現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型フォレスターは「新世代スバルデザイン」を象徴する外観がイケてる!! 注目を集める理由はフロントマスクにあった!?

ここから本文です

新型フォレスターは「新世代スバルデザイン」を象徴する外観がイケてる!! 注目を集める理由はフロントマスクにあった!?

掲載 15
新型フォレスターは「新世代スバルデザイン」を象徴する外観がイケてる!! 注目を集める理由はフロントマスクにあった!?

 北米で公開されている新型フォレスターは、現在までのスバル車全般に取り入れられているテイストとは違ったデザインとなっているのが特徴だ。現在のスバルSUVやそれまでのフォレスターとのデザイン上の違いについて分析してみた。

文/ベストカーWeb編集部・渡邊龍生、写真/スバル、フォード、ベストカー編集部

新型フォレスターは「新世代スバルデザイン」を象徴する外観がイケてる!! 注目を集める理由はフロントマスクにあった!?

■ダイナミック×ソリッド+BOLDERからいよいよ脱皮か?

 そもそもスバルデザインの現在の源流は「ダイナミック×ソリッド」がデザインフィロソフィーとなっている。その意味合いは「安心」をイメージさせるソリッドな塊感をベースとし、「愉しさ」を感じさせるダイナミックな躍動感との融合を目指したもの。

2016年登場の先代インプレッサから始まったスバルのデザインフィロソフィー「ダイナミック×ソリッド」

 そのデザインフィロソフィーを初めて採用したコンセプトモデルが2014年のジュネーブショーに出展された「VIZIV 2コンセプト」だった。市販車では2016年に登場した先代5代目インプレッサから初採用されたが、「コの字」デザインのフロントヘッドライトが特徴的だ。

2014年のジュネーブショーに出展されたコンセプトモデル、「VIZIV 2Concept」

 2016年、先代インプレッサをそのデビュー前に取材したのだが、当時スバル商品企画デザイン部長兼商品開発企画部長を務めていた石井守氏に話を聞いたところ、次のように語っていたのが印象的だった。

「目力のあるホークアイヘッドライトの“コの字”を採用していますが、その出自は水平対向エンジンでした。水平対向はもともと飛行機の星形エンジンの一部を切り取った形でして、飛行機が大空を飛ぶという夢、妥協を許さないマシンを作り出す技術者のスピリットを凝縮したものです。ピストンを横から見た時の形がパルスとなった“コの字”なのです」。

 現在もスバル車、レヴォーグ&レヴォーグレイバックをはじめ、レガシィアウトバック、クロストレック、インプレッサ、WRX S4、そして現行フォレスターを含め、この「ダイナミック×ソリッド」は継続採用されている。

[articlelink]

■ダイナミック×ソリッドに「BOLDER」をプラス

2018年のジュネーブショーに出展され、現行型レヴォーグの源流となった「VIZIV ツアラーコンセプト」

 ただし、現在のデザインコンセプトはそれまでのダイナミック×ソリッドという基幹デザインコンセプトに「BOLDER」(大胆な)という概念を新たに追加。どのスバル車もそのアイデンティティであるヘキサゴン(六角形)グリルから始まる強い塊感のあるボディデザインに、愉しさを大胆に表現する特徴的なフェンダーデザインを採用している。

それまでの「ダイナミック×ソリッド」に初めてBOLDERの要素を取り入れたのが現行2代目レヴォーグ

 このBOLDERを最初に採用したモデルは現行型2代目レヴォーグ。前傾デザインのシルエットに加えて後方へ絞り込まれるような塊感のあるデザインと大きく張り出したフェンダーラインを採用している。

 これまでスバルはコンセプトモデルの「VIZIV」シリーズでクロスオーバーモデルをはじめ、SUV、セダン、スポーツツアラーを提案してきている。それが今回の新型フォレスターからテイストがかなり変化しているのがよくわかる。

