現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバル フォレスター Advance、アクティブにより使いやすく…利便性と安全性が向上[詳細画像]

ここから本文です
スバル フォレスター  Advance、アクティブにより使いやすく…利便性と安全性が向上[詳細画像]
写真を全て見る(45枚)

現行のスバル『フォレスター』は、アクティブに、より使いやすく進化したスバルのグローバル戦略SUVだ。

広い車内空間と取り回しの良さを両立させたパッケージング、先進のドライブアシスト機能、SUV特有のアイポントの高さなどから、大きな荷物を扱うようなアウトドアユースだけでなく、日常の使い勝手の面でも人気を博しているモデルである。第5世代モデルは、水平対向エンジンと電気技術が融合したe-BOXERを搭載している。

スバル フォレスター X/XTエディションに新色「ガイザーブルー」登場

今回紹介するグレード「Advance」は、2リットルエンジン+モーター(e-BOXER)搭載モデル。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

スバル『フォレスター』新型、米国で初めて現地生産へ
スバル『フォレスター』新型、米国で初めて現地生産へ
レスポンス
日産の大型商用車がモデルチェンジ、『インタースター』新型…予約受注を開始
日産の大型商用車がモデルチェンジ、『インタースター』新型…予約受注を開始
レスポンス
ジープ『ラングラー』新型を日本発売、エントリーグレードも登場
ジープ『ラングラー』新型を日本発売、エントリーグレードも登場
レスポンス
【ホンダ フリード 新型】「クロスター」はSUV風のタフなデザインに進化!2列シート仕様で魅力倍増?
【ホンダ フリード 新型】「クロスター」はSUV風のタフなデザインに進化!2列シート仕様で魅力倍増?
レスポンス
日産、「キャラバン」を一部仕様向上 バックビューモニターを一部グレードに設定
日産、「キャラバン」を一部仕様向上 バックビューモニターを一部グレードに設定
月刊自家用車WEB
スバル「新フォレスター」登場! 上質ブラック内装の特別な「STI」がスゴい! コスパ最強仕様とは?
スバル「新フォレスター」登場! 上質ブラック内装の特別な「STI」がスゴい! コスパ最強仕様とは?
くるまのニュース
新型3列シートコンパクトSUV登場、航続400kmのEVも設定…オペル『フロンテラ』
新型3列シートコンパクトSUV登場、航続400kmのEVも設定…オペル『フロンテラ』
レスポンス
エクストレイルとキックスが黒金フェイス!! 特別仕様車が激アツ!! しかも一部改良で充実機能で勝負
エクストレイルとキックスが黒金フェイス!! 特別仕様車が激アツ!! しかも一部改良で充実機能で勝負
ベストカーWeb
日産 キャラバンを一部仕様向上、同時に福祉車両も改良
日産 キャラバンを一部仕様向上、同時に福祉車両も改良
Believe Japan
テインの車高調「フレックスZ」がホンダ・フィットなど5車種の適合を追加
テインの車高調「フレックスZ」がホンダ・フィットなど5車種の適合を追加
レスポンス
【アコードe:HEV vs シビックe:HEV】スペック比較…伝統的な2モデル、違いはどこに?
【アコードe:HEV vs シビックe:HEV】スペック比較…伝統的な2モデル、違いはどこに?
レスポンス
【欧州市場投入】「マツダCX-80」高性能と最大7人乗りのゆとりある室内空間を実現
【欧州市場投入】「マツダCX-80」高性能と最大7人乗りのゆとりある室内空間を実現
AutoBild Japan
日産エクストレイルが安全性強化など仕様向上。あわせて特別感を演出した90周年記念車を発売
日産エクストレイルが安全性強化など仕様向上。あわせて特別感を演出した90周年記念車を発売
Webモーターマガジン
加速、ハンドリング、燃費が一気に向上!軽量化によるメリットは盛り沢山~カスタムHOW TO~
加速、ハンドリング、燃費が一気に向上!軽量化によるメリットは盛り沢山~カスタムHOW TO~
レスポンス
最強「V8エンジン」搭載! 新型「カクカク本格SUV」発表! 豪華内装の“3列シート”モデルも用意の「ディフェンダー」登場
最強「V8エンジン」搭載! 新型「カクカク本格SUV」発表! 豪華内装の“3列シート”モデルも用意の「ディフェンダー」登場
くるまのニュース
【ランドクルーザー250 vs ラングラー】スペック比較…新型オフローダーの性格の違いが明らかに
【ランドクルーザー250 vs ラングラー】スペック比較…新型オフローダーの性格の違いが明らかに
レスポンス
フォルクスワーゲン『ID. Buzz』、ツインモーターは335馬力
フォルクスワーゲン『ID. Buzz』、ツインモーターは335馬力
レスポンス
日産、キックスの仕様向上モデルを発表
日産、キックスの仕様向上モデルを発表
月刊自家用車WEB

みんなのコメント

4件
  • たぁ
    e-boxerべつに悪くはないけど、アイドリングストップキャンセルと低速走行中のエンジン停止キャンセルボタンが有ればもっと評価されていたと思うな
  • *******
    新型出るまで待ったほうがいい
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

346.5390.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

25.0486.8万円

中古車を検索
フォレスターの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

346.5390.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

25.0486.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村