現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2024年に登場の第6世代「スバル フォレスター」は引き続きハイブリッドで登場

ここから本文です
2024年に登場の第6世代「スバル フォレスター」は引き続きハイブリッドで登場
写真を全て見る(3枚)

スバルは新型フォレスターの米国仕様を発表。スバルの新型フォレスターはハイブリッドで登場。2024年春に米国で発売され、その後欧州でも販売される予定だ。

「スバル フォレスター」は、米国で最も売れているSUVの1台である。スバルは今回、より頑丈な構造、より広い積載スペース、より多くのテクノロジーを備えた第6世代を発表した。この「フォレスター」は欧州市場にも何らかの形で投入される予定だ。

【新型ハイパーカー】8台だけのエクストリームでエクストリームな「Pagani Imola Roadster(パガーニ イモラ ロードスター)」登場!

エンジンはスバルの2.5リッターボクサーエンジン。最高出力183馬力、最大トルク241Nmを発揮する。標準装備はCVTトランスミッションと全輪駆動。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

フェルスタッペン、開幕戦でグランドスラム「これほど完璧な日はめったにない。マシンと一体になれた」レッドブルF1
フェルスタッペン、開幕戦でグランドスラム「これほど完璧な日はめったにない。マシンと一体になれた」レッドブルF1
AUTOSPORT web
国道254号に代わる「7km近道バイパス」ついに全通へ!「関越IC‐寄居」に新まっすぐルート誕生
国道254号に代わる「7km近道バイパス」ついに全通へ!「関越IC‐寄居」に新まっすぐルート誕生
乗りものニュース
1000万円超え! 20年以上前の三菱「ランエボ」が超高額落札!? 豪で新車価格の5倍になった「激レア個体」の正体とは
1000万円超え! 20年以上前の三菱「ランエボ」が超高額落札!? 豪で新車価格の5倍になった「激レア個体」の正体とは
くるまのニュース
【角田裕毅F1第1戦分析】入賞を逃した第一の原因はライバルの先行を許したピット戦略か。チームオーダーで状況が悪化
【角田裕毅F1第1戦分析】入賞を逃した第一の原因はライバルの先行を許したピット戦略か。チームオーダーで状況が悪化
AUTOSPORT web
海を渡ったマツダ「コスモスポーツ」が1660万円で落札! 仏で新車で販売された唯一現存する個体は、メディアで引っ張りだこの1台でした
海を渡ったマツダ「コスモスポーツ」が1660万円で落札! 仏で新車で販売された唯一現存する個体は、メディアで引っ張りだこの1台でした
Auto Messe Web
【正式結果】2024年WEC第1戦カタール 決勝
【正式結果】2024年WEC第1戦カタール 決勝
AUTOSPORT web
【MotoGP】ホルヘ・マルティン、プラマック入りが報道されたアルデゲルに「準備はできていると思う。彼はMoto2最強だ」
【MotoGP】ホルヘ・マルティン、プラマック入りが報道されたアルデゲルに「準備はできていると思う。彼はMoto2最強だ」
motorsport.com 日本版
【この240Zなんぼ?】わお高い!60年代末にセンセーショナルなデザインで登場したクーペ「ダットサン240Z」
【この240Zなんぼ?】わお高い!60年代末にセンセーショナルなデザインで登場したクーペ「ダットサン240Z」
AutoBild Japan
あなたも返金対象かも 「整備してないのに請求」されてない? ビッグモーター事業所行政処分
あなたも返金対象かも 「整備してないのに請求」されてない? ビッグモーター事業所行政処分
AUTOCAR JAPAN
“失意の7位フィニッシュ”プジョー9X8が失格。ガス欠後のモーター走行等が違反との裁定下る
“失意の7位フィニッシュ”プジョー9X8が失格。ガス欠後のモーター走行等が違反との裁定下る
AUTOSPORT web
ヤマハ「パフォーマンスダンパー」が累計300万本、トヨタやホンダ車にも採用
ヤマハ「パフォーマンスダンパー」が累計300万本、トヨタやホンダ車にも採用
レスポンス
“オトナ”向けトミカに新シリーズ誕生! 第1弾はNSX-GTから2車種 さらにハイクオリティに
“オトナ”向けトミカに新シリーズ誕生! 第1弾はNSX-GTから2車種 さらにハイクオリティに
乗りものニュース
シートベルトにある「謎のボタン」何に使う? じつは無いと困る「スグレモノ」! 意外と知らない「名前」も解説!
シートベルトにある「謎のボタン」何に使う? じつは無いと困る「スグレモノ」! 意外と知らない「名前」も解説!
くるまのニュース
アルパインスターズの新作ソフトゴートレザーグローブ「DYNO LEATHER GLOVE/ダイノレザーグローブ」が岡田商事から3月初旬発売!
アルパインスターズの新作ソフトゴートレザーグローブ「DYNO LEATHER GLOVE/ダイノレザーグローブ」が岡田商事から3月初旬発売!
バイクブロス
三菱「デボネア」はフィアットとの提携でお蔵入り寸前だった!?「走るシーラカンス」は「クラウン」「セドグロ」と渡り合う志の高いクルマでした
三菱「デボネア」はフィアットとの提携でお蔵入り寸前だった!?「走るシーラカンス」は「クラウン」「セドグロ」と渡り合う志の高いクルマでした
Auto Messe Web
メルセデス・ベンツ Gクラスの特別仕様車「メルセデスAMG G63 グランドエディション」を発表
メルセデス・ベンツ Gクラスの特別仕様車「メルセデスAMG G63 グランドエディション」を発表
Webモーターマガジン
【正式結果】2024年F1第1戦バーレーンGP 決勝
【正式結果】2024年F1第1戦バーレーンGP 決勝
AUTOSPORT web
残り1周、衝撃の「ノー・パワー」で2位失ったプジョー9X8。スローダウンの原因はガス欠か
残り1周、衝撃の「ノー・パワー」で2位失ったプジョー9X8。スローダウンの原因はガス欠か
AUTOSPORT web

みんなのコメント

7件
  • jdi********
    ラゲッジの拡張という記事がありますが、排気系の位置から見て現行同様に床下収納は控えめでしょうね。これはディパチャ−アングルを確保する走破性重視のパッケージ。排気系が妙に低い直接のライバルとは一線を画するコンセプトです

    車体全体のサイズアップもほんの少しなので、ラゲッジ拡張は若干合理化した程度でしょうか?ラゲッジの横幅を目一杯確保する手法も変化なし

    VDA法のカタログスペック容量より250リットルくらい大きい収納力の強さはエクステリアデザインからみて健在なのは◎です
    まあ天井まで積み上げ無いケースでは関係無い数値ですけれど
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

346.5374.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

22.8398.0万円

中古車を検索
フォレスターの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

346.5374.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

22.8398.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村