現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ新型「シティ ハッチバック」発表に反響多数!?「懐かしい」「CM覚えてる」新時代のハッチバックモデルはどんな魅力があるのか

ここから本文です

ホンダ新型「シティ ハッチバック」発表に反響多数!?「懐かしい」「CM覚えてる」新時代のハッチバックモデルはどんな魅力があるのか

掲載 8
ホンダ新型「シティ ハッチバック」発表に反響多数!?「懐かしい」「CM覚えてる」新時代のハッチバックモデルはどんな魅力があるのか

■ハッチバックの「シティ」新型登場に反響

 2024年2月7日、ホンダのタイ法人は、マイナーチェンジを遂げた新型「シティ ハッチバック」を発表しました。

【画像】えっ…!? めちゃカッコいい!ホンダ新型「シティ ハッチバック」まずは画像で見てみる

 ホンダ「シティ」は往年のホンダファンにとって懐かしい名前です。1981年に登場し、コンパクトなハッチバックとして一世を風靡しましたが、1995年に2代目モデルで終了となりました。

 海外では「シティ」という車種は各地で展開されていますが、往年のクルマとは別物で、主としてコンパクトセダンにその名称は割り当てられています。

 いっぽうで、ハッチバックモデルの「シティハッチバック」が展開されている海外市場も存在。その一例がホンダのタイ法人で、今回、そのタイ版「シティハッチバック」の新型モデルが発表されたのです。

 ボディサイズは、全長4350mm×全幅1748mm×全高1488-1501mm、ホイールベース2589mmで、最低地上高は134-147mmとなっています。

 パワートレインは、最高出力122馬力・最大トルク173Nmを発揮する1リッター直列3気筒「VTEC」ターボエンジン、もしくは最高出力98馬力・最大トルク127Nmを発揮する1.5リッター直列4気筒「i-VTEC」エンジンに最高出力109馬力・最大トルク253Nmのモーターを組み合わせたハイブリッド「e:HEV」というラインナップです。

 組み合わせるトランスミッションは、ガソリンモデルがCVT、e:HEVモデルがE-CVTです。

 エクステリアでは、新たなデザインのフロント・リアバンパーやグリルを採用することで、よりスポーティな印象になっているとのこと。また、ホイールのデザインもより精悍な印象なデザインに進化しています。

 内装も様々な変化があり、なかでも後部座席は、ウルトラシート(ULTR)を採用。60:40の分割折り畳みが可能で、必要に応じてスペースを広げて多目的に使用できます。

 先進安全装備は、「Honda SENSING」を全車標準装備。アダプティブクルーズコントロールや先導車発進通知システムの機能が改められています。

 価格は、純ガソリンエンジン車が59万9000バーツ(約249万円)から、ハイブリッド車が72万9000バーツ(約303万円)からと発表されています。

 今回の発表をうけ、ネット上を中心に様々な反響が上がっています。まず新型そのものについては
「こういう車種を日本で売って欲しい」
「fitよりカッコ良い」
「正直シビックよりこっちの方が好み」
といったポジティブな感想が多く見られます。

 また、やはりハッチバックのシティに思い入れのあるファンも多く、コメントでは
「名前が残っているのは素直に嬉しいです」
「シティ懐かしいな」
「カブリオレに乗っていました。大人になってからあの子供のときにみたCMの車に乗りたい!と思って、どうせならオープンカーのほうにしようと中古を探し出したのですが、楽しい車でした」
「ホンダシティ、子供の頃みたCMをよく覚えてる。ビートルズ風の外国人数人がムカデゲームみたいに歩きながら『シティ!シティ!ホンダホンダホンダホンダ』ってやつ。
覚えてる人いるかな?」

 といった、ノスタルジーあふれる声も上がっていました。

 ホンダ・オートモービル・タイランド社の取締役会長兼最高経営責任者(CEO)の川坂秀夫氏はこの新型ハッチバックにコメントを寄せており、「シティはホンダの最も人気のある車種で、街乗りで5ドアのハッチバックモデルが欲しい人たちにとっては、まさにうってつけのクルマです」と話しました。

