サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 国産車では絶滅寸前!? 便利なリアガラスハッチ搭載車が激減したワケ

ここから本文です

■あると便利な「開閉式リアガラスハッチ」

かつてのステーションワゴンやSUV、ミニバンなどに多く見られた「分割開閉式リアガラスハッチ」ですが、近年では装着車が減っています。

トヨタ車が100万円以下!? シエンタより小さい 人気ミニバン「カリヤ」とは

 国産車では日産「セレナ」やトヨタ「ランドクルーザー」、輸入車ではBMW「3シリーズ ツーリング」「5シリーズ ツーリング」などに採用されていますが、なぜ激減してしまったのでしょうか。

 1990年代から登場し始めた都市型SUVや、同時期から2000年代にかけて大流行したステーションワゴンなどによく見られた分割開閉式リアガラスハッチ。

おすすめのニュース

サイトトップへ