現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > トヨタ「プリウス」が、2023-2024 ⽇本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得!

ここから本文です

トヨタ「プリウス」が、2023-2024 ⽇本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得!

掲載 5
トヨタ「プリウス」が、2023-2024 ⽇本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得!



今年の1台を決定する「2023-2024 ⽇本カー・オブ・ザ・イヤー」の最終選考会が開催され、トヨタ「プリウス」がイヤーカーの栄冠に輝いた。

2人旅にはこれがいい! レイアウト変更なしでも快適なトヨタ ハイエースがベースのキャンパー

●まとめ:月刊自家用車編集部

2023-2024 ⽇本カー・オブ・ザ・イヤー
トヨタ⾃動⾞株式会社
「トヨタ プリウス」


 <授賞理由>
ハイブリッド⾞のパイオニアであり、⻑く牽引役、推進役を務め続けたプリウスが、5代⽬にしてついにその殻を破った。ハイブリッド技術が⼀般化した今、もはやそのシンボルである必要はなく、⾃らブレークスルーを図り新しいフェーズへ移⾏したのである。

⾸脳陣からはコモディティ化を進める案も出たが、それを覆したのは開発陣の熱意。クリーンな⾞というだけでなく、愛される⾞を⽬指した。

これまで空⼒性能最優先だったボディは、スタイリッシュなモノフォルムに⼤変⾝。Cd値では従来型に少し劣るものの、前⾯投影⾯積を減らすことでCdA値は従来型並みに抑えることに成功している。

その上で低重⼼化とロングホイールベース化を図り、動的性能の著しい向上を実現したことが⾼く評価された。操縦性はプリウス史上最も敏捷かつ正確なものに変貌を遂げ、スポーツドライビングが楽しめる。

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー
ビー・エム・ダブリュー株式会社
「BMW X1」


 <授賞理由>
⽇本市場に相応しいコンパクトサイズでありながら、BMWらしい動的質感の⾼さを実現。パワー・オブ・チョイス。つまりユーザーのライフスタイルに応じてBEV、ガソリン、48Vマイルドハイブリッド・ディーゼルの3種類のパワーユニットが⽤意され、そのどれもがハイレベルな⾛⾏性能を獲得している点が⽀持された。 補助⾦を含めればほぼ同⼀のプライスレンジに収まるインポーターの努⼒も⾒逃せない。

デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー
三菱⾃動⾞⼯業株式会社
「三菱 デリカミニ」


  <授賞理由>
近年厳ついフロントマスクがブランド・ランゲージだった三菱が⼀転、愛らしく魅⼒的な表情を採⽤したことが評価された。しかも販売台数はekクロススペースの3倍強を達成。デザインが商品性の⾼さに直結する⼤切な要素であることを⾃ら証明してみせた。

同社にとってアイコン的存在でもあるデリカのモデル名を⽤いるだけでなく、外観⾯でも同じ世界観を共有した意義も⼤きい。

テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー
⽇産⾃動⾞株式会社
「⽇産 セレナ」


  <授賞理由>
「セレナはモノより思い出」の公約通り、脇役に徹するための数々のテクノロジーが⾼評価を呼んだ。ミニバンでありながら⾼速道路でハンズオフ可能なプロパイロット2.0を最上級グレードに採⽤。空⼒⾯ではミニバンの弱点である横⾵に強い細部処理を施す等抜かりない。

5ナンバー枠に収めながらタイヤサイズを拡⼤したにも関わらず、従来型並みの室内スペースを確保。  e-POWER⽤に新開発された3気筒1.4ℓエンジンに対する評価も⾼い。

実⾏委員会特別賞
⼀般社団法⼈⽇本⾃動⾞⼯業会
「ジャパンモビリティショー2023」


<授賞理由>
4年ぶり開催の「東京モーターショー」を「ジャパンモビリティショー2023」と改称し、新しいコンセプトを打ち⽴て、「⼈と⼈」、「会社と会社」、「⼈や会社と社会」を繋げる役割としてのモビリティの重要性を確⽴し、スタートアップ企業を含めた⽇本のモビリティ産業全般に新たな道筋を⽰したことを⾼く評価する。

⽇本カー・オブ・ザ・イヤーについて

 ⽇本のモータリゼーションの発展と、コンシューマーへの最新モデルおよび最新技術の周知を⽬的として1980年に創設。⽂字どおり、⽇本を代表する“クルマの賞典”として、⽇本国内だけでなく海外からも⾼く評価されている。

44回⽬となる今年度のノミネート⾞は、2022年11⽉1⽇から2023年10⽉31⽇までに⽇本国内で発表された全34台の乗⽤⾞。⾃動⾞評論家、ジャーナリスト、有識者からなる60名の選考委員による第⼀次選考で、上位10台の「10ベストカー」が選出され、その中から、同じく選考委員による最終選考投票により、今年度のイヤーカーが決定した。

