現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【スクープ】衝撃の事実が発覚!? アウディ「A4」の名称が消滅へ……次世代型は「A5」に改名か?

ここから本文です

【スクープ】衝撃の事実が発覚!? アウディ「A4」の名称が消滅へ……次世代型は「A5」に改名か?

掲載 15
【スクープ】衝撃の事実が発覚!? アウディ「A4」の名称が消滅へ……次世代型は「A5」に改名か?

偶数名のモデルは順次フルEVへと移行し「A4e-tron」へ

アウディが現在開発を進める、欧州Dセグメントの人気モデル『A4アバント』の最新プロトタイプを捉えると共に、次世代型に関する重要な情報を入手した。

【スクープ】メルセデスAMG「GT」改良新型の最強モデルは最高出力800psオーバーの電動V8を搭載!

【画像14枚】アウディA4アバント改め「A5アバント」のスクープショットはコチラ

初代A4は1994年に誕生、以降2015年から発売されている現行モデルまで、セダン/ワゴンという伝統のボディスタイルを提供してきた。しかし、第5世代ではセダンが廃止される可能性があるという話をお伝えしてきたが、さらに「A4」という名称が次世代型で消滅し、「A5」として生まれ変わるという。

詳細を説明すると、A4をA5に昇格させるほか、命名方法にいくつかの重要な変更を計画している。現在わかっているのは、偶数番号のモデルは段階的にピュアエレクトリックドライブトレインに移行、つまりA4はフルEVとして販売されることになる。またA6も同じくA7としてリボーン、バッテリー駆動のモデルはA6の名前になる。

またアウディの次世代電気自動車は、「Q4 e-tron/Q4スポーツバックe-tron」及び、大型の「Q8 e-tron/Q8スポーツバックe-tron」と同じように、「e-tron」の接尾辞を維持すると思われる。 したがって、ある時点で「A6e-tron」に続いて 「A4e-tron」が登場することが予想される。 一方、A8の電気代モデルは2024年のデビューに向けてすでに確認されており、フラッグシップEVセダンは「A8 e-tron」と呼ばれる可能性がある。

ボディスタイルに関しては、通常の「A4/S4」セダンがラインナップから外され、リフトバックスタイルのテールゲートを備えた5 ドアレイアウトが採用される可能性があるという。

次世代型となる新「A5アバント」は、「MLB」プラットフォームのアップデートバージョンを採用。マイルドまたはプラグインハイブリッドアシスタンスを装備し、一連のアップグレードされたガソリンおよびディーゼルエンジンを提供、前輪駆動と四輪駆動 (quattro) レイアウトの両方で提供される。

フルエレクトリックとして残る「A4 e-tron」は、現在テスラ「モデル3」と新たに発表された「BMW i4」に対抗するために開発が進められている。市販型では、ICEを搭載したモデルと基盤を共有するのではなく、アウディとポルシェとの共同エンジニアリング・プログラムで開発された「PPE」(プレミアム・プラットフォーム・エレクトリックアーキテクチャ)が採用されるだろう。

今回捉えた「新A5」(A4の内燃バージョン)は、アウディが新開発した2.0L直列4気筒ターボチャージャー「EA888」ガソリンユニットの第5世代バージョンをラインナップ。2008年に初めて導入されたこのシステムは、新たに開発された燃料噴射システムや微粒子フィルターシステムなど、多くのイノベーションにより、厳格な新しいEuro 7排出規制を満たすように再設計されている。

アウディは、2025年に最後の内燃エンジン車を発売し、2026年以降のすべての新製品がEVになることをすでに明確にしており、A4からリボーンする「新A5」のワールドプレミアは、2024年後半と予想される。

