現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ジープ「ラングラー」をオリジナル色に全塗してキャンプを満喫! 映画『ワイルド・スピード』を観たのが購入のきっかけでした

ここから本文です

ジープ「ラングラー」をオリジナル色に全塗してキャンプを満喫! 映画『ワイルド・スピード』を観たのが購入のきっかけでした

掲載
ジープ「ラングラー」をオリジナル色に全塗してキャンプを満喫! 映画『ワイルド・スピード』を観たのが購入のきっかけでした

ライトなサンドカラーをまとったラングラー アンリミテッド サハラ

2023年8月5日~6日の2日間、静岡県富士宮市のふもとっぱらキャンプ場で「Camp Jeep 2023 with Feel EARTH × 学びの森」が4年ぶりに開催。専用キャンプサイトでアウトドアを満喫した220台・1000人ものジープユーザーたちの中から、今回はインパクトの大きなボンネットに換装した「ラングラー アンリミテッド サハラ」のオーナーに話を聞いてみた。

「ハイエース」からジープ「グラディエーター」に乗り換えたら人生変わった! キャンプとサーフィンを愛するオーナーに魅力を聞きました

オフロードのイメージに合わせ、自分好みのカラーにオールペン

7年前まではバイク乗りだったという渡邉 純さんだが、映画『ワイルド・スピード』でその姿を見てカッコいいと思ったことでジープの購入を決意したのだそうだ。そんな経緯で指名買いしたのが、2015年式ラングラー アンリミテッド サハラ。とはいっても購入後はノーマルで乗るのではなく、ボディカラーを含めたさまざまなカスタムを施して楽しんでいるようだ。

「やっぱりノーマルでは乗りたくなくて、イジる前提で買ったっていう感じですね。ラングラーはイジりがいもありますし、方向性はどちらかというと公道を走るクルマというよりオフロードが似合うような雰囲気ですね。これボディカラーが元々はブラックだったんです。ジープにゴビっていう色があるんですが、それよりもう少し薄い色がよかったんで、少しベージュがかった感じの自分で指定したカラーを使ってオールペンしています」

クルマもキャンプ道具も、ギアとして使いこなす

オールペンの他、サイドステップ、バンパー、2.5インチアップ、タイヤ&ホイール、ボンネットなど、さまざまなカスタムが加えられているが、ただ単に購入したパーツを装着するのではなく、さらなる機能向上を含めた加工も施されている。

「ボンネット(アメリカ製)も同色に塗ってもらっているんですが、熱がこもりにくいかわりに前がだいぶ開いちゃっているので雨が入ってくるんですよ。なので、ボンネットの中に鉄板を差し込んで水の流れを作って、錆びにくくなるようにしています。アメリカ人はその辺気にしないんでしょうけど、日本でってなると2年ぐらいで錆が出てくるみたいなので」

さらにボンネットのエアスクープが視界を妨げるため、バンパーとミラーにカメラを付けてモニターで確認できるようにするなど、対策も取られている。

また、キャンプもこのクルマで楽しんでいる渡邉さんにとって、キャンプ道具もラングラー同様にこだわりがあるようだ。

「ラングラーもそうですがギアだと思っているんで、キャンプ道具にはウッドなどを使わないようにしています。ザ・キャンプといったホンワカした感じではなくてギアとして、ステンレスとかシルバーで統一するようにはしています」

次はラングラー ルビコンで楽しんでいく予定

ボンネット交換や全塗装など、ラングラーを自分好みに仕上げている渡邉さん。ただあまりイジり過ぎると全体が崩れるのでバランスを見ながらカスタムしているそうだ。今後もこのラングラーを進化させていくのかと思いきや、じつはすでにラングラー ルビコンを購入しているのだとか。ということで、渡邉さんの新たな楽しみはすでにスタートしているようだ。

