現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産で一番売れてる「ノート」なぜ派生車がお買い得? 上級仕様でも「オーラ&オーラNISMO」が“割安”といえるワケ

ここから本文です

日産で一番売れてる「ノート」なぜ派生車がお買い得? 上級仕様でも「オーラ&オーラNISMO」が“割安”といえるワケ

掲載 50
日産で一番売れてる「ノート」なぜ派生車がお買い得? 上級仕様でも「オーラ&オーラNISMO」が“割安”といえるワケ

■ノートの「派生車」何がいい?

 新車の開発には膨大なコストを要するため、効率が重視されます。従ってひとつの車種を大量に生産/販売することが理想です。
 
 しかしユーザーのニーズはさまざまですから、1車種を大量に売るのは難しいもの。
 
 そこでエンジンやプラットフォームなどの基本部分を共通化し、複数の車種を開発したり派生車種を造ることで、開発コストを抑えながら幅広いユーザーをカバーするというわけです。

【画像】「えっ…!」これが日産の「上級スポーツハッチ」です! 写真で見る

 現在、日産でもっとも売れているのは小型ハッチバックの「ノート」です。現行モデルは2020年に全面刷新した3代目で、全車がハイブリッドの「e-POWER」専用車となりました。

 そして発売から半年後に、上級車種の「ノートオーラ」を加えています。

 ノートオーラを設定した背景には、日産の国内販売戦略がありました。

 日産はなるべくコストを安く抑えるために、背の高いコンパクトカーやコンパクトミニバンは用意していません。

 また、以前の日産には、コンパクトな「キューブ」や「ティーダ」、「ウイングロード」などがありましたが、すでに廃止されています。

 その代わり、ベーシックなノート、派生車種として上級志向のノートオーラ、スポーティな「ノートオーラNISMO」をそろえて、幅広いユーザーを効率良くカバーする戦略をとったのです。

 しかもノートオーラは価格が割安です。ノートオーラの「G」グレードの価格は269万9400円で、ノートの「X」グレード(229万9000円)に比べると40万400円高いですが、装備も充実。

 車線変更時などの事故を防ぐ後側方衝突防止支援機能、移動物の検知機能を備えた「インテリジェントアラウンドビュモニター」やアルミホイールなど、ノートオーラGにはノートXに設定される27万円相当のメーカーオプションが標準装着されています。

 しかもノートオーラGの内外装はノートXに比べて上質です。ハイブリッドのe-POWERもノートに比べて動力性能が高く、サスペンションの変更で走行安定性も向上させました。

 このようなノートオーラとしての上質な価値が、価格差の40万400円から装備換算額の27万円を引いた約13万円で達成されています。

 両車の価格差は約40万円と大きいですが、ノートオーラはそれ以上の価値をもっており、したがってノートオーラは、“ノートよりも買い得”と判断できるのです。

 そしてノートオーラのグレードで特に注目されるのが、スポーティなNISMOです。

 ノートオーラNISMOの価格は298万1000円ですから、ノートオーラGよりも28万1600円高であるものの、その分プラスされる装備は多岐にわたります。

 外観ではNISMO専用のフロントグリルやエアロパーツが装着され、タイヤサイズは共通ですが、アルミホイールは専用開発されてタイヤもミシュラン・パイロットスポーツ4に強化されました。

 内装でもステアリングホイール、ディスプレイ、シート生地などがNISMO専用です。

 さらにe-POWERを制御するコンピューターやサスペンションのセッティングもNISMO専用のものを採用。走行特性を切り替えるドライブモードは、ベース車のスポーツモードの代わりにNISMOモードを採用して、速度の伸びが良い運転感覚を味わえます。

