現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 受注1万台突破! WR-Vの爆売れが止まらない! 人気色からグレードまで全部わかった!

ここから本文です

受注1万台突破! WR-Vの爆売れが止まらない! 人気色からグレードまで全部わかった!

掲載 49
受注1万台突破! WR-Vの爆売れが止まらない! 人気色からグレードまで全部わかった!

 やっぱりクルマは安いのが正義だった!? 2023年12月21日に発表され、2024年3月22日から発売されたホンダのコンパクトSUV、WR-V。209万8800円からという価格の安さ、ガソリンのみ、インド生産という、3つのキーワードで売り出した。はたして売れるのか、不安要素も聞かれたが蓋を開けてみれば販売絶好調。なぜ売れたのか? 同門SUVのヴェゼルとの棲み分けはうまくいっているのか?

文/ベストカーWeb編集部、写真/ベストカーWeb編集部、ホンダ

受注1万台突破! WR-Vの爆売れが止まらない! 人気色からグレードまで全部わかった!

■発売約1カ月で受注台数は1万台突破!

価格はXが209万8800円、Z(白いボディカラー)が234万9600円、最上級のZ+(赤いボディカラー)が248万9300円

 2023年年末からディーラーで受注を開始し、2024年3月22日に正式発売されたホンダWR-V。いまどき、ハイブリッドがなくガソリンエンジンのみ、インド生産ということもあり、価格も最も安いグレードのXが209万8800円、最も高いグレードのZ+でも248万9300円と、250万円以下という激安ぶりが話題になった。

 そこで、発売から1カ月余りが過ぎた4月12日、ホンダ広報部に受注台数を確認すると、4月に入り1万台を突破していたことがわかった。

 そこでホンダ広報部にWR-Vの売れ筋グレード、人気のボディカラー、購入ユーザー層の内訳、そして販売好調の理由を聞いてみた。

■グレードごとの販売割合
X(209万8800円):15%
Z(234万9600円):55%
Z+(248万9300円):30%

■購入ユーザー層の内訳
ミレニアル(20代~30代)が3割、40~60代、60代以上世代まで幅広い年齢層に受け入れられている

■人気のボディカラーの内訳
1位:プラチナホワイトパール:35%
2位:クリスタルブラックパール:28%
3位:メテオロイドグレーメタリック:18%

 WR-Vの売れ筋グレードは中間グレードのZ(234万9600円)が55%で、続いて最も高いZ+(248万9300円)、そして最も安いX(209万8800円)が15%となった。

 購入ユーザー層はミレニアル世代(20代~30代)が約3割を占めた。人気のボディカラーは他車の傾向と同じホワイト、ブラック、グレーとなった。

WR-Vのリアスタイル

 ここでホンダ広報部に、WR-Vがヒットした理由と、ガチでぶつかるホンダのコンパクトSUV、ヴェゼルとWR-Vとの棲み分けについて聞いてみた。ちなみにヴェゼルは4月末にマイナーチェンジが行われる予定で以下の価格はマイナーチェンジ前のもの。

 「WR-Vは力強いSUVらしいエクステリアデザインや後席の高い居住性、大容量の荷室が大変好評をいただいています。また、車格に対してお求めやすい価格である、価格以上の価値があると一般のお客さまにご理解いただいたことが、好評の理由の一つとなります。

 ヴェゼルとは、デザインや世界観、装備が異なり、お客さまニーズが異なることからきちんと棲み分けができていると考えています。ヴェゼルはおかげさまで販売好調で約9割のお客さまにe:HEVをお選びいただいている状況です。弊社のコンパクトSUV商品のなかで、今回のWR-V(ガソリン車)とはしっかり販売の棲み分けができていると考えております」。

■ヴェゼル
G(ガソリン)=239万9100円
e:HEV X=277万8600円
e:HEV Z=300万円1900円
e:HEV PLaY=341万8800円

■WR-V
すべてガソリン車
X=209万8800円
Z=234万9600円
Z+=248万9300円

2024年4月下旬にマイナーチェンジが行われる予定のヴェゼル

■WR-Vが売れた理由を試乗しながら考えた!

やっぱり安いほうがいいに決まっている!

 たしかにWR-Vは安い。でも昔から、あまり安っぽいと日本人にはウケない。だから、一番安い209万8800円のXグレードではなく、中間グレードの234万9600円のZグレードが過半数を占めたというのは理解できる。

 エンジンもヴェゼルと同じ1.5L、直4DOHCで、燃費こそWR-Vが16.4km/L、ヴェゼルが17.0km/Lと落ちるものの、118ps/14.5kgmのパワースペックは同じだ。WR-Vのボディサイズは、全長4325×1790×1650mmと、全長4330×全幅1790×全高1580mmのヴェゼルとそう大きく変わらない。

 では筆者が実際に見て乗った印象を忖度なしでお伝えしていこう。

 第一印象は、カクカクして極端にガラスエリアが狭いデザインがいい、だった。でもグリルは「絶壁」でイマイチか。エンジンをかけて走り出してみるとまず感じたのはステアリングが大きめで太く、運転しやすいこと。アクセルを踏み込んでいくと、加速力もなかなかいいし、乗り心地もいい。そういえば、アイドリングストップ機構がなかった。

Aピラーが太目で交差点を右折する際、横断歩道をわたる人がやや見えづらい時があった

 後席もかなり広い! ホンダMM思想全開! ラゲッジも広い。ただ、改めて感じたのがインパネやドアの内側の質感のチープさ。前席ドア下のドリンクホルダーの厚みも薄く、ペラペラに感じたのだが、私だけ?

