サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 過激な性能こそ正義だった! 馬力競争が激化した頃のターボ車3選

ここから本文です

■荒削りだったハイパワー車を振り返る

 もともと航空機や船舶用に開発されたターボチャージャーは、1970年代になるとレーシングカーに用いられるようになり、次第に市販車にも搭載されるようになりました。

スープラ並みに速いセダンがあった? 絶滅寸前なスゴいセダン5選

 国産車では1979年に発売された日産「セドリック/グロリア」に初めてターボエンジンが搭載され、そこから一気に他メーカーにも波及し、1980年代になると国産車の高性能化が加速しました。

 ターボエンジンは手軽に高出力化が可能だったことからスポーティなモデルでは定番となり、各メーカー間でパワー競争が勃発し、カタログ上の数字を競うようになります。

おすすめのニュース

サイトトップへ