現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メルセデス・ベンツ Sクラスに「S580」追加。V8ツインターボ+ISG搭載の4WDで、ロングボディも用意

ここから本文です

メルセデス・ベンツ Sクラスに「S580」追加。V8ツインターボ+ISG搭載の4WDで、ロングボディも用意

掲載 11
メルセデス・ベンツ Sクラスに「S580」追加。V8ツインターボ+ISG搭載の4WDで、ロングボディも用意

2021年9月3日、メルセデス・ベンツ日本はフラッグシップモデルであるSクラスのトップグレード「S580 4マティック(Mercedes-Benz S580 4MATIC)」、「S580 4マティック ロング(Mercedes-Benz S580 4MATIC Long)」を追加設定し、正規販売店ネットワークで先行予約の受付を開始した。納車は9月以降を予定している。

新型Sクラスのトップグレードとして登場
2021年1月に8年ぶりのフルモデルチェンジでデビューした新型Sクラスは、「現代に求められるラグジュアリー」を再定義した意欲的なモデル、ライバルの一歩先を行く先進性と快適性を併せ持つモデルとして高い評価を受けているが、今回、その新型Sクラスのラインアップに、トップグレードとなる「S580 4マティック」、「S580 4マティック ロング」が追加設定された。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

「S580 4マティック」と「S580 4マティック ロング」は、ともに4L V型8気筒ツインターボエンジンに48V電源システム、ISG(インテグレーテッドスタータージェネレーター)を組み合わせたパワーユニットを搭載したモデル。

エンジン単体の最高出力は503ps(370kW)、最大トルクは700Nmで、低中負荷域で気筒休止する機構も備えているが、このエンジンにさらに最高出力20ps(15kW)、最大トルク208Nmを発生する「ISG」を組み合わせて、エンジン低回転時に動力補助を行うことで、高い効率性と力強い加速を実現する。48V電源システムで回生ブレーキによる発電を行い、約1kWhの容量のリチウムイオンバッテリーに充電を行う。

「ISG」のモーターは シフトチェンジ時にも使用され、エンジンが理想的回転数に達するまでの時間を最小限に抑えるためのアシストも行い、スムーズでタイムラグの少ないシフトチェンジを実現する。

「S580 4マティック」、「S580 4マティック ロング」では、オプションでフルアクティブサスペンションのE-アクティブボディコントロールも設定。これはエアマティックサスペンション(エアサスペンション)のシステムをベースに、4輪それぞれに48V対応のアクチェーターを追加、スプリングレートとダンパーの減衰力を個別制御するというもの。

ステレオカメラで前方の路面のアンジュレーションをモニターし、あらかじめダンパーの減衰力を演算して準備し、タイヤへの初期入力から減衰させるとともに、ばね上にその振動を極力伝えずフラットな乗り心地を提供。30~130km/hで走行時にロールを修正しボディが水平になるよう制御する。

また、E-アクティブボディコントロールには衝突安全性に寄与する機能もあり、側面衝突の可能性があると車両が判断すると、運転席/助手席のバックレストのサイドサポートに内蔵されたエアクッションが膨張してドアと乗員の間をサポートするだけでなく、瞬時に車高を上げて頑強な構造部分であるサイドシルでも衝撃力が受け止められるようする。

メルセデス・ベンツ Sクラスはいつの時代もラグジュアリーカーの指標とされてきたが、今回の両グレードは「現代に求められるラグジュアリー」と「高度な安全性」を追求したモデルといえそうだ。

なお、今回の発表と同時にSクラス全グレードで一部装備を変更するとともに、車両価格も改定。2021年9月配車分より順次適用することも公表されている。

メルセデス・ベンツSクラスの主な装備変更点
・S500 4マティック/S500 4マティックロングに「E-アクティブボディコントロール」を新たにオプション設定
・従来ブラック内装のみの設定だった「MBUXインテリアアシスタント」が、ブラック以外の内装色でも選択可能に
・アクティブアンビエントライトおよび一部オプション装備を廃止

メルセデス・ベンツ Sクラス ラインアップ
S400d 4マティック(3L 直6ディーゼルターボ・右/左ハンドル):1338万円
S500 4マティック(3L 直6ターボ+ISG・右/左ハンドル):1422万円
S580 4マティック(4L V8ツインターボ+ISG・右/左ハンドル):1611万円
S400d 4マティックロング(3L 直6ディーゼルターボ・右/左ハンドル):1690万円
S500 4マティックロング(3L 直6ターボ+ISG・右/左ハンドル):1738万円
S580 4マティックロング(4L V8ツインターボ+ISG・右/左ハンドル):1953万円

メルセデス・ベンツ S580 4マティック 主要諸元
●全長×全幅×全高:5179(5289)×1954×1503mm
●ホイールベース:3106(3216)mm
●車両重量:−kg
●エンジン:V8 DOHCツインターボ+モーター
●総排気量:3982cc
●最高出力:370kW(503ps)/5500rpm
●最大トルク:700Nm/2000−4000rpm
●モーター最高出力:15kW
●モーター最大トルク:180Nm
●トランスミッション:9速AT
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:プレミアム・76L
●WLTCモード燃費:−km/L
●タイヤサイズ:前255/45R19、後285/40R19
●車両価格(税込):1611万円(1953万円)
欧州仕様値。また、()内はS580 4マティックロング。

