現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > もはや懐かしい「昭和感」! 絶滅したクルマの装備「三角窓」ってナニ? 復活して欲しい「めちゃ便利」な機能とは

ここから本文です

もはや懐かしい「昭和感」! 絶滅したクルマの装備「三角窓」ってナニ? 復活して欲しい「めちゃ便利」な機能とは

掲載 19
もはや懐かしい「昭和感」! 絶滅したクルマの装備「三角窓」ってナニ? 復活して欲しい「めちゃ便利」な機能とは

■便利だった「三角窓」なぜ消滅した

 1970年代以前など一昔前に製造されたクルマには、「三角窓」というパーツがサイドウインドウの前に装備されていました。
 
 現在新車で販売されているモデルには存在しない装備のため「見たことがない」という人も多いこの三角窓ですが、一体どのような機能だったのでしょうか。

【画像】もはや懐かしい! 昭和に存在した「三角窓」を画像で見る(28枚)

 三角窓とはその名の通り、Aピラーとサイドウインドウの間に取り付けられている「三角形の窓」ですが、近年のクルマに見られる「はめ殺しタイプの窓」とは構造が異なり、中心を軸に半回転する仕組みとなっていました。

 そして三角窓を前方が外向きになるように開けると、窓に当たった風がドライバーに向かって吹き込むため、サイドウインドウを開けるよりも効果的に車内に風を取り込むことが可能でした。

 つまり三角窓とは車内の「換気」や「冷却」を行うためのもの。

 名車とされる日本車「スバル360」や、「ハコスカ」の愛称で知られる3代目「スカイライン」など数多くのクルマにも開閉式の三角窓が装備されていましたが、これは当時のクルマの多くには「エアコン」は装着されておらず、また換気機能も十分でなかったため、この三角窓を利用して「換気」や「冷却」を行っていたのです。

 このように使い勝手が良く、かつエネルギーも使用せず車内を快適にできる機能として、かつては「定番装備」のひとつだった三角窓ですが、1960年代に入りクルマの送風・換気機能が進化。1967年発売の「トヨペット クラウン」(2代目)には、国産車として初めてカーエアコンが搭載されます。

 とは言え、当時のエアコンはまだまだ高級車用のオプションという扱いでしたが、1970年代に入るとより一般的な装備として普及し、それに反比例するように三角窓を備えたクルマが減少。

 それでも1982年発売の初代「パジェロ」など、需要が減ってからも三角窓を装備するクルマは存在したものの、1990年代にもなると開閉機能を持った三角窓はほとんど見られなくなりました。

 その要因としては「気温上昇によって三角窓では暑さがしのげなくなった」や「外気と共に排気ガスも取り込むことに対する抵抗感」、また「安全のためにできるだけ車内外の突起をなくす」というメーカーの考え方の変化も、三角窓が減った一因かもしれません。

 余談ですが、人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」のとあるエピソードでは、旧車を知るキャラクターが新車を購入しようとした際に、「三角窓が固くて開かない」と困惑したシーンがあります。

