現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 斬新顔なトヨタ新型「4ドアセダン」登場! 約7年ぶりの全面刷新!? 複数の顔を持つ「カムリ」に寄せられた声

ここから本文です

斬新顔なトヨタ新型「4ドアセダン」登場! 約7年ぶりの全面刷新!? 複数の顔を持つ「カムリ」に寄せられた声

掲載 7
斬新顔なトヨタ新型「4ドアセダン」登場! 約7年ぶりの全面刷新!? 複数の顔を持つ「カムリ」に寄せられた声

■新型カムリがアメリカで登場! 日本の販売店への反響は?

 トヨタの米国法人は、新型「カムリ」を2023年11月15日に発表。数日後には中国でも同様に新型カムリがお披露目されています。
 
 一方で日本においては現行モデルの年内生産終了が発表されていのみです。
 
 そんな新型カムリに対して、日本のトヨタ販売店にはどのような反響が寄せられているのでしょうか。

【画像】「えっ…!」何が変わった? めちゃカッコいい! トヨタ新型「カムリ」を画像で見る(50枚以上)

 カムリは1980年に「セリカカムリ」のセダンモデルとして登場しました。

 1982年に登場した2代目からはカムリとして登場し、10代目となる現行モデルは2017年にデビューしています。

 一方で冒頭の通り米国や中国では共に9代目となる新型カムリが発表されました。

 しかし、日本では11代目となる新型カムリに関して正式なアナウンスはありません。

 また10代目となる現行モデルの終了発表時には「長い間たくさんのお客様にご愛顧いただきました。誠にありがとうございました。」とアナウンス。

 そのことから日本での11代目(海外では9代目)が導入される見込みは薄いと言えます。

 そんな世界的にセダンの市場が縮小傾向にあると言われているなか、北米での人気は継続して高いことから、今回の新モデルの導入に至っていると考えられます。

 米国や中国ではカムリは人気の高いモデルです。

 最新のトヨタ車に共通する「コの字ヘッドライト」を採用するデザインのフロントフェイスとなっています。

 インテリアでは、インパネの中央には12.3インチディスプレイオーディオを配置し、ダッシュボードは水平基調となっています。

 走行モードは「エコ/ノーマル/スポーツ/EV」を状況に応じて変えることが可能です。

 パワートレインは、2.5リッター直列4気筒エンジン+モーターを組み合わせた最新のトヨタハイブリッドを搭載。FFモデルは225馬力、4WDモデルは232馬力の最高出力を発揮します。

