現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキ新型「スイフト」発表へ!? 新エンジン&デザイン採用でどう変わる? 7年ぶり全面刷新の変化とは

ここから本文です

スズキ新型「スイフト」発表へ!? 新エンジン&デザイン採用でどう変わる? 7年ぶり全面刷新の変化とは

掲載 18
スズキ新型「スイフト」発表へ!? 新エンジン&デザイン採用でどう変わる? 7年ぶり全面刷新の変化とは

■新型「スイフト」まもなく登場! 何が進化したのか。

「ジャパンモビリティショー2023」(以下JMS)でコンセプトモデルが展示されたスズキのコンパクトカーである「スイフト」。
 
 コンセプトモデルの市販版で5代目となる新型モデルのティザーサイトが、先日公開となり、いよいよ発売へのカウントダウンが開始となりました。そこで今回は現時点で明らかになっている情報から、新旧スイフトの違いをチェックしてみたいと思います。

【画像】超カッコイイ! 公開された新型「スイフト」を画像で見る(45枚)

 エクステリアのデザインについては、一目でスイフトと分かるスポーティな意匠は継承しつつも、より先進的なデザインとなり、5ナンバーサイズは維持しながらもよりワイド&ローな印象のスタイルとなりました。

 また、旧型ではリアのドアノブをピラー内に目立たないように配してクーペ風のフォルムとしていましたが、新型はフロントドアと同じく、一般的な位置に戻っているのも特徴です。

 インテリアはJMSで実車を確認した人であればお分かりの通り、質感が大きく高められており、エントリーモデルでありながら、所有欲も満たしてくれる仕上がりとなっています。

 また視認性や操作性にも配慮されており、ドライバーが容易に手の届く範囲内に操作スイッチ類を集約。自然な姿勢でのスイッチ操作を可能としているほか、オーディオスペースをインパネ最上部にしたことで視認性を大幅に向上。

 さらに旧型では最大8インチだったモニターも、9インチの大画面を持つディスプレイオーディオを設定し、より高い視認性を実現しています。

 シートはもともとスポーティな走りに定評のあるスイフトだけに、大きく張り出したサイドサポートを持つホールド感の高いものが採用されている点は嬉しいところでしょう。

 搭載されるエンジンは旧型と同じく1.2リッターの排気量を持つ直立4気筒エンジンであることは変わりありませんが、旧型の「K12C」型エンジンから新開発の「Z12E」型エンジンが採用されており、より高効率で燃費性能と走行性能を両立したものとなっているようです。

 また組み合わされるトランスミッションも、1.2リッターエンジン用の高効率な新CVTとなっており、静粛性と燃費性能を両立したほか、軽量化による燃費効率にも貢献しているとのことです。

 そして旧型から引き続き発電効率に優れたISG(モーター機能付発電機)を用いたマイルドハイブリッドシステムも搭載しており、新パワートレインとの組み合わせで走行性能と燃費性能に期待ができそうです。

 先進安全装備はミリ波レーダー、単眼カメラ、超音波センサーの3種類のセンサーで検知エリアや対象を拡大し、安全性能が大幅に進化した「デュアルセンサーブレーキサポートII」を採用。

 さらに、アダプティブハイビームシステムやドライバーモニタリングシステムなどの装備を追加搭載しました。一部グレードには電動パーキングブレーキが装着されたことで、アダプティブクルーズコントロール時に停止保持機能もプラスされました。

 現在明らかとなっているグレードは、上から「HYBRID MZ」、「HYBRID MX」、「XG」となっており、全グレードに2WDとフルタイム4WDの駆動方式を設定。

 トランスミッションはCVTのみとなっているようで、旧型に存在していた3ペダルMT仕様や欧州チューニングの足回りなどが備わる「RS」グレードが追って追加されるのかどうかが気になるところです。