こんな記事も読まれています

スバル新型「ピックアップ」!? めちゃ斬新な“夢の”新型「フォレスター“トラック”」! 大胆すぎる予想CGが超カッコイイ
スバル新型「ピックアップ」!? めちゃ斬新な“夢の”新型「フォレスター“トラック”」! 大胆すぎる予想CGが超カッコイイ
くるまのニュース
こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】新しいプレミアムSUVスタイルを提案したスカイラインクロスオーバー!
こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】新しいプレミアムSUVスタイルを提案したスカイラインクロスオーバー!
ベストカーWeb
「復活発売」までは間違いない新型プレリュードに「タイプR」は設定されるのか?
「復活発売」までは間違いない新型プレリュードに「タイプR」は設定されるのか?
ベストカーWeb
ビジョン ノイエクラッセは今後のBMWに期待を抱かせるに十分なデザイン! 斬新に見えて伝統も表現されたスタイルをデザインのプロが解説
ビジョン ノイエクラッセは今後のBMWに期待を抱かせるに十分なデザイン! 斬新に見えて伝統も表現されたスタイルをデザインのプロが解説
WEB CARTOP
堂々デザインで衝撃デビュー!! マツダの高級3列シートSUV[CX-80]が魅力の塊! 2024年秋に日本上陸なるか!?
堂々デザインで衝撃デビュー!! マツダの高級3列シートSUV[CX-80]が魅力の塊! 2024年秋に日本上陸なるか!?
ベストカーWeb
スバル新型「最上級SUV」発表! 約800万円の「新モデル」に反響多数!? 全身オシャブルーな「アウトバック プラチナクロス」独に登場
スバル新型「最上級SUV」発表! 約800万円の「新モデル」に反響多数!? 全身オシャブルーな「アウトバック プラチナクロス」独に登場
くるまのニュース
レヴォーグか、 レイバックか、それともアウトバックか? スバルの人気3モデル、絶対に後悔しない選び方のポイントは?
レヴォーグか、 レイバックか、それともアウトバックか? スバルの人気3モデル、絶対に後悔しない選び方のポイントは?
月刊自家用車WEB
トヨタ新型「MR-2」!? ド迫力な「和製スーパーカー」感が超カッコイイ! 流麗ボディの「次期型ミッドシップスポーツカー」を大胆予想したCGとは
トヨタ新型「MR-2」!? ド迫力な「和製スーパーカー」感が超カッコイイ! 流麗ボディの「次期型ミッドシップスポーツカー」を大胆予想したCGとは
くるまのニュース
可憐な[カレン]を知っているか! ST200系セリカの兄弟車は端正なフロントマスクのノッチバッククーペだった!!
可憐な[カレン]を知っているか! ST200系セリカの兄弟車は端正なフロントマスクのノッチバッククーペだった!!
ベストカーWeb
[スポーツセダン]の現行スバル[WRX S4]は乗るといいのはわかるけど……先代型に乗り続けるオーナーがいまだに買い換えないワケ
[スポーツセダン]の現行スバル[WRX S4]は乗るといいのはわかるけど……先代型に乗り続けるオーナーがいまだに買い換えないワケ
ベストカーWeb
ご先祖バカ売れ6代目カローラバン!! その牙城を見事崩した初代プロボックスって冷静にスゴくない!?
ご先祖バカ売れ6代目カローラバン!! その牙城を見事崩した初代プロボックスって冷静にスゴくない!?
ベストカーWeb
世界中で物議を醸した自動車デザイン 20選 今見ると「カッコいい」?
世界中で物議を醸した自動車デザイン 20選 今見ると「カッコいい」?
AUTOCAR JAPAN
おお…カッコいい…ランクル250発表直後に大人気の理由と実力
おお…カッコいい…ランクル250発表直後に大人気の理由と実力
ベストカーWeb
元ホンダ社員も驚き……なんとサイズアップしてきた[新型フリード]! 果たして吉と出るか凶と出るか? 実はライバルのシエンタと逆張り!?
元ホンダ社員も驚き……なんとサイズアップしてきた[新型フリード]! 果たして吉と出るか凶と出るか? 実はライバルのシエンタと逆張り!?
ベストカーWeb
トヨタのサルーンらしい乗り味はかなり上質……イケメンな新型[カムリ]に試乗してわかった「日本導入すべきワケ」 
トヨタのサルーンらしい乗り味はかなり上質……イケメンな新型[カムリ]に試乗してわかった「日本導入すべきワケ」 
ベストカーWeb
ホンダ「オデッセイ タイプR」!? 迫力顔がめちゃカッコイイ! 夢の「最速ミニバン」予想CGを公開
ホンダ「オデッセイ タイプR」!? 迫力顔がめちゃカッコイイ! 夢の「最速ミニバン」予想CGを公開
くるまのニュース
ええええ、クラウンってトラックもあったの!? しかもバカ売れ!! マスターラインの完成度がマジで心鷲掴みだったのよ
ええええ、クラウンってトラックもあったの!? しかもバカ売れ!! マスターラインの完成度がマジで心鷲掴みだったのよ
ベストカーWeb
新型[ランドクルーザー250]正式デビュー!! 注文殺到は必至のデキも気になる[価格]は?
新型[ランドクルーザー250]正式デビュー!! 注文殺到は必至のデキも気になる[価格]は?
ベストカーWeb

みんなのコメント

15件
  • sav********
    これまでにも増してビジーなデザイン。どこにデザインキーがあるのか分からい。
  • wat********
    20年以上スバル乗ってますが、デザインに関しては悪くなっているとしか思えないのは歳なのかなぁ?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

310.2576.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

54.0615.0万円

中古車を検索
レヴォーグの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

310.2576.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

54.0615.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村