[ アルバム : S580 4マティック はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

今年で7回目となるドライビングツアー。ランボルギーニの熱狂が沖縄を席巻!「Lamborghini ESPERIENZA GIRO」
今年で7回目となるドライビングツアー。ランボルギーニの熱狂が沖縄を席巻!「Lamborghini ESPERIENZA GIRO」
LE VOLANT CARSMEET WEB
BYD、国内導入初となるセダン「BYD SEAL」を発表
BYD、国内導入初となるセダン「BYD SEAL」を発表
月刊自家用車WEB
「子持ち様」批判は大間違い! 子連れに優しい社会は「独身者」にも優しい社会だ クルマ目線で考える
「子持ち様」批判は大間違い! 子連れに優しい社会は「独身者」にも優しい社会だ クルマ目線で考える
Merkmal
名古屋から豊橋まで無料でノンストップ! 国道23号のバイパス「名豊道路」がもうすぐ全線開通。
名古屋から豊橋まで無料でノンストップ! 国道23号のバイパス「名豊道路」がもうすぐ全線開通。
くるくら
BMWジャパン、MINIの新型「クーパー」に5ドア追加 価格は408万円から
BMWジャパン、MINIの新型「クーパー」に5ドア追加 価格は408万円から
日刊自動車新聞
全長9m! 2000万円級のいすゞ「新型モデル」発表! 6速AMT搭載で「豪華仕様」も設定! 機能向上した「新ガーラミオ」発売
全長9m! 2000万円級のいすゞ「新型モデル」発表! 6速AMT搭載で「豪華仕様」も設定! 機能向上した「新ガーラミオ」発売
くるまのニュース
水と自家栽培にこだわる『coco nora』 佐野ラーメンとアジフライのセットを堪能!!
水と自家栽培にこだわる『coco nora』 佐野ラーメンとアジフライのセットを堪能!!
バイクのニュース
【日本市場にやってくるかも?】 アルピーヌA290 初の電動モデル日本導入を検討
【日本市場にやってくるかも?】 アルピーヌA290 初の電動モデル日本導入を検討
AUTOCAR JAPAN
使い勝手抜群でしかも安い!! プジョーのステーションワゴン[308SW]は70万円で極上車が見つかる!?
使い勝手抜群でしかも安い!! プジョーのステーションワゴン[308SW]は70万円で極上車が見つかる!?
ベストカーWeb
トヨタ現行「スープラ」を痛車に!「RX-7」でスポーツカーに目覚め、AMG「A45」「ランエボX」で痛車仕様にハマったオーナーでした
トヨタ現行「スープラ」を痛車に!「RX-7」でスポーツカーに目覚め、AMG「A45」「ランエボX」で痛車仕様にハマったオーナーでした
Auto Messe Web
よく見るコイルスプリングだけじゃない! 板バネに空気バネなどクルマのサスペンションの「バネ」の種類と特徴
よく見るコイルスプリングだけじゃない! 板バネに空気バネなどクルマのサスペンションの「バネ」の種類と特徴
WEB CARTOP
BYDのBEVスポーツセダン、シールが戦略価格で登場。最初の1000台は495万円から先進性能が楽しめる!
BYDのBEVスポーツセダン、シールが戦略価格で登場。最初の1000台は495万円から先進性能が楽しめる!
カー・アンド・ドライバー
クルマとしての完成度が驚くほど高かった──新型BYDシール試乗記
クルマとしての完成度が驚くほど高かった──新型BYDシール試乗記
GQ JAPAN
角田裕毅「何かがうまく機能しておらず苦戦した」懸命な調整でも解決せず「アップデートへの期待が外れた週末」とチーム
角田裕毅「何かがうまく機能しておらず苦戦した」懸命な調整でも解決せず「アップデートへの期待が外れた週末」とチーム
AUTOSPORT web
米ハーレーの工場が認めたクオリティ! TSC から「洗えるニトリル手袋」が発売(動画あり)
米ハーレーの工場が認めたクオリティ! TSC から「洗えるニトリル手袋」が発売(動画あり)
バイクブロス
ミック・シューマッハー、アルピーヌF1の”選考”テスト参加へ。オコン後任の対立候補ドゥーハンもドライブ予定
ミック・シューマッハー、アルピーヌF1の”選考”テスト参加へ。オコン後任の対立候補ドゥーハンもドライブ予定
motorsport.com 日本版
気を付けるべきことはある? 急ブレーキをせざるを得ない場合の注意点
気を付けるべきことはある? 急ブレーキをせざるを得ない場合の注意点
バイクのニュース
謎の日産「すごいキューブ」!? “イナズマ”グリルが超カッコイイ! めちゃ“斬新”な「小型ハイトワゴン」の正体とは
謎の日産「すごいキューブ」!? “イナズマ”グリルが超カッコイイ! めちゃ“斬新”な「小型ハイトワゴン」の正体とは
くるまのニュース

みんなのコメント

11件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1518.02233.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

30.01930.0万円

中古車を検索
Sクラスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1518.02233.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

30.01930.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村