現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ フリードに追加されたハイブリッドは、ガソリン車と同じ感覚で走れて燃費も良かった【10年ひと昔の新車】

ここから本文です

ホンダ フリードに追加されたハイブリッドは、ガソリン車と同じ感覚で走れて燃費も良かった【10年ひと昔の新車】

掲載 15
ホンダ フリードに追加されたハイブリッドは、ガソリン車と同じ感覚で走れて燃費も良かった【10年ひと昔の新車】

「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は、ホンダ フリード ハイブリッドだ。

ホンダ フリード ハイブリッド(2011年:初代 車種追加)
続々と兄弟を増やしているホンダのハイブリッド車(以下、HV)。中でも、フリードは多人数での長距離ドライブも可能なミニバン、フリードスパイクは遊び心ある荷室を持つ、という性格が際立っていて、HV化の要望も高かった。今回、満を持して登場したフリードHVのJC08モード燃費は21.6km/L。ガソリン車は16.6km/Lだったから、このアドバンテージはかなり大きい。

【写真蔵】トヨタ シエンタが目指した「家族の相棒」。フルモデルチェンジしても変わらない個性の強さと機能性の高さ

その燃費を稼ぎ出すパワーユニットは、1.5Lのi-VTEC+IMAシステムだ。このエンジンはインサイトに搭載されていた1.3Lの拡大版。CR-Zの1.5Lエンジンとは別物で、フリード シリーズのHVは気筒休止するタイプだ。

いくらモーターのサポートがあっても、ミニバンだと少々カッタルイのでは?とやや心配だったのだが、「ECON」スイッチを押したエコ走行モードでも、走り出しから中間加速、高速巡航まで、普通に走るならストレスはない。もっとも今回の試乗は2名乗車だったから、フル乗車時や荷物満載のときはECONスイッチをオフにしないとキツいかもしれない。

フリードHV、フリードスパイクHVとも、ガソリン車とHVの間に乗り味の差はほとんどない。もちろんクルマの側では、駆動用バッテリーを搭載するためトレッドを広げたり、リアサスペンションのキャンバーを変更したり、約100kgの車両重量増加に対して超高張力鋼板の採用で対応したりしているが、運転感覚はほとんど変わらない。

つまり、HV独特のクセがない。これは歓迎すべきことで、ブレーキもハイブリッド特有の不快な回生フィーリングはない。ただ個人的には、ガソリン車で気になった、やや落ち着きのない動きや微振動が車両重量増の恩恵でもっと収まってくれるかと思ったのだが、意外にそうでもなかった。

ハイブリッド化による室内の使い勝手の制約はない
だが、アイドリングストップ機能は見事だ。完全停止からでなく、メーター読みで約8km/hで停止モードに入り、しかも再始動も素早く、また止まるか止まらないかの中途半端な状態で再びアクセルを踏み込んでもギクシャクすることなく、その完成度は高い。

また、エンジンとモーターはガソリン車と同じエンジンルームに、燃料タンクは2列目シートの下あたりに、そして駆動用バッテリーは3列目シートの下あたりに設置するという、ホンダのHVシステム「IMA」が非常にコンパクトだからできたレイアウトも見事だ。おかげで、ユーティリティ面もHV化によってスポイルされていないのが素晴らしい。

ミニバンに求められる装備や3列目の居住スペースやラゲッジスペースも、ガソリン車とほぼ同じという、優れたパッケージングが具現化されている。また、フリードスパイクHVもラゲッジルームの床面が35mmほど上がったものの、自転車もちゃんと積むことができる点には感心した。

ちなみにマイチェン前のフリードは、3列目シートが3人掛けだったが、じつはこのクラスのミニバンへのいちばん大きなニーズが、ベンチシートとウオークスルーということが判明した。ならば、ひとりの占有スペースを拡大したほうが喜ばれるに違いない、というわけで3列目シートは全グレードで2人掛けに変更された。

2列目がキャプテンシートの6人乗り、ベンチシートの7人乗りのどちらを選んでも3列目はゆったりと寛げるようになり、使い勝手が向上しているのも見逃せないポイントだ。フリードとフリードスパイク、HVが加わって、またもや大ヒットは間違いなさそうだ。

■フリード ハイブリッド ジャストセレクション<フリードスパイク ハイブリッド ジャストセレクション> 主要諸元
●全長×全幅×全高:4215×1695×1715mm<4210×1695×1715>
●ホイールベース:2740mm
●車両重量:1390kg<1410>
●エンジン:直4 SOHC+モーター
●総排気量:1496cc
●最高出力:65kW(88ps)/5400rpm
●最大トルク:132Nm(13.5kgm)/4200rpm
●モーター最高出力:10kW(14ps)/1500rpm
●モーター最大トルク:78Nm(8.0kgm)/1000rpm
●システム最高出力:73kW(99ps)/5400rpm
●システム最大トルク:159Nm(16.6kgm)/1000-1500rpm
●トランスミッション:CVT
●駆動方式:横置きFF
●燃料・タンク容量:レギュラー・42L
●JC08モード燃費:21.6km/L
●タイヤサイズ:185/70R14
●当時の車両価格(税込):229万5000円<スパイクも同価格>

