現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レクサス CT新型プリウスベースで復活!? 24年登場でSUV仕立てか?

ここから本文です

レクサス CT新型プリウスベースで復活!? 24年登場でSUV仕立てか?

掲載 22
レクサス CT新型プリウスベースで復活!? 24年登場でSUV仕立てか?

 2011年に登場したレクサスのエントリーモデル「CT」。2022年10月に惜しまれつつ生産を終了したCTだが、その後継車が2024年に新型プリウスをベースとして登場するという!! スタイルはSUVテイストを加味したクロスオーバー・ハッチバックだ!!

※本稿は2023年1月のものです
文/ベストカー編集部、予想CG/ベストカー編集部、写真/LEXUS、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2023年2月10日号

レクサス CT新型プリウスベースで復活!? 24年登場でSUV仕立てか?

■新型プリウスをベースに走りのよさをアピールする!!

●レクサス CT後継車(2024年登場予定)

CT後継車はライバルとなるプレミアムブランドのCセグに負けないレベルに仕立てられる

 2011年にレクサスのエントリーモデルとして誕生し、2022年10月に生産を終了した「CT」。だが、このCTに代わるクロスオーバーモデルの開発がすでに進んでいる。UXのようなSUVとは別のクロスオーバー・ハッチバックの後継車へとCTは生まれ変わるのだ。

 ベースとなるのは新型プリウスで、車体構造をはじめとしたプラットフォームは第二世代TNGAに進化。

CTの次期モデルはUXと統合される情報もあったが、UXとは別のクロスオーバーに生まれ変わる

 さらに見どころとなるのがパワーユニット。ハイブリッド、PHEV、そしてEVもラインナップする。販売の中心となるのは新型プリウスに搭載される2Lハイブリッドだが、EVは特に欧州でのニーズの高まりを視野に入れて開発が進められているという。

 今、クロスオーバーモデルは世界のトレンド。そのCT後継車の誕生で、レクサスに新たな風が吹くことになる。

●レクサス CT後継車 予想スペック
・全長:4340mm
・全幅:1765mm
・全高:1460mm
・ホイールベース:2610mm
・車両重量:1440kg
・パワーユニット:2L、直4DOHC+モーター
・最高出力/最大トルク:150ps/21.0kgm
・モーター最高出力:113ps(システム出力:193ps)
・トランスミッション:電気式無段変速機
・予想価格:420万~600万円

