現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > トヨタ専用ニュルブルクリンクコース【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】

ここから本文です

トヨタ専用ニュルブルクリンクコース【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】

掲載
トヨタ専用ニュルブルクリンクコース【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】

車の最新技術 [2024.04.12 UP]


トヨタ専用ニュルブルクリンクコース【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
文⚫︎池田直渡 写真●トヨタ、池田直渡

新型「GRヤリス」にスポーティさをさらにプラス!専用GRパーツ公開!

 3月25日、トヨタは豊田市と岡崎市にまたがる山間部に、かねてより建設を進めていた「Toyota Technical Center Shimoyama」の全面運用を開始した。

 取材に行った筆者が圧倒されたのは車両開発棟と来客棟を備えた西エリアの建物。その規模感は羽田空港並み。建物の反対側の端まで歩いて行かれる気がしないサイズ。そして、これは下山のごく一部でしかない。


来客棟の内観。サプライヤーなどトヨタ社外の人員も施設を訪れ、協力して車両を開発していく
 全体図を見て貰えばわかる通り、この他に中央エリアと東エリアが一体となってテクニカルセンターを構成している。ポイントは中央エリアの「カントリー路」というのどかな名称で呼ばれるコース。実はこのコース、ニュルブルクリンクの北コースの特徴を織り込んで設計されている。


Toyota Technical Center Shimoyama 全体図
 高度経済成長時代、自動車メーカーのテストコースとは、「安全に」性能を測定するものであり、公道走行に必要な性能を有しているかを試すためのもの。企業の施設なのでそこで無茶をして人命に関わるような事故が起きれば警察の介入を招くことになる。それはややこしいことになるので、そこまでの厳しいテストは想定していなかった。

 しかしながら、クルマの性能が上がり、アウトバーンなどを含めたより厳しい条件での性能が求められるようになったため、自前のテストコースでは不足が生じ、世界中のメーカーはより厳しい条件を求めてニュル詣を開始した。もちろんトヨタも例外ではない。特に先代のクラウンなどはニュルで鍛えたことが大きなセールスポイントになっていた。

 しかしながら極めて単純な話、ニュルは遠い。そして多くのメーカーが利用するだけでなく、一般客も走行できるというその特徴上、好き勝手に使えない。多くの利用者と協調して、テストを行わなければならないわけだ。

 トヨタはそうした高負荷のテストのために、北海道は旭川から北上した豪雪地帯に、後にセルシオの開発で有名になった士別テストコースを作った。もちろん積雪や氷のテストができる意味は大いにある。そうした用途には最適なエリアなのだが、山岳路を使う高負荷テストには積雪は邪魔になる。そうしたテストが冬季には難しい。

 当時はそこまでの厳しいテストが必要な車種は限られるということだったと思われるが、もっといいクルマを掲げた昨今のトヨタにとって、より厳しい負荷が求められるテストの頻度が高くなり、その結果より使い勝手の良い、つまり豊田市のトヨタ本社からそう遠くないところに新たなクルマの修練場が欲しくなった。

 下山の開発計画は古くは30年前にスタートしているという。そこに自社の都合でいつでも好きなだけ使える「My ニュルを作ってしまえ」というコンセプトが持ち込まれた。そうなるとそこは当然車両開発拠点になる。具体的に言えば、テストコースでクルマが壊れるまでシゴキ、そのまま隣接するガレージで直す。さらにその隣には設計部隊がいるので、どう壊れたか、どう対策するかをすぐ設計に反映する。「走る・壊す・直す」のルーティンが高速で回せることに大きな意味があるのだ。

 さらっと書くとわかりにくいが、ポイントは「壊す」のところにある。「想定した負荷をかけて壊れなかった」ことを検証するのではなく、「壊れるまで徹底的に負荷をかける」のだ。そして壊れるまでの負荷をかけるには、より高速で負荷の高い難しいコースが必要になる。

 実は下山は、これまでも段階的に開業してきたので、筆者も2回ほど件の「カントリー路」を走ったことがあるが、他のテストコースと違い、助手席に必ずトヨタの匠スタッフが同乗して「ここはスピードを落としてくれ」と強く要請される。実はこのコース、トヨタのテストドライバーでも全員走れるわけではなく、走行するための資格が必要なほど厳しいと聞く。速度を上げると、ラインが1本しかないからだ。それを知らずに踏むと、ガードレールへまっしぐらというまさにニュル並みのハイリスク仕立てである。そういうコースがあるからこそ「走る・壊す・直す」がただのお題目ではなくなるのだ。


車両の設計とテストを同じ施設で行うことで、より早く高度な開発が行える環境となった
 「Toyota Technical Center Shimoyama」の総工費は3000億円、GRとレクサスを中心に常駐スタッフ3000名の大規模施設である。ほぼ町がひとつできたようなもので、まあすごいものを作ったものだ。

 オープン式典に展示されたクルマはGRヤリスだが、どうみても事故を起こしたクルマである。これはマスタードライバーのモリゾウ氏がテスト中に横転して壊したクルマ。コースはカントリーコースではないが、エンジンオフにした際に駆動力切り替えモードがデフォルト値に戻ってしまい。モリゾウ氏が想定していたモードに入っていなかったため挙動が大きく違った結果コース外に乗り上げて横転した。これにより、エンジンをオフにしても前回の走行モードを維持するカイゼンが行われた。そしてこのクルマを「走る・壊す・直す」の象徴として保存することにしたのである。


