現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > まさかの「4列“10人乗り”SUV」!? 90馬力エンジン×MT設定のみ! アンダー270万円の「“既視感ありまくり”SUV」…斬新すぎインド車の正体とは

ここから本文です

まさかの「4列“10人乗り”SUV」!? 90馬力エンジン×MT設定のみ! アンダー270万円の「“既視感ありまくり”SUV」…斬新すぎインド車の正体とは

掲載
まさかの「4列“10人乗り”SUV」!? 90馬力エンジン×MT設定のみ! アンダー270万円の「“既視感ありまくり”SUV」…斬新すぎインド車の正体とは

■4列10人乗りの「新型SUV」!? ちょっと信じられない「シティライン」とは

 中国を抜いて人口世界一になったインド。自動車市場としても、2022年新車販売台数で日本を抜き、中国、アメリカに続く世界3位となり、今後も成長が見込まれています。

【画像】「えっ…!」これが”4列10人乗り”の「既視感ありまくりSUV」です!画像で見る(30枚以上)

 そんな有望市場に2023年、スズキが投入した新型「ジムニー5ドア」は日本でも反響を巻き起こしましたが、ほかにもSNSなどで話題を呼んだクルマがあります。それが今回紹介するフォースモーターズの4列10人乗りSUV新型「シティライン」です。

 SNSでは「面白すぎる」「バスみたい!」「これはヤバい…」「欲しい! 子ども8人もいないけど」「10人乗りなら普通免許でも運転できるかな」などのコメントが寄せられました。

 インド ムンバイに本拠を置くフォースモーターズは1958年設立。ドイツメーカーとの提携を通じて成長し、現在のラインナップはバスやトラックなどの小型商用車とSUVです。

 シティラインは、商用車としてラインナップされており、トラック譲りの頑丈なラダーフレーム構造を採用しています。

 ボディサイズは全長5120mm×全幅1818mm×全高2027mm、ホイールベース3050mm。

 どことなくメルセデスベンツ「Gクラス」を思わせる無骨なスタイリングですが、悪路走破性は訴求しておらず、2WDのみの設定。

 それでも最低地上高が一般的な乗用車より高い191mmになっているので、道の整備がまだ十分ではなく、洪水が多いインドではそれなりに頼もしい存在といえそうです。

 シート配列は前から2-3-2-3の4列10人乗り。4列目シート背後にスペースはなく、大人のフル乗車だと、すし詰め状態となります。

 日本で4列10人乗りといえばトヨタ「ハイエース」や日産「キャラバン」、過去を振り返れば三菱「スペースギア」の2WD仕様(最低地上高は4WD仕様より低め)を挙げることができますが、いずれもSUVではありません。

 その点でシティラインはやはりユニークなクルマといえるでしょう。

 パワートレーンは、最高出力90馬力、最大トルク250Nmを発生する2.6リッター直列4気筒ディーゼルエンジン+5速MTのみ。

 車重が3140kgもあること、加えて多人数が乗ることを踏まえると、非力感は否めないでしょう。車両価格は159万3953ルピー(約270万円)です。

 日本では、普通自動車免許で乗車定員10人までのクルマに乗ることができます。ただ、シティラインは安全面などの法規対応が難しいと見られることから、残念ながら日本に正規導入されることはなさそうです。

