現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 3億6000万円で落札されたフェラーリ「F40」 クラシケも取得した素性の良い跳ね馬の市場価値を裏付ける1台でした

ここから本文です

3億6000万円で落札されたフェラーリ「F40」 クラシケも取得した素性の良い跳ね馬の市場価値を裏付ける1台でした

掲載 7
3億6000万円で落札されたフェラーリ「F40」 クラシケも取得した素性の良い跳ね馬の市場価値を裏付ける1台でした

スケドーニ製のラゲッジセット付き!

刻々と跳ね上がる入札価格。RMサザビーズのロンドン・オークションで、その数字が200万ポンド(邦貨換算約3億7000万円)に迫ろうかという時、一瞬の静寂の中でハンマーは振り下ろされた。落札価格196万2500ポンド(同3億6306万円)。今回のオークションで最高値となる価格で落札されたのは、1990年式の「フェラーリF40」だった。

フェラーリ「F40」が4.9億円! 奇跡の個体はシングルオーナー、走行距離わずか932キロでした

諸説はあるが1315台生産されたF40

それがフェラーリの創立40周年を記念して、1987年に発表されたモデルであることは誰もが良く知るところ。総生産台数は諸説あるが、RMサザビーズでは1987年から1992年にかけて1315台が生産されたと、カタログで紹介している。もちろん現存するF40は、これよりさらに少ない数であることも常識に近い。

1200kg強という軽量さに加え、478psを絞り出すF120A型と呼ばれる2936ccのV型8気筒ツインターボエンジンの組み合わせは時にトリッキーな挙動を生み出し、多くのF40はジャンクとなる運命を辿らねばならなかったからだ。

F40の基本骨格、すなわちフレームワークは直接の前身ともいえる288GTOと比較するとまったくの新設計といってよいほどのものだ。エンジンコンパートメントなどには補強のための新しい部材が追加され、フロアやドアストラットカバー、ファイアーウォールなどがこのフレームに組み合わされ、強固なキャビンが形成される。

パワーユニットやサスペンションは、このフレームとサブフレームにマウントされ、各々の機能を果たす仕組みだ。のちに誕生するF50では、エンジン自体をカーボンモノコックに剛結し、それをも構造体の一部として使用するエンジニアリングが採用されているが、F40の時代にはそれはまだ市販車で実現するには時間を必要とする構造だった。それでもF40のフレームは、走行中にかかるストレスのほとんどを負担する。その結果ボディパネルには軽量なカーボンケブラーなどの複合素材を使用することができた。

フェラーリ・クラシケの取得している

今回の出品車は、「86097」のシャシーナンバーを持つもので、1990年7月5日にマラネロの工場で製作が開始され、同年の9月25日に完成されたという記録が残る。ボディカラーはマラネロのファクトリーで納車されたすべてのF40と同様にロッソ・コルサ。カーボンファイバー製のフレームを持つバケットシートなど、インテリアでもまた徹底した軽量化への取り組みが見られる。

メーターパネルは中央左にスピードメーター、右にタコメーターを配した視認性に優れたもの。フルスケールは前者が360km/h、後者は10000rpm(7750rpmからはレッドゾーン)と、いかにもF40らしいスパルタンな演出である。

この86097は、1992年10月23日にマラネロから南東に400kmほど離れたチッタ・サンタンジェロにある、フェラーリ・デストリビューターズ・スポーツカー・センター社にデリバリーされた後、ボローニャに在住するオーナーへと引き渡された。

だがこのモデルはそれからすぐにドイツで登録されたことは、1992年11月9日付けにデッセルドルフのアウトベッカー社で行われた整備記録によって証明されている。ドイツでの整備記録は、ほかにも1994年12月にニュルンベツグのフェラーリ・オート・ノイスナー社によって行われたものも同様に残っている。

その後86097はイギリスへとわたり、スコットランドの有名な企業家のコレクションに収まったことが確認されている。この時点での走行距離は約1万5000kmという数字だったが、彼はグロスター州ノースリーチのブランド・スペシャリスト、ボブ・ホートン・リミテッドにこのモデルを託し、徹底的なサービスと外観のオーバーホールを実施。

その後も複数のイギリス人オーナーの手を渡る中で、適切なサービスやフェラーリ・クラシケの認定を得るなど、クラッシックモデルとしての価値をさらに高めている。オークション出品時の走行距離は2万967km。F40のエンボスが加工されたスケドーニ製のラゲッジセットやツールロール、オーナーズハンドブックも付帯するだけに、フェラーリの中でも究極的なコレクションアイテムのひとつといえる。これは入札者には見逃せないチャンスだったことは間違いのないところだ。