オープニング式典では開発中に事故を起こしたGRヤリスが展示された。これは非常に異例なことだ
 さて、トヨタはこれだけの設備を手に入れて、これからどういうクルマを生み出していくのだろうか。否応にも期待が高まるところである。

こんな記事も読まれています

【全ドライバー独自採点&ベスト5/F1第7戦】初挑戦の難コースで輝いたピアストリ。1周の速さでメルセデスと競える角田
【全ドライバー独自採点&ベスト5/F1第7戦】初挑戦の難コースで輝いたピアストリ。1周の速さでメルセデスと競える角田
AUTOSPORT web
2000年以上の悲願!?「世界最長のつり橋」ようやく着工へ 課題ありまくりでも実現にこぎつけた“大人の事情”
2000年以上の悲願!?「世界最長のつり橋」ようやく着工へ 課題ありまくりでも実現にこぎつけた“大人の事情”
乗りものニュース
車のエアコン「キンキン」に冷やしたい! “ガス”入れ替え・補充は「効果なし」!? 効きの悪い冷房を復活させる方法とは
車のエアコン「キンキン」に冷やしたい! “ガス”入れ替え・補充は「効果なし」!? 効きの悪い冷房を復活させる方法とは
くるまのニュース
「点火プラグ」のチェック、したことありますか?
「点火プラグ」のチェック、したことありますか?
バイクのニュース
マツダの技術と「志」を信じて待ってます!! 「アイコニックSP」に寄せる期待と願い
マツダの技術と「志」を信じて待ってます!! 「アイコニックSP」に寄せる期待と願い
ベストカーWeb
懐かしの純喫茶風ソファを採用したクルマとは? バブルの香りが漂うインテリアにいま注目が集まっています!【カタログは語る】
懐かしの純喫茶風ソファを採用したクルマとは? バブルの香りが漂うインテリアにいま注目が集まっています!【カタログは語る】
Auto Messe Web
一部を除いて黒かグレー! シートベルトの地味な色は「あえて着色」して選ばれたものだった
一部を除いて黒かグレー! シートベルトの地味な色は「あえて着色」して選ばれたものだった
WEB CARTOP
7/22申込締切 スズキが考える次世代のモビリティサービス~コネクテッドから始まった成長戦略~
7/22申込締切 スズキが考える次世代のモビリティサービス~コネクテッドから始まった成長戦略~
レスポンス
【ヒョンデの新拠点が富山にオープン】 正規Dのモビリティ・ラウンジ富山 乗って試して実感を
【ヒョンデの新拠点が富山にオープン】 正規Dのモビリティ・ラウンジ富山 乗って試して実感を
AUTOCAR JAPAN
レッドブル重鎮マルコ博士、日本人ドライバーふたりを高く評価「ユウキは自身の評価を上げ、岩佐も良いレースをしている」 彼らの去就はどうなる?
レッドブル重鎮マルコ博士、日本人ドライバーふたりを高く評価「ユウキは自身の評価を上げ、岩佐も良いレースをしている」 彼らの去就はどうなる?
motorsport.com 日本版
原付一種なのに二種で登録!? 違法な手続き「書類チューン」とは
原付一種なのに二種で登録!? 違法な手続き「書類チューン」とは
バイクのニュース
トヨタ「小さなミニバン」に強敵登場! シエンタと双璧のホンダ「新型フリード」公開! どんな人が検討? 販売店への影響は?
トヨタ「小さなミニバン」に強敵登場! シエンタと双璧のホンダ「新型フリード」公開! どんな人が検討? 販売店への影響は?
くるまのニュース
なぜ平日限定? ジャパンモビリティショー2024 幕張メッセで10月開催へ チケット一般販売「検討中」
なぜ平日限定? ジャパンモビリティショー2024 幕張メッセで10月開催へ チケット一般販売「検討中」
AUTOCAR JAPAN
ルノーなど22社が参画、医療支援EV「U 1stヴィジョン」発表…仏 VIVATECH 2024
ルノーなど22社が参画、医療支援EV「U 1stヴィジョン」発表…仏 VIVATECH 2024
レスポンス
日産R32型「GT-R」の湾岸最速仕様だったクルマは現在、奥さんとのドライブ仕様に! 定年後はカリカリチューンに舞い戻る!?
日産R32型「GT-R」の湾岸最速仕様だったクルマは現在、奥さんとのドライブ仕様に! 定年後はカリカリチューンに舞い戻る!?
Auto Messe Web
〈人テク展2024横浜〉EV向けだけじゃない 個性豊かな技術も多数展示
〈人テク展2024横浜〉EV向けだけじゃない 個性豊かな技術も多数展示
日刊自動車新聞
「変わらなきゃ」自工会 片山新体制「個社の問題」も逃げずに議論[新聞ウォッチ]
「変わらなきゃ」自工会 片山新体制「個社の問題」も逃げずに議論[新聞ウォッチ]
レスポンス
空冷ポルシェ911のレストモッドを手がける米国のシンガーがコーンズとタッグを組んで日本に本格進出
空冷ポルシェ911のレストモッドを手がける米国のシンガーがコーンズとタッグを組んで日本に本格進出
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

349.0533.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

190.01680.0万円

中古車を検索
GRヤリスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

349.0533.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

190.01680.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村