 かつての三角窓に慣れ親しんだ世代はこの言葉に共感してしまうのではないでしょうか。

※ ※ ※

 このように現行モデルでは見ることがなくなった開閉式の三角窓ですが、その使い勝手の良さを知るドライバーからは、「復活させてほしい」という声も時々聞かれます。

 もしも特別仕様車や限定車などの専用装備として三角窓が用意すれば、旧車ファンから注目を集めるかもしれませんね。

こんな記事も読まれています

ドラレコ付き新仕様も登場! カワサキ「エリミネーター/プラザエディション/SE」は3/23発売
ドラレコ付き新仕様も登場! カワサキ「エリミネーター/プラザエディション/SE」は3/23発売
WEBヤングマシン
まさかの爆速ワゴン!? 日産「R35GT-Rワゴン」実車登場! 3.8L エンジン搭載の本格仕様、幻の1台とは
まさかの爆速ワゴン!? 日産「R35GT-Rワゴン」実車登場! 3.8L エンジン搭載の本格仕様、幻の1台とは
くるまのニュース
ジョイボンド、鉄粉除去の定番『トラップネンド』&鈑金用スムージング専用『Z-1パテ』を出展予定…IAAE 2024
ジョイボンド、鉄粉除去の定番『トラップネンド』&鈑金用スムージング専用『Z-1パテ』を出展予定…IAAE 2024
レスポンス
自動車メーカーとして初! DSオートモビル、「ChatGPT」を標準装備
自動車メーカーとして初! DSオートモビル、「ChatGPT」を標準装備
LE VOLANT CARSMEET WEB
ホンダが新型「グロム」を3/14発売! よりスポーティなデザインにアップデート
ホンダが新型「グロム」を3/14発売! よりスポーティなデザインにアップデート
WEBヤングマシン
トヨタ「プロボックス」が“車高アゲ”オフロード仕様に激変!? 丸目がめちゃオシャな「サーフスタイル」お披露目!
トヨタ「プロボックス」が“車高アゲ”オフロード仕様に激変!? 丸目がめちゃオシャな「サーフスタイル」お披露目!
くるまのニュース
車載・スマホアプリのカーナビで「オフライン機能」が重要な理由
車載・スマホアプリのカーナビで「オフライン機能」が重要な理由
Merkmal
群馬の“大環状線”?「西毛広域幹線道路」3月延伸 烏川の新たな橋できた!
群馬の“大環状線”?「西毛広域幹線道路」3月延伸 烏川の新たな橋できた!
乗りものニュース
DMM.com、マクドナルドの一部店舗にEV向け充電サービスを導入
DMM.com、マクドナルドの一部店舗にEV向け充電サービスを導入
日刊自動車新聞
絶対「やったらダメ」! 一発で「免許取消」になる違反は何がある? 「重大で悪質な犯罪」に該当する違反とは
絶対「やったらダメ」! 一発で「免許取消」になる違反は何がある? 「重大で悪質な犯罪」に該当する違反とは
くるまのニュース
ヘルメットが重くて首が凝る!? バイクのヘルメットの重さに基準はあるのか?
ヘルメットが重くて首が凝る!? バイクのヘルメットの重さに基準はあるのか?
バイクのニュース
リカルドのような人材がチームにいるのは「スピードや開発の点で素晴らしいこと」と代表。角田にも感銘を受ける
リカルドのような人材がチームにいるのは「スピードや開発の点で素晴らしいこと」と代表。角田にも感銘を受ける
AUTOSPORT web
新型スイフトにあふれる「スズキらしさ」 いいクルマにするためにやったこととやらなかったこと
新型スイフトにあふれる「スズキらしさ」 いいクルマにするためにやったこととやらなかったこと
ベストカーWeb
なぜ日産「ティーダ」は「上質なコンパクト」を実現できた? 細部まで配慮の行き届いた室内デザインには理由がありました【カタログは語る】
なぜ日産「ティーダ」は「上質なコンパクト」を実現できた? 細部まで配慮の行き届いた室内デザインには理由がありました【カタログは語る】
Auto Messe Web
レッドブル重鎮のマルコ、ホーナー代表のスキャンダル調査でチームを擁護「調査が長引くのは彼らの責任ではない」
レッドブル重鎮のマルコ、ホーナー代表のスキャンダル調査でチームを擁護「調査が長引くのは彼らの責任ではない」
motorsport.com 日本版
トヨタ ヤリス 改良新型、日本にない「ハイブリッド130」設定…欧州仕様
トヨタ ヤリス 改良新型、日本にない「ハイブリッド130」設定…欧州仕様
レスポンス
自動車安全テストが激減? メーカー「滑り込み」で高評価獲得 欧州、新要件導入前に
自動車安全テストが激減? メーカー「滑り込み」で高評価獲得 欧州、新要件導入前に
AUTOCAR JAPAN
【インディアン】国内導入限定25台の特別仕様車「FTR×RSD Super Hooligan」を今春発売!
【インディアン】国内導入限定25台の特別仕様車「FTR×RSD Super Hooligan」を今春発売!
バイクブロス

みんなのコメント

19件
  • poc********
    三角窓 って言えば、亡くなった三本 和彦さん(新車情報)を思い出すな。
    いつも、メーカーに噛み付いていたね。
  • hid********
    復活してほしいなぁ。エアコンつけるまででもないちょっと暑い日なんか最高に気持ちいいんだよね。ただ一緒に虫も入ってきちゃったりするけど
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

509.9575.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.3733.0万円

中古車を検索
クラウンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

509.9575.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.3733.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村