 そのほか、細かいところでは、Aピラーが太めで交差点を右折する際、横断歩道にいる人がやや見づらい時もあった。また前席の座面の「前後」の長さが短いと思う。しっかり座れていない印象を受けた。

 「質感は多少チープでも、最低装備だけあればいい!」と割り切り、そのうえで安くて、「5人がしっかり乗れて狭くないSUVが欲しい」という人には買いのクルマだと思う。

 今の時代、クルマは高くなりすぎた。安いガソリン車があっていいじゃないか、というホンダの提案、いいんじゃないでしょうか!

こんな記事も読まれています

唯一の「首都高が通らない区」脱却なるか!? 関越道「都心乗り入れ」計画に反響多数「今すぐ開通して」 練馬から「京葉道路へ直通」の未来も!?
唯一の「首都高が通らない区」脱却なるか!? 関越道「都心乗り入れ」計画に反響多数「今すぐ開通して」 練馬から「京葉道路へ直通」の未来も!?
くるまのニュース
角田裕毅「スペインでのパフォーマンスに不安はない」2戦ぶりポイント獲得目指す
角田裕毅「スペインでのパフォーマンスに不安はない」2戦ぶりポイント獲得目指す
motorsport.com 日本版
将来は中華街へ直結! 横浜郊外の都市計画道路の進捗は 住宅街を貫くトンネルも整備
将来は中華街へ直結! 横浜郊外の都市計画道路の進捗は 住宅街を貫くトンネルも整備
乗りものニュース
「#500 ハリケーンランプ」の100周年記念限定モデルが7/5発売!
「#500 ハリケーンランプ」の100周年記念限定モデルが7/5発売!
バイクブロス
ホンダ「すごいSUV」まもなく発売! 24年夏に約2年ぶりに復活! 新型「CR-V」日本仕様に「RS」&「ハイブリッド」追加はある?
ホンダ「すごいSUV」まもなく発売! 24年夏に約2年ぶりに復活! 新型「CR-V」日本仕様に「RS」&「ハイブリッド」追加はある?
くるまのニュース
アクティブからホンダ CBR600RR用/ヤマハ MT-09用「フェンダーレスキット」が登場!
アクティブからホンダ CBR600RR用/ヤマハ MT-09用「フェンダーレスキット」が登場!
バイクブロス
153ガレージから汎用「オリジナルグリップ」全5色が登場!
153ガレージから汎用「オリジナルグリップ」全5色が登場!
バイクブロス
テラチャージと日栄インテック、機械式駐車場向けEV充電器を提供開始
テラチャージと日栄インテック、機械式駐車場向けEV充電器を提供開始
レスポンス
約30年前のデザインとは思えない! ユーリエ「イントルーダー コンバーチブル」を知ってる? 1140万円なら悪くない投資です
約30年前のデザインとは思えない! ユーリエ「イントルーダー コンバーチブル」を知ってる? 1140万円なら悪くない投資です
Auto Messe Web
【この911カレラSなんぼ?】日本から帰ってきた18年落ちのポルシェ911カレラS(997)その値段は?
【この911カレラSなんぼ?】日本から帰ってきた18年落ちのポルシェ911カレラS(997)その値段は?
AutoBild Japan
【7人乗りEV】 メルセデス・ベンツ新型「EQB」予約注文受付を開始 あらゆるライフスタイルにフィット
【7人乗りEV】 メルセデス・ベンツ新型「EQB」予約注文受付を開始 あらゆるライフスタイルにフィット
AUTOCAR JAPAN
スマホと同じくクルマもワイヤレス充電が可能に!? 自然界からもヒントを得て開発する「マーレ」の技術力
スマホと同じくクルマもワイヤレス充電が可能に!? 自然界からもヒントを得て開発する「マーレ」の技術力
くるまのニュース
スズキのトヨタ製ワゴン『スウェイス』、ベースはカローラ
スズキのトヨタ製ワゴン『スウェイス』、ベースはカローラ
レスポンス
小さな高級車[LBX]はさすがの仕立て!! 価格は460万円~と高価格帯も[3気筒]はちょっと気になる!?
小さな高級車[LBX]はさすがの仕立て!! 価格は460万円~と高価格帯も[3気筒]はちょっと気になる!?
ベストカーWeb
試される総合力。かつてはオフテスト定番の地……F1はカタルニアへ|F1スペインGP DAZN配信スケジュール
試される総合力。かつてはオフテスト定番の地……F1はカタルニアへ|F1スペインGP DAZN配信スケジュール
motorsport.com 日本版
ホンダジェットシェアサービス開始へ…出発地から目的地までシームレスな移動を提供
ホンダジェットシェアサービス開始へ…出発地から目的地までシームレスな移動を提供
レスポンス
なぜ「雨の”降り始め”」は滑りやすい!? 突然のスリップ防ぐ方法は? 「雨天ドライブ」で気をつけるべきこととは
なぜ「雨の”降り始め”」は滑りやすい!? 突然のスリップ防ぐ方法は? 「雨天ドライブ」で気をつけるべきこととは
くるまのニュース
期間限定カラー追加でさらに選びやすく! 日産が「デイズ」と「ルークス」の新型モデルを発売
期間限定カラー追加でさらに選びやすく! 日産が「デイズ」と「ルークス」の新型モデルを発売
バイクのニュース

みんなのコメント

49件
  • output7202711
    平均年収450万の日本なんだからこの値段が妥当なのよ!
  • fut********
    一般庶民にPHEVやBEVは高すぎる。だからこの価格帯の車が売れる。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

209.9248.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

203.7320.0万円

中古車を検索
WR-Vの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

209.9248.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

203.7320.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村