[ アルバム : フリード ハイブリッド はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

ハイパーカーのホモロゲーションサイクルが2029年まで延長。水素クラス導入は2028年へ4度目の延期
ハイパーカーのホモロゲーションサイクルが2029年まで延長。水素クラス導入は2028年へ4度目の延期
AUTOSPORT web
アストンマーティン、2025年WECハイパーカー参戦を確認。2台のヴァルキリーAMR-LMHが登場へ
アストンマーティン、2025年WECハイパーカー参戦を確認。2台のヴァルキリーAMR-LMHが登場へ
AUTOSPORT web
築110年の駅舎には2つのミュージアム! バーストーの街はクルマ好きも鉄道好きも立ち寄る価値ありです【ルート66旅_56】
築110年の駅舎には2つのミュージアム! バーストーの街はクルマ好きも鉄道好きも立ち寄る価値ありです【ルート66旅_56】
Auto Messe Web
[セレナミニ]爆誕!? シエンタにフリードバカ売れなのに日産なぜ出さない!?
[セレナミニ]爆誕!? シエンタにフリードバカ売れなのに日産なぜ出さない!?
ベストカーWeb
2024年のル・マン24時間がスタート! フェラーリがすかさずワンツー奪取……トヨタ8号車6番手
2024年のル・マン24時間がスタート! フェラーリがすかさずワンツー奪取……トヨタ8号車6番手
motorsport.com 日本版
いよいよステーションワゴン登場! BMW i5 ツーリングへ試乗 万能道具感は先代を超えず?
いよいよステーションワゴン登場! BMW i5 ツーリングへ試乗 万能道具感は先代を超えず?
AUTOCAR JAPAN
富士6時間レースは9月に開催。WEC、ル・マンで全8戦の2025年レースカレンダーを発表
富士6時間レースは9月に開催。WEC、ル・マンで全8戦の2025年レースカレンダーを発表
AUTOSPORT web
ランボルギーニ史上初、ル・マン24時間レースのハイパーカークラスに参戦! SC63の2台体制で歴史的なデビューを飾ります
ランボルギーニ史上初、ル・マン24時間レースのハイパーカークラスに参戦! SC63の2台体制で歴史的なデビューを飾ります
Auto Messe Web
登録者数400万人超YouTuber、新車で買った「高級車」公開! ガラスルーフ×白内装の“近未来モデル”に「カッコイイ!」の声集まる
登録者数400万人超YouTuber、新車で買った「高級車」公開! ガラスルーフ×白内装の“近未来モデル”に「カッコイイ!」の声集まる
くるまのニュース
「高級小型スポーツ」がパワーアップ! 直6ターボで480馬力 新型BMW M2クーペ、8月生産開始
「高級小型スポーツ」がパワーアップ! 直6ターボで480馬力 新型BMW M2クーペ、8月生産開始
AUTOCAR JAPAN
過去3戦は好調でもメルセデスF1代表は慎重な姿勢を崩さず「この前向きな軌道を継続できるよう願う」
過去3戦は好調でもメルセデスF1代表は慎重な姿勢を崩さず「この前向きな軌道を継続できるよう願う」
AUTOSPORT web
ポルシェ「918スパイダー」の開発者がベントレー新CEOに! 会長兼CEOに就任した「Dr.フランク=シュテフェン・ヴァリザー氏」とはいったいどんな人物?
ポルシェ「918スパイダー」の開発者がベントレー新CEOに! 会長兼CEOに就任した「Dr.フランク=シュテフェン・ヴァリザー氏」とはいったいどんな人物?
Auto Messe Web
【F1チーム代表の現場事情:マクラーレン】新人ボス、ステラの2年目の進化。ドライバーからの批判も真摯に受け止め
【F1チーム代表の現場事情:マクラーレン】新人ボス、ステラの2年目の進化。ドライバーからの批判も真摯に受け止め
AUTOSPORT web
【FFと4WDの比率は8:2】 好調な台数推移の都会派SUV ホンダ新型ヴェゼル試乗
【FFと4WDの比率は8:2】 好調な台数推移の都会派SUV ホンダ新型ヴェゼル試乗
AUTOCAR JAPAN
2024年ル・マン24時間はスタート前から波乱。ウォームアップ走行でトヨタ7号車のデ・フリーズがGT3車両と接触
2024年ル・マン24時間はスタート前から波乱。ウォームアップ走行でトヨタ7号車のデ・フリーズがGT3車両と接触
motorsport.com 日本版
イングラムは降格裁定でBMWのヒル連勝。フォードの王者サットンも待望の今季初勝利/BTCC第4戦
イングラムは降格裁定でBMWのヒル連勝。フォードの王者サットンも待望の今季初勝利/BTCC第4戦
AUTOSPORT web
レクサスが「斬新リアゲート」採用の「高級SUV」初公開! ガバっと開く「観音開き」は中身がスゴイ! 米の新型「モノグラムGX」の正体とは
レクサスが「斬新リアゲート」採用の「高級SUV」初公開! ガバっと開く「観音開き」は中身がスゴイ! 米の新型「モノグラムGX」の正体とは
くるまのニュース
コクピットをスパルタンに演出…HKSから86/GR 86/BRZ/GRヤリスなどに適合の「カーボン・シフトノブ」発売
コクピットをスパルタンに演出…HKSから86/GR 86/BRZ/GRヤリスなどに適合の「カーボン・シフトノブ」発売
レスポンス

みんなのコメント

15件
  • IMAハイブリッドよかったね。アクセル操作と走りがちゃんとつながってCVTとは思えないほど運転楽しかった。価格も走りも燃費も最高のバランスでしたよ。ヒルスタートちょっと弱かったけどね。CR-ZにもIMA搭載モデルありこれまた面白い車でした。それが今じゃニセモノ変速e:HEVを売るようになるとは……ホントなにやってんだか。
  • ガソリンも結構いいよ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

233.1302.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.8329.7万円

中古車を検索
フリードの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

233.1302.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.8329.7万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村