サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 注目のコンパクトサイズEV、勢いづく欧州勢と新型車投入が待ち遠しい日本メーカー

ここから本文です

注目のコンパクトサイズEV、勢いづく欧州勢と新型車投入が待ち遠しい日本メーカー

注目のコンパクトサイズEV、勢いづく欧州勢と新型車投入が待ち遠しい日本メーカー

 全長4~4.4m、全幅1.8m以下のコンパクトサイズのEVは、各社がそれぞれ性格の異なるクルマを発売している。

 プジョー『e-2008』は2BOXカーの『e-208』をベースにSUVボディーを架装。SUVなので、最低地上高は205mm確保しているが、全高は1550mm以下に収まっており、日本の立体駐車場に対応しているのも魅力のひとつ。電池容量は50‌kWhを搭載し、航続距離は385km(JC08モード)。

最短1か月でOK!好きな時に必要なクルマに乗れるホンダのサブスク「Honda マンスリーオーナー」はどれくらいお得なのか?

 日産は今から10年以上も前の2010年に『リーフ』を発売した。EVメーカーとしては先駆け的存在だ。現行モデルは全長4480mm、全幅1790mm、全高1560mmなので全長を除けば『MX−30 EV』に近いサイズ。電池容量は40‌kWhと62‌kWhの2種類を揃えており、航続距離も322km/458km(WLTCモード)と長い。EVに関するノウハウは豊富だが、商品展開が追いついていないのが残念。日産には、第2、第3のEVを早く投入してもらいたいものだ。

プジョー『e-2008』429万円~

日産『リーフ』332万6400円~

取材・文/石川真禧照

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します