関連タグ

こんな記事も読まれています

レッドブルF1は2025年も現在のコンビを継続か。パフォーマンスを改善したペレスがシート争いをリード
レッドブルF1は2025年も現在のコンビを継続か。パフォーマンスを改善したペレスがシート争いをリード
AUTOSPORT web
初の中国GPに臨む角田裕毅。手強い週末を予想も「自信はある。Q3進出と入賞を狙いたい」/F1第5戦
初の中国GPに臨む角田裕毅。手強い週末を予想も「自信はある。Q3進出と入賞を狙いたい」/F1第5戦
AUTOSPORT web
【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第3回】温かい歓迎を受けた春の鈴鹿。悔やみきれないミスと、1ストップ戦略で得た自信
【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第3回】温かい歓迎を受けた春の鈴鹿。悔やみきれないミスと、1ストップ戦略で得た自信
AUTOSPORT web
ゴツすぎる新型「“軽”SUV」実車公開! ワイド化&オシャグレーがカッコイイ! まるで装甲車なスズキ「ハスラー」に反響も
ゴツすぎる新型「“軽”SUV」実車公開! ワイド化&オシャグレーがカッコイイ! まるで装甲車なスズキ「ハスラー」に反響も
くるまのニュース
日産 "武士の甲冑" デザインの新SUV公開 「キャシュカイ」改良新型、欧州で今夏発売へ
日産 "武士の甲冑" デザインの新SUV公開 「キャシュカイ」改良新型、欧州で今夏発売へ
AUTOCAR JAPAN
「ガンディーニ追悼」に初の「アメリカンヘリテージ」の企画など大人が楽しむ「オートモビルカウンシル2024」閉幕。過去最高の3万9807人が来場しました
「ガンディーニ追悼」に初の「アメリカンヘリテージ」の企画など大人が楽しむ「オートモビルカウンシル2024」閉幕。過去最高の3万9807人が来場しました
Auto Messe Web
スズキ「カプチーノ」や「アルトワークス」が激走! 軽自動車だけで争う200分の戦い「東北660耐久レース」が開幕
スズキ「カプチーノ」や「アルトワークス」が激走! 軽自動車だけで争う200分の戦い「東北660耐久レース」が開幕
Auto Messe Web
【殺人チャイルドシート】 違法チャイルドシート買った人に返金はある? アマゾンと楽天の対応は?
【殺人チャイルドシート】 違法チャイルドシート買った人に返金はある? アマゾンと楽天の対応は?
AUTOCAR JAPAN
高速SA・PAのNo.1「ハイウェイめし」決定! 「高級志向にしたくない」担当者の思い  1位のメニューは“ごはんノンストップ”!?
高速SA・PAのNo.1「ハイウェイめし」決定! 「高級志向にしたくない」担当者の思い 1位のメニューは“ごはんノンストップ”!?
乗りものニュース
海外ライターF1コラム:24戦の理不尽なカレンダーが招く問題。人材不足が深刻化、“根無し草感”で疲弊するドライバー
海外ライターF1コラム:24戦の理不尽なカレンダーが招く問題。人材不足が深刻化、“根無し草感”で疲弊するドライバー
AUTOSPORT web
スズキが「謎のクルマ」実車公開! めちゃゴツい“骨組み”に「Sマーク」装着! “強靭な構造”で未来を支える「新型ユニット」に期待!
スズキが「謎のクルマ」実車公開! めちゃゴツい“骨組み”に「Sマーク」装着! “強靭な構造”で未来を支える「新型ユニット」に期待!
くるまのニュース
マツダ、2024年スーパー耐久シリーズに3台で参戦
マツダ、2024年スーパー耐久シリーズに3台で参戦
レスポンス
マイチェンしたいすゞ・ギガが2024年問題の救世主に! 低床3軸でドライバーの負担も軽い
マイチェンしたいすゞ・ギガが2024年問題の救世主に! 低床3軸でドライバーの負担も軽い
WEB CARTOP
ポルシェ963最新ファクトリーの利点を語るロッテラー「ピット作業のスピードと精度が上がった」
ポルシェ963最新ファクトリーの利点を語るロッテラー「ピット作業のスピードと精度が上がった」
AUTOSPORT web
SPKがシミュレーター機材の研究施設「シミュレーターラボ」を開設 企業や行政、eスポーツイベントに場所提供も
SPKがシミュレーター機材の研究施設「シミュレーターラボ」を開設 企業や行政、eスポーツイベントに場所提供も
くるまのニュース
トヨタ ランドクルーザー250 をモデリスタがカスタム…都会派もアウトドア派も
トヨタ ランドクルーザー250 をモデリスタがカスタム…都会派もアウトドア派も
レスポンス
なんで芝生が燃え広がったんだ?? FIA、F1中国GPの火災再発防止のため詳細な調査を実施へ
なんで芝生が燃え広がったんだ?? FIA、F1中国GPの火災再発防止のため詳細な調査を実施へ
motorsport.com 日本版
レクサスが考えるアウトドアライフは上質だった──新型NX350“OVERTRAIL”試乗記
レクサスが考えるアウトドアライフは上質だった──新型NX350“OVERTRAIL”試乗記
GQ JAPAN

みんなのコメント

15件
  • BMWの3がでかくなって、先代の5と変わらなくなった
    アウディのA4もでかくなって、A6?と思うようになった
    日本車も新型が出る度にでかくなっていく
    そして、前型に近い小ぶりな新型車が出る
    この繰り返し
  • より一層、手の出せない価格帯になりそうだ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1214.01836.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.81380.0万円

中古車を検索
A8の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1214.01836.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.81380.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村