75.9398.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村