 そんな新型カムリについて、販売店にはどのような反響が寄せられているのでしょうか。

 関東圏のトヨタ販売店担当者は、次のように話します。

「新型カムリは北米や中国での発表となっており、現時点で日本に導入されるか否かは何も情報が入ってきておりません。

 お客様からもお問い合わせをいただくことは多くはありません。

 興味がある人からは『デザインを気に入った』という声が聞かれます」

 また、関西圏のトヨタ販売店担当者は、次のように話します。

「新型のカムリは国内向けに発表されているモデルではないため、お問い合わせ等はいただいてもお答えできない状況です。

 先代モデルは個人のお客様をはじめ、『タクシーで使いたい』というお客様からの問合せを頂いていました。

 新型モデルに対しても『タクシーなどの法人利用を考えたい』というお客様はいらっしゃるかもしれません」

※ ※ ※

 SNSでは、新型カムリに対して「カムリかっこよくなったな。ハンマーヘッドいい」「日本に来ないのが残念」など、好意的なユーザーのコメントが見受けられます。

 ファンからの熱いコメントが集まっているのを拝見すると、セダンの需要が完全になくなったわけではないように思えます。

 11代目となる新型カムリはいつの日か日本市場に導入されるのか、期待が寄せられます。

こんな記事も読まれています

ショウエイ、『GT-Air3 REALM』『Glamster HEIWA MOTORCYCLE』の新色を2024年5月に発売
ショウエイ、『GT-Air3 REALM』『Glamster HEIWA MOTORCYCLE』の新色を2024年5月に発売
AUTOSPORT web
攻めの姿勢貫く王者レッドブルF1にライバルは驚きと賞賛。マクラーレン代表「あれだけ成功したのにマシン形状を変えるとは」
攻めの姿勢貫く王者レッドブルF1にライバルは驚きと賞賛。マクラーレン代表「あれだけ成功したのにマシン形状を変えるとは」
motorsport.com 日本版
なぜ注目? 可愛いだけじゃない、2人乗り超小型車 「iPad的」な存在価値
なぜ注目? 可愛いだけじゃない、2人乗り超小型車 「iPad的」な存在価値
AUTOCAR JAPAN
トヨタの「新たなクラウン」登場へ! “豪華”オシャレ内装と斬新ハニカムグリルがカッコイイ! 広大トランク採用「シグニア」米国披露に反響
トヨタの「新たなクラウン」登場へ! “豪華”オシャレ内装と斬新ハニカムグリルがカッコイイ! 広大トランク採用「シグニア」米国披露に反響
くるまのニュース
BYD、日本と同じ3車種のEV投入へ…インドネシアモーターショー2024
BYD、日本と同じ3車種のEV投入へ…インドネシアモーターショー2024
レスポンス
442馬力の小型電動SUV ボルボ、新EV「EC40」発表 高性能ソフトウェア追加
442馬力の小型電動SUV ボルボ、新EV「EC40」発表 高性能ソフトウェア追加
AUTOCAR JAPAN
トヨタ「ハイエース」ベースの「Carica」にキャンピングカー仕様が加わった! アルパインスタイルのお洒落な角目4灯スタイルにゾッコンです
トヨタ「ハイエース」ベースの「Carica」にキャンピングカー仕様が加わった! アルパインスタイルのお洒落な角目4灯スタイルにゾッコンです
Auto Messe Web
中上貴晶、昨年から約2秒更新。24年型RC213Vの可能性を実感「数カ月前と比較すると決定的」/カタール公式テスト
中上貴晶、昨年から約2秒更新。24年型RC213Vの可能性を実感「数カ月前と比較すると決定的」/カタール公式テスト
AUTOSPORT web
“不適切にもほどがある”エネオス、女性にセクハラでまたまた子会社会長解任[新聞ウォッチ]
“不適切にもほどがある”エネオス、女性にセクハラでまたまた子会社会長解任[新聞ウォッチ]
レスポンス
キャンプやブッシュクラフトで活躍する耐切創グローブ「LOGOS カットプロテクトグローブ」がロゴスから発売!
キャンプやブッシュクラフトで活躍する耐切創グローブ「LOGOS カットプロテクトグローブ」がロゴスから発売!
バイクブロス
SW モテックの XSR125(24)用カスタムパーツがアクティブから発売!
SW モテックの XSR125(24)用カスタムパーツがアクティブから発売!
バイクブロス
ナップスが新業務形態「ナップスヘルメットパーク」の運営を開始
ナップスが新業務形態「ナップスヘルメットパーク」の運営を開始
バイクブロス
なぜ「猫の交通事故」が多い?「犬」よりはるかに事故に遭いやすい意外な理由とは?
なぜ「猫の交通事故」が多い?「犬」よりはるかに事故に遭いやすい意外な理由とは?
くるまのニュース
バイクでバス専用レーンを走ってはダメなの?許されるケースとは
バイクでバス専用レーンを走ってはダメなの?許されるケースとは
バイクのニュース
日産アトラスの4WDモデルが法規適合に即した仕様変更を実施
日産アトラスの4WDモデルが法規適合に即した仕様変更を実施
カー・アンド・ドライバー
渋滞中も快適!ネット動画や外部入力映像が視聴できるKEIYOのAndoroidTV搭載11.6型スマートリアモニター「AN-M010」
渋滞中も快適!ネット動画や外部入力映像が視聴できるKEIYOのAndoroidTV搭載11.6型スマートリアモニター「AN-M010」
@DIME
もう鈍亀なんて呼ばせない。アストンマーティン、F1セーフティカーを刷新へ。665馬力へ大幅パワーアップ!
もう鈍亀なんて呼ばせない。アストンマーティン、F1セーフティカーを刷新へ。665馬力へ大幅パワーアップ!
motorsport.com 日本版
SHOEI「Glamster」 受注期間限定モデル「HEIWA MOTORCYCLE」登場
SHOEI「Glamster」 受注期間限定モデル「HEIWA MOTORCYCLE」登場
バイクのニュース

みんなのコメント

7件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

349.5468.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

45.0467.0万円

中古車を検索
カムリの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

349.5468.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

45.0467.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村