現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダが新型「高級ミニバン」発売へ! 豪華&快適すぎる2列目シートがスゴい!「オデッセイ」2年ぶりに復活!

ここから本文です

ホンダが新型「高級ミニバン」発売へ! 豪華&快適すぎる2列目シートがスゴい!「オデッセイ」2年ぶりに復活!

掲載 34
ホンダが新型「高級ミニバン」発売へ! 豪華&快適すぎる2列目シートがスゴい!「オデッセイ」2年ぶりに復活!

■ファン待望の「オデッセイ」再販へ!

 ホンダは、2021年末に一度生産を終了した高級ミニバン「オデッセイ」を復活させ、2023年冬に国内再導入します。
 
 生産工場であるホンダ埼玉製作所 狭山工場の閉鎖によって終了を余儀なくされたオデッセイでしたが、多くの惜しむ声が寄せられたとホンダはいいます。
 
 そんなファンの声に応えるよう、2年ぶりに再導入されることになりました。

【画像】「えっ…!」高級感スゴすぎ! これが新しい「オデッセイ」です! 画像を見る(30枚)

 新たなオデッセイは従来モデル(5代目・2020年11月マイナーチェンジモデル)をベースとし、デザインや快適性、機能性を磨き上げ、より魅力的なモデルへと改良が施されています。

 なかでも2列目シートは、高級ミニバンならではの快適性を備えたものに進化しました。どのような仕様になったのでしょうか。

 5代目オデッセイの2列目シートのキャプテンシートはプレミアムな「プレミアムクレードルシート」を装備。背もたれを倒すと座面が上昇し、姿勢をホールドすることに加え、ロングスライド機構や背もたれの中折れ機構、オットマンを装備するシートが搭載されていました。

 従来モデルではリクライニングは手動操作で、シートにドリンクホルダーが組み込まれていたのですが、新型モデルでは「2列目両側アームレスト付き4ウェイパワーシート」へと進化。

 リクライニングは電動となったうえで、オットマンの操作もボタンひとつでおこなえるようになります。

 さらに、左右キャプテンシートの間にドリンクホルダー付きの折りたたみ式センターテーブルが設置されたほか、各シートにはしっかりとしたアームレストも完備。パーソナル感をより高めたシートへと変更され、まるで飛行機のファーストクラスのような居心地の良さを実現しました。

 加えて、背もたれと座面にシートヒーターを内蔵。寒い季節でも快適に乗車することが可能です。

 新型オデッセイのグレードは、エントリーの「e:HEVアブソルート」、中間グレードの「e:HEVアブソルート EX」、最上級の「e:HEVアブソルート EX ブラックエディション」の3タイプが用意されますが、全モデルにシートヒーター付きの電動シートが備わります(運転席・助手席もシートヒーター付き)。

 なお、e:HEVアブソルートは撥水・撥油素材を用いたコンビシート、e:HEVアブソルート EX/ブラックエディションは本革シートを設定し、よりいっそうプレミアム感を高めました。

 また、2列目専用の急速充電付きUSBチャージャーも2個装備されるなど、快適性の向上が図られているようです。

※ ※ ※

 ほかにも、新型オデッセイではフロントグリルのデザインが刷新されたほか、ホンダ センシングには新たに近距離衝突軽減ブレーキ、オートハイビーム、急アクセル抑制機能(オプション)を追加され、安全性能が向上しています。

 また、ディーラーオプションとして用意されるナビゲーションシステムには、コネクテッドサービス「ホンダ トータルケア プレミアム」に対応するなど、機能装備の充実も図られました。

