現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > いいクルマだったのに…マークXが消えた理由は「名車だからこそお荷物になるわけにはいかなかった」??

ここから本文です

いいクルマだったのに…マークXが消えた理由は「名車だからこそお荷物になるわけにはいかなかった」??

掲載 55
いいクルマだったのに…マークXが消えた理由は「名車だからこそお荷物になるわけにはいかなかった」??

 2019年12月に生産終了となり、2020年1月に販売終了となったトヨタのミドルクラスセダン「マークX」。マークIIの時代から通算すれば、その歴史は51年にも及び、クラウンとともにトヨタを代表するモデルであったが、惜しまれつつモデル廃止となって4年が経過した。

 クラウンと同じ上級クラスの後輪駆動用プラットフォームを採用し、また2種類のV6エンジンを採用するなどパフォーマンスも高かかったマークX。晩年は販売台数も減っていたが、クラウンのように時代に合わせて変えていく道もあったのではないか、と思う。マークXの名車ぶりを振り返りながら、モデル消滅に至った理由について、考察しよう。

いいクルマだったのに…マークXが消えた理由は「名車だからこそお荷物になるわけにはいかなかった」??

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:TOYOTA、ベストカー編集部

走りがよく、非常にお買い得なクルマだったマークX

 マークXは、初代モデルが2004年11月にデビュー、2代目は2009年10月にデビューし、(冒頭でもご紹介したように)2019年12月まで生産されていた。

 初代マークXの開発コンセプトは「ダイナミック&スタイリッシュFRセダン」。走りを感じさせる躍動的で美しいスタイルと高いハンドリング性能をもつ、新時代の高級スポーティセダンを狙っており、プラットフォームは12代目クラウン(2003年発売)のものを改良して採用。マークII時代より70mmも長い2,850mmのホイールベースでありながら、前後オーバーハングは切り詰めることで、モダンでスタイリッシュなスタイリングを実現するとともに安定感のあるプロポーションで走りのよさをイメージさせていた。

2004年登場の初代マークX。スポーティな走りを想起させるモダンなスタイリングが印象的

 2代目マークXは、さらなるスポーティさを追求してよりスタイリシュなデザインとなり、3.0Lエンジンは3.5Lへと拡大し性能を向上、年々厳しくなる安全性能に対応すべく、VSCやアクティブヘッドレストなどを標準装備。2012年と2016年の2度、ビッグマイナーチェンジを行い、フェイスリフトや装備の見直し、衝突回避支援パッケージの追加などが行われた。

 要所で改編が行われてきたことで、マークXの商品力は、生産終了する直前まで高く維持され、またマークXは、ベーシックなグレードだと265万円程度(2016年マイナーチェンジモデル)から購入することができるなど、意外とお買い得なクルマだった。3.5L V6エンジン(最高出力318PS、最大トルク38.7kgm)を搭載したスポーツグレードの「350RDS」であっても、356万円で購入できたことは、トヨタの最後の良心などともいわれていた。

 初代、2代目とも、マークXは走りの良さが魅力で、54:46という重量バランスや、(当時)新世代の V6エンジンによる安定かつ滑らかでゆとりの走りに加え、ハンドリング性能も素晴らしかった。また2代目の上級グレード「マークX 350S」には、VGRS(ギア比可変ステアリング)」や電子制御サスペンションシステム、車両統合制御システム(VDIM)などが搭載されており、FRらしい走りを安全に堪能することもできた。

2009年に登場した、2代目マークX。よりスポーティで洗練された雰囲気となった

[usedcar-search brand_cd="1010" body_cd="6,11" car_cd="10101063" keyword="マークX" limit=30]

伝統ある名車だからこそ、トヨタの「お荷物」になってはいけなかった

 このように、実力は申し分なかったマークX。ただ、セダン離れの流れに逆らうことはできず、晩年は販売台数が減ってしまっており、2017年には年間の販売台数で1万台をきるという惨状に。かつて、(時代が違うので、単純に比較はできないが)マークIIの時代には、年間20万台以上も売れた実績をもつブランドであり、マークXへの改名によって若返りを果たしてはいたが、セダンボディのままでの「イメチェン」では、ミニバン、そしてSUVへと流れる時代に逆らうことはできなかった。

