サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 円熟期に入ったマツダの主力SUV「CX-5」のベストグレードは「20S プロアクティブ」。その理由は?

ここから本文です
CX-5は世界的に人気
SUVブームの中、マツダのグローバル販売台数の約3分の1を占めるなど、登場から5年以上にわたって主力車種を担っているのが、ミドルサイズクロスオーバー「CX-5」だ。今回は、昨年11月に大幅改良を受け、円熟期に入ったこのモデルのベストバイグレードを、価格(コスパ)や装備から判断してみたい。もちろん、ここでのセレクトはすべて人にあてはまるものではないので、あくまで参考にしていただきたい。

まず、CX-5の特徴として挙げられるのがグレードによるルックスの違いが比較的少ないこと。

おすすめのニュース

サイトトップへ