こんな記事も読まれています

終盤3度の接触で大勝ムードが一転、予定外のピットも。「本当に苦労した」と開幕戦優勝のエストーレ
終盤3度の接触で大勝ムードが一転、予定外のピットも。「本当に苦労した」と開幕戦優勝のエストーレ
AUTOSPORT web
ホンダ新型「和製スーパーセダン」登場! 斬新すぎる“2ドア仕様”に称賛の声! 2026年市販化もある「サルーン」とは
ホンダ新型「和製スーパーセダン」登場! 斬新すぎる“2ドア仕様”に称賛の声! 2026年市販化もある「サルーン」とは
くるまのニュース
【特集「やっぱりドイツ車が好き!」(6)】巧妙なるシナリオ作り。楽しむ世界観の多様性【ポルシェ 911ダカール/911 GT3 RS】
【特集「やっぱりドイツ車が好き!」(6)】巧妙なるシナリオ作り。楽しむ世界観の多様性【ポルシェ 911ダカール/911 GT3 RS】
Webモーターマガジン
4/6開催のジャパンラグビー リーグワン「静岡ブルーレヴズ vs. 三重ホンダヒート戦」でバイクイベント開催決定!/ライダー無料招待キャンペーンを実施
4/6開催のジャパンラグビー リーグワン「静岡ブルーレヴズ vs. 三重ホンダヒート戦」でバイクイベント開催決定!/ライダー無料招待キャンペーンを実施
バイクブロス
ブガッティの新型ハイパーカー、V16ハイブリッド搭載 6月発表
ブガッティの新型ハイパーカー、V16ハイブリッド搭載 6月発表
レスポンス
初代CX-5に先代フォレスター!! 日常の足から遊びまで超万能!! 100万円以内で買えちゃうおススメ中古SUV6選
初代CX-5に先代フォレスター!! 日常の足から遊びまで超万能!! 100万円以内で買えちゃうおススメ中古SUV6選
ベストカーWeb
EVはタイヤ交換地獄? ユーザーリポートから見えてきた単純明快な真実、北米計算では「2か月に1回」の可能性も
EVはタイヤ交換地獄? ユーザーリポートから見えてきた単純明快な真実、北米計算では「2か月に1回」の可能性も
Merkmal
【F1開幕戦バーレーンGP決勝の要点】 中位争いで輝き見せた新体制の小松ハース。今年はロングランにも手応えあり
【F1開幕戦バーレーンGP決勝の要点】 中位争いで輝き見せた新体制の小松ハース。今年はロングランにも手応えあり
AUTOSPORT web
最速レッドブルはまだまだ遠い。フェラーリF1代表、昨年の開幕戦からタイムギャップ半減も「少し複雑な気持ち」
最速レッドブルはまだまだ遠い。フェラーリF1代表、昨年の開幕戦からタイムギャップ半減も「少し複雑な気持ち」
motorsport.com 日本版
約200万円で打倒アルトワークス!!? 車重710kg+MTの「ミライースターボ」が魅せた激走
約200万円で打倒アルトワークス!!? 車重710kg+MTの「ミライースターボ」が魅せた激走
ベストカーWeb
2024年の新製品が登場! クルマの美しさを追求するソフト99の新製品が注目を集める
2024年の新製品が登場! クルマの美しさを追求するソフト99の新製品が注目を集める
レスポンス
【マットモーターサイクルズ】大阪・東京・名古屋モーターサイクルショー2024にニューモデル「DRK-01 125/250」を出展
【マットモーターサイクルズ】大阪・東京・名古屋モーターサイクルショー2024にニューモデル「DRK-01 125/250」を出展
バイクブロス
フェルスタッペン、開幕戦でグランドスラム「これほど完璧な日はめったにない。マシンと一体になれた」レッドブルF1
フェルスタッペン、開幕戦でグランドスラム「これほど完璧な日はめったにない。マシンと一体になれた」レッドブルF1
AUTOSPORT web
国道254号に代わる「7km近道バイパス」ついに全通へ!「関越IC‐寄居」に新まっすぐルート誕生
国道254号に代わる「7km近道バイパス」ついに全通へ!「関越IC‐寄居」に新まっすぐルート誕生
乗りものニュース
1000万円超え! 20年以上前の三菱「ランエボ」が超高額落札!? 豪で新車価格の5倍になった「激レア個体」の正体とは
1000万円超え! 20年以上前の三菱「ランエボ」が超高額落札!? 豪で新車価格の5倍になった「激レア個体」の正体とは
くるまのニュース
【角田裕毅F1第1戦分析】入賞を逃した第一の原因はライバルの先行を許したピット戦略か。チームオーダーで状況が悪化
【角田裕毅F1第1戦分析】入賞を逃した第一の原因はライバルの先行を許したピット戦略か。チームオーダーで状況が悪化
AUTOSPORT web
海を渡ったマツダ「コスモスポーツ」が1660万円で落札! 仏で新車で販売された唯一現存する個体は、メディアで引っ張りだこの1台でした
海を渡ったマツダ「コスモスポーツ」が1660万円で落札! 仏で新車で販売された唯一現存する個体は、メディアで引っ張りだこの1台でした
Auto Messe Web
【正式結果】2024年WEC第1戦カタール 決勝
【正式結果】2024年WEC第1戦カタール 決勝
AUTOSPORT web

みんなのコメント

22件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

386.9488.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.9410.0万円

中古車を検索
CTの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

386.9488.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.9410.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村