 クラウンやセンチュリーのように、その名を引き継いで、ボディスタイルを変えていくという方法もあったかもしれないが、そこはやはり、マークXはクラウンやセンチュリーとは立場が違ったのだろう。トヨタとしては、「クラウン」の名はなにがなんでも続けたかったのだろうが、マークXや、こちらも2023年末に生産終了となったラージFFセダンの「カムリ」に関しては、いい具合に(ブランドとして)育ってきたアルファード/ヴェルファイア、そしてハリアーというモデルたちに、マークXやカムリの立ち位置を譲り渡していったほうが、効率がいいと判断されたのだと思う。クルマとしての実力をもち、伝統ある名車だからこそ、トヨタの「お荷物」になってはいけないと、トヨタは考えたのではないだろうか。

2023年末に生産終了となったラージFFセダンの「カムリ」。ただ、いまも世界約100ヶ国で販売が行われており、アジアの新興国では高級車としても人気だ

中古車価格が高騰中

 そんなマークXだが、スポーツ最上級モデルのGRMNの中古車は、中古車業者向けオークションで、R1年式(2000km走行車)が約600万円で落札されるなど、いま中古車価格が高騰している。いまほどトヨタがスポーツカーに力を入れる前の過渡期に投入されたこれらのスポーツモデルは超希少。日本市場の自動車ユーザーの関心が、すっかりセダンから離れていた2010年代に、ここまでスポーティセダンにこだわっていたのは、トヨタのマークXくらいだろう。走りを楽しめる「いいクルマ」が少なくなるのは、クルマ好きとしては寂しいかぎりではあるが、「安くて速くてカッコ良いクルマ」として、日本のクルマ好きにこれからも末永く語りつがれることだろう。

