現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ワゴンRは軽自動車の革命児だった!?!? 限られた寸法の中で歴史を変えた発明とは?? 

ここから本文です

ワゴンRは軽自動車の革命児だった!?!? 限られた寸法の中で歴史を変えた発明とは?? 

掲載 29
ワゴンRは軽自動車の革命児だった!?!? 限られた寸法の中で歴史を変えた発明とは?? 

 軽自動車の背が高くなったのはココ30年くらいの話。そのキッカケとなったモデルがスズキの代名詞的なモデルであるワゴンRなのだ。ワゴンRが軽自動車にもたらした大きな影響を振り返ってみよう。

文:西川 彰吾/写真:ベストカー編集部

ワゴンRは軽自動車の革命児だった!?!? 限られた寸法の中で歴史を変えた発明とは?? 

◼︎ワゴンRは何がすごかったの?? 今の軽自動車につながる設計思想とは!?!? 

初代ワゴンR

 軽自動車という乗り物は寸法が決められている。全長3400mm以下、全幅1480mm以下、全高2000mm以下だ。これらの寸法を一つでも超えると普通車となり、税制面の優遇が受けることができなくなってしまう。

 最近のクルマが大きくなったという話題で、5ナンバー(小型自動車)を例に出すことが多いが、5ナンバー車は全長4700mm、全幅1700mmという寸法だ(全高は同じ)。それだけに軽自動車は以下にサイズの制限を受けて作られているかが分かるだろう。

 1993年にワゴンRは登場した訳だが、この時はまだ軽自動車が以前の規格で全幅は1400mmと限られていた。全長と全幅はこの寸法いっぱいいっぱいで各メーカーは軽自動車を開発していた。しかし、スズキはまだ活用が少なかった縦のスペースに目を付けたのだ。全高を高くして室内空間を確保する手法をスズキは採用した。

◼︎ターゲットは男性!? 乗用車ライクに乗れる軽自動車!! 

 こうして1993年に誕生したのがワゴンRである。全高1640mmという高さは、これまでの軽自動車にはなかったものであった。これにより高い乗降性と大人4人が座れる広い室内空間を実現していたのだ。

 このワゴンRは爆発的なヒットを記録し、軽自動車では初めて「’93-’94 RJCニュー カー オブ ザ イヤー」を受賞した訳だが、スズキは当初やや保守的な体制でチャレンジしたモデルであった。

 これまでにない全高を持つモデルが市場に受け入れられるか不安であったのだ。そこでスズキはセルボを中心に徹底した部品の共用化を実施、その割合は何と70%だ。また、5000台という少な目な月販目標台数にも、ワゴンRは保守的なチャレンジであったことが表れている。

 しかし、ワゴンRは大ヒットモデルとなり、寸法的な制約がある軽自動車で全高を高く取って大きな室内空間を確保するという手法は一つのトレンドどころか定番となった。ダイハツのムーヴやホンダのライフがその最たる例だ。

 また、今では高い全高とスライドドアを有するモデルも多いが、全高を高く取るというアイデアを採用したワゴンRが無ければ、今日の軽自動車の姿形は無かったかもしれない。ワゴンRは現代で多くの軽自動車が採用している「軽トールワゴン」というジャンルを確立したモデルなのだ。

◼︎広い室内とフラットな床面が魅力的な快適に乗れる軽自動車

車名が決まりかけていた時、鈴木修会長の「アルトもあるけどワゴンもあ~る」のひと言がきっかけで車名はワゴンRとなったのは有名な話

 また、ワゴンRが根付かせた部分としてはもう一つ特出すべきポイントがある。それは「男性が軽自動車に乗る」ということだ。それまでの軽自動車と言えばどこか女性の乗り物という世間の認知があった。

 しかし、ワゴンRは男性が乗っても広い室内とした室内空間があるのはもちろん、男性の趣向にもマッチするようにデザインされたのだ。

 そのような背景もあってか、当初のユーザーはなんと8割近くが男性だった。確かに、初代ワゴンRのカタログを見ても、女性が全面的に登場している写真はない。このようなポイントからも男性ユーザーを意識していたことが読み取れる。

 全高を高くして室内空間を広く取る、男性ユーザーもターゲットとする。このような今では当たり前のことをワゴンRは30年前にカタチにした。現代の軽自動車のスタンダードを作り上げた1台なのだ。

