現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「荷台が伸びる!」 ダイハツ「斬新軽トラ」登場! 鮮烈レッド×ド派手“ロングボディ”化したハイゼットトラックを実車展示

ここから本文です

「荷台が伸びる!」 ダイハツ「斬新軽トラ」登場! 鮮烈レッド×ド派手“ロングボディ”化したハイゼットトラックを実車展示

掲載 更新 9
「荷台が伸びる!」 ダイハツ「斬新軽トラ」登場! 鮮烈レッド×ド派手“ロングボディ”化したハイゼットトラックを実車展示

■オートサロンで公開の「荷台伸びる軽トラ」とほぼ一緒!

 ダイハツ車のカスタムブランドであるD-SPORTは2023年11月16日から19日まで開催されたFIA世界ラリー選手権(WRC)最終戦「ラリージャパン」会場の豊田スタジアム(愛知県豊田市)内で、「ハイゼット ジャンボ エクステンド」を実車展示しました。
 
 2023年1月末に開催された「東京オートサロン」で披露されていたコンセプトカーと類似する、斬新な機構が搭載されています。

【画像】「えっ…!」 これが「荷台が伸びる軽トラ」です! (37枚)

 ハイゼット ジャンボ エクステンドは軽トラック「ハイゼット トラック」のキャビン後部を延長した「ジャンボ」モデルをベースにカスタマイズされたモデルです。

 エクステリアは鮮やかなレッドとブラックの2トーンに塗装されており、アルミホイールはレイズ「ボルクレーシング」ホイールを装着。

 シートもブラック×レッドカラーで「D-SPORT」の刺繍が施されるなど、スポーティな装いで、ラリージャパンに出場した「コペンGRスポーツ」と同様のカラーリングとなっています。

 通常荷台となる部分はキャノピーが装備され、テールゲート付きのパネルバンのような箱型の形状となっています。

 キャノピーには荷物を出し入れするドアが設けられており、ラリー競技をサポートする工具などが積載されていました。

 さらに、このハイゼット ジャンボ エクステンドは、キャノピーが後部に向かってスライドし空間が拡張するという、極めて斬新な機構が採用されています。

 実はこの機構は、2023年1月の東京オートサロンでダイハツが出展していたコンセプトカー「ハイゼットトラック ジャンボ エクステンド」とほぼ同一で、公開時には車中泊やキャンプユーザーから熱い視線が注がれていました。

 伸びしろは1200mmでこの点もコンセプトカーと同じですが、構造は少し異なっており、屋根だけが伸びる形になっています。

 テールゲートにはカーテンが装備され、屋根が伸びた状態で3面全てを下ろすと幕を下ろしたタープテントのように、完全なプライベート空間が生まれます。

 実際に公道を走れるモデルとして製作し、ラリージャパン会場内で公開した理由について、ダイハツの芝垣 登志男氏は以下のように話しています。

「ハイゼット ジャンボ エクステンドは、コンセプトカーと同じ世界観を持っていますが、今回はラリー仕様の『コペンGRスポーツ』と同じ仕様になっています。

 オートサロンでの公開後に、社内で『(実際に公道を)走れるほうがいいよね』という話があり、せっかくラリージャパンに出るのなら作っちゃおうということで製作しました」

 さらに、ラリージャパンで披露した背景について、このように説明します。

「最初はコンセプトカーと同じくトランポ(運搬専用車)にするつもりでしたが、ラリーをやっている方に話を聞くと、(現地では)着替えなどをするプライベート空間がないということを知り、それを解決するためにこうしたものを製作しました。

 実際に使ってみると、昨日(ラリージャパン開催初日)は風も強かったのでとても便利で作ってよかったなと思います。

 テントのように使えるので、着替えだけではなくて、さっきもこの中でご飯を食べたんですが、キャンプとかほかの使い道も結構あるなと感じました」

 なお、このハイゼット ジャンボ エクステンドはこの1台のみということで、市販化についても未定としながらも、「販売してほしいという声があればもしかしたら実現するかもしれません」と話しています。