こんな記事も読まれています

ミック・シューマッハー、アルピーヌでのF1マシン走行は「無し」。ファミン代表が明言
ミック・シューマッハー、アルピーヌでのF1マシン走行は「無し」。ファミン代表が明言
motorsport.com 日本版
ドイツ人も👍細部にわたって改良された新型「トヨタ ヤリス ハイブリッド」その性能と評価!
ドイツ人も👍細部にわたって改良された新型「トヨタ ヤリス ハイブリッド」その性能と評価!
AutoBild Japan
後席のシートベルト 大半が今でも「未着用」 違反にならずとも「致命的な傷害」の可能性も… シートベルト“着けない”のは何が危険?
後席のシートベルト 大半が今でも「未着用」 違反にならずとも「致命的な傷害」の可能性も… シートベルト“着けない”のは何が危険?
くるまのニュース
GRヤリスは「AT」もすげぇ!! ドラテクの差が明白に!? 進化版GRヤリス&GRカローラ雪上イッキ乗り
GRヤリスは「AT」もすげぇ!! ドラテクの差が明白に!? 進化版GRヤリス&GRカローラ雪上イッキ乗り
ベストカーWeb
都バス100周年イベントに参加したら人気っぷりがヤバイ! シークレットツアーの抽選倍率はなんと67倍!!
都バス100周年イベントに参加したら人気っぷりがヤバイ! シークレットツアーの抽選倍率はなんと67倍!!
WEB CARTOP
1700万円超えの「レクサスパトカー」実車展示! 「GT-R&Z」や自衛隊車両も現る!? 佐野アウトレットで開催
1700万円超えの「レクサスパトカー」実車展示! 「GT-R&Z」や自衛隊車両も現る!? 佐野アウトレットで開催
くるまのニュース
ヤマハの原付二種スクーター「JOG125」 2色の新色を採用した2024年モデル発売
ヤマハの原付二種スクーター「JOG125」 2色の新色を採用した2024年モデル発売
バイクのニュース
[音のプロが推す“超納得”スタートプラン]純正プレミアムオーディオの音を予算5万円でガラリと変える!
[音のプロが推す“超納得”スタートプラン]純正プレミアムオーディオの音を予算5万円でガラリと変える!
レスポンス
ダブル連結トラックの問題解決なるか? 専用駐車場予約システムの実証実験が東北道 那須高原SA(上り)ではじまる!
ダブル連結トラックの問題解決なるか? 専用駐車場予約システムの実証実験が東北道 那須高原SA(上り)ではじまる!
くるくら
BMW アルピナ XB7【1分で読める輸入車解説/2023年版】
BMW アルピナ XB7【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
【速報】ヤマハ「YZF-R9」登場の前兆か……欧州で公道版R1の販売終了を予告
【速報】ヤマハ「YZF-R9」登場の前兆か……欧州で公道版R1の販売終了を予告
WEBヤングマシン
全長4.1mのジープ最小コンパクトSUV 新型「アベンジャー」に「4xe」が欧州で登場! これが本命!? オフロード性能を向上した4輪駆動モデル
全長4.1mのジープ最小コンパクトSUV 新型「アベンジャー」に「4xe」が欧州で登場! これが本命!? オフロード性能を向上した4輪駆動モデル
VAGUE
1月乗用車販売ランキング、トヨタ・シエンタとプリウスが1、2位!(SUV・軽自動車を除く販売台数ランキングTOP20・2024年1月)
1月乗用車販売ランキング、トヨタ・シエンタとプリウスが1、2位!(SUV・軽自動車を除く販売台数ランキングTOP20・2024年1月)
カー・アンド・ドライバー
スズキ「最上級スポーツセダン」あった!? 「豪華内装」×6速MTもアリ! 登場時期待されるも今じゃ“ほぼ覆面”のレアモデルとは
スズキ「最上級スポーツセダン」あった!? 「豪華内装」×6速MTもアリ! 登場時期待されるも今じゃ“ほぼ覆面”のレアモデルとは
くるまのニュース
CB400SF&SBとCB1100ファイナルが新車で買えるってマジ?! 本日オープンの「ホンダドリーム市川」で驚きのお宝車両を大発見ッ!!
CB400SF&SBとCB1100ファイナルが新車で買えるってマジ?! 本日オープンの「ホンダドリーム市川」で驚きのお宝車両を大発見ッ!!
WEBヤングマシン
爆売れホンダ最新「5速MTコンパクトカー」に反響続々!? 最小&最安モデル「こういうのでいいんだよ」熱視線集まる「ブリオ」の”国民車”っぷりとは
爆売れホンダ最新「5速MTコンパクトカー」に反響続々!? 最小&最安モデル「こういうのでいいんだよ」熱視線集まる「ブリオ」の”国民車”っぷりとは
くるまのニュース
ホンダ「スーパーカブ C125」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「スーパーカブ C125」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
日本の自動車メーカーは今すぐ「バッテリーEV」にかじを切るべきだ! 業績絶好調&HVシフトの時こそチャンスである
日本の自動車メーカーは今すぐ「バッテリーEV」にかじを切るべきだ! 業績絶好調&HVシフトの時こそチャンスである
Merkmal

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

830.0905.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

65.81653.0万円

中古車を検索
ラングラーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

830.0905.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

65.81653.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村