現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > まさに「クラウン コンパクト」!? トヨタの「小さな高級車」が斬新すぎ!“豪華内装”に280馬力エンジン搭載「爆速コンパクトカー」に再評価の声

ここから本文です

まさに「クラウン コンパクト」!? トヨタの「小さな高級車」が斬新すぎ!“豪華内装”に280馬力エンジン搭載「爆速コンパクトカー」に再評価の声

掲載 23
まさに「クラウン コンパクト」!? トヨタの「小さな高級車」が斬新すぎ!“豪華内装”に280馬力エンジン搭載「爆速コンパクトカー」に再評価の声

■コンパクトボディに280馬力の「爆速モデル」

 レクサスは2023年秋に、最小SUV「LBX」の日本発売を予定しており、“小さな高級車”というジャンルの開拓に注目が集まっています。
 
 その一方で、トヨタは過去にもLBX同様の“小さな高級車”のコンセプトを提案すべく、市販車として実際に販売したクルマが存在。
 
 その中の一台であるトヨタ「ブレイド」に、SNSなどでは元オーナーからも含めて様々なコメントが投稿されています。

【画像】「えっ…!」 似てる! これが「ブレイド」と「クラウン」の比較画像です(29枚)

 ブレイドは「ショート・プレミアム」というコンセプトの元、2006年に発売されたトヨタの最上級ハッチバックです。

 先に販売されていた欧州テイストのコンパクトカー「オーリス」をベースにしつつ、大型のグリルや3ナンバーサイズのワイドボディ、専用エンブレムなどによって華々しく仕立てられました。

 また、伝統的な高級セダン「クラウン」にも通じるデザインを持つヘッドライトやテールライトも採用され、まさに“コンパクトカー版のクラウン”とも言われる斬新な新型モデルとして開発されました。

 ボディサイズは全長4260mm×全幅1760mm×全高1505-1530mm。パワーユニットには、2.4リッター4気筒エンジンとCVTを組み合わせた通常モデルのほか、最高出力は280馬力を発揮する大排気量3.5リッターV型6気筒エンジンに6速ATを組み合わせたパワフルな仕様「ブレイドマスター」も用意。

 さらにサスペンションやブレーキなどもそれぞれのグレードにあわせたハイグレードなものを設定されるなど、高い走行性能を備え、実用的な使い方から「走り」を楽しむこともできる新しいプレミアムカーとして、大きな期待のもとに誕生したのです。

 しかし2000年代後半の当時は、小さな高級車というジャンルは今以上に一般的ではなく、十分な理解が得られないまま珍妙な色物クルマと捉えられた向きもあり、ブレイドの販売は苦戦。

 発売から数ヶ月は月販目標販売台数を超え3000台以上の販売台数を維持していましたが、2007年以降は月間1000台を下回るなど販売数は低迷。

 数回のマイナーチェンジを繰り返すものの、末期には月販100台以下となり、2012年6月には販売を終了しました。

※ ※ ※

 加速性能や走行性能の高さが評価されたものの、わずか約6年で販売終了となったブレイドに対し、SNSでは様々なコメントが寄せられています。

「マスターに乗っていましたが、キビキビ走る様な性格のクルマではなく“ゆったり余裕を持って走る”トヨタらしいクルマでしたね」「高速道路ではとても楽でした」「マスターのオーナーでしたが世間で言われる程のフロントヘビー感は無く、サーキットに持ち込んでも気持ち良く走れました」など、やはりオーナーからは走行性能についての高い評価が見られます。

 一方で、「エンジンパワーはあったけど官能的なフィーリングは無かったかな」「高級車を名乗っているものの、パワーのある実用的なハッチバッグの域を出なかった」など、パワーとは違う方向性での“愉しさ”がもう一歩欲しかったというコメントも。

 また、「普通にいいクルマでしたが、普通なのは高級車としてはダメだったのかな…」「専用で仕立てたと言っても見た目が地味すぎた」「ホットハッチは好きだが、エンジンがデカけりゃ良いってもんじゃない」と、大きな支持を得られなかった原因について考察する人も見られます。

 そのほか、「GRヤリスみたいにMTや2ドアが用意されていれば乗りたかった」「FFじゃなくてFRだったらな~」と、希望の要素さえあれば欲しかったという声が投稿されたほか、「当時は一般的な消費者が“小さく高額なクルマ”を求めていなかった」「時代さえ違えば大ヒットの可能性もあったはず。誕生が早すぎたモデルだよ」「今のトヨタがブレイド作ったらどんなクルマになるかな。そういう意味でレクサスLBXの仕上がりには期待してしまう」などの、現代であれば十分に成功の可能性があると見る向きもあり、それゆえに前述のLBXには、かつてのブレイドオーナーからも高い期待が寄せられています。