2019年に設定されたGRMNの第二弾バージョン

こんな記事も読まれています

え、軽なのにセルシオ並のシートってマジ!? 超絶斬新だった[ソニカ]が鳴かず飛ばずに終わったワケ
え、軽なのにセルシオ並のシートってマジ!? 超絶斬新だった[ソニカ]が鳴かず飛ばずに終わったワケ
ベストカーWeb
もし今あったらけっこういいかも!!……[珍車]から[名車]まで!! [異端児]と呼ばれたクルマ5選
もし今あったらけっこういいかも!!……[珍車]から[名車]まで!! [異端児]と呼ばれたクルマ5選
ベストカーWeb
トヨタ[新型FRスポーツ]爆誕!! 車重1トンちょいの超絶楽しいクルマ[S-FR]は2026年に登場か!?
トヨタ[新型FRスポーツ]爆誕!! 車重1トンちょいの超絶楽しいクルマ[S-FR]は2026年に登場か!?
ベストカーWeb
こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】新しいプレミアムSUVスタイルを提案したスカイラインクロスオーバー!
こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】新しいプレミアムSUVスタイルを提案したスカイラインクロスオーバー!
ベストカーWeb
ハリアーはなぜ人気が続くのか? 下取り価格がまったく落ちない理由と事情
ハリアーはなぜ人気が続くのか? 下取り価格がまったく落ちない理由と事情
ベストカーWeb
初代レガシィB4たっか!!! ちょっと前なら50万くらいだったのに……B4人気が再びか!?
初代レガシィB4たっか!!! ちょっと前なら50万くらいだったのに……B4人気が再びか!?
ベストカーWeb
元ホンダ社員も驚き……なんとサイズアップしてきた[新型フリード]! 果たして吉と出るか凶と出るか? 実はライバルのシエンタと逆張り!?
元ホンダ社員も驚き……なんとサイズアップしてきた[新型フリード]! 果たして吉と出るか凶と出るか? 実はライバルのシエンタと逆張り!?
ベストカーWeb
旧車の味はハンパない!! 2.8L直6搭載の[初代ソアラ]加速はイマイチ!? トヨタ系企業が提案する[旧車の楽しみ方]
旧車の味はハンパない!! 2.8L直6搭載の[初代ソアラ]加速はイマイチ!? トヨタ系企業が提案する[旧車の楽しみ方]
ベストカーWeb
販売絶好調のトヨタは[ビスタ]のおかげ!? もう消えた[カムリの姉妹車]が偉大すぎた
販売絶好調のトヨタは[ビスタ]のおかげ!? もう消えた[カムリの姉妹車]が偉大すぎた
ベストカーWeb
ええええ、クラウンってトラックもあったの!? しかもバカ売れ!! マスターラインの完成度がマジで心鷲掴みだったのよ
ええええ、クラウンってトラックもあったの!? しかもバカ売れ!! マスターラインの完成度がマジで心鷲掴みだったのよ
ベストカーWeb
名前[カローラツーリング]でいいの!? フィールダーブランドが…見事すぎるサイズ&価格で初代バカ売れだったよね
名前[カローラツーリング]でいいの!? フィールダーブランドが…見事すぎるサイズ&価格で初代バカ売れだったよね
ベストカーWeb
セリカ ランエボ ブルーバード アバルト…… MT車歴60年超の評論家が回顧する 心踊ったMT車たち
セリカ ランエボ ブルーバード アバルト…… MT車歴60年超の評論家が回顧する 心踊ったMT車たち
ベストカーWeb
「復活発売」までは間違いない新型プレリュードに「タイプR」は設定されるのか?
「復活発売」までは間違いない新型プレリュードに「タイプR」は設定されるのか?
ベストカーWeb
可憐な[カレン]を知っているか! ST200系セリカの兄弟車は端正なフロントマスクのノッチバッククーペだった!!
可憐な[カレン]を知っているか! ST200系セリカの兄弟車は端正なフロントマスクのノッチバッククーペだった!!
ベストカーWeb
[破格]ロッキーは170万円で広々空間!! マツダはクラス超えのカッコよさ! 300万円で買えるSUV6選
[破格]ロッキーは170万円で広々空間!! マツダはクラス超えのカッコよさ! 300万円で買えるSUV6選
ベストカーWeb
ご先祖バカ売れ6代目カローラバン!! その牙城を見事崩した初代プロボックスって冷静にスゴくない!?
ご先祖バカ売れ6代目カローラバン!! その牙城を見事崩した初代プロボックスって冷静にスゴくない!?
ベストカーWeb
試乗プレイバック いいクルマだった!! VWゴルフVIIはクラウンより乗り心地がよかったのはウソ偽り誇張じゃない!!
試乗プレイバック いいクルマだった!! VWゴルフVIIはクラウンより乗り心地がよかったのはウソ偽り誇張じゃない!!
ベストカーWeb
3速ATのライフダンクに浜崎あゆみ仕様のゼストスパーク!?!? Nシリーズ前のホンダの軽はなぜ未だに愛されるのか…
3速ATのライフダンクに浜崎あゆみ仕様のゼストスパーク!?!? Nシリーズ前のホンダの軽はなぜ未だに愛されるのか…
ベストカーWeb

みんなのコメント

55件
  • タケゾウ
    何でマークⅡからXに変えたんだろう。
  • 藍流頓瀬奈
    とりたてて凄く燃費がいいとか速いとかはない。
    ぱっと見える華やかな長所が無かった。
    でもね、乗るとすごく素直で乗りやすい。
    カーブはほんと、教習所で習うスローインファーストアウトやると気持ち良く曲がれる。
    なんでTNGAに中・小型FR作れるプラットフォーム作らなかったかな…マークXやプログレ、アルテッツァは大事に育ててほしかった。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

265.7513.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

17.0800.0万円

中古車を検索
マークXの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

265.7513.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

17.0800.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村