現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ「アルファード」の弟分「エスクァイア」は今どうなった? 兄弟の「ノアヴォク」と一線を画すオトナの世界観が魅力的でした

ここから本文です

トヨタ「アルファード」の弟分「エスクァイア」は今どうなった? 兄弟の「ノアヴォク」と一線を画すオトナの世界観が魅力的でした

掲載 32
トヨタ「アルファード」の弟分「エスクァイア」は今どうなった? 兄弟の「ノアヴォク」と一線を画すオトナの世界観が魅力的でした

2022年1月で引退となったトヨタ「エスクァイア」

「エスクァイア(Esquire)」……初めてこのクルマの車名を聞いたとき、まず思ったのは「あの雑誌と同名でいいのか!?」ということだった。詳しい事情はまったく知らないが、大のトヨタがやることだから一切なんら問題なく実行できたことだったろうし、そもそも雑誌とクルマというカテゴリー違いのネーミングであれば商標権的にも問題なかったはず。まあ個人的には、すでに世の中で広く知られているネーミングをあえて使う勇気というか判断はなかなか凄いなぁ……などとチラッと思ったものだが。

ハイトワゴンブームはスズキ「ワゴンR」から始まった! 6年で100万台も売れた理由とは

「ノアヴォク」第3の兄弟が目指したのは「ひとつ上」の高級車

 いずれにしてもエスクァイアは、2014年1月に登場した3世代目の「ノア」/「ヴォクシー」とコンポーネンツを共用して生まれた第3の兄弟車として誕生した。ただし登場は「ノアヴォク」からは少し遅れた、同じ2014年10月のこと。

 この際に開催されたプレス向けの試乗会に参加した時のことはよく覚えているが、場所はつい先ごろ残念ながら閉館したという観音崎京急ホテル(2023年に別のホテルにリニューアルされるのだとか)、参加当日は少し冷たい秋雨がそぼ降る午後で、細かな雨粒が試乗車のメッキのフロントグリルについてまとまっては流れていくのを、構えたカメラのファインダー越しに見ていた覚えがある。なのでごく個人的には「妖艶ないしは孤高で憂いを帯びたクルマ」のイメージがあるのだが、既存のノアヴォクとはひと味違う「車型」であるのは理解したことのひとつだった。

 ノアヴォクがすでにあったカテゴリーに登場したエスクァイアは、もちろん当時はトヨペット店に投入する販売店対策のための車種だった。そのために先行2車とはまた違ったキャラクターが与えられたのはご存知のとおりで、このエスクァイアは3車のなかではもっとも「華麗」だったというべきか。最初のカタログの最初の見開きページにコンセプトの表明がある。赤い地色に黒の文字は長時間眺めていると目がチカチカしてくるが、この文面からは「男たち」、「ひとつ上」、そんなワードを拾うことができる。「高級車に新たな選択肢。」ともあり、要するに上級ミニバンの「アルファード」のお手ごろ版といった位置づけでもあった。

超大型フロントグリルは華麗にして威風堂々

 アピアランス上の最大の特徴は、いうまでもなくひとしおの存在感を放ったフロントマスク。フロントグリルでいえばノアヴォクも広大な開口面積だったが、その面積の全面を使ってメッキのパターンを施したエスクァイアのグリルは、とにかく兄貴分たるアルファードに勝るとも劣らない存在感だった。後にタクシーや、アルファード同様に公共施設の送迎車として使われているのを見かけた覚えがあるが、そういう用途にも何となくハマって見えたのは、こうした華麗なフロントグリルに一種のエンターテイメント性がポテンシャルとして潜んでいたからなのかもしれない。

 ちなみにヘッドライトも専用デザインだったが、グリルと一体化し、きわめて自然にエスクァイアのフロントデザインの一要素になっていた。後年、LEDやシグネチャーランプなる好き勝手な(?)デザインが横行することになる前の、今から見れば十分にまっとうでオーソドックスなデザインだった。

 ボディカラーにはシルバーメタリック、ホワイトパールクリスタルシャイン(これ以上ないといった、これぞキラキラネーム?)、オーシャンミントメタリックといった無難なボディ色も用意された。が、やはりイメージなのはボルドーマイカメタリック、スパークリングブラックパールクリスタルシャインなど、ダークで凄みを効かせたボディ色か。ボディ色とのコントラストで超大型フロントグリルのメッキのパターンがひときわ映えるのも印象的だった。

「Francfranc」とタイアップしたシートカバーも用意

 他方でインテリアは、ノアに明るいフロマージュ、ヴォクシーにカラフルなブラッドオレンジといった設定があったのに対し、注文色でバーガンディ&ブラックがあったものの、基本はブラックのモノトーンな雰囲気となっていた。このあたりは渋めの男性ユーザーを想定してのことだったか。

 ただしカタログにはペラのチラシが挟み込んであり、見ると、なんとインテリアショップの「Francfranc(フランフラン)」とタイアップしたボーダー柄のシートカバーなども用意されていた。専用のアクセサリー&カスタマイズカタログも用意があり、見ると、標準よりもより大胆なパターンのグリルやエアロパーツをラインアップ。“KAGEROU”なる商品名のまさに陽炎模様が入ったピラーガーニッシュ、ドアミラーカバーなど、(実車で見た記憶はないが)さぞ際立っていたのだろう。

 ところでエスクァイアには7人乗りのハイブリッド車と、7人または8人乗りの2Lガソリンエンジン車とが用意されていた。ガソリン車には4WD車の設定もあった。用途としてはノアヴォクと同じ、ミドルクラスのファミリー向けミニバンではあった。だが、ノアヴォクには販売台数の点では及ばずとも、生活感を仮面舞踏会的なオブラートで包んだところに一定の支持が集まったような気がする。

