現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「日本イチの軽」にまだ伸びしろアリ!? ホンダ新型「軽ワゴン」に「SUV」追加? 期待される「N-BOXクロス」の実現性とは

ここから本文です

「日本イチの軽」にまだ伸びしろアリ!? ホンダ新型「軽ワゴン」に「SUV」追加? 期待される「N-BOXクロス」の実現性とは

掲載 21
「日本イチの軽」にまだ伸びしろアリ!? ホンダ新型「軽ワゴン」に「SUV」追加? 期待される「N-BOXクロス」の実現性とは

■新型「N-BOXクロス」待望論高まる! ホンダはどう考える?

 軽自動車で今もっとも人気のあるジャンルである「軽スーパーハイトワゴン」ですが、昨今は三菱「デリカミニ」やダイハツ「タントファンクロス」などのクロスオーバーSUVタイプも人気となっています。
 
 しかし現在のところ、同カテゴリーでもっとも売れているホンダ「N-BOX」には同様の仕様が存在しません。各社が導入する流れのなか、なぜN-BOXはSUVタイプを出さないのでしょうか。

【画像】めちゃカッコいい! ホンダ「軽ワゴン」SUVモデルを画像で見る(30枚以上)

 2011年の初代登場以降、20代・30代の子育て世代から60代のシニア層まで、幅広いユーザーに支持されてきたN-BOX。

 N-BOXのルーフを下げてストリート仕様とした「N-BOXスラッシュ」(2014年12月から2020年2月)もありましたが、基本的には、王道の標準モデルと、エアロパーツなどでドレスアップを図ったカスタムモデル(N-BOXカスタム)を中心としてきました。

 2023年10月6日にフルモデルチェンジした3代目の新型N-BOXも、従来通り標準とカスタムの2つをラインアップし、流行りのSUV風モデルは今のところ用意されていません。

 2015年ごろから、スズキ「ハスラー」やダイハツ「タフト」、三菱「eKクロス」など、軽スーパーハイトワゴンよりも背の低い軽ハイトワゴンにおいて、SUV風カスタムが人気となっていました。

 そして2018年12月にスズキが「スペーシア」にSUVタイプの「スペーシアギア」を追加して以降、その流れが軽スーパーハイトワゴンにも波及しました。

 デリカミニ(ベースは「eKスペース/eKクロススペース」)やタントファンクロス、スペーシアギアなどはいずれも、標準タイプよりも華やかなデザインで、いま人気となっています。

 流行のSUV風カスタムを、なぜN-BOXは設定していないのでしょうか。

 その理由は、ホンダが現状のN-BOXで用意している王道の標準モデルとカスタムモデルで十分だと判断しているからだと考えられます。

 SUV風カスタムには華やかさがあるものの、凝ったつくりゆえ、むしろ早く飽きられてしまうリスクも考えられます。

 もちろん、今後N-BOXの存在を脅かすようなSUV風カスタムの大ヒット軽スーパーハイトワゴンが登場することがあるなら、N-BOXも挑戦せざるを得ないでしょう。

 しかし長年にわたってダントツの1位を維持し続けているN-BOXとしては、余計なことをしてコストをかける必要がないし、そのぶん安く売ったほうがいいのです。

■ホンダは「様子見」か!? かつてプロトタイプを発表し市販化した「実績」も

 実はホンダは、軽のSUV風カスタムが流行するより前の2014年の「東京オートサロン」において、「N-BOX+エレメントコンセプト」というN-BOXのSUV風カスタムカーを出展しています。

 ホンダが2003年から2005年に国内で販売していた個性的なSUV「エレメント」をオマージュし、N-BOXにタフなデザインをとりいれたモデルでした。

 そんなN-BOX+エレメントコンセプトは、前後のバンパーやフェンダー、サイドシル、ボディパネルなど、部分的に無塗装の樹脂パーツを装着し、内装もアウトドア志向の仕様とするなど、細部まで凝った造りの本格的なものでした。

 単にコンセプトカーだけでは終わらず、その後2016年には、ホンダ車の純正アクセサリーを製造・販売するホンダアクセスから「エレメントスタイルパッケージ」として、実際に1年ほどでしたが販売も実現しています。

 軽スーパーハイトワゴンの王者であるホンダとしては、「つくろうと思えばいつでもできる」くらいに考え、軽のSUV風カスタムの流行の動向を様子見しているとのではないでしょうか。

※ ※ ※

 ホンダアクセスでは、新型N-BOX用にエクステリアのオシャレなデコレーションパーツや、ホワイトのアルミホイール、シートカバーなど様々なカスタムパーツを設定しています。

