現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【日産 ノート e-POWER(先代)】100万円台前半から探せる万能の電動化モデル

ここから本文です

【日産 ノート e-POWER(先代)】100万円台前半から探せる万能の電動化モデル

掲載 15
【日産 ノート e-POWER(先代)】100万円台前半から探せる万能の電動化モデル

中古車購入ガイド [2022.10.28 UP]


【日産 ノート e-POWER(先代)】100万円台前半から探せる万能の電動化モデル
 今では日産の主力コンパクトカーとなったノート。2005年に登場した初代以降、広い室内と扱いやすいサイズが魅力で、日産の看板モデルとなった。2012年には2代目に進化し、よりモダンなデザインとなっている。そんな2代目に革新的なパワートレインを持ったモデルが追加された。それがノート e-POWER。内燃機関を持ちながら、モーターのみで走行する斬新なシステムは革命ともいえるもの。今回は、ノートe-POWER(先代)のグレード別中古車相場を掘り下げてみよう。

厳選値引き実例 X氏の値引き特報


日産 ノート e-POWERってどんなクルマ?

2016年11月発売モデルのデータ(e-POWER X)

新車時価格帯(2016年11月)
 2016年11月、日産ノートに「e-POWER」が設定された。パワートレインは、1.2Lのエンジンにモーターを組み合わせて搭載される。しかし、従来のハイブリッドカーと決定的に異なるのは、モーターのみで駆動する電動化モデルだということ。エンジンはバッテリーの充電のみに使用されるので、一般的なEVと比べてガソリン車のような感覚で使えるのが魅力である。また、ワンペダルで加速減速ができる独特の走行フィールや高い静粛性、パワフルな走りもe-POWERならではといえる。

 エクステリアは、ブルーラインが入ったVモーショングリル、e-POWERの専用エンブレムにより、標準のノートと区別される。インテリアは、専用メーターを採用。安全面では、インテリジェントエマージェンシーブレーキ、車線逸脱警報、踏み間違い防止アシスト、LEDヘッドランプなど、水準以上の先進安全装備が盛り込まれている。


改良遍歴は?
 2016年12月、スポーツモデル「e-POWER NISMO」が登場した。前後バンパーやカラーリングが専用デザインとなるほか、ルーフスポイラー、サイドシルプロテクター、16インチアルミホイールなどで外観の差別化が図られている。インテリアは、本革/アルカンターラのステアリングを装備。そのほか、専用サスペンション、ボディ補強などによりスポーティな走りが楽しめる仕様となっている。

 2017年9月、一部改良を実施。高速道路などでドライバーの運転負荷を軽減するインテリジェントクルーズコントロール、車線を逸脱しそうな場合にステアリング操作を支援するインテリジェントLIを新たに採用。また、インテリジェントエマージェンシーブレーキの性能も向上した。

 2018年7月、e-POWERに4WDを設定。新開発のモーターアシスト式4WDにより、積雪や滑りやすい路面での運転をサポートしてくれる。また、「e-POWER S」を除く全グレードに、踏み間違い衝突防止アシストが標準装備された。同年9月には、出力を向上させたより高性能な「e-POWER NISMO S」も設定されている。


日産 ノート e-POWERのグレード別中古車相場は?
 グレード構成は、装備内容により「S」、「X」、「メダリスト」、「NISMO/NISMO S」が存在する。また、2018年には「X」と「メダリスト」に4WD(グレード名にFourが付く)も設定され、e-POWERだけでも多数の仕様が存在する。ここでは各グレードの中古車平均価格を見ていこう。


「S」
 装備を厳選し、価格を抑えたエントリーグレードが「S」。新車時価格は177万2280円と、200万円を切るリーズナブルな価格が魅力だった。e-POWERのパワートレインは全グレード共通で、主要な安全装備も付くため、基本的にはこのグレードでも大きな不満はないはず。ただし物件数が極めて少なく、中古車物件がほとんど流通していないのが難点。そのため中古車平均価格も集計できなかった。


「X」
 標準グレードの「X」は、トリコットのシート地を採用するなど、スポーティさと高品質を両立したインテリアが特徴。ただし、インテリジェントクルーズコントロールやインテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)はセットオプションとなっている(2017年改良モデル以降)。購入の際は装備の有無を確認しよう。中古車平均価格は126万円まで下がり、100万円以下の物件も目立ってきた。物件数が非常に多く、好みのボディカラーを選べるのも魅力といえよう。


「メダリスト」
 上級グレードの「メダリスト」は、本革巻きステアリング、ステアリングスイッチ、ジャカード織物/合皮シートなど、より豪華に仕立てられる。エクステリアは、フロントメッキバンパーやメダリスト専用エンブレムで、他のグレードと差別化している。また、インテリジェントクルーズコントロールやインテリジェントLIが標準装備されるのも特徴(2017年改良モデル以降)。中古車平均価格は138万円と「X」よりも若干高いものの、装備内容を考えれば積極的にねらっていきたい相場となっている。物件数は「X」の半分程度だが、それでも十分な数が流通する。


「NISMO/NISMO S」
 いわゆるホットハッチのNISMO系は、走りを重視するユーザーにおすすめのグレード。内外装もほかのグレードと大きく差別化されており、足まわりも専用チューニングとなっている。デビュー当時(2016年12月)の新車価格は245万8080円と、ノートのなかで最も高額なモデルだった。現在の中古車平均価格は、「NISMO」が167万円、「NISMO S」が213万円。前者のほうが物件豊富で探しやすい。

