現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【価値あるクルマの物語】接戦が続く中でボルボ躍進の狼煙(第38回COTY)

ここから本文です

【価値あるクルマの物語】接戦が続く中でボルボ躍進の狼煙(第38回COTY)

掲載
【価値あるクルマの物語】接戦が続く中でボルボ躍進の狼煙(第38回COTY)

 今回は、第37回(2016―17年)と第38回(2017―18年)の日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)を振り返ります。

 第37回は、最終的にSUBARUインプレッサが受賞しました。スバルにとってはレガシィ以来ひさびさの2回目の栄冠となります。この年は早くからインプレッサとトヨタ・プリウスの一騎打ちという様相を呈していて、筆者もどちらも高く評価していましたが、もちろん10点にできるのは1台だけなので、本当に最後の最後まで悩みました。

【COTYおさらい】2022-2023COTY インポートカー・オブ・ザ・イヤーを獲得したヒョンデIONIC 5は、どんなクルマ?

 両車のプラットフォームであるSGPとTNGA、どちらもすべてを刷新して、クルマ自体の完成度もかなり高まっていた点でも共通します。プリウスは奇抜なデザインが物議をかもしたことを思い出されますが、筆者にとってはむしろ斬新でカッコイイと感じられたほどでしたけどね(笑)。

 そして考え抜いた末に10点を投じたのは、インプレッサでした。スバルが新たな一歩を踏み出したことを強く印象づける仕上がりで、そのパワーが若干プリウスを上回っていたように感じられたからです。当時としては、このクラスであの質感を実現していたことにも感心したものです。

 ただし、数字としては10点と6点ですが、それは投票レギュレーション(※)を踏まえてのやむを得ないもので、気持ちの中での差はもっとずっと小さかったことをお伝えしておきたいと思います。

 この年のインポートカー・オブ・ザ・イヤーは、アウディA4が順当に受賞したのですが、注目すべきポイントは、わずか4点差でボルボXC90が続いたことです。このときはダークホース的な存在でしたが、翌年からボルボはさらに躍進します。

 翌年の第38回、ボルボXC60が輸入車で2回目の快挙となるCOTY受賞をなしとげました。この年は非常に点数が割れ、発表会の場でも誰が勝つのか読めない緊迫した状況でした。そんな中でだんだんアタマひとつ抜け出てきたのがXC60でした。

 294点のXC60以下、BMW5シリーズが242点、トヨタ・カムリが232点、スズキ・スイフトは210点と4台が200点以上という混戦ぶりで、ホンダN-BOXも189点と高い点数を獲得しました。

 筆者は正直なところ、この年はいつもと逆で、10点を投じるべきクルマを選ぶのに悩んだという感じでした。最終的にN-BOXに10点を投じたのですが、それはもし軽自動車で初めてCOTY受賞車になるとしたら、N-BOXこそふさわしいと感じたからです。

 まだ初代の売れ行きが好調だったのに、さらによいものができたので少しでも早くユーザーに提供しようと市場に投入された新型の内容が、軽自動車としては望外にハイレベルだったことに感心し、当時はかなり衝撃を受けた記憶があります。

 XC60についても、ボルボに期待される安全性へのこだわりはもちろん、エレガントなデザインや優れた走行性能を評価して配点しました。他の選考委員の配点を見ると、XC60は10点評価は少ないものの、まんべんなく多くの選考委員から点を集めて、合計すると大きな数字になったという印象でした。

 実際のクルマもまさしくそんな感じで、多くの人にとって印象に残る何かを持っているクルマであることには違いありません。さらに翌年もボルボが2年連続で偉業をなしとげたことは、多くの読者の方々もご存じのことでしょう。

COTYの投票方法

※最終選考は持ち点配分法によって行われ、各選考委員が25点の持ち点を対象車10車(10ベスト)のうち5車に配点する(1台は必ず10点にする)ことが定められている。

おかもとこういちろう/1968年 富山県生まれ。1970年代前半の幼少期を横浜で過ごし、その頃からクルマに目覚め、小学1年生で街を走るクルマの車名をすべて言い当てるほどになる。学習院大学卒業後、自動車情報ビデオマガジンの企画制作や自動車専門誌の編集に携わったのちフリーランスへ。2004年、AJAJ会員入り。2008年より日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員

