現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > まさかの“爆速”仕様化!? トヨタ「ハイエース“神”」降臨! 馬力2割UPで180馬力超え! トルクも爆上げのカスタムを実施へ

ここから本文です

まさかの“爆速”仕様化!? トヨタ「ハイエース“神”」降臨! 馬力2割UPで180馬力超え! トルクも爆上げのカスタムを実施へ

掲載 更新 41
まさかの“爆速”仕様化!? トヨタ「ハイエース“神”」降臨! 馬力2割UPで180馬力超え! トルクも爆上げのカスタムを実施へ

■爆速仕様化! ハイエース神降臨

 自動車用アフターパーツブランド「ROWEN INTERNATIONAL」が、トヨタ「ハイエース(200系)」のECUチューンを横浜店「ROWEN YOKOHAMA」で行うと、2023年12月12日に公式SNSアカウントを通じて公表しました。

【画像】超カッコいい! 爆速化する「ハイエース」のROWEN仕様を画像で見る(30枚以上)

 ハイエースは、ワンボックス型の商用車として長く愛されてきた“商用バン”の代表的存在です。近年では、アウトドアレジャーや車中泊などを楽しむ個人ユーザーからも絶大な支持を集めています。

 1967年に初代が登場。現在、日本で販売されているのは、2004年デビューの5代目(200系)です。しかし日本国外では、すでにこの後継の6代目(300系)が販売されています。

 日本でも、この300系ハイエースをベースとした大型ワゴン「グランエース」が販売されるものの、300系ハイエース自体は日本の道路事情に対して大きすぎるためか販売されていません。

 そのため200系が約20年にわたり販売されていることになりますが、現在取り扱われているのは、2022年に一部改良が行われた“7型”と呼ばれるモデルです。

 今回、ROWEN INTERNATIONALが、ECUチューンを行うと公表したのは、この7型の2.8リッターディーゼルエンジン搭載車です。

 公表された画像には、「ハイエース神降臨 凄まじいトルクで駆け上がれ」という文言とともに、最高出力151馬力を180馬力以上(20%増)に、最大トルク30.6kgfを45kgf(50%増)にそれぞれ向上させると記載されています。

 また、リミッターもオフになるとい、インストールにはおおよそ30分かかるとしています。

※ ※ ※

 ROWEN INTERNATIONALは、今回の投稿に「ただいま全国のHIACEオーナー様愛車にインストールできるよう様々な準備を進めている段階でございます。今しばらくお待ちいただければ幸いです」とも添えており、今後全国でも同様のカスタムを受けられるようになる見込みです。