こんな記事も読まれています

ガスリー、セナのカラーを用いた特別デザインのイエローのヘルメットを使用へ/F1エミリア・ロマーニャGP
ガスリー、セナのカラーを用いた特別デザインのイエローのヘルメットを使用へ/F1エミリア・ロマーニャGP
AUTOSPORT web
牧野任祐が首位発進。岩佐歩夢、坪井翔が続く|スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス:土曜フリー走行タイム結果
牧野任祐が首位発進。岩佐歩夢、坪井翔が続く|スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス:土曜フリー走行タイム結果
motorsport.com 日本版
21世紀の「ACE」! レイズが鍛造1ピースホイール・ボルクレーシング21Aに限定ニューカラー「spec-SR」を追加
21世紀の「ACE」! レイズが鍛造1ピースホイール・ボルクレーシング21Aに限定ニューカラー「spec-SR」を追加
レスポンス
早く出してー「ランクルFJ」が売れまくると断言できる理由と可能性
早く出してー「ランクルFJ」が売れまくると断言できる理由と可能性
ベストカーWeb
最高時速35キロのブガッティ! 18万6000円から手に入るラグジュアリースポーツの名がついた電動スクーターとは
最高時速35キロのブガッティ! 18万6000円から手に入るラグジュアリースポーツの名がついた電動スクーターとは
Auto Messe Web
クルマは駐車違反で違法だけど自転車は? 道路等への無断駐輪が負うペナルティを調べた
クルマは駐車違反で違法だけど自転車は? 道路等への無断駐輪が負うペナルティを調べた
WEB CARTOP
メルセデスF1、空力主任ビーノが離脱へ。その一方でフェラーリからはレスタら上級スタッフを獲得か
メルセデスF1、空力主任ビーノが離脱へ。その一方でフェラーリからはレスタら上級スタッフを獲得か
motorsport.com 日本版
ドメニカリCEO、モンツァ・サーキットにインフラ引き上げを再要求「8月末に意見交換を行う」
ドメニカリCEO、モンツァ・サーキットにインフラ引き上げを再要求「8月末に意見交換を行う」
AUTOSPORT web
ホンダ三部社長ブレずに「2040年にBEV+FCV100%、2030年に40%(200万台)」を明言 ホントか…? ホントに出来るのか??
ホンダ三部社長ブレずに「2040年にBEV+FCV100%、2030年に40%(200万台)」を明言 ホントか…? ホントに出来るのか??
ベストカーWeb
5ナンバーサイズの「小型ミニバン」なぜ異様に売れる? トヨタ「シエンタ」&ホンダ「フリード」が絶大な支持を集める理由
5ナンバーサイズの「小型ミニバン」なぜ異様に売れる? トヨタ「シエンタ」&ホンダ「フリード」が絶大な支持を集める理由
くるまのニュース
スポーティな新クロスオーバー登場 キア「EV6」航続距離延長 改良実施
スポーティな新クロスオーバー登場 キア「EV6」航続距離延長 改良実施
AUTOCAR JAPAN
昭和レトロなダイハツ「ハイゼット」はトヨタ「カローラ」よりも古い歴史を持っていた! 唯一の角目は3代目のみ、パーツ探しもひと苦労です
昭和レトロなダイハツ「ハイゼット」はトヨタ「カローラ」よりも古い歴史を持っていた! 唯一の角目は3代目のみ、パーツ探しもひと苦労です
Auto Messe Web
6/20申込締切 モビリティ業界の新規事業のつくり方~ヤマハ発動機の成功と失敗に学ぶ~
6/20申込締切 モビリティ業界の新規事業のつくり方~ヤマハ発動機の成功と失敗に学ぶ~
レスポンス
フェルスタッペン、大荒れのF1イモラ初日ではお馴染み“GP”がレースエンジニアを担当せず。その理由をレッドブルが説明
フェルスタッペン、大荒れのF1イモラ初日ではお馴染み“GP”がレースエンジニアを担当せず。その理由をレッドブルが説明
motorsport.com 日本版
これは便利!ソフト99が特殊構造の繊維を採用した全長57cmのホイールブラシ「奥洗王」を発売
これは便利!ソフト99が特殊構造の繊維を採用した全長57cmのホイールブラシ「奥洗王」を発売
@DIME
プジョーの全EV、モーターなどに最長8年保証…欧州メーカー初
プジョーの全EV、モーターなどに最長8年保証…欧州メーカー初
レスポンス
違反になったりする? 時々見かける愛犬とのツーリング
違反になったりする? 時々見かける愛犬とのツーリング
バイクのニュース
【人とくるまのテクノロジー展2024】ボルグワーナーは車両の性能・効率向上を目的に設計された電動化ソリューションを展示
【人とくるまのテクノロジー展2024】ボルグワーナーは車両の性能・効率向上を目的に設計された電動化ソリューションを展示
Auto Prove

みんなのコメント

23件
  • tak********
    爆速・・・何でもかんでも爆付けたら良しも悪しもうけると勘違いしているなかな?
    バカ記事になるからやめた方が爆勧めですよ。
  • wmp********
    SNSの引用しかねーじゃん(笑)
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

230.0330.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

20.2179.9万円

中古車を検索
ブレイドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

230.0330.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

20.2179.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村