 ノートオーラNISMOでは、これらのドレスアップやチューニングを全部含めて約28万円で得られるため、ノートシリーズでは最も買い得だといえます。

※ ※ ※

 2024年1月から3月の販売データを見ると、ノートシリーズの43%をノートオーラが占めており、その内の約20%がNISMOでした。

 ノートオーラNISMOは趣味性の強いスポーティグレードですが、割安な価格によって販売台数を増やしたといえます。

 ノートオーラやノートオーラNISMOのような車種を見つけると、高い満足感を割安に得られるのではないでしょうか。

こんな記事も読まれています

日産「新型“小さな高級車”」実車展示! 鮮烈“レッド”がカッコイイ! 3年ぶり刷新で精悍マスクに生まれ変わった新型「ノートオーラ“90th Anniversary”」登場
日産「新型“小さな高級車”」実車展示! 鮮烈“レッド”がカッコイイ! 3年ぶり刷新で精悍マスクに生まれ変わった新型「ノートオーラ“90th Anniversary”」登場
くるまのニュース
トヨタ・ホンダ対抗!? 日産「斬新・小型ミニバン」どんな人が買う? 「車中泊最強かも」 バネットとは
トヨタ・ホンダ対抗!? 日産「斬新・小型ミニバン」どんな人が買う? 「車中泊最強かも」 バネットとは
くるまのニュース
ほぼ200万円! イチバン安い「国産ミニバン」はどんなモデル? 国産車では“ダントツの安さ”でも「十分すぎる装備」のクルマとは
ほぼ200万円! イチバン安い「国産ミニバン」はどんなモデル? 国産車では“ダントツの安さ”でも「十分すぎる装備」のクルマとは
くるまのニュース
日産「定番ミニバン」何がスゴい? e-POWER搭載の「セレナ」が大好評! 発売1年超のSNSでの反響は?
日産「定番ミニバン」何がスゴい? e-POWER搭載の「セレナ」が大好評! 発売1年超のSNSでの反響は?
くるまのニュース
「“モトコンポ”後継機」がホンダ新型「フリード」にシンデレラフィット!? めちゃ使える「新モデル」初公開!
「“モトコンポ”後継機」がホンダ新型「フリード」にシンデレラフィット!? めちゃ使える「新モデル」初公開!
くるまのニュース
日産「小さな高級SUV」実車登場! 約3年ぶり「顔面刷新」で“大胆デザイン“に進化! 豪華内装もイイ「ノート オーテッククロスオーバー」が展示中
日産「小さな高級SUV」実車登場! 約3年ぶり「顔面刷新」で“大胆デザイン“に進化! 豪華内装もイイ「ノート オーテッククロスオーバー」が展示中
くるまのニュース
日産の新型「軽ハイトワゴン」登場! 日本で一番売れてる“超静音”モデル「サクラ」どこが変わった!?
日産の新型「軽ハイトワゴン」登場! 日本で一番売れてる“超静音”モデル「サクラ」どこが変わった!?
くるまのニュース
日産がワイドボディの新型「小さな高級車」登場! 攻めすぎ「斬新デザイン」に賛否両論!? めちゃ存在感ある「新型ノートオーラ」どう思う?
日産がワイドボディの新型「小さな高級車」登場! 攻めすぎ「斬新デザイン」に賛否両論!? めちゃ存在感ある「新型ノートオーラ」どう思う?
くるまのニュース
660ccの新型「小さな高級車」公開! ラグジュアリーすぎる「日産の軽」! 新型「アーバンクロム」発売 約201万円から
660ccの新型「小さな高級車」公開! ラグジュアリーすぎる「日産の軽」! 新型「アーバンクロム」発売 約201万円から
くるまのニュース
日産の新型「コンパクトハッチバック」何が変わった? 目立つのは「顔面刷新」反響は? 発売半年の「ノート」 SUVも追加に
日産の新型「コンパクトハッチバック」何が変わった? 目立つのは「顔面刷新」反響は? 発売半年の「ノート」 SUVも追加に
くるまのニュース
日産の新型「コンパクトSUV」発表! ネットでも反響多数!「私も見に行きたい」の声も! 顔面刷新で”斬新グリル”に変貌の「ノートAUTECHクロスオーバー」登場
日産の新型「コンパクトSUV」発表! ネットでも反響多数!「私も見に行きたい」の声も! 顔面刷新で”斬新グリル”に変貌の「ノートAUTECHクロスオーバー」登場
くるまのニュース
時代を超えた「ご長寿モデル」! 登場から“60年以上”続く「すごいクルマ」も存在! 長く愛されている「国産ロングセラー車」3選
時代を超えた「ご長寿モデル」! 登場から“60年以上”続く「すごいクルマ」も存在! 長く愛されている「国産ロングセラー車」3選
くるまのニュース
277万円! 日産の新型「小さな高級車」発表に反響多数!? 「買っていい?」「欧州風で好き」 顔面刷新の「ノートオーラ」は話題の”海外展開車”にも似てる!?
277万円! 日産の新型「小さな高級車」発表に反響多数!? 「買っていい?」「欧州風で好き」 顔面刷新の「ノートオーラ」は話題の”海外展開車”にも似てる!?
くるまのニュース
人気がスゴい!? 200万円台からもあるデザイン色々なミドルミニバン3選
人気がスゴい!? 200万円台からもあるデザイン色々なミドルミニバン3選
くるまのニュース
ホンダの最新「ボタン式シフト」なぜ新型「フリード」に非採用? ハイブリッドでも“普通のシフトレバー”を装備するワケ
ホンダの最新「ボタン式シフト」なぜ新型「フリード」に非採用? ハイブリッドでも“普通のシフトレバー”を装備するワケ
くるまのニュース
日産「GT-Rワゴン」登場!? R34フェイス×R33 5速MT搭載!? “謎の日産車”の正体とは
日産「GT-Rワゴン」登場!? R34フェイス×R33 5速MT搭載!? “謎の日産車”の正体とは
くるまのニュース
トヨタ高級SUV「ハリアー」なぜ人気? スタイリッシュデザイン×高級内装採用! 2年刷新無くも売れている… 312万円から価格も魅力か
トヨタ高級SUV「ハリアー」なぜ人気? スタイリッシュデザイン×高級内装採用! 2年刷新無くも売れている… 312万円から価格も魅力か
くるまのニュース
ホンダ「新型ヴェゼル」登場! “3年ぶり刷新”でどんな人が買ってる!? イチバン人気は「最上級仕様」! 購入ユーザーの特徴は
ホンダ「新型ヴェゼル」登場! “3年ぶり刷新”でどんな人が買ってる!? イチバン人気は「最上級仕様」! 購入ユーザーの特徴は
くるまのニュース

みんなのコメント

50件
  • mj_********
    売れてるって書いてあるけど、いわゆる小型車がノートしかない。日産しか買えない人はノートを選ぶしかない。
  • onc********
    ノート以外に
    日産車のコンパクトカー、及び普通車ってあるのか?
    ああ、リーフがあったか!
    サニー、ローレル、パルサー等
    懐かしの日産車。
    何故無くした!
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

144.8268.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

5.5298.9万円

中古車を検索
ノートの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

144.8268.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

5.5298.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村