※上の記述は、2020年発売モデルについてまとめたもの。年式によって装備内容が異なる場合があります。中古車平均価格は2022年10月時点のデータ。


まとめ
 フルモデルチェンジを受け、先代モデルがリーズナブルになってきた。100万円台前半の予算から探せるため、若者が初めて乗るクルマ、または年配者のセカンドカーにぴったり。もちろん後席もしっかり使えるため、ファミリー層もOKだ。独特の走行フィールは、新しい時代を感じさせる優れた1台といえるだろう。

こんな記事も読まれています

ニッポン初開催のフォーミュラEを疑似体験!?日産「フォーミュラEパーク」開催 銀座
ニッポン初開催のフォーミュラEを疑似体験!?日産「フォーミュラEパーク」開催 銀座
グーネット
交換後のタイヤ保管に!4本まとめて収納できる厚手タイヤカバー新登場 マックスウィン
交換後のタイヤ保管に!4本まとめて収納できる厚手タイヤカバー新登場 マックスウィン
グーネット
開幕戦は王者バウティスタ未勝利。新人ブレガとカワサキのロウズが優勝を飾る/SBK第1戦オーストラリア
開幕戦は王者バウティスタ未勝利。新人ブレガとカワサキのロウズが優勝を飾る/SBK第1戦オーストラリア
AUTOSPORT web
日曜朝にマシンが到着したキャデラック。テスト開始時刻までに準備が終わらない可能性も/WECプロローグ
日曜朝にマシンが到着したキャデラック。テスト開始時刻までに準備が終わらない可能性も/WECプロローグ
AUTOSPORT web
君の商談はノットエレガント! 何カ月も時間をかけちゃダメよ……今大事なのはスピードと一途な思い!
君の商談はノットエレガント! 何カ月も時間をかけちゃダメよ……今大事なのはスピードと一途な思い!
ベストカーWeb
ホンダ「NSX」がついにレースから勇退。「鈴木亜久里」「土屋圭市」…ゆかりあるドライバーに思い出を語ってもらいました
ホンダ「NSX」がついにレースから勇退。「鈴木亜久里」「土屋圭市」…ゆかりあるドライバーに思い出を語ってもらいました
Auto Messe Web
BYD ATTO3やドルフィンを体感!全国約30ヶ所を巡る展示・試乗イベント開催
BYD ATTO3やドルフィンを体感!全国約30ヶ所を巡る展示・試乗イベント開催
グーネット
グレーカラーがクール!シンプル・イズ・ベストな洗車アイテム登場 RHET.
グレーカラーがクール!シンプル・イズ・ベストな洗車アイテム登場 RHET.
グーネット
WRX S4 STIスポーツ#は623万円超え!? レースのノウハウで前後異形ホイール採用!! レイバックにもSTIパーツ登場するゾ
WRX S4 STIスポーツ#は623万円超え!? レースのノウハウで前後異形ホイール採用!! レイバックにもSTIパーツ登場するゾ
ベストカーWeb
スズキ「ジムニー」で『呪術廻戦』の聖地巡礼。渋谷事変で封印は解かれた!? オフロードでなくても十分楽しい!【AMWリレーインプレ】
スズキ「ジムニー」で『呪術廻戦』の聖地巡礼。渋谷事変で封印は解かれた!? オフロードでなくても十分楽しい!【AMWリレーインプレ】
Auto Messe Web
フィアット 名車「パンダ」をフィーチャー!5つの新コンセプトカー発表へ【動画あり】
フィアット 名車「パンダ」をフィーチャー!5つの新コンセプトカー発表へ【動画あり】
グーネット
先代「X5 M」へ肉薄!な加速力 BMW X5 xドライブ50eへ試乗(2) ガソリンを燃やさず通勤可
先代「X5 M」へ肉薄!な加速力 BMW X5 xドライブ50eへ試乗(2) ガソリンを燃やさず通勤可
AUTOCAR JAPAN
大幅強化のハイブリッド BMW X5 xドライブ50eへ試乗(1) 巨大モニターパネルに489ps
大幅強化のハイブリッド BMW X5 xドライブ50eへ試乗(1) 巨大モニターパネルに489ps
AUTOCAR JAPAN
【超お宝写真】大阪万博にフェラーリやインディカーが展示されていた! 当時の写真で振り返る日本万国博覧会の思い出【クルマ昔噺】
【超お宝写真】大阪万博にフェラーリやインディカーが展示されていた! 当時の写真で振り返る日本万国博覧会の思い出【クルマ昔噺】
Auto Messe Web
トムス加入で注目集まる坪井翔「正直、ウエットで走りたかった」。ホンダ勢2チームを警戒
トムス加入で注目集まる坪井翔「正直、ウエットで走りたかった」。ホンダ勢2チームを警戒
AUTOSPORT web
ウェッズがヨシムラのホイールを作った!? どうして2輪用ではなく軽トラ用なのか、理由を解説します
ウェッズがヨシムラのホイールを作った!? どうして2輪用ではなく軽トラ用なのか、理由を解説します
Auto Messe Web
こう見えて実は「パトカー」 MGA 1600 デイムラーSP250(1) 路上のわかりやすい抑止力
こう見えて実は「パトカー」 MGA 1600 デイムラーSP250(1) 路上のわかりやすい抑止力
AUTOCAR JAPAN
「雨でもオープン」でパトロール MGA 1600 デイムラーSP250(2) 多くの命を救った誇らしい歴史
「雨でもオープン」でパトロール MGA 1600 デイムラーSP250(2) 多くの命を救った誇らしい歴史
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

15件
  • 当時、代車で借りましたが値段の割にはインパネの質感がえらい安っぽく感じた印象が強い。
  • 日産社員と縛りのある方達が旧型から新型に乗り換えた。旧型は中古として需要が無いから消え去りつつある。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

229.9269.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.8999.0万円

中古車を検索
ノート e-POWERの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

229.9269.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.8999.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村