こんな記事も読まれています

【セミナー見逃し配信】※プレミアム会員限定「バイオ燃料/水素/合成燃料の市場・技術動向と次世代パワーユニット将来予測」
【セミナー見逃し配信】※プレミアム会員限定「バイオ燃料/水素/合成燃料の市場・技術動向と次世代パワーユニット将来予測」
レスポンス
調査結果は“潔白”。レッドブルのホーナー代表、従業員に対する不適切行為の証拠見つからず
調査結果は“潔白”。レッドブルのホーナー代表、従業員に対する不適切行為の証拠見つからず
motorsport.com 日本版
トヨタ新型「商用バン」登場! 6速MT&前席3人掛けも!? 新型「プロエース」英で発売!約570万円から
トヨタ新型「商用バン」登場! 6速MT&前席3人掛けも!? 新型「プロエース」英で発売!約570万円から
くるまのニュース
世界GP王者・原田哲也のバイクトーク Vol.116「さすがのマルケスも、’23年型マシンでは限界が見えた?」
世界GP王者・原田哲也のバイクトーク Vol.116「さすがのマルケスも、’23年型マシンでは限界が見えた?」
WEBヤングマシン
ホンダ、新型FCV 今夏発売 燃料電池システム一新 外部からの充電も
ホンダ、新型FCV 今夏発売 燃料電池システム一新 外部からの充電も
日刊自動車新聞
ミック・シューマッハー、アルピーヌでのF1マシン走行は「無し」。ファミン代表が明言
ミック・シューマッハー、アルピーヌでのF1マシン走行は「無し」。ファミン代表が明言
motorsport.com 日本版
ドイツ人も👍細部にわたって改良された新型「トヨタ ヤリス ハイブリッド」その性能と評価!
ドイツ人も👍細部にわたって改良された新型「トヨタ ヤリス ハイブリッド」その性能と評価!
AutoBild Japan
後席のシートベルト 大半が今でも「未着用」 違反にならずとも「致命的な傷害」の可能性も… シートベルト“着けない”のは何が危険?
後席のシートベルト 大半が今でも「未着用」 違反にならずとも「致命的な傷害」の可能性も… シートベルト“着けない”のは何が危険?
くるまのニュース
GRヤリスは「AT」もすげぇ!! ドラテクの差が明白に!? 進化版GRヤリス&GRカローラ雪上イッキ乗り
GRヤリスは「AT」もすげぇ!! ドラテクの差が明白に!? 進化版GRヤリス&GRカローラ雪上イッキ乗り
ベストカーWeb
都バス100周年イベントに参加したら人気っぷりがヤバイ! シークレットツアーの抽選倍率はなんと67倍!!
都バス100周年イベントに参加したら人気っぷりがヤバイ! シークレットツアーの抽選倍率はなんと67倍!!
WEB CARTOP
1700万円超えの「レクサスパトカー」実車展示! 「GT-R&Z」や自衛隊車両も現る!? 佐野アウトレットで開催
1700万円超えの「レクサスパトカー」実車展示! 「GT-R&Z」や自衛隊車両も現る!? 佐野アウトレットで開催
くるまのニュース
ヤマハの原付二種スクーター「JOG125」 2色の新色を採用した2024年モデル発売
ヤマハの原付二種スクーター「JOG125」 2色の新色を採用した2024年モデル発売
バイクのニュース
[音のプロが推す“超納得”スタートプラン]純正プレミアムオーディオの音を予算5万円でガラリと変える!
[音のプロが推す“超納得”スタートプラン]純正プレミアムオーディオの音を予算5万円でガラリと変える!
レスポンス
ダブル連結トラックの問題解決なるか? 専用駐車場予約システムの実証実験が東北道 那須高原SA(上り)ではじまる!
ダブル連結トラックの問題解決なるか? 専用駐車場予約システムの実証実験が東北道 那須高原SA(上り)ではじまる!
くるくら
BMW アルピナ XB7【1分で読める輸入車解説/2023年版】
BMW アルピナ XB7【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
【速報】ヤマハ「YZF-R9」登場の前兆か……欧州で公道版R1の販売終了を予告
【速報】ヤマハ「YZF-R9」登場の前兆か……欧州で公道版R1の販売終了を予告
WEBヤングマシン
全長4.1mのジープ最小コンパクトSUV 新型「アベンジャー」に「4xe」が欧州で登場! これが本命!? オフロード性能を向上した4輪駆動モデル
全長4.1mのジープ最小コンパクトSUV 新型「アベンジャー」に「4xe」が欧州で登場! これが本命!? オフロード性能を向上した4輪駆動モデル
VAGUE
1月乗用車販売ランキング、トヨタ・シエンタとプリウスが1、2位!(SUV・軽自動車を除く販売台数ランキングTOP20・2024年1月)
1月乗用車販売ランキング、トヨタ・シエンタとプリウスが1、2位!(SUV・軽自動車を除く販売台数ランキングTOP20・2024年1月)
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

9件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

96.3152.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0590.8万円

中古車を検索
ハイゼットトラックの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

96.3152.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0590.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村