こんな記事も読まれています

衝撃デザインの新型「コンパクトSUV」世界初公開! トヨタ「ヤリスクロス」級のボディに“最新ハイブリッド”搭載! 斬新すぎる「超スポーティSUV」ミラノ登場
衝撃デザインの新型「コンパクトSUV」世界初公開! トヨタ「ヤリスクロス」級のボディに“最新ハイブリッド”搭載! 斬新すぎる「超スポーティSUV」ミラノ登場
くるまのニュース
イラストレーター「わたせせいぞう」が描いてきた昭和~令和という時代、対象はクルマから鉄道へ その魅力とは
イラストレーター「わたせせいぞう」が描いてきた昭和~令和という時代、対象はクルマから鉄道へ その魅力とは
Merkmal
1980年代バイクブームを加速させた懐かしの250ccモデル3選
1980年代バイクブームを加速させた懐かしの250ccモデル3選
GQ JAPAN
阪神高速4号湾岸線「10日間通行止め」 16日から一部区間で改修工事 関空方面「激しい渋滞」に注意
阪神高速4号湾岸線「10日間通行止め」 16日から一部区間で改修工事 関空方面「激しい渋滞」に注意
乗りものニュース
圧倒的な存在感!ベントレーから史上最高にダークでエッジの効いたSUV「ベンテイガSブラック エディション」が登場
圧倒的な存在感!ベントレーから史上最高にダークでエッジの効いたSUV「ベンテイガSブラック エディション」が登場
@DIME
メルセデス・ベンツならではの1台──新型CLEクーペ試乗記
メルセデス・ベンツならではの1台──新型CLEクーペ試乗記
GQ JAPAN
0-100km/h加速は3.0秒、最高速度は330km/h!マクラーレンが次世代スーパーカー「アルトゥーラ スパイダー」を公開
0-100km/h加速は3.0秒、最高速度は330km/h!マクラーレンが次世代スーパーカー「アルトゥーラ スパイダー」を公開
@DIME
「排気量それしかないの!?」大きいのに小さなエンジン搭載車、なぜ増えた? 税金安くてエコ、とも限らない?
「排気量それしかないの!?」大きいのに小さなエンジン搭載車、なぜ増えた? 税金安くてエコ、とも限らない?
乗りものニュース
新型「爆速“スポーティ”セダン」実車公開! 斬新シフト&超美麗ボディ採用! 580馬力超えの「ギセラ」米に登場
新型「爆速“スポーティ”セダン」実車公開! 斬新シフト&超美麗ボディ採用! 580馬力超えの「ギセラ」米に登場
くるまのニュース
【2024年版】トヨタ ヤリスクロス VS スバル クロストレックを徹底比較
【2024年版】トヨタ ヤリスクロス VS スバル クロストレックを徹底比較
グーネット
アコードにはホンダの最新技術とセダンならではの魅力が詰まっている【石井昌道】
アコードにはホンダの最新技術とセダンならではの魅力が詰まっている【石井昌道】
グーネット
ドイツからやってきた新星クルッテンがスーパーGTデビュー戦いきなりの3位表彰台。相方の荒聖治も驚き「見事な適応力。21歳とは思えない」
ドイツからやってきた新星クルッテンがスーパーGTデビュー戦いきなりの3位表彰台。相方の荒聖治も驚き「見事な適応力。21歳とは思えない」
motorsport.com 日本版
[サウンド制御術・実践講座]クロスオーバー…フロント2ウェイにてこれが設定されるのはなぜ?
[サウンド制御術・実践講座]クロスオーバー…フロント2ウェイにてこれが設定されるのはなぜ?
レスポンス
【MM Another Story:レンジローバースポーツSVの「別腹」】史上最高性能をスピリッツから味わうための「特別すぎるメディアドライブ」に嫉妬してみた
【MM Another Story:レンジローバースポーツSVの「別腹」】史上最高性能をスピリッツから味わうための「特別すぎるメディアドライブ」に嫉妬してみた
Webモーターマガジン
F1日本GPは春開催でどうなる……結果は心配なし! 桜満開の鈴鹿がみせた激熱の闘いをカタール航空のパドッククラブから観戦した
F1日本GPは春開催でどうなる……結果は心配なし! 桜満開の鈴鹿がみせた激熱の闘いをカタール航空のパドッククラブから観戦した
WEB CARTOP
まもなく日本発売!? トヨタ新型「ランドクルーザー250」が待ち遠しい! 「ランクル300」や「ランクル70」の違いとは
まもなく日本発売!? トヨタ新型「ランドクルーザー250」が待ち遠しい! 「ランクル300」や「ランクル70」の違いとは
VAGUE
マツダ「2.0L ロードスター」実車展示! 1200万円超え“丸目4灯ライト”クラシック仕様!? マツダ車じゃない… 謎のクルマとは
マツダ「2.0L ロードスター」実車展示! 1200万円超え“丸目4灯ライト”クラシック仕様!? マツダ車じゃない… 謎のクルマとは
くるまのニュース
大幅改良を図ったアウディS3が本国デビュー。最高出力は333ps、最大トルクは420Nmへとアップ
大幅改良を図ったアウディS3が本国デビュー。最高出力は333ps、最大トルクは420Nmへとアップ
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

41件
  • lem********
    ハイエースは速さの前にタコ踊りしてクラッシュする奴がいるから安定性あげた方がいい
  • motorider
    田舎の道路で事故の原因になる様な運転をするドライバーはほとんどがこの様な箱バン乗りです!こいつらは合図を出さずに進路変更に交差点では停止線を越えて止める、暗くなってもライトを点けない。ガラスにフィルムを貼るなど自由奔放です。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

294.7405.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

51.81013.0万円

中古車を検索
ハイエースワゴンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

294.7405.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

51.81013.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村