こんな記事も読まれています

スズキ「SV650X」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「SV650X」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
車の中はミストサウナ! 快適なサウナ室でバッチリととのうトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
車の中はミストサウナ! 快適なサウナ室でバッチリととのうトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
さすがのプロボックスもマネできず!? 白いのなに!? ADバンの内装にドーンって付いていた謎の白い物体の正体が衝撃すぎ!!!! 
さすがのプロボックスもマネできず!? 白いのなに!? ADバンの内装にドーンって付いていた謎の白い物体の正体が衝撃すぎ!!!! 
ベストカーWeb
負傷したハプスブルクに代わりグーノンが第2戦イモラ出場へ。アルピーヌA424でWECデビュー
負傷したハプスブルクに代わりグーノンが第2戦イモラ出場へ。アルピーヌA424でWECデビュー
AUTOSPORT web
ホンダっていつもちょっと早いのよ!! 今こそエレメント投入の時期だったんじゃ
ホンダっていつもちょっと早いのよ!! 今こそエレメント投入の時期だったんじゃ
ベストカーWeb
ランドクルーザー250、いよいよ発売へ!!気になる最新情報総まとめ!
ランドクルーザー250、いよいよ発売へ!!気になる最新情報総まとめ!
グーネット
静岡最大級のキャンピングカー&アウトドアイベント開催決定!輸入車フェアも同時開催
静岡最大級のキャンピングカー&アウトドアイベント開催決定!輸入車フェアも同時開催
グーネット
JAF 日本選手権に「ドリフト競技」追加 竹岡圭氏が「競技参加」語るトークショーも開催
JAF 日本選手権に「ドリフト競技」追加 竹岡圭氏が「競技参加」語るトークショーも開催
グーネット
パジェロ譲りの四駆性能!! 新型トライトンはランクル超えの乗り心地!? 型破りの走りを実現できたワケ
パジェロ譲りの四駆性能!! 新型トライトンはランクル超えの乗り心地!? 型破りの走りを実現できたワケ
ベストカーWeb
見やすい位置で自由自在に角度調整!強力マグネット付き車載ホルダー3種発売【動画あり】
見やすい位置で自由自在に角度調整!強力マグネット付き車載ホルダー3種発売【動画あり】
グーネット
日産 新エネルギー車のコンセプトカーなど 北京モーターショー2024で披露
日産 新エネルギー車のコンセプトカーなど 北京モーターショー2024で披露
グーネット
845万円のヤリス誕生!! カーボンルーフまで採用のガチ仕様!! コスパ求めるならRCもいいぞ
845万円のヤリス誕生!! カーボンルーフまで採用のガチ仕様!! コスパ求めるならRCもいいぞ
ベストカーWeb
全日本ロード第2戦もてぎでのトライアウトで全9チームが鈴鹿8耐の出場権を獲得/EWC
全日本ロード第2戦もてぎでのトライアウトで全9チームが鈴鹿8耐の出場権を獲得/EWC
AUTOSPORT web
宮田莉朋加入のクール・レーシング、開幕戦で逆転勝利。日本人3名が表彰台獲得/ELMSバルセロナ
宮田莉朋加入のクール・レーシング、開幕戦で逆転勝利。日本人3名が表彰台獲得/ELMSバルセロナ
AUTOSPORT web
小さなランクル[新型ランドクルーザーFJ]は25年に登場!! カローラクロスサイズで予想価格は350万円!
小さなランクル[新型ランドクルーザーFJ]は25年に登場!! カローラクロスサイズで予想価格は350万円!
ベストカーWeb
日産R32「スカイランGT-R」を思い続けて30余年。カスタムの目標は「400R」に負けないパワーです!
日産R32「スカイランGT-R」を思い続けて30余年。カスタムの目標は「400R」に負けないパワーです!
Auto Messe Web
ホンダ、3台がリタイア。ザルコはスタート直後からマシンに不具合。原因は調査中/第3戦アメリカズGP 決勝
ホンダ、3台がリタイア。ザルコはスタート直後からマシンに不具合。原因は調査中/第3戦アメリカズGP 決勝
AUTOSPORT web
結局「コスパ1番」のEVは? ボルボと内側を共有:スマート#1 オーナーを満たす:ヴォグゾール(オペル)・アストラ お手頃EV 12台比較(1)
結局「コスパ1番」のEVは? ボルボと内側を共有:スマート#1 オーナーを満たす:ヴォグゾール(オペル)・アストラ お手頃EV 12台比較(1)
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

7件
  • f00********
    当時の地方紙の片隅にも載った324km/h
    なにより驚いたのは車体デザイン
    何もかもカッコ好かった

    今だに当時物洋書が何冊か在る
  • 一也
    イナガキくんの大好きなクラシケ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

81.8170.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.868.0万円

中古車を検索
コルサの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

81.8170.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.868.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村