サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > トヨタ「GRヤリス」のルーツはセリカ? ノーマルとWRCカーを同時展示【東京オートサロン2020】

ここから本文です

トヨタ「GRヤリス」のルーツはセリカ? ノーマルとWRCカーを同時展示【東京オートサロン2020】

WRC黄金時代の幕開けを告げたモデル

  千葉県・幕張メッセで開催された「東京オートサロン2020」で、衝撃のデビューを飾ったトヨタ「GRヤリス」。その両脇には2台のセリカGT-FOUR(ST165)も展示されていた。往年のWRCウエポンであると同時に、映画に登場して社会現象を巻き起こした名車を改めて紹介したい。

トヨタのWRC最終兵器!GRヤリスがついに初公開【東京オートサロン2020速報】

 すでにご存知の人も多いと思うが、今回アンベールしたGRヤリスは、WRC(世界ラリー選手権)で勝利を得るために生まれたモデルだ。そしてセリカGT-FOURは、1988年にTTE(トヨタ・チーム・ヨーロッパ)がWRCに投入した、GRヤリスのルーツとも呼ぶべきクルマなのだ。

 265psを発揮するエンジン(3S-GTE)とフルタイム4WDシステムを組み合わせ、1990年には日本車として初のドライバーズ・チャンピオンを獲得。以降もST185~ST205とセリカGT-FOURがWRCで活躍し、一般ユーザーにも『セリカ=ラリー』というイメージを浸透させた。

 さらにST165セリカGT-FOURは、1987年に公開された映画『私をスキーに連れてって』に登場したことでも知られている。4WDシステムを活かして雪道を疾走するシーンは特に印象的で、当然ながらセリカの人気はうなぎ上り。

 映画と同じくセリカでスキーに行く若者が急増、社会現象と呼ぶに相応しいブームとなり、いまなお熱烈なファンが多い。なお、東京オートサロン2020で展示された車両は、1990年のサファリ・ラリーで優勝した実車そのもの。WRCホモロゲーションモデルのため正式には『GT-FOUR RC』である。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します