 なお、新型オデッセイは中国の現地法人である広汽本田汽車が生産し、国内に輸入されることになります。

こんな記事も読まれています

2024年スーパーGTのシリーズエントリーリストが発表。GT500、GT300計42台が参戦へ
2024年スーパーGTのシリーズエントリーリストが発表。GT500、GT300計42台が参戦へ
AUTOSPORT web
ルーキーらに雨の洗礼。赤旗3回のセッション1は、終盤タイムアップした牧野任祐が最速/鈴鹿公式合同テスト
ルーキーらに雨の洗礼。赤旗3回のセッション1は、終盤タイムアップした牧野任祐が最速/鈴鹿公式合同テスト
AUTOSPORT web
ステランティスジャパン、DS3の特別仕様車「エスプリ・ド・ヴォヤージュ」発売
ステランティスジャパン、DS3の特別仕様車「エスプリ・ド・ヴォヤージュ」発売
日刊自動車新聞
BSサミット、自動車メーカー連携「DMS」の実現を目指す組織活動をアピール…IAAE 2024予定
BSサミット、自動車メーカー連携「DMS」の実現を目指す組織活動をアピール…IAAE 2024予定
レスポンス
スズキ斬新「軽トラック 1人乗り仕様」実車展示! ハヤブサ“1300cc”エンジン搭載の「キャリイ」が凄い!? どんなクルマ?
スズキ斬新「軽トラック 1人乗り仕様」実車展示! ハヤブサ“1300cc”エンジン搭載の「キャリイ」が凄い!? どんなクルマ?
くるまのニュース
フェルスタッペンは金じゃ靡かない! レッドブルのマルコ「レッドブルに希望が見えないなら他を見るだろうがね」
フェルスタッペンは金じゃ靡かない! レッドブルのマルコ「レッドブルに希望が見えないなら他を見るだろうがね」
motorsport.com 日本版
MR-2復活にBEVの新型GT-R登場!? 2026年以降の登場がウワサされる注目モデル6選
MR-2復活にBEVの新型GT-R登場!? 2026年以降の登場がウワサされる注目モデル6選
ベストカーWeb
ベントレー ベンテイガの限定車「アズール ニンバス コレクション」発売を記念したポップアップ イベントを、六本木ヒルズで開催
ベントレー ベンテイガの限定車「アズール ニンバス コレクション」発売を記念したポップアップ イベントを、六本木ヒルズで開催
Webモーターマガジン
メーカーの垣根を超えて、環境性能を備えたモータースポーツへの挑戦が意義深い
メーカーの垣根を超えて、環境性能を備えたモータースポーツへの挑戦が意義深い
バイクのニュース
2024年F1プレシーズンテストが21日にスタート。各チームのドライバー走行スケジュール
2024年F1プレシーズンテストが21日にスタート。各チームのドライバー走行スケジュール
AUTOSPORT web
フェラーリファンのアオシス フェラーリ正規ディーラー「Nicole Competizione プレオウンド ショールーム & サービスセンター」オープン
フェラーリファンのアオシス フェラーリ正規ディーラー「Nicole Competizione プレオウンド ショールーム & サービスセンター」オープン
AutoBild Japan
トヨタは9kgの重量増と出力微減。WEC開幕戦カタールのハイパーカーBoPが決定
トヨタは9kgの重量増と出力微減。WEC開幕戦カタールのハイパーカーBoPが決定
AUTOSPORT web
「西知多‐名豊」の東西軸どうする? ルート案は3つ! 動き出した「名古屋三河道路」計画
「西知多‐名豊」の東西軸どうする? ルート案は3つ! 動き出した「名古屋三河道路」計画
乗りものニュース
超“丸目レトロ”の新「“スポーティ”ハッチバック」初公開! “近年の車”とは思えない「クラシックデザイン」がカッコイイ! お値段は170万円の「クラシック ポロ」にカスタムモデル登場
超“丸目レトロ”の新「“スポーティ”ハッチバック」初公開! “近年の車”とは思えない「クラシックデザイン」がカッコイイ! お値段は170万円の「クラシック ポロ」にカスタムモデル登場
くるまのニュース
Uber Eats自律走行ロボットデリバリーサービス開始 三菱電機、Cartkenと業務提携
Uber Eats自律走行ロボットデリバリーサービス開始 三菱電機、Cartkenと業務提携
バイクのニュース
今や2000万円台!! でもR34が第二世代GT-Rで最も売れなかったってマジか!? 現役時代の不遇から復活劇がスゴい
今や2000万円台!! でもR34が第二世代GT-Rで最も売れなかったってマジか!? 現役時代の不遇から復活劇がスゴい
ベストカーWeb
イゾ「グリフォGL」が約5000万円で落札!「コルベット」のエンジンを積んだジウジアーロとビッザリーニのWネームの希少車とは
イゾ「グリフォGL」が約5000万円で落札!「コルベット」のエンジンを積んだジウジアーロとビッザリーニのWネームの希少車とは
Auto Messe Web
トヨタ bZ4X【1分で読める国産車解説/2023年版】
トヨタ bZ4X【1分で読める国産車解説/2023年版】
Webモーターマガジン

みんなのコメント

34件
  • ********
    10年も前の設計で、中華製。
    それに2列目を豪華にしただけで500万以上の設定とか
    ホンダに高級車は向いて無いと思う。
  • xwj********
    いらねー
    こんな型落ち中国車買うくらいなら、もう少しお金出してアルヴェル買う。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.2565.0万円

中古車を検索
オデッセイの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.2565.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村