 新型スイフトについては、すでに先行商談がスタートしているので、気になる人は近くのスズキ販売店に足を運んでみてはいかがでしょうか。

こんな記事も読まれています

F1村を離れた前フェラーリF1代表のビノット、イタリア企業テキサ社の新設部門責任者に就任
F1村を離れた前フェラーリF1代表のビノット、イタリア企業テキサ社の新設部門責任者に就任
AUTOSPORT web
なぜインプレッサにはなかったのよ……後年に価値が上がるのは確実!! GRヤリスにオジエ&ロバンペラ仕様登場で再び注目される「WRCチャンピオン」の名を冠した特別モデル!
なぜインプレッサにはなかったのよ……後年に価値が上がるのは確実!! GRヤリスにオジエ&ロバンペラ仕様登場で再び注目される「WRCチャンピオン」の名を冠した特別モデル!
ベストカーWeb
1本のホイールで2度美味しい!「ヴァレンティ」のトヨタ「ハイエース」用のオリジナルホイールとタイヤに注目です
1本のホイールで2度美味しい!「ヴァレンティ」のトヨタ「ハイエース」用のオリジナルホイールとタイヤに注目です
Auto Messe Web
【クシタニ】2024春夏情報!クシタニ最高スペック生地の簡易防水「K-2417 3.0フレキシブルジャケット」ほかを紹介!  
【クシタニ】2024春夏情報!クシタニ最高スペック生地の簡易防水「K-2417 3.0フレキシブルジャケット」ほかを紹介!  
モーサイ
Jeepを見つけたらアヒルを置こう ジープ特別仕様車「Jeep® Wrangler Unlimited Freedom EditionII」を発売
Jeepを見つけたらアヒルを置こう ジープ特別仕様車「Jeep® Wrangler Unlimited Freedom EditionII」を発売
月刊自家用車WEB
【旧車FAN】生まれる時代が早すぎたスポーツカー「CR-X デルソル」
【旧車FAN】生まれる時代が早すぎたスポーツカー「CR-X デルソル」
月刊自家用車WEB
イニシャルDの中里のR32 GT-Rがプラモデルとなって発売!初回生産特典も!
イニシャルDの中里のR32 GT-Rがプラモデルとなって発売!初回生産特典も!
月刊自家用車WEB
2月29日WEC開幕、トヨタ、プジョー、フェラーリ、ポルシェに加え、BMW、ランボルギーニ、アルピーヌも参戦、空前の大激戦【2024 WEC プレビュー】
2月29日WEC開幕、トヨタ、プジョー、フェラーリ、ポルシェに加え、BMW、ランボルギーニ、アルピーヌも参戦、空前の大激戦【2024 WEC プレビュー】
Webモーターマガジン
日産リーフの再生バッテリーを利用したポータブル電源が「防災・減災×サステナブル大賞2024」の「減災サステナブルアワード」最優秀賞を受賞
日産リーフの再生バッテリーを利用したポータブル電源が「防災・減災×サステナブル大賞2024」の「減災サステナブルアワード」最優秀賞を受賞
THE EV TIMES
マクラーレンのノリス、レッドブルやフェラーリとの差を痛感「遠く及ばない」F1プレシーズンテストではチームの進歩を実感
マクラーレンのノリス、レッドブルやフェラーリとの差を痛感「遠く及ばない」F1プレシーズンテストではチームの進歩を実感
motorsport.com 日本版
将来は「福島‐新潟」の近道に! 国道287号「米沢長井道路」3月延伸 接続の梨郷道路と同日開通
将来は「福島‐新潟」の近道に! 国道287号「米沢長井道路」3月延伸 接続の梨郷道路と同日開通
乗りものニュース
レクサス新型「和製スーパーカー」どうなる!? “MT&4WD“の「爆速スポーツカー」に!? 美しすぎる「エレクトリファイドスポーツ」市販版の可能性とは
レクサス新型「和製スーパーカー」どうなる!? “MT&4WD“の「爆速スポーツカー」に!? 美しすぎる「エレクトリファイドスポーツ」市販版の可能性とは
くるまのニュース
アルファ ロメオのミドルSUV「トナーレ」に限定モデル登場 PHEVとMHEVそれぞれに用意
アルファ ロメオのミドルSUV「トナーレ」に限定モデル登場 PHEVとMHEVそれぞれに用意
VAGUE
絶対触れないとダメ? 給油前の静電気除去シート
絶対触れないとダメ? 給油前の静電気除去シート
バイクのニュース
【2024年F1新車情報:フェラーリ】“成功したアイデア”を取り入れたSF-24。新ウイングレットが特徴
【2024年F1新車情報:フェラーリ】“成功したアイデア”を取り入れたSF-24。新ウイングレットが特徴
AUTOSPORT web
高橋巧がJSB1000に復帰、チーム初最高峰。T.Proが日本郵便HondaDreamと日本郵便docomo businessの2024年体制を発表
高橋巧がJSB1000に復帰、チーム初最高峰。T.Proが日本郵便HondaDreamと日本郵便docomo businessの2024年体制を発表
AUTOSPORT web
いいクルマだったなぁ…帰ってきてくれんか…マークXが日本に残した爪痕
いいクルマだったなぁ…帰ってきてくれんか…マークXが日本に残した爪痕
ベストカーWeb
クルマ系MC女子が選ぶ「ジムニー」カスタム3選!「自分の出棺に使って欲しい」クルマなどインパクト重視で選んでみました
クルマ系MC女子が選ぶ「ジムニー」カスタム3選!「自分の出棺に使って欲しい」クルマなどインパクト重視で選んでみました
Auto Messe Web

みんなのコメント

18件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

172.7233.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

6.8389.8万円

中古車を検索
スイフトの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

172.7233.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

6.8389.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村