こんな記事も読まれています

ハミルトン後継も噂のフェルナンド・アロンソ「僕は交渉で良い立場にある」 まずは序盤戦に集中姿勢
ハミルトン後継も噂のフェルナンド・アロンソ「僕は交渉で良い立場にある」 まずは序盤戦に集中姿勢
motorsport.com 日本版
トヨタ「“V8ターボ搭載”SUV」発表! 700万円超え&MT設定もあり! 3つのボディタイプ用意の「新ランクル」南アで発売
トヨタ「“V8ターボ搭載”SUV」発表! 700万円超え&MT設定もあり! 3つのボディタイプ用意の「新ランクル」南アで発売
くるまのニュース
ルノーのSUVの頂点『エスパス』はハイブリッドのみ
ルノーのSUVの頂点『エスパス』はハイブリッドのみ
レスポンス
EV鈍化やトランプ前大統領再選浮上でどうなる米国市場 マツダは2027年までメキシコのEV生産なし
EV鈍化やトランプ前大統領再選浮上でどうなる米国市場 マツダは2027年までメキシコのEV生産なし
日刊自動車新聞
【VWゴルフの中古車をチェック!】フォルクスワーゲン「ゴルフ5」「ゴルフ6」「ゴルフ7」その現状と市場価格は?
【VWゴルフの中古車をチェック!】フォルクスワーゲン「ゴルフ5」「ゴルフ6」「ゴルフ7」その現状と市場価格は?
AutoBild Japan
F1次期PU開発、アウディやレッドブルら新規メーカーにとっては「大きな挑戦」とフェラーリ。現規定ではホンダが過去に大苦戦……歴史は繰り返される?
F1次期PU開発、アウディやレッドブルら新規メーカーにとっては「大きな挑戦」とフェラーリ。現規定ではホンダが過去に大苦戦……歴史は繰り返される?
motorsport.com 日本版
「えっ…納期は1年以上先!?」 途中で“キャンセル”出来る? 過去には高額キャンセル料トラブルも? 昨今の事情とは
「えっ…納期は1年以上先!?」 途中で“キャンセル”出来る? 過去には高額キャンセル料トラブルも? 昨今の事情とは
くるまのニュース
「実践! 初めてのカーオーディオ」 本格システムの構築をライトに楽しむのもアリ!
「実践! 初めてのカーオーディオ」 本格システムの構築をライトに楽しむのもアリ!
レスポンス
新しい「道の駅」が秋田、長野、熊本、鹿児島で誕生! どこにどんな外観の施設ができる?
新しい「道の駅」が秋田、長野、熊本、鹿児島で誕生! どこにどんな外観の施設ができる?
くるくら
アストンマーティン DB11 クーペ/ヴォランテ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
アストンマーティン DB11 クーペ/ヴォランテ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
【新車価格情報】国産車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年2月20日時点
【新車価格情報】国産車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年2月20日時点
カー・アンド・ドライバー
ホンダがレトロ顔の「新型シティ」実車公開!? “丸目二灯”の「80年代デザイン」に注目! 懐かしすぎる「サステナシーC」に反響あり!
ホンダがレトロ顔の「新型シティ」実車公開!? “丸目二灯”の「80年代デザイン」に注目! 懐かしすぎる「サステナシーC」に反響あり!
くるまのニュース
トライアンフ「タイガー1200」 アップデートされた2024年モデルを発表
トライアンフ「タイガー1200」 アップデートされた2024年モデルを発表
バイクのニュース
ホンダ「HAWK 11」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「HAWK 11」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
今見ると小っさ!! セドグロ風の顔もイイね!! エルグランドの先祖ラルゴってもしや爆安だったんじゃないか説
今見ると小っさ!! セドグロ風の顔もイイね!! エルグランドの先祖ラルゴってもしや爆安だったんじゃないか説
ベストカーWeb
レザー調のシートが超オシャレ! トヨタ タウンエースがベースのキャンパー
レザー調のシートが超オシャレ! トヨタ タウンエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
テリー伊藤 念願成就!? アルピーヌA110試乗 アクセルを踏んだ瞬間青春時代が甦る!【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
テリー伊藤 念願成就!? アルピーヌA110試乗 アクセルを踏んだ瞬間青春時代が甦る!【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
FFなのにエンジン縦置き? トヨタ車初の前輪駆動車ターセルの変態っぷりにマイッタ!
FFなのにエンジン縦置き? トヨタ車初の前輪駆動車ターセルの変態っぷりにマイッタ!
ベストカーWeb

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

739.0839.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

33.9798.0万円

中古車を検索
XC60の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

739.0839.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

33.9798.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村