こんな記事も読まれています

【MotoGP】バニャイヤ「スタートでホイールスピンして台無し。グリップも低くて力を発揮できなかった」タイヤ問題かそれとも?
【MotoGP】バニャイヤ「スタートでホイールスピンして台無し。グリップも低くて力を発揮できなかった」タイヤ問題かそれとも?
motorsport.com 日本版
2024年版 世界をリードする高級EV 10選 「静か+速い」最先端の移動体験
2024年版 世界をリードする高級EV 10選 「静か+速い」最先端の移動体験
AUTOCAR JAPAN
総勢380台のランボが集結! 史上最大規模の祭典「ランボルギーニアリーナ」が初開催! イモラがファイティングブルに埋め尽くされました
総勢380台のランボが集結! 史上最大規模の祭典「ランボルギーニアリーナ」が初開催! イモラがファイティングブルに埋め尽くされました
Auto Messe Web
【MotoGP】ビニャーレス、会心ポールでスプリント連勝「バイクに魔法がかかっていたみたいだ」
【MotoGP】ビニャーレス、会心ポールでスプリント連勝「バイクに魔法がかかっていたみたいだ」
motorsport.com 日本版
5.5L V12は「基本的にタフ」! 550 マラネロ UK版中古車ガイド(2) 驚異的な旋回スピード
5.5L V12は「基本的にタフ」! 550 マラネロ UK版中古車ガイド(2) 驚異的な旋回スピード
AUTOCAR JAPAN
静かで快適「大人のフェラーリ」 550 マラネロ UK版中古車ガイド(1) フィオラノでF512 Mを凌駕
静かで快適「大人のフェラーリ」 550 マラネロ UK版中古車ガイド(1) フィオラノでF512 Mを凌駕
AUTOCAR JAPAN
中須賀克行、開幕2連勝。圧倒的な強さを見せる/2024全日本ロード第2戦もてぎ JSB1000 レース1
中須賀克行、開幕2連勝。圧倒的な強さを見せる/2024全日本ロード第2戦もてぎ JSB1000 レース1
AUTOSPORT web
ジムニーの消防本部広報車、1/43スケールで登場
ジムニーの消防本部広報車、1/43スケールで登場
レスポンス
【MotoGP】復活目指すヤマハ、グランプリも将来に向けたテスト……クアルタラロ「昨年1年よりも多くの変更を、今回のグランプリで行なったよ」
【MotoGP】復活目指すヤマハ、グランプリも将来に向けたテスト……クアルタラロ「昨年1年よりも多くの変更を、今回のグランプリで行なったよ」
motorsport.com 日本版
【正式結果】2024年スーパーGT第1戦岡山 公式予選
【正式結果】2024年スーパーGT第1戦岡山 公式予選
AUTOSPORT web
DAMDが純正のエアバッグ/スイッチ類がそのまま使えるジムニー/ジムニーシエラ専用「全周オールウッドステアリング」抽選販売の受付開始
DAMDが純正のエアバッグ/スイッチ類がそのまま使えるジムニー/ジムニーシエラ専用「全周オールウッドステアリング」抽選販売の受付開始
くるまのニュース
37号車Deloitte TOMS、ついに霧が晴れたか!? 開幕戦で上位うかがう走り……笹原右京も手応え「コツコツ積み上げれば良いものが出来る自信がある」
37号車Deloitte TOMS、ついに霧が晴れたか!? 開幕戦で上位うかがう走り……笹原右京も手応え「コツコツ積み上げれば良いものが出来る自信がある」
motorsport.com 日本版
ポルシェ、ダ・コスタの失格に不公平感主張「フォーミュラE全体にとっても大きな損失」
ポルシェ、ダ・コスタの失格に不公平感主張「フォーミュラE全体にとっても大きな損失」
motorsport.com 日本版
【MotoGP】マルケス、大得意COTAでスプリント2位も「予想外」? マシンに問題発生し限界ライドできず
【MotoGP】マルケス、大得意COTAでスプリント2位も「予想外」? マシンに問題発生し限界ライドできず
motorsport.com 日本版
好調au TOM’Sがタイム合算方式初のPP。初陣シビックは3番手を獲得【第1戦GT500予選レポート】
好調au TOM’Sがタイム合算方式初のPP。初陣シビックは3番手を獲得【第1戦GT500予選レポート】
AUTOSPORT web
MKタクシーがメルセデス・マイバッハ『GLS』を日本初導入…独超高級車ブランド
MKタクシーがメルセデス・マイバッハ『GLS』を日本初導入…独超高級車ブランド
レスポンス
今年のSARDは今までとは違う! 中山雄一が開幕戦2位で感じた手応え「展開さえ良ければau TOMSに追いつけたはず。力強いレースができた」
今年のSARDは今までとは違う! 中山雄一が開幕戦2位で感じた手応え「展開さえ良ければau TOMSに追いつけたはず。力強いレースができた」
motorsport.com 日本版
「対向車のライトが眩しい!」なぜなのか ハイビーム推奨のせい? もしかしたらライトそのものの影響かも
「対向車のライトが眩しい!」なぜなのか ハイビーム推奨のせい? もしかしたらライトそのものの影響かも
乗りものニュース

みんなのコメント

29件
  • ZEP750RS改1996
    相変わらず、誤字や誤変換が...

    この記者、大丈夫か???
  • loa********
    トップの画像がワゴンRワイドっていうね…。
    素人?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

129.5158.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.1198.0万円

中古車を検索
ワゴンRの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

129.5158.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.1198.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村