こんな記事も読まれています

トヨタ、新ターボ「i-FORCE」エンジンの生産を開始
トヨタ、新ターボ「i-FORCE」エンジンの生産を開始
レスポンス
メルセデス期待のアントネッリ、ウイリアムズからF1デビューの可能性は低い? ボウルズ代表「我々にはたくさんの若手がいるからね」
メルセデス期待のアントネッリ、ウイリアムズからF1デビューの可能性は低い? ボウルズ代表「我々にはたくさんの若手がいるからね」
motorsport.com 日本版
アルバカーキ、アキュラでのル・マン参戦を諦めず「準備はできているが、様子を見なければならない」
アルバカーキ、アキュラでのル・マン参戦を諦めず「準備はできているが、様子を見なければならない」
AUTOSPORT web
群馬の「無料バイパス」延伸に反響! 新東西軸「上信道」3月に7km開通 永野原・草津がより近く
群馬の「無料バイパス」延伸に反響! 新東西軸「上信道」3月に7km開通 永野原・草津がより近く
乗りものニュース
ホンダ新型「”車中泊専用”軽ワゴン」公開! 4人寝られる“開く屋根”仕様!? 超オシャレな「N-BOX」に「気になる!」の声も
ホンダ新型「”車中泊専用”軽ワゴン」公開! 4人寝られる“開く屋根”仕様!? 超オシャレな「N-BOX」に「気になる!」の声も
くるまのニュース
ホンダの「懐バイク」とスニーカーショップがコラボ!? 昭和をテーマに渋谷の店内に実車を展示
ホンダの「懐バイク」とスニーカーショップがコラボ!? 昭和をテーマに渋谷の店内に実車を展示
バイクのニュース
ジープ「ワゴニア」が予想以上の740万円! アメリカン・クラシックSUV人気が欧州にも波及しはじめた!?
ジープ「ワゴニア」が予想以上の740万円! アメリカン・クラシックSUV人気が欧州にも波及しはじめた!?
Auto Messe Web
BTCCからホンダの名が消滅。フォード陣営の王者NAPAレーシングUKとヒョンデ・エクセラー8は体制不変
BTCCからホンダの名が消滅。フォード陣営の王者NAPAレーシングUKとヒョンデ・エクセラー8は体制不変
AUTOSPORT web
【33年間愛され続けたBMW】走行距離35万7千km&1,840万円の維持費と修理費 V12搭載の高級クーペ「BMW 850CSi」の物語
【33年間愛され続けたBMW】走行距離35万7千km&1,840万円の維持費と修理費 V12搭載の高級クーペ「BMW 850CSi」の物語
AutoBild Japan
遂にクルマにもChatGPT(チャットGPT)標準装備 フランスDS社が自動車ブランドとして世界初の試み
遂にクルマにもChatGPT(チャットGPT)標準装備 フランスDS社が自動車ブランドとして世界初の試み
AUTOCAR JAPAN
「あの感覚を求めても無理」「さらに先にグリップがある」「トラフィックで0.4秒ロス」【SF Mix Voices 鈴鹿合同テスト2日目後編】
「あの感覚を求めても無理」「さらに先にグリップがある」「トラフィックで0.4秒ロス」【SF Mix Voices 鈴鹿合同テスト2日目後編】
AUTOSPORT web
KTM、大阪/東京モーターサイクルショーに4ブランドを出展。国内初披露の新型も展示
KTM、大阪/東京モーターサイクルショーに4ブランドを出展。国内初披露の新型も展示
AUTOSPORT web
釣りをより快適に、ヤマハ発動機が新型フィッシングボート「YFR330」発売へ
釣りをより快適に、ヤマハ発動機が新型フィッシングボート「YFR330」発売へ
レスポンス
26年落ちスバル「インプレッサ」が約2000万円!? 修復歴ありでも「超極上」! 感涙モノの「爆レアマシン」米で落札に「嫉妬で狂いそう」! なにがそんなに”大事件”だったのか
26年落ちスバル「インプレッサ」が約2000万円!? 修復歴ありでも「超極上」! 感涙モノの「爆レアマシン」米で落札に「嫉妬で狂いそう」! なにがそんなに”大事件”だったのか
くるまのニュース
[15秒でわかる]日産『インタースター』新型…初の大型商用EVも設定
[15秒でわかる]日産『インタースター』新型…初の大型商用EVも設定
レスポンス
なんと首都高は路肩の雪をすべて人力で除雪していた! いくらなんでも丁寧すぎないか?【清水草一の道路ニュース】
なんと首都高は路肩の雪をすべて人力で除雪していた! いくらなんでも丁寧すぎないか?【清水草一の道路ニュース】
ベストカーWeb
アストンマーティン新型「ヴァンテージ」は665馬力2690万円から!「One-77」からインスピレーションを得た最新モデルとは
アストンマーティン新型「ヴァンテージ」は665馬力2690万円から!「One-77」からインスピレーションを得た最新モデルとは
Auto Messe Web
2月24日(土)THE MOTOR WEEKLY 放送予告!
2月24日(土)THE MOTOR WEEKLY 放送予告!
Auto Prove

みんなのコメント

5件
  • 葛葉恭次
    無理して駄犬のアレとか推したら忖度がバレるもんなwww

    無難な事なかれ主義が選んだ、当たり障りもないが特長も無いってオチですな。
  • takumagumo
    今年のニューカーは不作だったということか。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.0460.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0628.0万円

中古車を検索
プリウスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.0460.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0628.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村