 本格的なSUV風のカスタムパーツをすぐに用意することもできるでしょう。

 ひょっとすると、2024年1月に開催される「東京オートサロン2024」で、その姿を見ることができるのかもしれません。

こんな記事も読まれています

最新ハイブリッドも発売目前!? カワサキが大阪・東京・名古屋モーターサイクルショーの出展概要を発表
最新ハイブリッドも発売目前!? カワサキが大阪・東京・名古屋モーターサイクルショーの出展概要を発表
WEBヤングマシン
まもなく発売開始!? カワサキが新しいオフロードバイク「KLX230」を実車展示! 林道ツーリングに最適な注目モデルの魅力とは?
まもなく発売開始!? カワサキが新しいオフロードバイク「KLX230」を実車展示! 林道ツーリングに最適な注目モデルの魅力とは?
VAGUE
【最新モデル試乗】優れた走りとスペース性。新世代Kカーの「ど真ん中」、新型スズキ・スペーシアの優位ポイントを探る
【最新モデル試乗】優れた走りとスペース性。新世代Kカーの「ど真ん中」、新型スズキ・スペーシアの優位ポイントを探る
カー・アンド・ドライバー
ホンダ「新型スーパーカー」登場へ まさかの「NSX復活」!? 「プレリュード」に続く流麗ボディ×エモーショナルな「フラッグシップスポーツカー」登場なるか
ホンダ「新型スーパーカー」登場へ まさかの「NSX復活」!? 「プレリュード」に続く流麗ボディ×エモーショナルな「フラッグシップスポーツカー」登場なるか
くるまのニュース
【SCOOP!!】FX? はたまたゼファー?! カワサキ新型「Z400RS」に車名変更の可能性アリ?!
【SCOOP!!】FX? はたまたゼファー?! カワサキ新型「Z400RS」に車名変更の可能性アリ?!
WEBヤングマシン
全長5m超! 日産「新型エルグランド」見えたか! ド迫力の「新型車」を世界初公開! 伝統の「エルグラ顔」採用したモデルとは
全長5m超! 日産「新型エルグランド」見えたか! ド迫力の「新型車」を世界初公開! 伝統の「エルグラ顔」採用したモデルとは
くるまのニュース
クシタニが2024SSのおススメガーメントを発表!常に進化しながら安全な世界を創造
クシタニが2024SSのおススメガーメントを発表!常に進化しながら安全な世界を創造
バイクのニュース
ホンダ「PCX160」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「PCX160」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
「あおりハンドル」しちゃう人必見!! 大型車では気になる内輪差だけど普通車はどうなのよ!?
「あおりハンドル」しちゃう人必見!! 大型車では気になる内輪差だけど普通車はどうなのよ!?
ベストカーWeb
【大分日田市】何体の巨人と会える?進撃の巨人ゆかりの地巡り!〈文化に触れるドライブ旅〉
【大分日田市】何体の巨人と会える?進撃の巨人ゆかりの地巡り!〈文化に触れるドライブ旅〉
グーネット
井戸田潤、ナイトドライブでGT-Rを堪能!“街乗り最強”の一台とは?
井戸田潤、ナイトドライブでGT-Rを堪能!“街乗り最強”の一台とは?
グーネット
小は大を兼ねる!?  やっぱり日本人には「5ナンバー」が絶対いい! 
小は大を兼ねる!?  やっぱり日本人には「5ナンバー」が絶対いい! 
ベストカーWeb
クラウンエステート復活記念!ボディバリエーションで振り返るクラウンヒストリー
クラウンエステート復活記念!ボディバリエーションで振り返るクラウンヒストリー
グーネット
開幕前最後のテストでもドゥカティ優勢。ヤマハとホンダは『リヤグリップ』の課題が続く/MotoGPカタール公式テスト
開幕前最後のテストでもドゥカティ優勢。ヤマハとホンダは『リヤグリップ』の課題が続く/MotoGPカタール公式テスト
AUTOSPORT web
渋滞や災害など乗車中の“もしも”対策に!車載用防災セット新登場 東海電子
渋滞や災害など乗車中の“もしも”対策に!車載用防災セット新登場 東海電子
グーネット
新型クラウンエステートも登場!4つのクラウンを体験できるイベントが愛知/横浜/福岡で開催
新型クラウンエステートも登場!4つのクラウンを体験できるイベントが愛知/横浜/福岡で開催
グーネット
F1バーレーンテスト2日目:積極的にアタックしたサインツJr.が最速。レッドブルのペレス2番手
F1バーレーンテスト2日目:積極的にアタックしたサインツJr.が最速。レッドブルのペレス2番手
motorsport.com 日本版
雨の鈴鹿で明暗分かれたF2出身ルーキー。「すごくポジティブ」な岩佐と「簡単なことではない」プルシェール
雨の鈴鹿で明暗分かれたF2出身ルーキー。「すごくポジティブ」な岩佐と「簡単なことではない」プルシェール
AUTOSPORT web

みんなのコメント

21件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

164.9188.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0308.0万円

中古車を検索
N-BOXの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

164.9188.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0308.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村