現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > めちゃスポーティ! トヨタ新型「ヤリス」エアロでカスタムしたらカッコ良すぎた! ラグジュアリー仕様も登場!

ここから本文です

めちゃスポーティ! トヨタ新型「ヤリス」エアロでカスタムしたらカッコ良すぎた! ラグジュアリー仕様も登場!

掲載 25
めちゃスポーティ! トヨタ新型「ヤリス」エアロでカスタムしたらカッコ良すぎた! ラグジュアリー仕様も登場!

■「GRスポーツ」「モデリスタ」でカスタムした新型ヤリスとは?

 トヨタのコンパクトハッチバック「ヤリス」が一部改良して2024年1月17日に発売されました。
 
 新しいヤリスは、エクステリアデザインを変更。フロントのラジエーターグリルをより躍動感のある洗練された意匠としたことに加え、ボディカラーには新色の「マッシブグレー」を追加しています。

【画像】「えっ…!」これが本気スポーツの新型「ヤリス」です! 画像を見る

 インテリアは、「Zグレード」のシート表皮に合成皮革+ツィード調ファブリックを採用したほか、一部加飾を「ガンメタリック」に変更。

「Xグレード/Uグレード」以外のモデルは、運転席のメーター部分に7インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイを標準装備しました。

 加えて、最新のディスプレイオーディオを搭載し、コネクティッドナビを5年間標準付帯。Xグレードにはナビレディパッケージを設定しています。

 安全装備では「プリクラッシュセーフティ」の検出対象範囲を、交差点での出会い頭時の車両や自動二輪車へ拡大するなど最新の「トヨタセーフティセンス」を搭載しました。

 そんな最新ヤリス向けに、トヨタカスタマイジング&ディベロップメント(TCD)は2種類のカスタムパーツをラインナップします。

 まずひとつ目の「GRパーツ」は、スポーティさが特徴です。

 ボディ両端に装着する「GRフロントスポイラー」は、フロントタイヤをカバーすることで不要な空気抵抗を抑えつつ、フロント側に適切なダウンフォースを発生。

「GRサイドスカート」は意匠面の造形だけでなく車両下面の造形にもこだわることで、車両下面の整流効果によりリヤ側に適切なダウンフォースを発生させ、コーナリング時のロールスピードを穏やかにする効果も期待できます。

 また、「GRリヤサイドスポイラー」は車両後端両側に大きな垂直面を配置することでサイドからの風を流れ受け、コーナリング時のリヤの安定感を向上させます。

 いずれのパーツもツヤ消しブラック塗装にレッドのアクセントカラーを加えたデザインとしつつ、装着時は最低地上高が約22mmから約66mm低下し、新型ヤリスのスポーティさを際立たせました。

 ほかにも、ブラックパーツでヘッドライト周辺を引き締める「GRフロントバンパーガーニッシュ」や、チェッカーフラッグ柄の「GRサイドデカール」、空気の流れを変化させることで直進安定性が向上する「GRエアロタービュレーター」、ピラー付近を流れる流速の高い風に作用し、車両のふらつきを抑えてハンドリング性能の向上「GRスポーツサイドバイザー」など、走行性能を向上させるGRパーツも設定されます。

 もう一方の「モデリスタ」ブランドは、ラグジュアリー志向でプレミアム感あふれるエクステリアパーツを設定。

 フロントスポイラー、サイドスカート、リヤスパッツ、リヤバンパーガーニッシュをセットにした「MODELLISTA エアロパーツセット」は、新型ヤリスの外観をきらびやかな印象に仕立てることができます。

 さらに、メッキのヘッドランプガーニッシュやミラーガーニッシュ、ドアハンドルガーニッシュも用意。より一層ゴージャスな外観へ刷新することが可能です。

 インテリアでは、トリムを木目調に変更できるインテリアパネルセットや、オシャレなキャメル×ネイビー&チェックアクセントのシートカバーといったアイテムも用意されました。