こんな記事も読まれています

トヨタ「斬新アルファード」公開へ! めちゃ画期的な「後ろ向きスギシート」装着!? 「オシャレウッド」の“新技術”をトヨタ車体が披露
トヨタ「斬新アルファード」公開へ! めちゃ画期的な「後ろ向きスギシート」装着!? 「オシャレウッド」の“新技術”をトヨタ車体が披露
くるまのニュース
これが最先端スポーツだった!! 今乗ると遅いけどめっちゃ楽しい[セリカXX] ソアラとの違いは?
これが最先端スポーツだった!! 今乗ると遅いけどめっちゃ楽しい[セリカXX] ソアラとの違いは?
ベストカーWeb
アウディ A3 改良新型、1.0リットルエンジン搭載の入門グレード登場
アウディ A3 改良新型、1.0リットルエンジン搭載の入門グレード登場
レスポンス
フェルスタッペン、エミリア・ロマーニャGP初日は「大幅にペースが足りない」2日目に向け改善必須の状況
フェルスタッペン、エミリア・ロマーニャGP初日は「大幅にペースが足りない」2日目に向け改善必須の状況
motorsport.com 日本版
「ガソリン代が安くて最高!」 日本一「燃費のいいクルマ」ってどれ? “財布に優しい”国産車トップ3とは
「ガソリン代が安くて最高!」 日本一「燃費のいいクルマ」ってどれ? “財布に優しい”国産車トップ3とは
くるまのニュース
カブト、“星雲”のように煌めきを纏うスペシャルカラー『F-17 NEBURA』を5月下旬に発売
カブト、“星雲”のように煌めきを纏うスペシャルカラー『F-17 NEBURA』を5月下旬に発売
AUTOSPORT web
燃費もよくて大トルクならレースで有利……じゃないの? ディーゼルエンジンのレーシングカーが「ほぼ存在しない」ワケ
燃費もよくて大トルクならレースで有利……じゃないの? ディーゼルエンジンのレーシングカーが「ほぼ存在しない」ワケ
WEB CARTOP
ベッテルがセナ&ラッツェンバーガー追悼イベントを主催。ドライバーたちがイエローのTシャツでイモラを1周
ベッテルがセナ&ラッツェンバーガー追悼イベントを主催。ドライバーたちがイエローのTシャツでイモラを1周
AUTOSPORT web
カーボンニュートラル燃料でスーパー耐久に挑む! 「共挑」をテーマに戦うMAZDA SPIRIT RACINGの第1戦 SUGOスーパー耐久4時間レース【動画】
カーボンニュートラル燃料でスーパー耐久に挑む! 「共挑」をテーマに戦うMAZDA SPIRIT RACINGの第1戦 SUGOスーパー耐久4時間レース【動画】
WEB CARTOP
衝撃的な「和製スーパーカー」の登場! “国産最高額”を記録したホンダ「NSX」が凄い!「後継モデル」は作られるのか?
衝撃的な「和製スーパーカー」の登場! “国産最高額”を記録したホンダ「NSX」が凄い!「後継モデル」は作られるのか?
くるまのニュース
インディ500プラクティス4日目“ファストフライデー”、最速はハータ。予選想定はニューガーデンがトップ
インディ500プラクティス4日目“ファストフライデー”、最速はハータ。予選想定はニューガーデンがトップ
motorsport.com 日本版
終盤にまたしても雨。佐藤琢磨23番手【第108回インディ500】プラクティス走行3日目総合結果
終盤にまたしても雨。佐藤琢磨23番手【第108回インディ500】プラクティス走行3日目総合結果
AUTOSPORT web
埼玉の山中に「仮設道路」出現! 山梨目指す「西関東連絡道路」のトンネル工事で建設 開通まで使用
埼玉の山中に「仮設道路」出現! 山梨目指す「西関東連絡道路」のトンネル工事で建設 開通まで使用
乗りものニュース
3度目のインディ500制覇狙う佐藤琢磨、古巣レイホールのマシンは“興味深い”感覚「有望な兆候がある」
3度目のインディ500制覇狙う佐藤琢磨、古巣レイホールのマシンは“興味深い”感覚「有望な兆候がある」
motorsport.com 日本版
1000馬力“4.1L V6”搭載!? 新「GT-R“R36”」まもなく公開!? 「歴代デザイン」採用で製作始まる! 日産「和製スーパーカー」の正体とは
1000馬力“4.1L V6”搭載!? 新「GT-R“R36”」まもなく公開!? 「歴代デザイン」採用で製作始まる! 日産「和製スーパーカー」の正体とは
くるまのニュース
【MotoE第2戦フランス大会】2年目のドゥカティ「V21L」でレコード、最高速も更新。レースはN.スピネッリ選手が2勝
【MotoE第2戦フランス大会】2年目のドゥカティ「V21L」でレコード、最高速も更新。レースはN.スピネッリ選手が2勝
バイクのニュース
ホントに“グーグルマップ”よりも使いやすい!? トヨタが本気で開発した無料の「カーナビアプリ」 使い勝手はどう?
ホントに“グーグルマップ”よりも使いやすい!? トヨタが本気で開発した無料の「カーナビアプリ」 使い勝手はどう?
VAGUE
BMWの車体にベルベット生地、ナオミ・キャンベル仕様の電動SUV『XM』発表
BMWの車体にベルベット生地、ナオミ・キャンベル仕様の電動SUV『XM』発表
レスポンス

みんなのコメント

8件
  • hai********
    また外国のクルマか
    いい加減タイトルで国が分かるようにしてほしい。
    全く改善する気なし。
  • shi********
    懐かしい、CM覚えてるとか誰が言ってるんだ?
    虚言癖でもあるんだろうか・・・・
    一昔前のシビックだ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

82.7112.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

75.9398.0万円

中古車を検索
シティの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

82.7112.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

75.9398.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村