こんな記事も読まれています

テスラ「モデルS Plaid」の尋常ではない速さの秘密とは? 全日本電気自動車グランプリでの劇的優勝をレポートします
テスラ「モデルS Plaid」の尋常ではない速さの秘密とは? 全日本電気自動車グランプリでの劇的優勝をレポートします
Auto Messe Web
【F1分析】今年のモナコGPはまさに頭脳戦。角田裕毅とRBの、後方の”隙間”をコントロールする戦術を検証する
【F1分析】今年のモナコGPはまさに頭脳戦。角田裕毅とRBの、後方の”隙間”をコントロールする戦術を検証する
motorsport.com 日本版
50年前に生まれた四角いワゴンがいま話題! 昭和レトロブームと共に「ボルボ240エステート」の人気が急上昇中だった
50年前に生まれた四角いワゴンがいま話題! 昭和レトロブームと共に「ボルボ240エステート」の人気が急上昇中だった
WEB CARTOP
【MotoGP】超絶追い上げで連続表彰台も「あんまり誇れない」とマルケス不満。タイトル奪還への必須条件は、予選の改善?
【MotoGP】超絶追い上げで連続表彰台も「あんまり誇れない」とマルケス不満。タイトル奪還への必須条件は、予選の改善?
motorsport.com 日本版
「日産・ホンダ・三菱・スバル」お願いします! ファンからふつふつと湧き上がるメーカーへの声!!
「日産・ホンダ・三菱・スバル」お願いします! ファンからふつふつと湧き上がるメーカーへの声!!
WEB CARTOP
【ポイントランキング】2024年FIA F2第5戦レース1終了時点/ARTグランプリがランキング最下位に
【ポイントランキング】2024年FIA F2第5戦レース1終了時点/ARTグランプリがランキング最下位に
AUTOSPORT web
國井勇輝、開幕2連勝「チーム100勝目は自分が獲ると自信を持って走った」/2024全日本ロード第3戦SUGO ST1000 決勝
國井勇輝、開幕2連勝「チーム100勝目は自分が獲ると自信を持って走った」/2024全日本ロード第3戦SUGO ST1000 決勝
AUTOSPORT web
提供超っ早!食べても食べても減らない!? 博多でまず食べたい「最速のバスターミナルグルメ」とは
提供超っ早!食べても食べても減らない!? 博多でまず食べたい「最速のバスターミナルグルメ」とは
乗りものニュース
日産、「クリッパートラック」発売 一部改良した「NT100クリッパー」を車名変更
日産、「クリッパートラック」発売 一部改良した「NT100クリッパー」を車名変更
日刊自動車新聞
甲府とは違う…ナゾの「山梨県山梨市」ってどこ? 実は今がアツい「交通超便利エリア」になりそうな街だった!
甲府とは違う…ナゾの「山梨県山梨市」ってどこ? 実は今がアツい「交通超便利エリア」になりそうな街だった!
くるまのニュース
昔ながらの素朴な味に癒される 夜の東名高速「港北PA」で「ワンタンメン」を堪能
昔ながらの素朴な味に癒される 夜の東名高速「港北PA」で「ワンタンメン」を堪能
バイクのニュース
ランボルギーニ・ウルスのプラグインハイブリッドモデル「ウルスSE」が日本デビュー
ランボルギーニ・ウルスのプラグインハイブリッドモデル「ウルスSE」が日本デビュー
カー・アンド・ドライバー
VW ゴルフ にFF最強『GTI クラブスポーツ』を5月31日発表…プロトタイプの写真
VW ゴルフ にFF最強『GTI クラブスポーツ』を5月31日発表…プロトタイプの写真
レスポンス
【VECTRIX】大阪市北区の社会実証実験に3輪BEV「I-Cargo」を運搬作業車両として提供
【VECTRIX】大阪市北区の社会実証実験に3輪BEV「I-Cargo」を運搬作業車両として提供
バイクブロス
全長3.5m! トヨタが「ヤリス」より小さい「MRスポーツカー」を開発! “5速MT×1.8Lターボ”搭載した過激すぎる「お買い物クルマ」とは
全長3.5m! トヨタが「ヤリス」より小さい「MRスポーツカー」を開発! “5速MT×1.8Lターボ”搭載した過激すぎる「お買い物クルマ」とは
くるまのニュース
レッドブル代表、ペレス撃墜クラッシュに対する“無罪判決”に驚き「僚友まで巻き込んだマグヌッセンは賢いと言えない」
レッドブル代表、ペレス撃墜クラッシュに対する“無罪判決”に驚き「僚友まで巻き込んだマグヌッセンは賢いと言えない」
motorsport.com 日本版
春夏ゴルフウェアは機能性で選ぶ!「ルシアン ペラフィネ エフジー」の新作。【クルマとゴルフ】
春夏ゴルフウェアは機能性で選ぶ!「ルシアン ペラフィネ エフジー」の新作。【クルマとゴルフ】
くるくら
車内でも車外でも使えるテーブルが便利! フラットシートも広いスズキ エブリイがベースの軽キャンパー
車内でも車外でも使えるテーブルが便利! フラットシートも広いスズキ エブリイがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB

みんなのコメント

32件
  • ちゅーと半端な車でした。
  • 販売チャンネル統合でいらなくなった車。 フロントを無理矢理高級車風にして販売しタクシー等に使用。 他のチャンネルで売れているワンボックス車がトヨペットが販売する商品がなく上に抗議して造らせた車。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

266.4326.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

77.8398.0万円

中古車を検索
エスクァイアの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

266.4326.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

77.8398.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村