こんな記事も読まれています

“V8”システム搭載のトヨタ最新型「ヴェルファイア」公開! ド迫力の超ベタベタ仕様! ガンメタボディもカッコイイ「特殊仕様」とは
“V8”システム搭載のトヨタ最新型「ヴェルファイア」公開! ド迫力の超ベタベタ仕様! ガンメタボディもカッコイイ「特殊仕様」とは
くるまのニュース
ホンダ新型「ヴェゼル」発売! 斬新“ゴツゴツグリル”の「アクティブスタイル」がカッコいい! アウトドア仕様の反響は?
ホンダ新型「ヴェゼル」発売! 斬新“ゴツゴツグリル”の「アクティブスタイル」がカッコいい! アウトドア仕様の反響は?
くるまのニュース
約230万円のトヨタ新型「スポーツコンパクトカー」発売! 6速MT“のみ”×「専用サス」装着!? めちゃ手軽な「硬派すぎモデル」に評価の声!
約230万円のトヨタ新型「スポーツコンパクトカー」発売! 6速MT“のみ”×「専用サス」装着!? めちゃ手軽な「硬派すぎモデル」に評価の声!
くるまのニュース
ホンダの「ド迫力シャコタンBOX」に反響多数!? 超人気車が「ド迫力ボディ」になっちゃった! 末広がりのゴツ盛りカスタムとは
ホンダの「ド迫力シャコタンBOX」に反響多数!? 超人気車が「ド迫力ボディ」になっちゃった! 末広がりのゴツ盛りカスタムとは
くるまのニュース
スズキの新型「ド迫力軽ワゴン」公開! 驚きの”シャコタン”&エアロ仕様!“スポーティ感”爆上げの「スペーシアカスタム コンプリートカー」233万円から発売へ
スズキの新型「ド迫力軽ワゴン」公開! 驚きの”シャコタン”&エアロ仕様!“スポーティ感”爆上げの「スペーシアカスタム コンプリートカー」233万円から発売へ
くるまのニュース
トヨタが「新カローラ」公開! スポーティ&上質内装採用の「ACTIVE SPORT」反響は? 精悍エアロにも注目!
トヨタが「新カローラ」公開! スポーティ&上質内装採用の「ACTIVE SPORT」反響は? 精悍エアロにも注目!
くるまのニュース
トヨタ「新型ハリアー」そろそろ登場!? 斬新「サメ顔」採用? 「アウトドア仕様」もアリ!? “都会派SUV”のマイナーチェンジどうなるのか
トヨタ「新型ハリアー」そろそろ登場!? 斬新「サメ顔」採用? 「アウトドア仕様」もアリ!? “都会派SUV”のマイナーチェンジどうなるのか
くるまのニュース
トヨタが“ゴリゴリ”すぎる新型「クラウン」お披露目! 車高ガチ上げ「本格オフロード仕様」に採用された斬新「ゴリゴリブラック塗装」とは
トヨタが“ゴリゴリ”すぎる新型「クラウン」お披露目! 車高ガチ上げ「本格オフロード仕様」に採用された斬新「ゴリゴリブラック塗装」とは
くるまのニュース
トヨタ新型「“3ドア”ハッチバック」発売! 300馬力超え「直3」+4WDの爆速仕様! 進化は“全面刷新”並みな「GRヤリス」登場
トヨタ新型「“3ドア”ハッチバック」発売! 300馬力超え「直3」+4WDの爆速仕様! 進化は“全面刷新”並みな「GRヤリス」登場
くるまのニュース
ホンダ「新型最高級ミニバン」登場! 超豪華な「リアシート」も進化! 2年ぶり復活の「新型オデッセイ」何が変わった?
ホンダ「新型最高級ミニバン」登場! 超豪華な「リアシート」も進化! 2年ぶり復活の「新型オデッセイ」何が変わった?
くるまのニュース
5速MTも設定! スズキ“新”「軽トラック」登場! 全車4WDで精悍「ブラック顔」がカッコイイ! めちゃワイルド仕様の「X リミテッド」は何が違う?
5速MTも設定! スズキ“新”「軽トラック」登場! 全車4WDで精悍「ブラック顔」がカッコイイ! めちゃワイルド仕様の「X リミテッド」は何が違う?
くるまのニュース
スズキが新型「ジムニー」発売!  “6年目の刷新”で何が進化した!? カクカクSUV人気続く… 165万円から
スズキが新型「ジムニー」発売! “6年目の刷新”で何が進化した!? カクカクSUV人気続く… 165万円から
くるまのニュース
トヨタ「新型“3列”SUV」世界初公開! ゴツ顔&オシャ内装に進化の「ハイラックスサーフ!?」! 全面刷新で超進化した「4ランナー」米で発表
トヨタ「新型“3列”SUV」世界初公開! ゴツ顔&オシャ内装に進化の「ハイラックスサーフ!?」! 全面刷新で超進化した「4ランナー」米で発表
くるまのニュース
レクサス新型「小さな高級車」登場! 全長4.2m級でちょうど“イイ”サイズ×「豪華内装」採用! 新型「LBX」同じ価格の2モデル 何が違う?
レクサス新型「小さな高級車」登場! 全長4.2m級でちょうど“イイ”サイズ×「豪華内装」採用! 新型「LBX」同じ価格の2モデル 何が違う?
くるまのニュース
トヨタ「新クロスオーバー」発表! 今夏発売「進化クラウン」何が変わる? アップグレード内容とは
トヨタ「新クロスオーバー」発表! 今夏発売「進化クラウン」何が変わる? アップグレード内容とは
くるまのニュース
アンダー250万円! ホンダ新型「カクカクSUV」早くも1万台受注! 低価格&コンパクトな新型「WR-V」何がスゴい?
アンダー250万円! ホンダ新型「カクカクSUV」早くも1万台受注! 低価格&コンパクトな新型「WR-V」何がスゴい?
くるまのニュース
トヨタが新型「“スポーティ”セダン」初公開! コンパクト&迫力エアロの「アクティブ スポーツ」! ワゴンも設定の「新カローラ」が販売店でも話題に
トヨタが新型「“スポーティ”セダン」初公開! コンパクト&迫力エアロの「アクティブ スポーツ」! ワゴンも設定の「新カローラ」が販売店でも話題に
くるまのニュース
アンダー200万円! イチバン安い「新車のミニバン」はどれ? 国産車ではダントツ「超リーズナブルモデル」は“必要にして十分”だった
アンダー200万円! イチバン安い「新車のミニバン」はどれ? 国産車ではダントツ「超リーズナブルモデル」は“必要にして十分”だった
くるまのニュース

みんなのコメント

25件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

150.1235.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

83.9281.1万円

中古車を検索
ヤリスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

150.1235.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

83.9281.1万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村