こんな記事も読まれています

F1中国GPの”ペイント”路面処理、FIAは把握もチームやピレリに知らされず「現地入りして驚いた」
F1中国GPの”ペイント”路面処理、FIAは把握もチームやピレリに知らされず「現地入りして驚いた」
motorsport.com 日本版
車に付いた「花粉」汚れ そのまま“放置”は絶対NG!? きれいなボディに悪影響与えることも… 早めに手入れしたい理由とは
車に付いた「花粉」汚れ そのまま“放置”は絶対NG!? きれいなボディに悪影響与えることも… 早めに手入れしたい理由とは
くるまのニュース
【2024年スーパー耐久をイチから学ぶ】プロとアマチュアの共闘。自動車メーカーも集う日本最大の参加型モータースポーツ
【2024年スーパー耐久をイチから学ぶ】プロとアマチュアの共闘。自動車メーカーも集う日本最大の参加型モータースポーツ
AUTOSPORT web
F1参戦を目指すアンドレッティ、今後数週間のうちにドメニカリCEOや経営陣らとの“重要な”ミーティングを実施へ
F1参戦を目指すアンドレッティ、今後数週間のうちにドメニカリCEOや経営陣らとの“重要な”ミーティングを実施へ
AUTOSPORT web
「どこへでも行き どこででも眠れる」!?  トヨタ新型「ランドクルーザー250」に専用の車中泊ベッドキットが早くも登場!
「どこへでも行き どこででも眠れる」!? トヨタ新型「ランドクルーザー250」に専用の車中泊ベッドキットが早くも登場!
VAGUE
ヘルメットのシールドの曇りは、中性洗剤で解消できる!
ヘルメットのシールドの曇りは、中性洗剤で解消できる!
バイクのニュース
ボルボが超本気出してきた!! 最小クロスオーバー「ボルボEX30」に期待しかない!!
ボルボが超本気出してきた!! 最小クロスオーバー「ボルボEX30」に期待しかない!!
ベストカーWeb
メジャーリーガーは1200人なのにF1はたった20人! 「なるだけ」でも「超狭き門」の世界だった
メジャーリーガーは1200人なのにF1はたった20人! 「なるだけ」でも「超狭き門」の世界だった
WEB CARTOP
5速MTあり! スズキが新型「軽トラック」初公開! “商用モデル”超えた斬新カラー「デニムブルー」も採用! 軽トラ「新型キャリイ」発表
5速MTあり! スズキが新型「軽トラック」初公開! “商用モデル”超えた斬新カラー「デニムブルー」も採用! 軽トラ「新型キャリイ」発表
くるまのニュース
日産、北京モーターショー2024にNEVコンセプトカーを複数出展
日産、北京モーターショー2024にNEVコンセプトカーを複数出展
日刊自動車新聞
レッドブルF1のエイドリアン・ニューウェイにフェラーリとアストンマーティンが高額オファーか
レッドブルF1のエイドリアン・ニューウェイにフェラーリとアストンマーティンが高額オファーか
AUTOSPORT web
【20世紀名車ギャラリー】名匠G・ジウジアーロ作の華麗な造形、1972年式いすゞ117クーペの肖像
【20世紀名車ギャラリー】名匠G・ジウジアーロ作の華麗な造形、1972年式いすゞ117クーペの肖像
カー・アンド・ドライバー
車中泊を快適に! ランドクルーザー250 用ベッドキット登場
車中泊を快適に! ランドクルーザー250 用ベッドキット登場
レスポンス
レッドブルF1、サインツJr.獲得は難しい?「カルロスはアウディから非常に有利なオファーがある」と重鎮マルコ明かす
レッドブルF1、サインツJr.獲得は難しい?「カルロスはアウディから非常に有利なオファーがある」と重鎮マルコ明かす
motorsport.com 日本版
スバル“新”「フォレスター」登場! 上質なブラック内装&精悍グレーがカッコいい! 特別な「最上級モデル」に反響
スバル“新”「フォレスター」登場! 上質なブラック内装&精悍グレーがカッコいい! 特別な「最上級モデル」に反響
くるまのニュース
ナビはOKだけど…?バイクにスマホホルダーを取り付けちゃダメなの?
ナビはOKだけど…?バイクにスマホホルダーを取り付けちゃダメなの?
バイクのニュース
VW、実用的な高級車「ID.7ツアラー」 荷物 "積み放題" の電動ワゴン 約1000万円から受注開始、欧州
VW、実用的な高級車「ID.7ツアラー」 荷物 "積み放題" の電動ワゴン 約1000万円から受注開始、欧州
AUTOCAR JAPAN
ヴァレオが電動化技術を中心に出展へ…北京モーターショー2024
ヴァレオが電動化技術を中心に出展へ…北京モーターショー2024
レスポンス

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

165.4200.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

11.8398.0万円

中古車を検索
ジムニーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

165.4200.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

11.8398.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村